コピーライター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コピーライター (copywriter) とは、商品や企業を宣伝するため、新聞雑誌・ポスターなどのグラフィック広告、テレビCM、ラジオCM、ウェブサイトやバナー広告などに使用する文言(コピー)を書くことを職業とする人のこと。

ただ、近年では表現に到達するまでのロジックを構築する作業もコピーライターの重要なスキルとして見られるようになってきており、特にトップクラスのフリーランサーや広告会社のコピーライターに関しては、この能力の優劣を評価される傾向が強くなっている。

コピーライティングと企業間の契約事項[編集]

企業にとっては、コピーライターは会社売り上げの鍵となる人物で、コピーライターの作業そのものが企業秘密になるケースが多く、守秘義務契約によって情報公開に制限をかけるケースが多いのも事実。コピーライターが競合会社に雇われるとノウハウが流出する可能性があるため、契約の際はコピーライターが競合他社の作業に関与できないようにするのが業界の常識である。

コピーライターになる為に必要な知識、学歴など[編集]

フリーランスとしてのコピーライターになる為に学歴・ライセンス等は特に必要とされていないが、広告代理店や広告制作プロダクションに就職する場合、大手になるほど大学卒業程度の学歴を要求する企業が多いのも事実である。また、コピーライターの多くが1957年に開講した宣伝会議コピーライター養成講座に通っている。仲畑貴志林真理子秋山晶なども修了生の一人である。

日本国内で著名なコピーライター[編集]

関連項目[編集]