猪熊弦一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1948年
猪熊弦一郎現代美術館
香川県庁舎の壁画(写真左)
上野駅改札口上に描かれた絵画「自由」

猪熊 弦一郎(いのくま げんいちろう、1902年12月14日-1993年5月17日)は昭和期の洋画家新制作協会創立会員。

「絵を描くには勇気がいる」とよく口にし、新しいものへ挑戦し続けた彼の画業は多くの人の心を捉えている。丸亀市にある猪熊弦一郎現代美術館には彼の作品が常設展示されている。建築家丹下健三が設計した香川県庁舎の壁画は弦一郎作である。

略歴[編集]

おもな作品[編集]

書籍装幀[編集]

関連項目[編集]

  • マサアカシ(明石マサ) - 弦一郎に師事した画家、イラストレーター

外部リンク[編集]