バシー海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バシー海峡
Luzon Strait n7184.jpg
各種表記
繁体字 巴士海峽
拼音 Bāshì hǎixiá
注音符号 ㄅㄚ ㄕˋ ㄏㄞˇ ㄒ|ㄚˊ
発音: バーシー ハイシア
英文 Bashi Channel
テンプレートを表示

バシー海峡(バシーかいきょう)は、台湾島南端からフィリピンルソン島間のルソン海峡のうち、台湾島側鵝鑾鼻岬とフィリピン領バタン諸島(バシー諸島)との間にある海峡を指す。バタン諸島以南はバリンタン海峡と呼ぶ。幅は約150km。黒潮が2~3ノットで北流する。

太平洋南シナ海を結ぶ交通の要所で、国際通信海底ケーブルが存在し、軍事的にも重要である。太平洋戦争後半には、米軍潜水艦が多数配置され、多くの日本輸送船を沈めたことから輸送船の墓場と呼ばれた[1]

出典[編集]

  1. ^ “大戦で散った船員の思い…「輸送船の墓場」バシー海峡に眠る父へ”. 産経ニュース (MSN). (2012年11月3日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121103/plc12110307000005-n1.htm 2012年12月1日閲覧。