ばいきんまん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ばいきんまん
アンパンマン
それいけ!アンパンマン』のキャラクター
ばいきんまん号.jpg
アンパンマン列車「ばいきんまん号」。
正面にばいきんまんが描かれている。
作者 やなせたかし
声優 中尾隆聖
プロフィール
性別 男性
種類 黴菌
生年月日 10月3日
出身地 バイキン星、バイキン島

ばいきんまんラテン文字表記:Baikinman)は、やなせたかし作の絵本『アンパンマン』及びその関連作品に登場する架空のキャラクター。アニメ版の声優は中尾隆聖

人物[編集]

言わずと知れたアンパンマンの宿命のライバル。アンパンマンを倒す為に、バイキン星から赤ちゃんの時にやってきた黴菌[1]。バイキン城を根城とし、当初は一人暮らしだったが、現在はドキンちゃんや、かびるんるん等の手下と生活している(ホラーマンは居候で、いたりいなかったりする)。

ばいきんまんが登場する事になったのは、やなせたかしが『アンパンマンに“何か”が足りない』と思い悩んでいた頃、やなせの友人だったいずみたくが演出したミュージカル「怪傑アンパンマン」が上演された時に、その観客の様子を観察していたやなせが「悪役が必要だ」と思い至った事による[2]

自身の顔を分け与える自己犠牲のアンパンマンに対して、ばいきんまんは自己の欲求を満たそうとするはたらきを担っている。そのため両者は「光と影」「プラスとマイナス」のような関係ともいわれている。片方だけでは存在できなくなっているといわれている(「#アンパンマンとの関係」を参照)。人間にも良い心と悪い心の両方がバランスを保って存在しているともいえる。やなせは、ばいきんまんの人気について、「怠けたい、いたずらをしたい等という人間の欲求不満を表現している」「ばいきんまんは時にはいい事もする。悪に徹しきれないところがある」「決してばいきんまんは死ぬ事はない。人間が風邪を一度ひいて、またかかるように、やられても平気な顔をして次に出てこられる」等と語っている[3]

名前[編集]

一部のキャラクターグッズ等で見られるカタカナ表記の「バイキンマン」は間違いであり、正確にはひらがな表記の「ばいきんまん」である(しかし、原作者のやなせたかしは『アンパンマン伝説』等、自作でよくカタカナで「バイキンマン」と表記する)[4]

かつぶしまんやルビーなど、一部の人々によく名前を言い間違えられる(『ばいまんきん』『ばんざいまん』『まんきんまん』『まんざいまん』『きんばいまん』等)。

外見[編集]

悪魔のような黒い体に2本の角、胸に紫のボタン、矢印のような尻尾を持ち(先端は鋭利で、ロープを切る事ができる。また、避雷針のように雷を寄せ付ける[5])、ギザギザした歯が剥き出し、舌は青く長い[6]。背中にハエのような小さながあり、アニメ初期では主にこの羽根を使って飛行していたが、現在は1人乗りのUFO型の乗り物「バイキンUFO」に乗っている為、ほとんど使用しない。本人もたまに羽がある事を忘れている時があるが、最近の話でも稀に使用する事がある為、一応は覚えているようである。身長は角を含めてもアンパンマンより低めである。

胴の黒い部分は服、胸のボタンはマイクロフォン、手足は手袋と言われているらしい[7]が、その上から服を着る事も多い。冬の季節になるとコートを着る。コートの色は初期は紫系のコートだったが途中から黄緑に変更されている。例外として、TV第7話B『アンパンマンとかぜこんこん』では、青いコートを着ていた。

ばいきんまんのモチーフはハエであり、絵本に登場する初期のばいきんまんは頭部と羽が非常に大きく、歯のギザギザ模様はまだ存在せず、体は痩せており、胸にボタンが2つあった[8]

性格[編集]

いたずらや悪さが大好きで、いつもみんなを困らせる事ばかりする。「卑怯はオレさまの得意技」と公言し、他人に変装もしくは騙したり人質を取ったり等、後述するような汚い手を好んで使う事が多い。不潔を好み風呂掃除等と清潔に関連する事が嫌い。また、アニメ版における『アンパンマンのマーチ』や『アンパンマンたいそう』等、アンパンマンに関連する主題歌も嫌っており、酷い場合には曲を聞いただけでじんましんが発症した事もあった[9]。花や宝石などの綺麗なものも「大嫌い」と発言しているが、満天の星空やオーロラ姫のオーロラに見惚れる描写もある。嫌いなものの一つとして雷を挙げているが、バイキン城の周辺では頻繁に落雷が発生しており、TV第2話A「アンパンマンとばいきんまん」では雷からパワーを得ている描写まである。

単純で間抜けな面もあり、そこを指摘されると大声で「うるさい、うるさーい!」と言って激怒し、指摘されてばかりいると理性が切れ、冷静さを失ってアンパンマン達に襲いかかってくる。他人を騙す事が多いが、ばいきんまん自身も騙されやすく、映画『キラキラ星の涙』ではドロンコ魔王にあっさり騙され彼に協力してアンパンマン達を倒そうとしており、アンパンマン達とドキンちゃんの説得にも全く聞く耳を持たなかった。相手の挑発や煽動に乗せられやすい傾向にあり、あざみちゃんの悪口にも人一倍反応しやすい。

その一方でかなりの努力家でもあり、アンパンマンを倒す為にはどんな苦労も惜しまず、幼少より密かにトレーニングに明け暮れている。

可愛い女の子や美しい女性が大好きで、彼女達の前では紳士的に振る舞ったり、悪事を控えるという事もある。悪役らしからぬ面も多いが、彼自身は自分が悪であり「正義の敵」である事に誇りを持っている[10]。アンパンマン達に悪戯した事を謝ったことがある(もちろんばいきんまんの策略のことが多い)。しかし本人は、謝ること、謝られることを拒む傾向がある(TV第152話B『かまめしどんとバケルくん』、劇場版『よみがえれ バナナ島』等)。

アンパンマンと同様、極度の上がり症で、大勢の前で舞台に立つと緊張してしまい、まともな演技ができない(TV『でんでん一座とだいこん役者』)が、しらたまさんには「悪役専門の俳優」だと思われており気付かれていない(ばいきんまんが本気でアンパンマン達と戦っているのを、演技だと勘違いしているため)。

いたずら好き[編集]

普段は暇を持て余して町をうろついていたり、パン工場でのアンパンマンたちの会話を盗み聞きしたりしており、その中で数々のいたずらを思いついては実行に移している。いたずらの内容としては、登場する2人のゲストキャラの一方に変装してもう一方に対して悪さを行い本物のキャラがその犯人だと疑わせる、アンパンマンとあまり面識のないゲストキャラに対してアンパンマンが悪者だと嘘を吹き込んで敵視させる等がある。

だが、いたずらはいつも失敗に終わる。失敗のパターンとしては、ストーリーの序盤でゲストキャラの何らかの攻撃によって一旦退けられ、その後ゲストキャラから攻撃手段を奪ったり、拉致したりしてピンチに陥れるも、アンパンマンによって再び敗れる、といったものが見られる(初めのゲストキャラの攻撃がない場合や、ゲストキャラではなくアンパンマンがアンキックなどで撃退する場合もある)。アンパンマンについても、顔を濡らす等して弱らせる事に成功する事があるが、新しい顔が用意される事で必ず形勢が逆転する。そうするとばいきんまんは自暴自棄になって、主に体当たりを実行するがアンパンチで確実にやられてしまう。また、逃げたりする事はほとんどない(アニメ初期は退却する事も多かった)。変装でごまかして難を逃れようとする事もあるが、アンパンマンの目の前で変装してしまう事で正体がばれてしまう。ただし、必ずアンパンマンにやられるわけではなく、自身の発明したメカが暴走して自身のUFOと激突した爆発で吹っ飛ばされたり、自身の間抜けな性格で自滅してしまう事もある。

稀にいたずらをするわけでもなく、他のキャラと特別に絡んだりもせずに第三者的な立場で登場するだけで終わる場合もある(TV「アンパンマンとへどろまん」等)。また、いたずらをする話の場合でも必ずしも本人の意思でいたずらをしているとは限らず、単にドキンちゃんのわがままに振り回されて使い走りにされ、渋々ゲストキャラを拉致してくる事も少なくない。いたずらをしても、結果的にアンパンマンたちと仲よく踊ったり、食べ物を分けてもらえる、お願いを受け入れてくれる等の彼の欲求を満たすオチもある。

ただの悪党として思われるのは嫌いなようで、町中に指名手配された時は激怒していた。

アンパンマンよりジャムおじさんやパン工場を優先して襲う事(拉致含む)もある(TV第2話A『アンパンマンとばいきんまん』、TV第21話A『アンパンマンとバイキンロボット』等)。TV第468話A『ばいきんまんとシーボーズ2号』では、ジャムおじさんやバタコさん達もろとも、パン工場を海底深く沈めて2度とアンパンマンの新しい顔を焼けないようにしようと企んだり(海底の火山近くまでジャムおじさん達は引きずりこまれ、水圧でパン工場の外壁は損傷していた)、TV第95話A『アンパンマンとバイキンヘリコプター』ではアンパンマンやジャムおじさん達もろともパン工場を非常に高度のある場所から地面に叩きつけようとしたり等である。

食いしん坊[編集]

非常に大食いで、食い意地も人一倍である。アニメ初期はさほど健啖家ではなく、てんどんまんとカツドンマンの頭の丼だけでお腹がいっぱいになっていたが、その後徐々に消費量が増えていき現在では何十人前もの料理も一気に平らげてしまう。

基本的に好き嫌いはなく、ドキンちゃんが嫌いな野菜サラダも残す事なく味わって食べている。ただし、辛い物(カレー、辛子や山葵等の香辛料等)、酸っぱい物(梅干し等)、苦い物(ニガウリジュース)殺菌作用のある物は苦手。それら以外で本人が「嫌いだ」と公言したのはニンジン[11]あんパン[12]くらいしかない。また、綺麗な物が嫌いである為か豆腐のような純白な食べ物にも些か抵抗がある様子[13]。現在では激辛でなければカレーライスも食べられ、おくらちゃんやこむすびまんと一緒に梅干しおむすびを「酸っぱい」と言いながらもおいしく食べたエピソードがある。中でも特に好きな料理を挙げた事はないが、「おむすびより肉が食べたい」と発言をした事がある[14]。また、甘い物には目がなく、星の子ルルンを金平糖のような味がすると気に入って舐めたことがある。

お腹を空かせているエピソードも多く、空腹が悪事を働く動機となる事が大半である。お腹を満たす為にしょくぱんまんから配達用のパン、カバオくん達からおやつや弁当を狙う事が多い。料理が得意なゲストキャラクターを直接拉致して無理矢理料理を作らせようとする事もあるが、お腹を空かせた子供に変装したり、2人のゲストキャラの料理の味を比べてやる等と言って料理を食べ尽くしたりする場合もある。素直に頼んでいる場合に限り、大抵のゲストキャラは快く料理を提供してくれるが、ばいきんまんは自分の分だけでは満足できずに皆の分も独り占め・横取りしたり武器で脅かそうとするので、アンパンマン達に止められてしまう。訳を言って頼むのは自分らしいと思えず、他人から奪って得ることが自分らしいとのこと。

残さず賞味する事の大切さに理解があるような描写もある。持ってきた野菜を味わって食べないドキンちゃんに対して味わって食べるよう説いたりしている。自然や町の破壊、汚染を嬉々として行う一方で、食べ物を粗末にするような行為は全くと言っていいほど行わない。たとえ戦闘時においても、料理を差し出されたり口へ放り込まれたりすると、戦闘そっちのけでひたすらおかわりを要求する。この食い意地が災いし、アンパンマンにとどめを刺せなかったり、ジャムおじさん達が助けに来るまでの時間稼ぎに利用されたりしてしまう事がしばしばである。

食いしん坊なだけに人一倍舌が肥えており、ホラーマンのパスタ料理や鉄火のコマキちゃんの鉄火巻きを食べた際には、それらの問題点を具体的に説明した上で「不味い」と評している。その反面、自身の料理の腕は悪いらしく、自分で蕎麦を作って食べた時はあまりの不味さに青ざめていた。プリンちゃんとエクレアさんが作ったケーキを食べた時に至っては、あまりの不味さにケーキがトラウマになってしまっていた[15]

体質[編集]

ばいきんまんはいわゆる「黴菌」であるため、前述の通り清潔にする事を極度に嫌い、殺菌作用のある食べ物にも弱い。また、風呂に入ったり石鹸で洗われたり浄化作用のある物質に当たると体が小さくなったり、白くなってしまう[16][17]。ただし、彼自身に健康や衛生を脅かしたり食品を汚染させたりする描写はあまりなく、そのような不衛生行為(特にアンパンマンの顔を汚し力を奪う行為)は主に手下のかびるんるん等が代わりに行っていることが多い。また、自身も黴菌でありながら風邪をひく、虫歯になる事がある。

バイキンメカに搭乗した時のばいきんまんは非常に勇ましく、時として残忍性をも匂わせ、アンパンマン達を幾度と無くピンチに追い込ませて来た。その反面、生身のばいきんまんは強いとは言えず、チーズに尻尾を噛み付かれ手も足も出なくなったり、メカを破壊され打つ手を無くし大勢の人々に詰め寄られた途端及び腰になるなど、情けない姿を見せる事もある。一度雷に打たれてアンパンマンと身体が入れ替わった際、ばいきんまんの身体になったアンパンマンにパンチ技を繰り出されたが、体を優しく叩かれるだけで、この時アンパンマンの身体になったばいきんまんは「何て情けないパンチ。こんなのでアンパンマンを倒そうとしていたのか」とがっかりしていた[18]。前述の通り、アンパンマン打倒のために日夜鍛錬に励んでおり、修行の末、肉弾戦でアンパンマンと互角に戦ったり、変身やパワーアップによる姿でアンパンマンを後一歩というところまで追い詰める事もあった。但し、カナヅチ(TV『アンパンマンとイタイノトンデケダケ』で「泳げない」と言っている)で、溺れる描写が何度か見られる。運動神経や体力は逸脱しているとは言えないが、連続した岩の柱を軽々と飛び移り、マントが使えないアンパンマンと互角に渡り合った事がある(TV『メロンパンナちゃん誕生』)。また、いざと言う時は火事場の馬鹿力のように、根性で乗り切る(TV『ばいきんまんとみみせんせい』等)。

特技[編集]

特技は変装や発明で、これらを駆使してアンパンマンやゲストキャラクターを罠にはめたりやっつけたりする。

その他にも、剣の腕もなかなかのもので、アンパンマンやナガネギマンとフェンシングでほぼ互角に戦った事(TV『アンパンマンとらくがきこぞう』、TVスペシャル『消えたジャムおじさん』、映画『怪傑ナガネギマンとドレミ姫』等)がある。また、音楽好きの一面もあり、特にチェロはチェロヒキーさんに仕込んでもらった事で、コンサートで聴衆をうっとりさせた程の腕前である。また催眠術をかける事もでき、ゲストキャラを操って悪事に加担させる事もある(TV『アンパンマンとピーナッツブラザーズ』『ゴミラとバイキンゴミラ』等)。

日頃からバイキンメカを作っている為か物作りに対しては器用さに長け、TVスペシャル『アンパンマンとクリスマスの星』では、吊り橋の床板を使って2人乗りのそりを作ってみせアンパンマンを感心させた。

頭脳[編集]

間が抜けているが、メカやコンピュータに関する科学力・技術力は非常に高く、主に金槌等を使って奇妙ながらさまざまな武器や機能を備えたメカやロボット(バイキンメカと称される)を次々と造り、またそのメカをまるで自分の手足のように動かせる。メカ以外ではバイキン光線を発射する光線銃や巨大なハンマー等を使って戦う。隙を見つけるのも上手く、アンパンマンが彼のメカの攻撃を防いでる途中や二次災害に巻き込まれたり人質にされて空中に投げ飛ばされた人を助けた直後を狙い顔を濡らしたり汚す事も多い。アンパンマンと同等の実力者と戦う時は最初は大抵は彼らの攻撃を一度は食らってしまうが、再び戦う時は彼らの攻撃手段を様々な手段で防御したり未然に封じる等と同じ轍を踏む事はあまりない。

「天才科学者」を自称しており、前述のメカ開発の他に悪巧みにも長けており、いい作戦が思いつくと「オレさまは何て頭がいいんでしょ~!!」と自画自賛する。しかしそれ以外の知識には相当のムラがあり、ドキンちゃんに簡単な足し算の問題を出されても答えられなかった(ただしTV第63話『アンパンマンとクリスマスの谷』で、サンタクロースが筆記体の英語で書いた文章を訳しながら読んでいるシーンがある)。また、自身が作ったもの以外の乗り物はまともに乗りこなす事ができない(TV第239話A『ジャムおじさんとありがとうの日』では、アンパンマン号を乗っ取ったものの、運転方法が分からず直進させるのが関の山だった)。

一方で、アンパンマン達より知識に長けている描写もある(ばいきんまんが化けた考古学者に対してアンパンマンは考古学自体を知らなかった、アンパンマンが知らなかったスカシカシパンについて知っている[19]等)。バイキン城のモニターで映し出された場所を即座に当てたり(TV『アンパンマンとおかしのくに』等)、城の中には相当の蔵書数がある図書館のような部屋がある描写(TV『はしれ! ホラ―マン』等)もある。おくらちゃんの手伝いをした為か、野菜栽培にも詳しい。

新兵器を作る時や実験を行う時は、白衣、眼鏡、黄色のカツラとつけ髭をつけ「バイキン科学者」に扮する事が多い(本人は「バイキン博士」「ドクター・バイキーン」等と名乗る)。

話し言葉の特徴[編集]

一人称は「オレさま」[20]。二人称は主に「お前」[21]

年上(ばいきん仙人などを除く)に対しても「お前」と呼んだり呼び捨てにしたりなど乱暴な言葉遣いで話すが、ドキンちゃんやコキンちゃん、彼が苦手としている女性に対しては比較的柔らかい口調になる。ゲストキャラクターの名前に「くん」「ちゃん」「さん」等の敬称が直接織り込まれている場合でも、かつては呼び捨てにしていたが、現在では一部(フランケンロボくん、チェロヒキーさん等)を除けば敬称も含めて呼ぶ事が多い。

ばいきんまんのセリフには下記のような独特な言い回しが多い。

  • 喜んだ時や登場時には「ハ〜ヒフ〜ヘホ〜!」と笑う。元ネタは1970年代後半から上演されたアンパンマンのミュージカル(ばいきんまんが誕生したのはこの作品[22])での台詞から。当初、笑い声は必ずしもハ行に固定されておらず、稀にパ行やバ行になる事もあったが、子供の反応がよかったのでハ行で定着した[23]。それを担当声優の中尾が普段のハスキーな声をさらにつぶして独特の濁声に至る[24]。このセリフが原因で変装がバレた事もある。
  • アンパンマンが現れた時には「出たな、お邪魔虫!」と言う(「出たな」の部分は「来たな」「現れたな」になる事もある)。
  • アンパンマン達に敗れ、吹っ飛んで退散する時の捨てセリフは「バイバイキ〜ン(「(さようならと言う意味の)バイバイ」と「バイキン」をかけた挨拶)!」(なお、2回に渡って敗れるパターンの場合、最初は「覚えてろ〜!」で、2回目が「バイバイキ〜ン!」となる)。アニメ初期はみずから退散するときは“バイバイキーン”で、アンパンチ等の制裁を受けてから逃げるときは“覚えてろ~”というのもあったりと特にきまっているわけではなかった。後に、ドキンちゃんや彼と手を組んだ敵等もこのセリフを言っている。また、映画『ルビーの願い』では、パワーアップしたばいきんまんに「バイキンパンチ」をお見舞いされたアンパンマンが、このセリフを捩って「バイバイア〜ン!」と言っている(ただし、これはばいきんまんの妄想シーンであり、実際に本人から出たセリフではない)。「それいけ!アンパンマンくらぶ」では、かつて出演者の終わりの挨拶に用いられていた。現在でもキャラクターショーやアンパンマン関連のイベントにおいて出演者が別れの挨拶に用いる事が多い。
    • TV『アンパンマンととぶ木馬』では、ドキンちゃんがアンパンマンに救出されて喜んだ時に「バンザイキーン!」と言った事があった。
  • アンパンマンの味方に攻撃されるか辛い物や苦い物を食べさせられて、反撃する時は「よくもやったなー!」や「もう(本気で)怒ったぞー!」と言う事が多い。
  • 日常の会話などでよく「ハヒ(ハヒ〜…)」と言う(疲れたりした時の溜息等)。
  • 極度の空腹時に「オレさまお腹がペッチャンコ〜♪」などとおかしな歌を気怠く口ずさむ事が多く、ドキンちゃんに「変な歌歌わないで」と咎められる。
  • 「ハヒフヘホったらハヒフヘホ」と両手を左右に振っておどることもあった(1988年~1989年ころ)。
  • 語尾につける言葉は初期が「バイキン(キン)」、中盤から現在は「のだ」が多い。
  • 騙していたゲストキャラクターに真相がバレて詰め寄られると「騙される方が悪いんだ!」と開き直る(騙されたゲストキャラが自責の念に駆られていると、バタコさんやメロンパンナに「悪いのはばいきんまん」と励まされる事が多い)。
  • アンパンマンやゲストキャラクターと戦っている最中、ドキンちゃんに頼まれ事の催促をされると「ちょっとドキンちゃん、今それどころじゃ…」と言う(この時に余所見をしたせいで形勢が逆転されてしまうパターンが多い)。
  • アンパンマンを倒したと思い込んだ時は、「やったー!ついにオレさま、アンパンマンをやっつけたぞー!」と笑ったり泣いたりする。喜びと悲しみの両方の意。
  • 変装している時に「オレさま…、じゃなかった、○○(変装したキャラクターの一人称)は…」と言い間違えてしまう事が多い(子供に変装している時は「僕」と言う)。

人物関係[編集]

日頃の行いにより、町の人達や子供達からは恐がられたり、近付いただけで避けられたり、馬鹿にされたりしている。ただし、1997年TVスペシャル『メレンゲシスターズのクリスマス』では、ばいきんまんが瓦礫の下敷きになった際に住民達は悲しみ、瓦礫を掘り起こしたり彼の無事を願ったりしている。

仲間・部下思いなところもあり、かびるんるん達に対してはご飯をあげないせいで家出された時、心配でたまらず、UFOに乗って探しに行った(その様子をドキンちゃんに見られた時、一人称が「僕」になったり、「ドキン君」と呼びかけたりと動揺している)。メカかびるんるんが暴走した時に、かびるんるんが自分の為に戦ったのを見て、許している。また、かびるんるんが無事帰ってきた事に涙し、主従抱き合った事もあった(映画『人魚姫のなみだ』)。しかし、普段はおやつを取り合ったり等もする事もあり、まずまず仲良くバイキン城で暮らしている。

自身を全く警戒しない人々とは、エピソードによっては友達付き合いをしている。また、簡単にあきらめない性格からチェロヒキーさんやヒヤリコ等、失敗に挫けそうになっている人々を励ます事もある。チェロヒキーさんとは成り行きで彼の過去の失敗を聞き、最初は嫌々だったが前述の性格上放っておけず、協力して一緒にコンサートを開いた事で彼に自信を取り戻させ、以降ばいきんまんにとって希少な友人関係を築き、たまに一緒に演奏する事もある。

やなせたかしの絵本では、アニメ程アンパンマン達と敵対しているわけではなく、アンパンマンの誕生日にジャムおじさん達と共同でアイディアを出し合い、盛大なパーティーを開くエピソードもある。

女性関係[編集]

ドキンちゃんに対しては、当初は「居候」として強気に接していた(映画『キラキラ星の涙』、TV『アンパンマンとふけつまん』等)が、メロンパンナがレギュラーになった頃には夫婦漫才のようなやりとりが多くなり(初期にもTV『アンパンマンとクータン』等ではそうしたやりとりが見られる)、ロールパンナが加わった頃からは完全に尻に敷かれている。「○○が欲しいから持って来て」と強請る彼女に対し、時には「自分で行けば?」と冷たく返す事もあるが、脅されたり大声で怒鳴られたり泣き落としを掛けられたりして結局行かされる羽目になる。苦労して手に入れたご馳走もドキンちゃんに全て横取りされて落ち込む事も少なくない。行方不明になると夜を徹して探しに行く等、何だかんだで仲は良く、彼女が死んだと思ったりした時は号泣している。また、ドキンちゃんには何らかの感情を抱いている様子で、彼女のしょくぱんまんへの好意を見ると嫉妬したり悔しがったりして、彼を困らせようとする事も多い。

恋多き男でもあり、前述の通り可愛らしい女の子や容姿端麗な美女にはめっぽう弱く、ドキンちゃん以外にも、りんごちゃんを筆頭に、ポットちゃん、ナプキンさん、おダンゴちゃん、おことちゃん等数多くの女性に一目惚れをしてきた。しかし、その恋が成就する事はなく、現在では好意を抱く事なく他のゲストキャラクターと同様の態度で接している事が多い。OVA「いっしょにおべんきょう」シリーズでは、巻毎に登場する女の子ゲストキャラクター全員に恋心を抱いており、最後まで心の内が伝わる事はなかったもののそれぞれと友達としての関係を築いていた。映画『くろゆき姫とモテモテばいきんまん』では、くろゆき姫と終始いい雰囲気になっていたが、最終的には呪いの解けた彼女の誘いを「オレさまは悪役だから」と潔く断っている。

か弱い女の子、お転婆な女の子(ドキンちゃん、ルビー等)、何をするかわからない子(コキンちゃん、ミントちゃんなど)、自分を叱責するみみせんせいには弱い。自分を警戒しなかったり欲求を素直に聞き入れてくれたりする事を嫌う。そのため、プリンちゃんとエクレアさんやしらたまさん等の押しの強い子や、自分の悪事を全て良くとってしまう極端にポジティブな考えの人(おくらちゃん、マダム・ナン、おしんこちゃん等)も苦手としており、彼女らから「いい人」と思われてしまうエピソードも多い。女の子の涙に弱い節もあり貰い泣きしてしまう事も[25]

シチューおばさんやチーズフォンデュさん等の年配の女性からも好印象を持たれている。ミス・マリーネやさくらもちねえさん等、大人っぽい雰囲気を持った女性からは「坊や」と呼ばれる事がある。本人はそれを嫌っている。てんどん母さんからは「あたしがあんたのおっ母さんになってやるよ」と言われ、散々説教を受けたためやはり苦手としている。ちびぞうくんの母親であるでかこ母さんも苦手だが、彼女の持つ母性に甘えるエピソードもある。ゆきんこゆきちゃんやメロンパンナと仲良くしているエピソードもある。

アンパンマンとの関係[編集]

自分の手でアンパンマンを倒す事を夢に見ているが、アンパンマンに助けられたり顔を食べさせてもらったときは協力する(アンパンマンに助けられた=負けた事を認めたくないというのも理由の1つである)等、潔い一面もある。しかし、一度借りを返せばまたもとの関係に戻る。ばいきんまんにとってアンパンマンは永遠に敵だと思っているからだといえる。

TVアニメにおいて初めてアンパンマンに協力したのは、TV11話A『アンパンマンとイタイノトンデケダケ』である。ばいきんまんは、奪ったイタイノトンデケダケを持ってアンパンマンから逃げる際に洞窟の川に落ちてしまう。アンパンマンは、最初は川に流されているばいきんまんを無視して、ばいきんまんと共に川に流されているイタイノトンデケダケのみを拾おうとしたが、アンパンマンに何度も助けを求めるばいきんまんを結局は放っておく事が出来ず、ばいきんまんを助ける。ばいきんまんはアンパンマンに無事に助けられるが、イタイノトンデケダケは滝に流されてしまう。疲れて気絶したアンパンマンを最初は嘲笑したが、自分を助けてくれたアンパンマンを放っておけなかったのか、洞窟の中で別のイタイノトンデケダケを見つけ、それをアンパンマンの元に置いて隠れる。その後、目を覚ましてそれに気づいたアンパンマンは、ばいきんまんへのお礼を口にしながら帰って行き、それを隠れて聞いていたばいきんまんは「礼を言われたくてやったんじゃないやい、バーロー」と頬を染めながら呟いていた。

TV第48話B『アンパンマンととぶ木馬』では、自分が作った飛ぶ木馬にドキンちゃんが乗って遊ぼうとしたが、その木馬をドキンちゃんが壊してピンチになり、アンパンマンの協力を拒否して一人で助けようとするが、UFOが岩場にぶつかって壊れて助ける方法がなくなり、アンパンマンもドキンちゃんを助ける途中で滝の水を被って顔を濡らしてしまう。この事で、ばいきんまんは悔しがっていたがドキンちゃんを助けられるのはアンパンマンしかいないと判断し、自らジャムおじさん達のいるアンパンマン号の元に向かい、アンパンマンの新しい顔を受け取り、アンパンマンを助けると言う意外な一面を見せた。このおかげでドキンちゃんはアンパンマンに無事救出される。アンパンマンは自分を助けてくれたばいきんまんに感謝し、ジャムおじさん達も彼にお礼を言い、ドキンちゃんも自分を助けてくれたアンパンマンにお礼を言った。ばいきんまんは、「これぐらいの事で、アンパンマンと仲良くなると思うなよ」と呟き、ドキンちゃんと共にUFOに乗って去って行ったが、その去り際にはまんざらでもないような笑顔を見せていた。余談だが、当初この回は最終回のエピソードとして放送される予定だった。

自分がピンチに陥って、その場にアンパンマンがいるとつい助けを求めてしまう事もある。映画『キラキラ星の涙』では、さかさまんの糸で縛られた際、アンパンマンに「アンパンマーン!助けてー!」と助けを求め、偶然通りかかったアンパンマンの隣を飛んでいたひのたまこぞうのお陰で助かった。カバオくん達がばいきんまんが新しく作ったもぐりんに興味を持ち、もぐりんを乗っ取られた時は、自らアンパンマン達と手を組んでもぐりんを取り返そうとする意外な事もあった。

TV第899話A『ばいきんまんとハテナのとう』では、夢の中とはいえアンパンマンに勝利したが、「自分はアンパンマンと戦うのが一番の楽しみだった」と気づき、虚しくなっていた。その後、倒したはずのアンパンマンが駆けつけた時は嬉しそうな反応をしていた。

CDブック『手のひらを太陽に 50周年記念CD』に収録されているばいきんまんとカビルンルンコーラスが歌った『手のひらを太陽に』には、「オレさまがいなきゃアンパンマンは活躍できない」「影が無ければ光もない」といった台詞があり、ばいきんまんとアンパンマンの両者の存在が互いに敵対しながらも、持ちつ持たれつの関係で共存している事を肯定している。余談だが、本来明るい歌を嫌うばいきんまんが『手のひらを太陽に』を歌った理由として、自身が前述のような存在である事で、世の中の役に立つ黴菌として“生きている”から、と台詞の中で説明している。

また、映画の次回予告等で普通に会話していたり、知育ビデオや番外編等で敵対せず一緒に行動していたりする等と本編以外では仲良くしている事が多く、周囲からは素直じゃないのを指摘された事がある。アニメのエンディングでもアンパンマン達と仲良く体操を踊っている。アンパンマンもアニメ本編では敵対している事が多いが心の奥底から憎んでいるわけでもなく、クラスメイトみたいな存在だと語っている。

その他の敵キャラクタ―との関係[編集]

アンパンマンをやっつけるばいきんまんだが、他力本願な所もあり、これまで、色々なキャラクターと共にアンパンマン達を困らせたことがある。エピソードによっては、ばいきんまんと絡まなければ悪事を働く事のなかった者も少なからず存在する。この節では、劇場版での悪役に関する記述は省略する。

怪獣・怪物・巨人
かぜこんこん、アンコラ、へどろまん、すなおとこ、ゴミラ、こおり鬼等、愛嬌があり基本的に性格は温厚、単純なキャラクター。
ばいきんまんは、何らかの理由(虚言、挑発、催眠術、脅迫、誘惑等)で彼らを利用する。そのときのばいきんまんは強気であることが多い。
主な結果として、彼らもばいきんまんと一緒にアンパンマン達に制裁されるパターン、ばいきんまんは制裁のみでアンパンマンと彼らが和解するパターンが挙げられる。
魔王、女王
氷の女王、バイキン大魔王、黒バラ女王、化石の魔王等、高慢で不遜な態度をとり、普段からアンパンマンを敵視しているキャラクター。
ばいきんまんは、利害が一致になる理由(阿附、虚言、取引等)を申し出て彼らと手を組む。そのときのばいきんまんは敬語を用いることもある。
主な結果として、一緒に空の彼方へ飛ばされたり、仲間割れになったり、アンパンマンと一緒に彼らの被害にあったりする。彼らがアンパンマン達と和解することはないが、ばいきんまんやドキンちゃんたちは制裁を逃れることもある。
ばいきんまんとは無関係に悪事を働くキャラクター
雪鬼、ラッピー、くらやみまん、黒雪姫等、無差別的に他人を攻撃ターゲットとするキャラクター。
ばいきんまんは、自分らが無事だとわかれば逃げたり隠れたり等、戦いには消極的である。
主な結果として、アンパンマンに戦わせるつもりがアンパンマンに協力して彼らをやっつけるというのが挙げられる。稀ではあるが、雪鬼やくらやみまんに関しては、黒バラ女王や化石の魔王達のように接して味方にすることもある。
仙人
きりふき仙人、ゆげ仙人等、能天気でとぼけたキャラクター。
ばいきんまんは、彼らの能力を買って、対等な立場で接する。
主な結果として、怪獣たちと同様に、ばいきんまんのみ制裁される(まれに一緒にやっつけられる)。
おばけ
ホラーマン、バケルくん、かさおばけ、まくらこぞう、ストローこうもり等、怖がらせたり、驚かせたりするキャラクター。
ばいきんまんは、彼らを騙したり、単純に仲間として接する。
主な結果として、悪戯の加減をしらないという理由で彼らから制裁されたり、一緒にアンパンマン達にやられたりすることがある。彼らがアンパンマンと和解することはあるが、通常ばいきんまんサイドに身を置く者もいる。
科学者
ドクター・ヒヤリ、ふけつまん
ばいきんまんと波長が合う。
主な結果として、失敗したことを相手のせいにして喧嘩する。
バイキン大軍団
登場回 - TV第1190話「アンパンマンとバイキン大軍団」
ばいきんまんとドキンちゃんが中心となって結成した悪の軍団。アンパンマンをやっつけるというねらいで、黒バラ女王、化石の魔王、こおり鬼が手を組んだ。のちに偶然居合わせたかぜこんこんも加わる。

劇場版本編における役割[編集]

 悪役であるばいきんまんだが、敵役にならない回もある(第1作『キラキラ星の涙』、第24作『よみがえれ バナナ島』)。アンパンマンに対してライバル視はあっても特に戦いが成立することもない。

残酷非道なキャラクターになり、アンパンマンを窮地に追い詰めることもある(第2作『ばいきんまんの逆襲』、第11作『勇気の花がひらくとき』、第20作『妖精リンリンのひみつ』等)。ドキンちゃんやホラーマン関係なく、我流でアンパンマンを倒したがる。

暴走メカやほかの敵キャラクターが現れ、形勢が不利になるとアンパンマンに加担する展開が一番多い。

変装・変身[編集]

変装[編集]

前述のように、悪さをするに際して変装をする事が多い。この変装はどれもよく見れば判りそうなものなのばかりであるが、いかなる者達も初めはばいきんまんの変装に気づかない[26]。変装中はキャラクターの声によっては極端に声が高くなったりする場合があり、その最中につい通常の声で喋ってしまって怪しまれてしまう事もある。変装がばれる場合は、カツラ等が取れてしまったり、2本角やしっぽが見えてしまう事や、ばいきんまんが変装をしたキャラクターの本人が現れたりめいけんチーズに匂いで変装を見破られる事が殆どである(前者2つはやけどを負った時、驚いた時、壁にぶつかった時、転んだ時、くしゃみした時、彼と共に変装したドキンちゃんと取り合いになった時にバレる事が多い)。変装のバリエーションは下記のように非常に多い。アニメ初期のアンパンマンはばいきんまんの声で変装だと気づいたことも多かった。

オリジナル[編集]

実在しないキャラクターに変装したもの。他のキャラクターに成り済ます必要がない場合や複数のゲストキャラクターの味比べをする時に変装する事が多い。変装するキャラクターの名前・容姿・設定は、標的となるゲストキャラクターのそれらに因んだものがほとんどである、下記以外では「りんごマン」なども存在。

バイ吉(バイきち)、バイ太郎(バイたろう)
初登場回 - TV第427話「メロンパンナのねむり姫」
子供に変装した姿で、最も登場頻度が高い。「B」の文字が入ったキャップ帽に眼鏡、サスペンダー付きのショートパンツといった出立ち(時々マスクも着用する)。子供達や住民の群衆に紛れ込む時等に変装する事が多い。アンパンマンには小学校の生徒だと認識されている。公式サイトのおみくじコーナーでも「吉」繋がりでネタとして使われている[27]
怪しいおじさん(あやしいおじさん)
初登場回 - OVA「勇気りんりん! みんなの1にち」
トレンチコートを着た男性に変装した姿。食べようとしていた食パンをネコくんに取られたため、彼を言葉巧みに森の中へと連れ込んでから正体を明かし、パンを強請り取ろうとした。
うどん大臣(うどんだいじん)
初登場回 - TV第1219話A「クリームパンダとうどんくん」
うどんくんのうどんを食べる為に変装した姿。しかし、うどん作りを習得したクリームパンダが「自分の作ったうどんを食べさせたい」とわがままを言ったせいで不出来なうどんを食べさせられ、激怒した事で彼を落ち込ませてしまう。その後、改めてうどんくんが作ったうどんを食べおかわりを要求するが、クリームパンダを心配し後を追った彼を追いかけていた途中で転倒し変装がばれてしまった。
占い師(うらないし)
初登場回 - TV第1060話A「アンパンマンとモッチーくん」
おしるこちゃんの店へ向かうモッチーくんが道を間違えていた為、正しい道を教える為に変装した姿。
運送業者(うんそうぎょうしゃ)
初登場回 - TV第538話B「ばいきんまんとにこにこカレーパンマン」
一日笑顔でい続けると約束したカレーパンマンを怒らせる為に変装した姿。町の住人を呼び込み便利屋に仕立て上げさせる、子供達に変装したかびるんるんと共に顔のカレーが無くなるまでカレーライスを食べ尽くす、無理矢理彼が苦手な甘いお菓子を食べさせる等してダウンさせてしまった。
エイリマン
初登場回 - TV第716話B「クリームパンダとバナナ島」
エイ型の宇宙人に変装した姿。バナナ島に遊びに来ていたクリームパンダやカバオくん達を人質に取り、バナナマン達のバナナ料理を全て強奪してしまう。ドキンちゃんやかびるんるん達も同じ姿に変装していた。
おはぎ姫(おはぎひめ)
初登場回 - TV第692話A「アンパンマンとおはぎちゃん」
おはぎちゃんのおはぎを食べる為に変装した姿。
オヒサマン
初登場回 - TV第716話A「カレーパンマンとカップラーメンマン」
「太陽の王子」に変装した姿。どちらが熱いか争っていたカレーパンマンとカップラーメンマンの二人に過酷な我慢比べをさせた(自分も巻き添えを喰らってしまう)。
おみこしまん
初登場回 - 映画第6作同時上映「こむすびまんとお祭りロボット - みんな集まれ! アンパンマンワールド(Aパート)
ドキンちゃん扮する「お囃子ちゃん」と共に変装した姿。こむすびまんと夏祭りのイベントの事で揉めていたどんぶりまんトリオの前に現れ、祭りの主催を引き受ける。当日、来場者達に時間が経つと動けなくなる「強力ストップノリ」が仕込まれた浴衣を着せ、ご馳走が一通り揃った所で正体を表し、お祭りロボットに乗り込み食べ物を奪う。
海賊バイキング(かいぞくバイキング)
初登場回 - TV第203話B「アンパン三銃士とバイキング」
船を襲撃し積荷を強奪する海賊姿のばいきんまん。このストーリーでは、大航海時代のような舞台になっている。
カステラ伯爵(カステラはくしゃく)
初登場回 - TV第1155話B「アンパンマンとカステラ男爵」
見た目はカステラ男爵にそっくり。カステラ男爵に真剣勝負を挑み、ズルをして彼を負かせる。その後、カステラ姫に変装したドキンちゃんと共に彼を唆し、アンパンマンと一騎打ちさせる(その間2人でカステラをご馳走になる)。彼に止めを刺せず躊躇していたカステラ男爵に代わってアンパンマンに剣を振りかざすが、カステラ男爵に襟首を掴まれたせいで被り物が外れ、変装がばれてしまった。
かまめし仙人(かまめしせんにん)
初登場回 - TV第954話B「アンパンマンと鉄骨かまめしどん」
鉄骨かまめしどんを騙し、山頂から大きな釜飯を周囲に投げ飛ばさせ町の住民を危険な目に遭わせる。その後釜飯で手足が塞がったアンパンマンを追い詰めるが、鉄骨かまめしどんが最後に投げた特大の釜飯に押し潰されてしまった。
からっ風のバイ太郎(からっかぜのバイたろう)
初登場回 - TV第845話A「ばいきんまんとこむすびまん」
ドキンちゃんと共に渡世人に変装した姿。おむすびまんの友人という設定で彼と同じく語尾に「ござんす」を付ける。うめぼしばあやとうめこちゃんが天日干しにしていた梅干しを台無しにしようとするが、こむすびまんに「おむすびまんに頼まれて手伝いに来てくれた」と誤解され梅の収穫を手伝わされてしまう。扱き使われた腹癒せにかびるんるん達をけしかけてこむすびまん達を襲うが、駆け付けたおむすびまんによって阻止された。
キュービクル王子(キュービクルおうじ)
初登場回 - 映画第4作目「つみき城のひみつ
つみき島の本当の王子だと嘘を付き、島を乗っ取るために変装した姿。その目的はつみき島にある巨大ロボット・ウッドラーを手に入れることだった。
シロザル様(シロザルさま)
初登場回 - TV第84話A「アンパンマンとおむすびじま」
キッキ達が住む島(後の『おむすび島』)の住人を騙す為に変装した姿。白い髭を蓄えた大柄なサルの姿をしている。自らを「神様」と名乗り、アンパンマンを「悪魔」と偽って住人達にアンパンマンを捕えさせた後、島中の食べ物を貢がせる。アンパンマンを海に沈めようとするが、駆け付けたおむすびまんによって正体を暴かれてしまった。
旅人(たびびと)
初登場回 - TV第919話B「しょくぱんまんとチーズフォンデュさん」
チーズフォンデュさんのチーズフォンデュを食べる為にドキンちゃんと共に変装した姿。アンパンマン達も彼女に招かれていたため都合が悪くなってしまうが、特に問題もなく皆でチーズフォンデュを食べる事ができた。「お腹いっぱいになったらアンパンマンをやっつけてやる」と企んでいたが、満腹になったと同時に眠りこけてしまった。
ギョーザ大王(ギョーザだいおう)
初登場回 - TV第1196話B「ばいきんまんとギョーザくん」
ギョーザくんの餃子を食べるために変装した姿。食べ尽くした後は大きな黒い餃子の皮でギョーザくんとアンパンマンを包んで閉じ込めてしまう。
クシャミマン
初登場回 - TV第119話A「アンパンマンとおかしなクシャミマン」
一本の角と髭が特徴。くしゃみ香水で、子供たちやかぜこんこんに風邪を引かせた。かぜこんこんやアンパンマンに「ばいきんまん」と言われても、本人は「クシャミマンだ」と言い張る。
グルメ大王(グルメだいおう)
初登場回 - TV第1032話A「カレーパンマンとうどんくん」
自分達の料理の事で啀み合っていたカレーパンマンとうどんくんの前に現れる。うどんのような髪と眉毛が特徴で大きなフォークを持っている。どちらが美味しいか決めてやると言って、カバオくん達が食べようとしていたカレーとうどんをドキンちゃん扮するグルメ女王と共に食べ尽くしてしまう。その後、まだ食べ足りなかったため2人を「グルメ城」(ただの張りぼて)へ連れて行き更に料理を作らせるが、不慮の事故により変装がばれてしまう。2人を動けなくした後再び変装し、ジャムおじさん達が焼いたパンやクッキーを頂こうとするが、衣装がボロボロだったせいで外れてしまい結局彼らにもばれてしまった。
黒マント(くろマント)
声 - 松岡洋子
初登場回 - TV第10話A「アンパンマンとつみきのしろ」
食パン先生(しょくパンせんせい)
初登場回 - TV第425話B「しょくぱんまんとトースターマン」
ばいきん仙人のような髭を生やしたコックに変装した姿。老人のような口調で喋り、助手に変装したドキンちゃんと共に、最高級の食パンを作ったとトースターマンに嘘をつき、岩山の工場へ連れ込みトーストを作らせようとする。しょくぱんまん号から盗んで来た食パンを誤って変装していない状態で持って来たため、トースターマンに怪しまれてしまった。
世界一の名人シェフ(せかいいちのめいじんシェフ)
初登場回 - TV第1023話A「マヨネーズくんとケチャップリン」
どちらの料理が美味しいかで争っていたマヨネーズくんとケチャップリンの前に現れ、助手に変装したドキンちゃんと共に味比べをする。本人は「味見」と言っていたが、例のごとく何杯もおかわりを要求した。マヨネーズとケチャップが切れたため新しく作らせるよう急かすが、逆に手伝わされてしまう(更にマヨネーズくんに『名人シェフのくせにマヨネーズの作り方も知らないのか』と嫌味を言われてしまった)。
ゼリービーンズブラック
初登場回 - TV第798話B「アンパンマンとゼリービーンズくん」
ゼリービーンズ兄弟のゼリービーンズを手に入れる為に変装した姿。5人をバイキン城まで連れ帰るが、勝手に城内ではしゃぎ回られたせいで変装がばれてしまった。
千両役者(せんりょうやくしゃ)
初登場回 - TV第883話「しろかぶくんとだいこんやくしゃ」
黒子に扮したドキンちゃんと共に変装した姿。「千両」だけに千両箱の被り物をかぶっている。諸事情ででんでん一座を脱退したしろかぶくんを「弟子入りさせてやる」を誘い文句におでんを作らせようとするが、だいこんやくしゃがしろかぶくんの祖父母に送った手紙の内容に不覚にも貰い泣きしてしまう。
遭難者(そうなんしゃ)
初登場回 - TV第868話B「ばいきんまんとチーズフォンデュさん」
チーズフォンデュさんのチーズフォンデュを食べる為に変装した姿。雪山で遭難したふりをして彼女に家に入れて貰いチーズフォンデュをご馳走になる。お土産に材料も受け取ってそのまま帰ろうとするが、チーズフォンデュさんも付いて来てしまった為、仕方なく彼女もバイキンUFOに同乗させる事に。途中、吹雪に煽られて奥地へ墜落した事で本当に遭難しかけてしまったが、駆け付けたアンパンマンによって無事救助された。
タヌキ
初登場回 - TV第3話B「アンパンマンとしょくぱんまん」
アンパンマンとカレーパンマンを捕まえるために変装した姿。お腹を空かせて泣いているふりをしてアンパンマン達を誘き寄せ、アンパンマンが顔を与えようとした所へ釣鐘を落とし2人共閉じ込めてしまう。
通りすがりの者(とおりすがりのもの)
初登場回 - TV第873話A「ナベぶぎょうとおことちゃん」
おことちゃんの家でナベぶぎょうが作った鍋料理を食べる為に茶髪の男性に変装した姿。肉を取ろうとするも散々待たせたナベぶぎょうに一つ残らず取られてしまったため、怒って残りの中身を一気飲みした結果、大火傷したせいでカツラが取れて変装がバレてしまった。
ドクロマン
初登場回 - TV第41話A「アンパンマンとかいじんドクロマン」
ばいきん仙人の魔法の杖とメガホンを用いて、寝ている人々を起こそうとするばいきんまん。ばいきん仙人の杖を拝借したこと(ただし、勝手に)で遥かにパワーアップしており、レーザーすら使用できるため、アンパンマン・カレーパンマン・しょくぱんまんの3人がかりでも苦戦していた。たまたま床屋に落っこちた時に、3人にシャンプーで洗われて小さくなってしまい敗北した。
どんぶり仙人(どんぶりせんにん)
初登場回 - TV第422話B「アンパンマンとどんぶり山」
どんぶりまんトリオの丼物を食べつくす為に変装した姿。
どんぶり大王(どんぶりだいおう)
初登場回 - TV第897話B「かまめしどんとちゅうかどんまん」
釜めし中華丼の味を比べてやると言ってかまめしどんとちゅうかどんまんを騙して、両方食べつくす為に変装した姿。
どんぶりっ子(どんぶりっこ)
初登場回 - TV第556話「しょくぱん王子とてんどん姫」
しょくぱんまん達の演劇に出演する為に変装した姿。
なべ将軍(なべしょうぐん)
初登場回 - TV第869話A「ばいきんまんとスキヤキの里」
しらたき姫のすき焼きを食べる為に変装した姿。駕籠に乗ってスキヤキの里にやって来た。正体をばらすまいと即興で「鍋の舞」を披露するが、二刀流剣術の達人だと思われてしまいフーちゃん達の剣術指導をする羽目になる。その後、ようやくすき焼きをご馳走になるが、付き人に変装していたドキンちゃんと肉の取り合いになった事で変装がばれてしまった。
ニンジン大嫌いマン(ニンジンだいきらいマン)
初登場回 - TV第187話B「アンパンマンとニンジンさん」
ニンジンを嫌うカバオくん達の前に現れる。自称「ニンジンが嫌いな子の味方」で、ばいきんまん自身もニンジンが大嫌いな為変装した姿。「ニンジン退治大作戦」と称し、子供達をニンジンさんのニンジン畑へ連れて行き、畑を荒らしてしまう。カバオくん達にも荒らさせようとするが拒まれた為、怒って正体を明かした。
バイ吉のすけ(バイきちのすけ)
初登場回 - TV第971話B「だいこんやくしゃとドキンちゃん」
自称千両役者の歌舞伎俳優に変装した姿。だいこんやくしゃ以外のでんでん一座を全員監禁した後、ドキンちゃん扮する『ドキ子太夫』と共に舞台に出ようとする。本気で芝居を演じるつもりはなかったため、『白雪姫』の王子様役で舞台に上がるつもりだったが本番中に舞台を抜け出してしまう。ちなみに、かびるんるん達は7人の小人役を演じた。
バイキンソン
初登場回 - OVA「あそぼうABC」
外国人の男性に変装した姿。『ひかるたま』という不思議なボールを1つ拾っていたが、アンパンマン達が探していたため彼らに譲ってあげた。その後はアンパンマン達と共に「アルファベータ」の祭りを楽しむ。初めは英語で食べ物を注文するのを嫌がっていたが、もっと欲しい時に“one more,please.”と言えばくれる事を知り、味を占めて屋台の料理を食べ尽くしてしまった。
バイキン・マンセル
初登場回 - TV第209話A「ジャムおじさんとありがとうの日」
「世界一のF1レーサー」に変装した姿。ジャムおじさんの事を「ミスター・ジャム」と呼び、彼とは友達だと嘘をつき、最初に「いい車だ」と評価をしてはアンパンマン号を奪おうとした。フルフェイスヘルメットやレーシングスーツを着用しているため正体はほとんど分からないものの、珍しく一人称や声色を一切変えていない。モデルはナイジェル・マンセルと思われる。
バイ子(バイこ)
初登場回 - TV第1208話A「カップケーキちゃんとひなの里」
ひなの里のひな祭りに潜入し料理を食べ尽くすために女の子に変装した姿。金髪でおかっぱ頭のカツラをかぶっている。ちらし寿司を独り占めしようとしたが、メロンパンナと取り合いになった事で変装がばれてしまった。
バイ子姫(バイこひめ)
初登場回 - TV第690話A「アンパンマンとドクダミ夫人」
お姫様に変装した姿。ドクダミ夫人を魔女だと勘違いしていたため、彼女に「アンパンマンが森から住民を追い出そうとしている」と嘘をつきアンパンマンをやっつけさせようとする。しかし、話の意図が理解できない彼女に何度も説得を試みているうちにカツラがずれて自ら変装をばらしてしまう。
バイゴロウ
初登場回 - TV第970話B「くらやみまんとチェロヒキーさん」
くらやみまんに閉じ込められ、チェロヒキーさんと共にチェロを演奏する際に変装した姿。2人で『手のひらを太陽に』を奏で、くらやみまんを刺激する。カレーパンマンからは名前を「ゲンゴロウ」と間違えられていた。
バイずしまん
初登場回 - TV第1026話A「ばいきんまんとますずしまん」
見た目はますずしまんにそっくり。ますずしまんをひたすら煽て鱒寿司を作らせるが、本人には「弟子になりたい」と解釈され、過酷な笹の葉探しに付き合わされる羽目になる。その後、ますずしまんが作った鱒寿司を、開けると噛み付いて来る「カミカミますずし」とすり替え住民達をパニックに陥れるが、本物の鱒寿司を奪おうとした際に自身もカミカミますずしに襲われたせいで、木にぶつかり変装がばれてしまった。
バイフラワー
初登場回 - TV第1015話A「アンパンマンとローズヒップちゃん」
フラワーランドのティーパーティーに乱入するために変装した姿。すいせんさんにそっくり。ジャムおじさん達が作ったお菓子を食べようとするが、ローズヒップティーを淹れようとするローズヒップちゃんに焦らされ過ぎた為、痺れを切らし自ら正体を明かした。女装であるにも関わらず声色を一切変えなかった上にお菓子を食べようとする際に舌まで伸ばしていたが、これらによって正体がばれる事はなかった。
早撃ちキッド(はやうちキッド)
初登場回 - TV第798話A「やきそばパンマンとドリアン王女」
やきそばパンマンと決闘するために変装した姿。やきそばパンマンから武器のヘラを奪う事に成功するが、「早撃ちドリアンキッド」に扮したドリアン王女の邪魔が入ってしまう。仕方なく王女と早撃ち勝負を繰り広げるが、ルールを全く理解しない彼女に痺れを切らし、自ら正体を明かした。
ホラーマンの兄(ホラーマンのあに)
初登場回 - TV第868話A「ホラーマンとキャンドルちゃん」
ドキンちゃんの為にろうそくを作っていたホラーマンの様子を見に来たばいきんまんが咄嗟に変装した姿。キャンドルちゃんに教わりながら一緒にろうそく作りを手伝う羽目に。ドキンちゃんにろうそくを持って来るよう頼まれていた為、ホラーマンが作ったろうそくを奪おうとするが、ドアにぶつかった拍子に正体がばれてしまった。
ミスター・マックリ
初登場回 - TV第948話B「ドキンちゃんとドレミ姫」
世界一の魔術師に変装した姿。Mr.マリックのパロディ。ドレミファ島の演奏会の最中に乱入し、ステージを抜け出してしまったドレミ姫(ドキンちゃんの変装)の代わりに魔術を披露すると言って、かびるんるんが種になっている手品を披露し、アンパンマンの顔をカビさせてしまう。
メン大王(メンだいおう)
初登場回 - TV第377話B「てんそばくんとうどんちゃん」
メンデレラ姫に扮したドキンちゃんと共に変装した姿。語尾に「メン」を付けて話す。てんそばくんとうどんちゃんを「めんるい城」へ連れて行き、そばとうどんを作らせる。最後はてんそばくんの頭の中身を食べてしまい自ら正体を明かした。
山男(やまおとこ)
初登場回 - TV第848話A「アンパンマンとすいとうくん」
喉が乾いた人に水を飲ませてくれるすいとうくんを騙し、町中に水を撒いて迷惑をかけさせる為に変装した。バタコさんやチーズもびしょ濡れにさせてしまうが、服の裾から尻尾が出ていた為、チーズに変装を見破られてしまった。
幼稚園児(ようちえんじ)
初登場回 - OVA「勇気りんりん! みんなの1にち」
しょくぱんまんが幼稚園へパンを届けると聞いて変装した姿。ピンクの坊ちゃん刈りのカツラをかぶっている。昼食に配られた食パンを食べようとするがドキンちゃんに横取りされてしまい、仕方なく余っていた一袋を取ろうとするもネコくんに取られてしまった。
老人(ろうじん)
初登場回 - TV第1051話B「たぬきおにとおむすびまん」
おむすびまんに変装し、バタコさんの人形を使ってたぬきおにを森の丸太小屋まで誘き寄せた後に変装した姿。何故か土佐弁博多弁で話す。

偽者[編集]

既存のキャラクターに変装したもの。本人の評判を落としたり仲間割れさせたりする際に変装する事が多いが、途中で本物と鉢合わせになってしまう事もある為、ばれるリスクが高い。公式キャラクターブックにおいては「ニセ○○」または「バイキン○○」等と表記される。本項では便宜上、名称が不明の変装については、仮称として原則「ニセ○○」と表記する。

ニセあざみちゃん
初登場回 - TV第886話A「アンパンマンとあざみちゃん」
ニセあめふりアメちゃん
初登場回 - TV第849話A「メロンパンナとあめふりアメちゃん」
あめふりアメちゃんとメロンパンナを偽物のアンパンマン号に監禁した後、あめふりおにに変装したドキンちゃんと共にマシンを乗っ取った際に変装した姿。マシンで大雨を降らせ町中に洪水を起こし、駆け付けたアンパンマンの被っていたヘルメットをマシンの注ぎ口部分で叩き割ったところで正体を明かした。
ニセアンパンマン
初登場回 - TV第9話A「アンパンマンとそっくりぱん」
アンパンマンの評判を落としたり、食べ物を盗む為に変装した姿。「アンパンマンとそっくりぱん」の回に登場したニセアンパンマンは、外見では本物とまったく区別がつかない。人々に泥をかけたり、食べられないパンを配ったり等の迷惑をかけ通し、本物のアンパンマンが牢に閉じ込められてしまった。しかし、本物が牢に閉じ込められているのを知らずに人々にパンを配った為、アンパンマンへの疑いが解けて本物と対峙する中で、アンパンマンが顔を取り外したのに対抗して被り物をとった事で正体がバレてしまった。2000年代以降に登場するニセアンパンマンは、ばいきんまんの顔の下半分が露わになっている。
ニセアンパンマン(風船)
初登場回 - TV第1211話A「アンパンマンとバルーンアートさん」
バルーンアートさんに作らせた等身大のアンパンマン型風船を着て変装した姿。子供達に悪戯したり、ジャムおじさん達が配達しようとしていたパンを強奪したりする。しかし、強風に煽られて飛ばされたせいで本物のアンパンマンと鉢合わせになり正体がばれてしまった。
ニセウーロンさん
初登場回 - TV第820話B「ウーロンさんとビビンバくん」
「ウーロン姫」に変装したドキンちゃんと共にビビンバくんの前に現れる。ウーロン姫の為にビビンバを作らせるが、おかわりを要求した際に口髭を外してしまった為呆気無くばれてしまった。
ニセうめこちゃん
初登場回 - TV第1218話A「あかちゃんまんとうめぼしばあや」
本物のうめこちゃんを透明カプセルに閉じ込めた後に変装した姿。うめぼしばあやの家の前に停めてあったアンパンマン号を破壊しようと企むが、うめこちゃんと遊んでいたあかちゃんまんにせがまれたせいで失敗に終わる。
ニセおむすびまん
初登場回 - TV第419話A「おむすびまんとかつぶしまん」
おしるこちゃんの店の汁粉を食い荒らし、かつぶしまんに本物のおむすびまんを成敗させようとした。TV第1051話B「たぬきおにとおむすびまん」では、バタコさんの人形を使って彼女を誘拐する芝居を行い、たぬきおにを森の丸太小屋まで誘き寄せる。
ニセコック長(ニセコックちょう)
初登場回 - TV第689話A「クリームパンダとカステラぼうや」
カステラ城のコック長に変装した姿。本物のコック長の頭身が高いため、シークレットシューズを履いている。カステラぼうやにカステラを作らせるが、塩を入れ過ぎた出来の悪いカステラを食べさせられたため怒って正体を明かした。
ニセキックぼうや
初登場回 - TV第264話B「アンパンマンとサッカーぼうや」
バイキンボール2号を操って街をめちゃくちゃにした。ボール型を維持する為に、ばいきんまんは前傾姿勢をとり続けるという少々無理のある変装となった。
ニセきりたんぽさん
初登場回 - TV第1015話B「ダテマキマンときりたんぽさん」
きりたんぽ鍋を食べる為のかまくらを作っていたダテマキマンの前に現れ、もっと大きなかまくらを大量に作らせる。更に、山頂まで雪かきに行かせ、その隙にきりたんぽ鍋を食べようとする。
ニセクラッカーくん
初登場回 - TV第849話B「ばいきんまんとクラッカーくん」
巨大クラッカーを鳴らしてアンパンマンをやっつけようと企む。最初は誤って自分に向けて鳴らしたせいで丸焦げになってしまうが、その後もう一度狙いを定めてアンパンマン目掛けて鳴らした為、顔を汚す事に成功する。そのままとどめを刺そうとするも、駆け付けた本物のクラッカーくんによって阻止された為、自ら正体を明かした。
ニセコチョウランさん
初登場回 - TV第896話A「ばいきんまんとコチョウランさん」
上品な立ち居振る舞いを見せる本物のコチョウランさんとは異なり、一気食いをしたり更に食べ物を要求したりしたため、ジャムおじさん達に不審がられる。最後は本物のコチョウランさんとどちらが本物か笑い声で勝負するが、無理をし過ぎたため噎せ返ってしまい、その弾みでカツラが取れてばれてしまった。
ニセこむすびまん
初登場回 - TV第958話B「こむすびまんと妖精リーフ」
焼き芋をするために、妖精リーフに「手伝いをしたい」と嘘をつき、大量の落ち葉を一箇所に集めさせる。彼女が集めている隙にバイキンUFOに乗り込み、落ち葉を全て奪ってしまう。一人称を「オレさま」と言い切っていたが相手に怪しまれる事はなかった。
ニセしめじまん
初登場回 - TV第1005話B「シチューおばさんとしめじまん」
シチューおばさんの為に薪を集めに行った本物のしめじまんを監禁した後に変装した姿。シチューおばさんのシチューをご馳走になる。
ニセジャスミンさん
初登場回 - TV第754話A「カップラーメンマンとジャスミンさん」
ニセジャムおじさん
初登場回 - TV第94話「アンパンマンと夏まつり」
ドキンちゃんが変装したニセバタコさんと一緒に登場する事が多い。付け鼻はセロテープで貼ってある。もぐりんをアンパンマン号に偽装した事もある。TV第1209話B「コキンちゃんとクロワッサン星」ではクロワッサン星のクロワッサンを作って食べる為に変装するが、コキンちゃんに妨害されたり彼女とドキンちゃんの喧嘩に巻き込まれたりするうちに、本物のジャムおじさん達がクロワッサン星に到着したため食べられず終いに終わってしまった。
ニセジョーカー
初登場回 - TV第801話A「ばいきんまんとトランプの国」
リトルジョーカーの2人にどちらが先に自分の魔法の杖を奪えるか競争させる。そして、リトルジョーカー達を探していた本物のジョーカーから魔法の杖を奪ってしまう。ドキンUFOからワイヤーで吊るされる事で空を飛んでいるかのように見せかけていたが、自身で進行方向等を制御する事ができず、木に激突するなど散々な目に遭ってしまった。
ニセじょんがらくん
初登場回 - TV第790話A「ニガウリマンとじょんがらくん」
TV第1021話A「こむすびまんとじょんがらくん」では、お姫様(ドキンちゃんの変装)を三味線の演奏で無理矢理踊らせて困らせる芝居をする(おバチちゃんがいない事をこむすびまんに指摘されたが『お使いに行った』と誤魔化した)。その後、こむすびまんに本物のじょんがらくんを成敗させようとしたが、高みの見物をしていた際に落ちて来た毛虫に驚いたせいで転落し、変装がばれてしまった。
ニセストーンマン
初登場回 - TV第1222話A「やきそばパンマンとストーンマン」
本物のストーンマンを洞窟に監禁した後、いわおとこの前でやきそばパンマンに変装したドキンちゃんに攫われる芝居を行い、彼に本物のやきそばパンマンを襲わせる。
ニセセニョール・タコス
初登場回 - TV第1037話A「カレーパンマンとセニョール・タコス」
カレーパンマンのカレーを食べ尽くす為に変装したが、そこへ本物のセニョール・タコスが現れ、一緒にダンスを踊らされた拍子に衣装が吹き飛び変装がばれてしまった。
ニセだいこんやくしゃ
初登場回 - TV第364話「でんでん一座とだいこん役者」
TV第971話B「だいこんやくしゃとドキンちゃん」では、しろかぶくんを騙し、だいこんやくしゃを除くでんでん一座全員をおでんの鍋に閉じ込めてしまう。
ニセタオルくん
初登場回 - TV第895話A「あかちゃんまんとタオルくん」
本物のタオルくんを誘拐した後、アンパンマン号の掃除を手伝うふりをしてアンパンマンの顔を水で濡らそうとした際に変装した。しかし、あかちゃんまんに邪魔をされたり怒鳴ったせいで泣き出されたりして失敗に終わる。最後はあかちゃんまんに頭のタオルを取られてしまい変装がばれる。
ニセダテマキマン
初登場回 - TV第1015話B「ダテマキマンときりたんぽさん」
きりたんぽさんのきりたんぽ鍋を食べるために変装したが、同じくダテマキマンに変装して先に鍋をご馳走になろうとしていたドキンちゃんと、きりたんぽさんに変装したばいきんまんに雪かきに行かされていた本物のダテマキマンの2人と鉢合わせになってしまう。TV第1029話B「ダテマキマンとおことちゃん」では、女の子を装った裏声で本物を誘き寄せ檻に閉じ込めた後、琴の演奏を楽しんでいたおことちゃん達の前でわざと太鼓を叩いたり変な踊りを見せたりしてダテマキマンを嫌わせようとするが、却って喜ばれてしまう。その後、アンパンマンに救出された本物のダテマキマンと鉢合わせになったため、彼を竹林まで誘導してから正体を明かした。
ニセちびおおかみ
初登場回 - TV第1021話B「カレーパンマンとちびおおかみ」
ドキンちゃん扮するドキドキおおかみと共にカレーパンマンのカレーを食べようとしたが、皿が1枚しかなかったため葉っぱを器代わりにして食べる羽目に。最後の一皿をドキンちゃんと取り合いしていた最中に本物のちびおおかみが現れたため、偽物の満月を見せてオオカミおばけに変身させ正体をばらした。
ニセちびぞうくん
初登場回 - TV第474話A「ばいきんまんとでかこ母さん」
不眠症に悩んでいたため、でかこ母さんに子守唄を歌ってもらおうとする。TV第1033話B「ちびぞうくんと空とぶベッドくん」では、クリームパンダとちびぞうくんを夜空の散歩へ連れて行く予定だった空飛ぶベッドくんをニセパン工場へ閉じ込めるために変装する。
ニセちゃわんむしまろ
初登場回 - TV第783話B「ちゃわんむしまろとおことちゃん」
TV第985話B「ちゃわんむしまろとかしわもちまん」では、パン工場へ急いでいたかしわもちまん達を呼び止め柏餅をご馳走になるが、本物のちゃわんむしまろと異なり下品な早食いをした為、3人に怪しまれてしまう。何とか誤魔化そうと舞を披露するが、曲目が「いくぞ!ばいきんまん」だった上にノリに乗って頭の蓋を外し角を露わにしたせいで、呆気無く正体をばらしてしまった。
ニセつららちゃん
初登場回 - TV第824話B「クリームパンダとつららちゃん」
本物のつららちゃんと異なり、帽子の氷柱が折れ曲がっている。彼女と遊ぶ約束をしていたクリームパンダとアンパンマンを氷柱が沢山できた洞窟に連れ込み、本物のつららちゃんとは全く異なる乱暴な氷柱の演奏を聴かせたり、巨大な氷柱を落としてアンパンマン達を危険な目に遭わせたりする(自身も巻き添えを喰らった)。
ニセ鉄火のマキちゃん(ニセてっかのマキちゃん)
初登場回 - TV第1203話A「鉄火のコマキちゃんとノリノリのりへい」
鉄火のコマキちゃんとノリノリのりへいを屋台を模した檻の中に閉じ込めてしまう。身長が本物のマキちゃんと明らかに違うが、妹分であるコマキちゃんにすら怪しまれる事はなかった。
ニセてんどん母さん(ニセてんどんかあさん)
初登場回 - TV第189話A「てんどんまんとてんどん母さん」
ばいきんまんがてんどんまんの背中に背負っている風呂敷の中身のパンを奪う為に変装した。本物のてんどん母さんを家ごと谷に連れて行き、家は張りぼてにして家を引っ越したと嘘を付き、アンパンマンとてんどんまんの前に現れる。顔は明らかにてんどん母さんと全く異なり、二本の角が露になっている上に声は完全にばいきんまんの声と無理が有り過ぎる変装。てんどんまんには声を不審がられたが「自分が心配ばかり掛けたから声が変わった」と思い込んだ為に気付かれる事はなかった。しかし、アンパンマンには珍しく不審がられており尻尾が露になっていた事であっさり変装がばれ、アンパンマンにそこを指摘された後は、張りぼての家をアンパンマンとてんどんまんに向けて倒して、UFOで逃走した。
ニセナガネギマン
初登場回 - TV第1054話B「らーめんてんしとナガネギマン」
らーめんてんしのネギラーメンを食べる為に変装した姿。姿を現す機会を作る為に、らーめんてんしがナガネギマンの助けを呼ぶよう相次いで彼に攻撃を仕掛ける自作自演行為を働く。しかし、ナガネギマンの為を思ったらーめんてんしが頑なに助けを呼ぶのを拒み続けた結果、作戦は失敗に終わった。TV第1207話A「ナガネギマンとコネギくん」では、コネギくんの前に現れて過酷な修行をさせようとするが、ナガネギマンを強く尊敬する彼の眼差しに半ば押される形で先に手本を見せる羽目になる。コネギくんに「(いつもと違って)かっこ悪い」と言われた上に、最後は大岩を受け止めようとして失敗し変装がばれてしまった。
ニセなでしこさん
初登場回 - TV第1030話B「どんぶりまんトリオとなでしこさん」
ドキンちゃん扮するなでドキ子と共に「なでしこ姉妹」を名乗り、どんぶりまんトリオに丼物を作らせる。かまめしどんに「萎れた花を元気にして欲しい」と頼まれ仕方なく花の舞を踊るが、当然元気にならなかったため怪しまれてしまう。その場を誤魔化そうと泣いている小鳥達を元気にしようとするが、無理矢理泣き止ませようと怒鳴ったせいで親鳥に襲われてしまい、木から落ちた拍子に変装がばれてしまった。
ニセなまいきナマコ
初登場回 - TV第1226話B「ビクビクちゃんとなまいきナマコ」
本物のなまいきナマコを監禁した後に変装した姿。浜辺でバーベキューを楽しんでいたジャムおじさん達にトウモロコシを強請る。その後、アンパンマンに救出された本物のなまいきナマコに「早口言葉を言ってみせて」と要求されるが途中で噛んでしまい、変装していたドキンちゃんにハリセンでツッコまれたせいで正体がばれてしまった。
ニセナンカ・ヘンダー
初登場回 - TV第324話A「ばいきんまんとナンカヘンダー」
子供たちに絵の滅茶苦茶な描き方を教えたり、「アンパンマンの絵を猛烈に描きたくなった」と言ってアンパンマンの顔を四角形にしたりする。
ニセにんにくこぞう
初登場回 - TV第1036話A「にんにくこぞうとらーめんてんし」
にんにくこぞうを探していたらーめんてんしの前に現れ、彼のラーメンを食べ尽くす。その後、本物のにんにくこぞうと鉢合わせになり、彼に対抗して木を駆け上がろうとするが、落下して変装がばれてしまった。
ニセハンバーガーキッド
初登場回 - TV第1215話A「ハンバーガーキッドとすなおとこ」
砂漠を水浸しにし、すなおとこを怒らせ西部の町を襲わせる。
ニセピーター
初登場回 - TV第817話B「ニガウリマンとピーター」
本物のピーターからバイオリンを奪った後に変装した姿。ギターのトレーニングをしていたニガウリマンに体力作りを口実に過酷な重量挙げをさせ、彼を疲弊しきらせてから自ら正体を明かした。体の大きさが本物と明らかに違う為、一度ニガウリマンに怪しまれていた。
ニセフーセンガムキッド
初登場回 - TV第606話A「やきそばパンマンとフーセンガムキッド」
ニセマイちゃん
初登場回 - OVA「勇気りんりん! いろ・かず・かたち」
かんたんシスターズのマイちゃんに変装した姿。本人は完璧に変装したつもりだったようだが、青色ではなく緑色のヘルメットを被っていた上にスラックスの丈も短かったせいで、ジャムおじさん達に怪しまれてしまう。即時に着替え直したため一時は難を逃れるも、その後やって来た本物のかんたんシスターズとかんたんブラザーズに、ドライバーではなく箒を持っている点を指摘され一発でばれてしまった。
ニセマスタード男爵(ニセマスタードだんしゃく)
初登場回 - TV第1045話A「ばいきんまんとスパイス王子」
スパイス王子から奪ったスパイスを使って町の住人を苦しめたり、本物のマスタード男爵から奪った剣を使って辛子ジュースで落書きをしたりした。駆け付けたアンパンマンをスパイス袋で身動きを取れなくした所で正体を明かした。
ニセみずたま姫(ニセみずたまひめ)
初登場回 - TV第1044話A「クリームパンダとアクアちゃん」
水たまりの国に招待すると言って、アンパンマンやジャムおじさん達を無理矢理水たまりの国の入り口に飛び込ませ監禁する。身長を誤魔化す為に異常にヒールの高い靴を履いていたが怪しまれる事はなかった。
ニセもちおばさん
初登場回 - TV第780話A「クリームパンダともちつきまん」
もちつきまんの2人に餅を作らせる為に変装した姿。彼らの餅のつき方に駄目出しをし過ぎたせいで手本を見せるように言われてしまい、慣れない杵の扱いに手こずり、勢い良く振り下ろした弾みでお腹を空かせた子供に変装していたドキンちゃん達もろとも変装がばれてしまった。
ニセもっきんまん
初登場回 - TV第959話B「あかちゃんまんともっきんまん」
アンパンマンをやっつける為に変装するつもりだったが、遊びに来ていたあかちゃんまんの子守りをする羽目になる。木琴で『いくぞ!ばいきんまん』(歌詞中の『ばいきんまん』を『もっきんまん』に変えたもの)を演奏するがあかちゃんまんに泣き出されたりなど酷い目に遭う。最後はパンの配達から戻って来たアンパンマンを罠に嵌めようとするが、偽物の木琴に仕込んでおいたかびるんるんが寝惚けてばいきんまんに飛び掛かったせいで変装がばれてしまった。
ニセゆきんこゆきちゃん
初登場回 - TV第1064話A「どんぶりまんトリオとゆきんこゆきちゃん」
どんぶりまんトリオの丼物を食べる為に変装した姿。ゆきんこゆきちゃんにすっかり一目惚れしていた3人を騙し、大量の丼物を食べ尽くすが、積み上げた空の容器が崩れ落ちた拍子に変装がばれてしまった。
ニセ妖精バック(ニセようせいバック)
初登場回 - TV第707話A「カレーパンマンと妖精バック」
本物の妖精バックと同様、思っている事と反対の言葉を話さなければならない筈だが、毎回普通の言葉で話してしまう為、バックの性質を既に理解している者を引っ掛ける事が出来ず損をしたり混乱させたりする事が多い(『お腹すいた』と言ったせいで相手に『お腹いっぱい』と解釈され、料理を食べさせて貰えない等)。
ニセらーめんてんし
初登場回 - TV第737話A「かつぶしまんとらーめんてんし」
かつぶしまんの蕎麦を食べる為に変装した姿。満腹になるまで食べた後、かつぶしまんの屋台を奪って逃げ去ってしまう。
ニセらくがきこぞう
初登場回 - TV第1223話B「らくがきこぞうとみみせんせい」
本物のらくがきこぞうを監禁しらくがき筆を奪った後に変装した姿。町中に落書きをして住人を困らせる。
ニセらんぼうや
初登場回 - TV第816話B「ハンバーガーキッドとらんぼうや」
本物のらんぼうやを森の奥へ追いやった後、一緒にいたハンバーガーキッドの前に現れ、投げ縄を奪ってしまう。
バイキンあかちゃんまん
初登場回 - TV第676話A「あかちゃんまんとバイキンあかちゃんまん」
あかちゃんまんと同じ衣装にメガネをかけた姿。あかちゃんまんの登場する回に頻繁に見られる。他の変装と同じく、序盤には騙せるものの、赤ちゃんが食べられない物を食べたり、体重が重すぎたりとバレやすい変装の1つ。TV第822話B「プリンちゃんとあかちゃんまん」では、おにいちゃんあかちゃんまんとして、プリンちゃんとエクレアさんから好かれている。
バイキンおくらちゃん
初登場回 - TV第992話B「ダテマキマンとおくらちゃん」
ダテマキマンに伊達巻を大量に作らせご馳走になるが、おくらちゃんの妹に変装していたドキンちゃんと取り合いになったせいで変装がばれてしまった。TV第1212話B「かつぶしまんとおくらちゃん」では、かつぶしまんがおくらちゃんの涙に弱い事を知り、彼の蕎麦を食べる為に変装したが、同じく変装していたドキンちゃんに自分の分まで食べられてしまう。
バイキンおことちゃん
初登場回 - TV第550話A「ホラーマンとおことちゃん」
バイキンおしるこちゃん
初登場回 - TV第560話A「おしるこちゃんとどんぶりまんトリオ」
どんぶりまんトリオがパン工場へ届ける汁粉を狙おうとした際に変装した姿。マスクを着用している。TV第1023話B「かまめしどんとハーモニカくん」では、かまめしどんの釜飯を食べるつもりだったが、彼がおしるこちゃんの為にハーモニカの練習をしていた為、興味のないハーモニカの演奏を聞かされる。更に、早く釜飯を作らせようと褒めて演奏を切り上げさせようとしたが、それに調子付いたかまめしどんが力んでハーモニカを吹いたせいで酷い音色を何度も聞かされてしまい、怒って正体を明かし彼を襲った。
バイキンおしんこちゃん
初登場回 - TV第626話A「ナットーマンとおしんこちゃん」
おしんこちゃんの家から彼女を迎えに来たナットーマンから納豆を奪おうと変装した。声は完全にばいきんまんの声の裏声で、顔の下半分が露に成っている。この事からさすがに無理があったのか、ナットーマンから「お、おしんこちゃん?何かへーんだナーット」と言われた。しかし、ナットーマンにバレる事は無く、彼を川に誘い出してナットーマンから納豆を貰った後は、用済みとして川に落として、自ら正体を明かした。
バイキンかつぶしまん
初登場回 - TV第347話A「かつぶしまんと鉄火のマキちゃん」
TV第816話A「かつぶしまんとしらたき姫」では、かつぶしまんの弟子に扮したドキンちゃんと共に変装し、しらたき姫のすき焼きをご馳走になろうとする。しかし、かつぶし剣の剣さばきを見たいと言われてしまい、その出来の悪さに怪しまれそうになったものの、悪党に扮したかびるんるん達との芝居によって春菊さんの目を誤魔化す事に成功する。しかし、それでも疑いが晴れなかったしらたき姫に手合わせを願われ、自棄糞で突っ込むがかわされた事で変装がばれてしまった。
バイキンかみしばいさん
初登場回 - TV第419話B「アンパンマンとかみしばいさん」
本物のかみしばいさんに作らせた、自身を主役にした紙芝居を子供達に見せたが全くうけなかった為、怒って正体を明かし、子供達を檻に閉じ込め無理矢理二作目を見せようとした。
バイキンカレーパンマン
初登場回 - TV第44話B「アンパンマンとカレーまつり」
本物のカレーパンマンの評判を落としたり、食べ物を盗み喰いする為に変装する事が多い。TV第44話B「アンパンマンとカレーまつり」では、子供達に激辛カレーを食べさせ、子供達を一時的にカレー嫌いにさせてしまった。TV第993話A「カレーパンマンとカレンの森」では、カレンの森で取れた蜂蜜を独り占めする為に変装した(カレンに甘いものは苦手な筈だと指摘されたが、むしろ辛いものが苦手だと嘘で誤魔化していた)。蜂蜜を奪ったついでに花畑を激甘カレーで滅茶苦茶にし、本物のカレーパンマンに濡れ衣を着せる。
バイキンカレン
初登場回 - TV第933話A「ばいきんまんとカレンの森」
ジャムおじさんらの作る蜂蜜パンを食べる為に変装した姿(共にカレンの森に来ていたかびるんるん達は蝶に変装)。「パンを焼いている間に歌を聴かせて欲しい」と頼まれてしまい仕方なく歌うものの、酷い歌声で一面の花を枯らしてしまったためチーズに怪しまれる。その後、蜂蜜パンにありつこうとするが、不在のハニーの事を「あんな奴はどうでもいい」と言ったせいで更にチーズに不審がられ、パンの取り合いになる。最後は転げ落ちた拍子に眼鏡がずれた事で変装がばれてしまった。
バイキンクリームパンダ
初登場回 - TV第505話B「クリームパンダとプリンちゃん」
TV第1031話A「クリームパンダとロールケーキちゃん」では、ロールケーキちゃんにロールケーキを作らせるために変装したが、彼女は元々パン工場で作る予定だったため一緒に作る事になった。同じく変装したドキンちゃんと3人で協力してロールケーキを完成させるが、本物のクリームパンダがやって来たためにロールケーキを食べ損ねてしまい、自ら正体を明かしロールケーキちゃんを襲う。
バイキンコアンコラ
初登場回 - TV第400話B「ドーナツマンとコアンコラ」
親のアンコラを大暴れさせたり、食べ物を盗み食いする為に変装する事が多い。TV第858話B「ばいきんまんとコアンコラ」では、レバーを引くと飛ぶギミックが仕掛けられている。これで、アンコラにアンパンマンにいじめられているふりの場面を見せて、アンパンマンに濡れ衣を着せた。
バイキンしょくぱんまん
初登場回 - TV第269話B「しょくぱんまんとにせしょくぱんまん」
しょくぱんまんの評判を落とす為に変装した姿。しょくぱんまん号の荷台に本物を閉じ込め、悪事を働いた。町の住民からは「少し太った」「背が縮んだ」等と言われている。TV第401話B「カレーパンマンとしょくぱんまん」ではドキンちゃんを騙した事もある。
バイキンしらたき姫(バイキンしらたきひめ)
初登場回 - TV第566話A「どんぶりまんトリオとしらたき姫」
TV第1062話A「バイキンしらたき姫とスキヤキの里」では、本物のしらたき姫と春菊さんをすきやき城の蔵に誘き寄せて監禁した後、焼きどうふくん達にすき焼きを作らせる際に変装した。しかし、彼らと「しらたき二刀流」の稽古をする事になり、逃げ惑っているうちに池に転落したせいで正体がばれてしまった。
バイキンすすきちゃん
初登場回 - TV第767話B「しょくぱんまんとすすきちゃん」
バイキンナットーマン
初登場回 - TV第278話B「ナットーマンとトロロくん」
ばいきんまんの顔半分と手足が露に成っていて、声も通常のままである。ネバネバな物をみんなが悪く言っているとトロロくんに嘘を付き、2人で町を荒らしてしまう。納豆の粘着糸を撃ち出す銃を装備するが、トロロくんがそれを不思議そうに思っていた時に「またにはスタイルを変えようかな〜っと…」とごまかした。TV第571話B「ナットーマンとノリノリのりへい」では、ノリノリのりへいの頭の中の海苔を納豆で駄目にして、怒ったのりへいに本物のナットーマンを成敗させようとした。TV第626話B「ナットーマンとおしんこちゃん」では、おしんこちゃんのおしんこを全部奪う為に彼に変装した。「皆がどうしても、かぼちゃのおしんこが食べたい」と嘘を吐き、おしんこちゃんが野菜村にかぼちゃを取りに行った時を狙って、おしんこを1つ奪ってUFOに乗せた。
バイキンナンドバット
初登場回 - TV第585話A「ナンドバットとまほうのランプ」
バイキンニャンジャ
初登場回 - TV第72話B「アンパンマンとニンジャのニャンジャ」
忍者のニャンジャに変装した姿。本物のニャンジャの評判を落とすために町中を荒らし回った。TV第487話B「ばいきんまんとニンジャの里」では、ドキンニャンと共にネコジャラシから忍者の里の宝を狙いに現れた。TV第930話A「クリームパンダと忍者のニャンジャ」では、忍術の修行をしていたクリームパンダに「化け猫の術」(正体はかびるんるん)を見せ羨望させた所で、「修行」と称して彼と共に町中でいたずらを働く。その後、「化けコウモリの術」を披露していた所、本物のニャンジャに煙幕を吹き飛ばされ、かびるんるん達の姿が露になった事で変装がばれてしまった。
バイキンバタコさん
初登場回 - TV第263話A「あかかぶさんとしろかぶさん」
TV第949話B「クリームパンダとたぬきおに」では、彼女が普段はパン工場の面々に酷いいじめを受けているとたぬきおにに嘘をつき、パン工場を襲撃させる。最後は本物のバタコさんと鉢合わせになり、大好きな彼女が2人に増えたと勘違いし喜んだたぬきおにが地響きを起こした事で、カツラが取れてばれてしまう。
バイキンはみがきまん
初登場回 - TV第3話A「アンパンマンとはみがきまん」
虫歯を惹き起す「バイキンブラシ」を森中に配る際に変装した姿。TVアニメ中でばいきんまんが最初に披露した変装である。余談だが、「バイバイキン」の台詞もこの回で初めて使われた。
バイキンピザパイむすめ
初登場回 - TV第624話B「ぶたまんまんとピザパイむすめ」
バイキンめざましくん
初登場回 - TV第855話B「メロンパンナとめざましくん」
バイキンメロンパンナ
初登場回 - TV第986話A「クリームパンダとふとまきくん」
「パンより太巻きの方が美味しい」と主張するふとまきくんを煽り、太巻きを作らせるために変装した姿。散々作らせては食べ尽くした挙句、クリームパンダに変装したドキンちゃんと共に「太巻きよりパンの方が美味しい」と言って彼を激怒させ、本物のメロンパンナ、クリームパンダと同士討ちさせる。しかし、ふとまきくんが2人を探し回っているうちに、逆に陰に隠れていた自分達が襲われそうになった事で変装がばれてしまった。
バイキンもくもく仙人(バイキンもくもくせんにん)
初登場回 - TV第837話B「みみせんせいともくもくせんにん」
ドキンちゃんが捕まえた魔法の木馬を巨大化させて操り、アンパンマンやみみせんせい達を襲う。
バイキンやきそばパンマン
初登場回 - TV第525話B「カレーパンマンとやきそばパンマン」
TV第1025話A「やきそばパンマンとアコーディオンマン」では、本物のやきそばパンマンを監禁した後、「やきそばパンマンの正体は強盗団のボスだ」と偽り、西部の町を滅茶苦茶にする。更に妨害を試みたアコーディオンマンや町の人々を縛り上げ、町を乗っ取ってしまう。その後、アンパンマンに救出された本物のやきそばパンマンが駆け付けたため、どちらが本物か早撃ち勝負を繰り広げるが、投げたヘラが全て跳ね返された上に巨大なヘラに押し潰され変装がばれてしまった。

変身した姿[編集]

術などではない変装によるキャラクターに関しては#変装を参照。

赤ちゃんばいきんまん(あかちゃんばいきんまん)
初登場回 - TV第164話B「ベビーアンパンと赤ちゃんばいきん」
あかちゃんスプレーを浴びる等によって赤ちゃんの姿になったばいきんまん。「バブバブー」等バ行でしか話せず、ドキンちゃんに大声で怒鳴られると泣き出す等、赤ちゃんそのものの性格だが、薬に関する知識やアンパンマンをやっつけようとする信念は変わらない。やや覚束ないがバイキンUFOも問題なく操作できる。
アンパンマン
初登場回 - TV第221話B「アンパンマンとやさしいばいきんまん」
雷が直撃しアンパンマンと体が入れ替わってしまったばいきんまん(声は変わらない)。入れ替わったままバイキン城に帰った事でドキンちゃんに追い出されるなど酷い目に遭うが、普段から皆に好かれている強いアンパンマンになったのをいい事に、カレーパンマンやしょくぱんまんを攻撃したり子供達に激辛のあんパンを食べさせたりなど好き放題した。ばいきんまんの姿になり弱体化したアンパンマンを追い詰めるが、再び雷に打たれた事で元の姿に戻った。
おそうじばいきんまん
初登場回 - TV第331話B「アンパンマンとおそうじばいきんまん」
ばいきん仙人の巻物を盗み見て、強くなる呪文を唱えるはずが、呪文を間違えてきれい好きになってしまったばいきんまん。汚い所を見ると率先して掃除をしてしまう。術が効いてくるにしたがい、身体が白くなっていく。最初は本人もあまりに普段の自分と違うため、泣きながら去っていった。なぜか女性口調になり(このときの中尾の声は、『ドレミファ・どーなっつ!』の「れっしー」の声のように高い)、アンパンマンのことを「アンさん」と呼ぶ。アンパンマンやバタコさんはあまりの変わりようにたじろぎ(アンパンマン曰く、「普段より手強かった」)、ドキンちゃんにいたっては泣きだしてしまった。最後は、ばいきん仙人から、アンパンチを喰らうことで術が解けることを知らされたドキンちゃんによりハンマーの一撃を喰らい、アンパンマンにバイキン城まで吹き飛ばされ、元のばいきんまんに戻った。
カッパばいきんまん
初登場回 - TV第170話B「ホラーマンとカッパのカピー」
盗んだ河童の皿を頭に乗せて水中を泳げるようになったばいきんまん。
スーパーばいきんまん
初登場回 - TV第836話B「とべ!ばいきんまん」
あくびどりの夢の中でヒーロー風の姿に変身したばいきんまん。一息で巨大な竜巻を消し飛ばせる他、アンパンマンよりも速く飛べる。アンパンマンを倒すつもりでこの姿になったのだが、なぜか良いことばかりしてしまい、すっかり夢の世界に懲りてしまったのか、自らあくびどりのくしゃみの線を引いて夢から目覚めさせた。
鉄骨ばいきんまん(てっこつばいきんまん)
初登場回 - TV第445話A「アンパンマンとてっこつばいきんまん」
鉄骨マシーンで変身したばいきんまん。スーパーマンの如き体型で、だだんだん並みの巨体である。背中には、普段の羽とは違い、悪魔のようなが生えている。必殺技の『鉄骨バイキンパンチ』は岩をも砕き、アンパンチとも互角に渡り合う。
TVでの初登場は『アンパンマンとてっこつばいきんまん』。この時は、トレーニング中に、鉄骨マシーンが誤作動したことで変身した。ジャムおじさんたちを人質にとってアンパンマンと一対一で戦うが、最後はアンパンマンの3連続アンパンチを喰らい、元の姿に戻った。この時は飛べなかったらしく、UFOに跨るようにしてアンパンマンと戦っていた。
TV&映画20周年作品『みんなのヒーロー!アンパンマン』で再び変身する。このときは自分の意思で鉄骨マシーンに入ったことと、ドキンちゃんがマシーンを蹴飛ばしてショートしてしまったことで、前回よりもはるかにパワーアップしており、ロールパンナ並みのスピードで空を飛び、更にトリプルパンチにも耐えることができる。初めは上手く飛ぶ事ができなかったが次第に制御できるようになった。『鉄骨バイキンキック』でカレーパンマンとしょくぱんまんをまとめて吹っ飛ばし、更にパン工場にまで襲いかかり、アンパンマンを極限まで追い詰める。最後は、『アンパンマンとバイキン黒騎士』の回や劇場版同様に、全身を輝かせたアンパンマンの渾身のアンパンチに打ち負け、元の姿に戻りバイキン城まで吹き飛ばされた。
ナゾダスーラ
フレーベル館『アンパンマンのなぞなぞのくに』シリーズで、ばいきんまんが変身する怪獣。角がクエスチョンマークになっている。アンパンマンたちとなぞなぞで対決する。「なぞなぞの実」を食べることで更にパワーアップした「ナゾナゾナゾダスーラ」に変身できる。
ニセメロンパンナ
初登場回 - TV第237話A「ばいきんまんとへんしんカード」
ばいきん仙人からもらった変身カードでメロンパンナに変身したばいきんまん。
バイキンアリジゴク
初登場回 - TV第237話A「ばいきんまんとへんしんカード」
変身カードを使ってアリジゴクに変身したばいきんまん。砂漠でアンパンマンを倒そうとする。
バイキン蚊(バイキンか)
初登場回 - TV第295話B「ばいきんまんとへんしんマシーン」
変身マシーンで間違えてと合体してしまったばいきんまん。小さな蚊と同じサイズになっているため、誰にも気づいてもらえなかった。最後は変身マシーンまで何とか辿り着き、元の姿に戻ることができた。
バイキンかぜこんこん
初登場回 - TV第200話「メロンパンナちゃん誕生」
幻の谷へ行く飛行船アンパンマン号を吹き飛ばそうと、変身カードでかぜこんこんに変身したばいきんまん。本人曰く「ブサイク」。
バイキンカメレオン
初登場回 - TV第237話A「ばいきんまんとへんしんカード」
変身カードで変身したばいきんまん。舌を伸ばしてアンパンマンを捕らえようとする。
バイキン巨大魚(バイキンきょだいぎょ)
初登場回 - TV第237話A「ばいきんまんとへんしんカード」
変身カードで、ナマズのような巨大な魚に変身したばいきんまん。水に落ちたアンパンマンを捕まえようとする。
バイキングモ
初登場回 - 映画第2作目「ばいきんまんの逆襲
ばいきん仙人からもらった変身玉で足が6本の大グモに変身したばいきんまん。を吐いて敵の動きを止める(ただし3回しか使用できない)。この頃のばいきんまんはクモが嫌いだったらしく、変身した時は自分の姿を見て気持ち悪がっていた(ただし、これ以降の話では蜘蛛型のスパイメカやロボットを作ることも多い)。糸でアンパンマンやどんぶりまんトリオたちをがんじがらめにするが、上記の弱点を聞かなかったためすぐに使い果たし、しょくぱんまん、カレーパンマン、ひのたまこぞうの救援で逆転された。
バイキン黒騎士(バイキンくろきし)
初登場回 - TV第768話「アンパンマンとバイキン黒騎士」
ばいきん仙人が封印していたバイキン黒馬ロボのを身に着けたばいきんまん。渦巻き状の雷雲を呼び寄せる。アンパンチやアンキックも容易に弾き返すなどかなりの強さを誇り、アンパンマンを苦しめた。性格もかなり変わっており、普段のばいきんまんのようなお調子者の憎めない一面はほとんど見られず、威風堂々とした立ち振る舞いとなり、ドキンちゃんのわがままに対しても「うるさい!」と一蹴するなど、非常に強気で好戦的な性格となっている。初めは黒馬ロボを止める事ができずバイキン城を穴だらけにしてしまい、ばいきん仙人に「未熟者め」と呆れられてしまったがすぐに乗りこなせるようになった。倒したアンパンマンをパン工場に連れ帰り、新しい顔を焼かせた上でまた倒そうとする余裕さえ見せる。新しい顔になって復活したアンパンマンと宇宙空間にまで及んで激闘を繰り広げるが、結局最後はみんなを守るために戦おうと奮起するアンパンマンの、全身を光り輝かせたアンパンチでやられてしまった。バイキン城に飛ばされた後、元のばいきんまんに戻り、鎧や黒馬ロボもばいきん仙人によって再び封印された。
バイキンこおり鬼(バイキンこおりおに)
初登場回 - TV第200話「メロンパンナちゃん誕生」
変身カードでこおり鬼に変身したばいきんまん。幻の谷へ行く飛行船アンパンマン号を凍らせ、アンパンマン・カレーパンマン・しょくぱんまんをも追い詰めるが、氷の女王を眠りから妨げた為、吹き飛ばされた。
ばいきん大魔王(ばいきんだいまおう)
初登場回 - 映画第2作目「ばいきんまんの逆襲」
メコイスの壺の魔法で強くて巨大な大魔王に変身したばいきんまん。コウモリのような翼と耳が生え、大魔王の服を着ている。アンパンチも効かず、吐息だけでアンパンマンを吹き飛ばし、パンチで叩きのめして追い詰める。救援に駆けつけたしょくぱんまん、カレーパンマン、ハンバーガーキッド、あかちゃんまん達の攻撃で一度は形勢が逆転するが、怒りのパワーでそれらを弾き飛ばし、そのまま本物のメコイスの大魔王へと変貌を遂げた。書籍によっては、後にテレビ本編に登場するバイキン大魔王と区別するために「ばいきん魔王」と表記されていることもある。
メコイスの大魔王(メコイスのだいまおう)
初登場回 - 映画第2作目「ばいきんまんの逆襲」
ばいきん大魔王がさらに変身し、とうとう本物の大魔王になった姿。大魔王の意識に取り込まれたのか(変身する際に苦しみながら「助けて!!」と叫んでいる)、最早ばいきんまんの意思や面影を残しておらず、怪物のように咆哮を上げながら暴れまわる。圧倒的な力でアンパンマンたちを追い詰めるが、最後はメコイスの壺の力を抜かれ元に戻った。
バイキンドッグ
初登場回 - TV第31話A「アンパンマンとホットドッグ」
ドッグレースの優勝商品を手に入れるため、ばいきん仙人の仙術で犬の姿になったばいきんまん。ドキンちゃんと共にさまざまな罠でレースを優位に進めるが、誤って罠にかかり、木に衝突して元の姿になった。その後、お仕置きとしてばいきん仙人の車を引いて走らされた。
バイキンドラゴン
1号(1ごう)
初登場回 - 映画第2作目「ばいきんまんの逆襲」、TV第105話A「アンパンマンとへんしんカード」(TVデビュー)
ばいきん仙人からもらった変身玉で変身した巨大なドラゴンに変身したばいきんまん。口から炎を吐き出すが、3回しか使用できない。炎以外にも翼を羽ばたかせての強風や、尻尾を使って戦う。アンパンマンとの一騎打ちで優位に立つも、アンパンマン号とアンパンマンの協力の前に敗れた。
TV初登場時は、ばいきん仙人からもらった変身カードで巨大なドラゴンに変身したばいきんまん。大きな翼と口から出すが武器。アンパンマンを苦戦させるが、変身カードの時間制限のためでばいきんまんに戻り、やられてしまう。ドキンちゃんの妨害で猫と融合したことがある。
2号(2ごう)
初登場回 - TV第275話A「メロンパンナとバイキン仙人」
上記の失敗の後、新型の変身カードで別タイプのドラゴンに変身したばいきんまん。角が生えた龍に変身するが、変身カード1枚では虫かごに入るほどの大きさにしか変身できない。ドキンちゃんが投げたもう1枚のカードで巨大化し、アンパンマンたちを苦戦させる。しかし、メロンパンナを助けようとしたばいきん仙人の仙術で妨害され、アンパンチに敗れた。
バイキンドラネコ
初登場回 - TV第350話B「ロールパンナとバイキンせんにん」
変身カードで変身したばいきんまん。ドキンちゃんの妨害でドラゴンを合わせたような巨大怪物になった。力は巨石を投げ飛ばすほど強く、火を吹くこともできる。ロールパンナと共にアンパンマンを倒そうとしたが、メロンパンナが介入したことでロールパンナの良い心が働き、隙ができたところでアンパンチを喰らい元の姿に戻った。
バイキン化け猫(バイキンばけねこ)
初登場回 - TV第220話B「ばいきんまんのニャンニャン大作戦」
忍者のニャンジャから盗んだ巻物の呪文で、猫に化けたばいきんまん。語尾に「ニャ」とつける。チーズは怪しんでいたが、バタコさんは気づかないまま可愛がっていた。パン工場に潜入して滅茶苦茶にしてしまう。その後にバイキン巨大猫に変身した。
バイキン巨大猫(バイキンきょだいねこ)
初登場回 - TV第220話B「ばいきんまんのニャンニャン大作戦」
バイキン化け猫がニャンジャから盗んだ巻物の呪文で、さらに巨大化した姿。語尾に「ニャ」とつける。ニャンジャとアンパンマンの協力戦法によりバイキン城に吹き飛ばされ、呪文を忘れてしまったため、しばらく元に戻れなくなってしまった。
ビー玉ばいきんまん(ビーだまばいきんまん)
初登場回 - TV第665話A「かつぶしまんとびいだまん」
びいだまんによってビー玉に変えられてしまったばいきんまん。しかし、素早い動きと体当たり攻撃でかつぶしまんやアンパンマンたちを翻弄する。ビー玉かつぶしまんの体当たりでビー玉川に落とされ、元の姿に戻った。言葉尻に「~ビイ」とつける。
みえないまん
初登場回 - TV第14話A「アンパンマンとみえないまん」
自ら調合した薬品を飲み、透明人間になったばいきんまん。町中を荒らすが、めいけんチーズの嗅覚で居場所がわかってしまう。仕返しにチーズの鼻をスパイスで利かなくしようとするが、カレーパンマンの妨害で自分がスパイスを詰め込んだ瓶の中に落ちてしまい、薬の効力も切れた。
リトルばいきんまん
初登場回 - TV第957話「アンパンマンとリトルばいきんまん」
「バイキンジャイアントマシーン」で巨大化するつもりが、逆にノミのように小さくなってしまったばいきんまん。同じく小さくされたかびるんるん達と共に悪戯を働き、クリームパンダとメロンパンナ、しょくぱんまんとカレーパンマンをそれぞれ仲間割れさせる。更にパン工場に侵入し大混乱を起こした後、小さくなった大量のかびるんるんを呼び寄せてパン工場を占領させる。
ジャイアントばいきんまん
初登場回 - TV第957話「アンパンマンとリトルばいきんまん」
一度小さくなったリトルばいきんまんが、「バイキンジャイアントマシーン」で巨大化した姿。同じく巨大化したかびるんるん達と共にアンパンマン達を追いかけ、「ジャイアントパンチ」でとどめを刺そうとする。手を振り払っただけでアンパンマン、しょくぱんまん、カレーパンマンを遠くへ飛ばしてしまう程の怪力を誇る。最後はトリプルパンチを喰らった拍子にバイキンジャイアントマシーンを押し潰したショックで元の大きさに戻った。

分身[編集]

大量のばいきんまん(たいりょうのばいきんまん)
初登場回 - 絵本「アンパンマンのめいろのくに4 - アンパンマンのゲームの本シリーズ」(絵本版)、TV第26話A「アンパンマンとバイキンせんにん」(アニメ版)
赤ばいきんまん(あかばいきんまん)
声 - 鈴木勝美
初登場回 - TV第201話B「アンパンマンと3ばいばいきんまん」
ばいきんまんが開発した、身体を増やす薬を飲んで白ばいきんまんと共に生まれた、赤い鼻のばいきんまん。気が早く、ケンカっぱやい。薬を飲むと副作用として爆発が伴う。白ばいきんまんと共にアンパンマンを困惑させ、あと一歩のところまで追いつめたが、薬の効果が切れ一人に戻ってしまった。
白ばいきんまん(しろばいきんまん)
声 - 梁田清之
初登場回 - TV第201話B「アンパンマンと3ばいばいきんまん」
身体を増やす薬で、赤ばいきんまんと共に生まれた、白い鼻のばいきんまん。のんき者でほとんど寝ている。赤ばいきんまんと共にアンパンマンを困惑させ、あと一歩のところまで追いつめたが、薬の効果が切れ、一人に戻る時の爆発でばいきんまんはバイキン城まで吹き飛ばされた。

その他のエピソード[編集]

  • 絵本『アンパンマンとムシバラス』では、「バイキンの王様」と名乗り、アンパンマンの十倍はあろうかという巨大な姿で登場。巨大化や極小化という能力を見せるが、カバくん(カバオくんではない)に踏みつけられてしまった(ちなみに、この時の表記は片仮名の「バイキンマン」である)。
  • 悪巧みやアンパンマン打倒のために他の悪役と手を組む事もあるが、逆にアンパンマンと絡まずに他の悪役と戦う時もあり、その時は大抵勝利する(黒バラ女王、ゴピラー等)。
  • 映画『ばいきんまんと3ばいパンチ』で初登場した、外見がそっくりのアカキンマンとアオキンマンとは「バイキントリオ」を結成している。映画では彼らの協力を得て、バイキンUFOのバイキンパンチでアンパンマンを吹き飛ばし、星のように輝かせた時は、仲間の二人がたじろぐほど、感極まって号泣した。作中では、バイキントリオの乗る、その時点での“最強メカ”『トリプルヘッド』が、アンパンマン・カレーパンマン・しょくぱんまんのトリプルパンチにより破壊され、結局敗れている。
  • アンパンマン達にやられた後、ほとんど飛ばされる先はバイキン城である[28]。後に、ドキンちゃんがバイキン城にいる場合にぶつかってこっ酷く怒られるオチも多い。
  • 2004年シャープの除菌イオン空気清浄機のCMキャラクターにアンパンマンと一緒に起用された。
  • バイキン城とは別に、バイキンログハウスという別荘を建てている。これに続く第二秘密基地をアンパンマン達の住む町の丘の上に作ろうとした事もあった(結局プリンちゃんとエクレアさんによって遊園地にされてしまい失敗している)。他にも、エピソードによってばいきんまんの顔を模した民家(TV『しょうゆくんとソースくん』)、アトリエ風の基地(TV『アンパンマンとカツドンマン』)、石組みの基地(TV『アンパンマンとサラコちゃん』)や、見晴らしのいい別荘(映画『くろゆき姫とモテモテばいきんまん』)など、いくつか他の棲家を持っている。
  • 誕生日は設定されていないが、『ドキンちゃんのドキドキカレンダー』では、アニメの放送開始日にあわせて10月3日とされている。テレビ電話の玩具『てれびっこ』では、アンパンマンと誕生日が同じであるが、アンパンマンのバースデーパーティの盛大さに比べ、誰一人祝ってくれない事に嫉妬し、パーティに乱入しているエピソードがある(その後、一緒に祝ってもらった)。
  • 登場しない映画は「おむすびまん」のみだが、前述の通り第三者的な立場である場合、出番が少ない事もある(これはアンパンマンも同様である)。
  • 1995年8月、サザンオールスターズのライブ『ホタル・カリフォルニア』で、桑田佳祐がばいきんまんに扮して登場した。この時、桑田は『仮面ライダー』のライダー1号が乗る『新サイクロン』に似せたスクーターに跨り、『いくぞ!ばいきんまん』をBGMにしている。ゲストの西城秀樹に対し「ヒデちゃん、バイバイキーン!!」と言った後、その格好のまま「いなせなロコモーション」を歌い、途中でお面を取った。
  • 2008年7月、『世界まる見え!テレビ特捜部』のスタジオにばいきんまんとドキンちゃんのぬいぐるみが現れ(この時の声は中尾と鶴ひろみがあてている)、七夕を楽しんでいる、着ぐるみの所ジョージ楠田枝里子水鉄砲を手に襲った。そこにアンパンマンに扮したビートたけし(これは顔出しの着ぐるみ)が登場し、アンパンチで二人を撃退した。これは映画『妖精リンリンのひみつ』のプロモーションで、この時、ばいきんまんはたけしの代名詞である「コマネチ」のポーズをとっていた。
  • 第1作映画『キラキラ星の涙』でさかさまんに捕まり、第2作映画『ばいきんまんの逆襲』ではクモに変身した自分の姿を嫌がっていた。クモの糸を使いこなしたり、クモ型メカを作ったりと現在はクモへのトラウマがない。

テーマソング ・キャラクターソング[編集]

アニメ版における持ち歌。映画の挿入歌も合わせると全キャラ中一番多く、特に代表曲の『いくぞ!ばいきんまん』は劇中でも度々使用されており、『それいけ!アンパンマン』関連のアルバムの収録率も高い。また、これら以外にもばいきんまん自身が作曲した「ばいきんまん音頭」などがあるが、CD化されていない。なお、本人は基本的に持ち歌を除けば音痴であるが、本人は気にしていない。

  • いくぞ!ばいきんまん
  • ずっこけ!ばいきんまん
  • まわれうずまき
  • つみきの塔
  • ハ行で笑うばいきんまん
  • 悪い魔法の歌
  • ゆうれい船の歌
  • バイキントリオ3ばいパンチ
  • 悪いはすてき
  • 天下無敵のズダダンダン
  • ダ ダン ダン!
  • ハヒフヘばいきんまん

脚注[編集]

  1. ^ 映画『いのちの星のドーリィ』によれば「バイキン星から落ちてきたのエネルギーで生まれた」との事である。
  2. ^ やなせたかし『アンパンマン伝説』フレーベル館、1997年、p.14
  3. ^ 2002年、VAP『それいけ!アンパンマン にんきものだいしゅうごう! キャラクターベスト15』(DVD、VHS) やなせのコメント。
  4. ^ 映画『ばいきんまんVSバイキンマン!?』ではゲストキャラクターとして片仮名表記の「バイキンマン」が登場する。
  5. ^ TV第2話A『アンパンマンとばいきんまん』
  6. ^ 主にどんぶりまんトリオの頭の中身等の食べ物を巻き取るが、過去にはそれ以外の用途にも使われた。初期には辛い物が当たって舌先が分かれる描写もあった。
  7. ^ 『アンパンマン大研究』裏扉
  8. ^ やなせたかし『アンパンマン伝説』1997年,フレーベル館,pp.15。
  9. ^ ただし、映画『ブラックノーズと魔法の歌』ではアンパンマンを応援する為にカーナや町の人々と共に嫌々『アンパンマンのマーチ』を歌っている。
  10. ^ テーマソングの一つ、『ハ行で笑うばいきんまん』でも、それを歌っている。
  11. ^ TV第187話B『アンパンマンとニンジンさん』
  12. ^ TV第1206話A『アンパンマンとカラコちゃん』。ただし、過去にアンパンマンの顔の一部を口にしたり、おやつにあんパンを食べようとしたエピソードがある(TV第8話B『アンパンマンとかいじゅうアンコラ』)。
  13. ^ TV第1221話A『ホラーマンととうふくん』
  14. ^ TV第1011話A『こむすびまんと鉄火のコマキちゃん』
  15. ^ TV第428話B『ばいきんまんとプリンちゃん』
  16. ^ 『ロールとローラ うきぐも城のひみつ』エンディング終盤のエピローグでは、ローラの雨によってかびるんるんと共に体色が白くなり、ドキンちゃんに別人扱いされてバイキン城に入れてもらえなかった。
  17. ^ この後はバイキン城の復元マシンを使用して元の姿に戻っているようである
  18. ^ TV第221話B『アンパンマンとやさしいばいきんまん』
  19. ^ OVA『いっしょにおべんきょう 2 アイスだ!すいかだ!うきうき海水浴!』
  20. ^ 変装時は「我輩」も使う。初期では「オレ」や「オイラ」の時もあった。稀に「ボク」「ボクちゃん」とも言う。
  21. ^ 初期では「貴様」とも言っていた。相手によっては「あんた」「あなた」と言う事もある。
  22. ^ やなせたかし『人生なんて夢だけど』2005年、フレーベル館、pp.207-209。
  23. ^ やなせたかし『人生なんて夢だけど』p.210。
  24. ^ ちなみにアニメ放送開始当時放送されていた日本テレビ系の音楽番組「歌のトップテン」にて、レポーターの吉村明宏が同番組司会の和田アキ子のような口調で「ハ〜ヒフ〜ヘホー!」と言いながら登場していたが、ばいきんまんの方が元祖である。
  25. ^ TV第846話B『クリームパンダとなみだちゃん』など
  26. ^ これに関して作者のやなせたかしは「疑わない事がアンパンマン世界での1つの約束」と語っている。また、ばいきんまんもアンパンマンの偽者に引っかかったり、ドキンちゃんの変装に気づかない時もある。
  27. ^ おみくじ | アンパンマン
  28. ^ 一緒に飛ばされたUFOやドキンちゃんも離れることなく同じ場所に飛ばされる。