にほんごであそぼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
にほんごであそぼ
ジャンル 教養番組 / 子供番組
放送時間 6:35 - 6:45 17:15 - 17:25(10分)
放送期間 2003年4月7日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK教育テレビジョン
企画 青少年・教育番組部
NHKエデュケーショナル
出演者 小錦八十吉
神田山陽
野村萬斎
外部リンク にほんごであそぼ

特記事項:
再放送や過去の放送時間については#放送時間を参照のこと。
テンプレートを表示

にほんごであそぼ』は、NHK教育テレビとNHKワールド・プレミアムで、2003年4月7日から放送されているテレビ番組

概要[編集]

2歳から小学校低学年ほどの、日本語母語とする子供を対象に制作され、日本語の豊かな表現に親しみ、日本語感覚を身につけることを狙いとする言語バラエティ番組。同局で放送している『えいごであそぼ』の概念を、日本語で引き継ぐ形をとっている。毎回文学作品や古典漢詩漢文の有名な文を取り上げている。

著書『声に出して読みたい日本語』で知られる齋藤孝が総合指導にあたる。

日本伝統芸能の紹介や、方言による朗読などもしており、落語寿限無』や、戯曲『まちがいの狂言』からの「ややこしや」の一節が、子どもたちのあいだで流行したこともある。その人気もあってか、子どもだけでなく、幅広い年齢層で話題になった。「ややこしや」の一節は2008年お笑い芸人なだぎ武ザ・プラン9)のギャグのネタのBGMにも使われ、これが切っ掛けとなって携帯電話着うたでも人気を集めた[要出典]

2004年11月に『ドレミノテレビ』とともにグッドデザイン大賞となった[1]。同賞にテレビ番組が選ばれたのは初であった。

なお、番組開始当初から4:3標準画質による放送を行っていたが、2009年度よりハイビジョン放送に変わった。

出演者[編集]

小錦八十吉(タレント)
メインキャラクターコニちゃんとして子役のコーナーで登場。2007年度と2008年度はハワイに移住の為メインキャラクターを外れ、里帰り中という設定で時々サブキャラとして出演。映像も現地で収録されたものが多かったが、2008年中盤からは、『私と小鳥と鈴と』の歌を子役と共に歌うなど、不定期ながら国内収録にも参加するようになり、2009年度から完全復帰。
神田山陽(講談師)
番組開始時から2006年度までは番組後半の「さんようさん、よう」「かたる」などのコーナーキャラであったが、2007年度と2008年度はコニちゃんに代わりメインキャラを務めていた。ただし、特に扮装は決まっておらず、その回に合わせて衣装が変わっていた。その後、2008年中盤からはやや出番が減り、子役との共演も「さんよう一座 三人太郎ことわざ劇場」や「中喜利」ぐらいとなり、2009年度は正式にコーナーキャラに戻っている。
野村萬斎(狂言師)
狂言のコーナーに登場。白地に青の縦縞の燕尾服で登場することが多い。狂言以外にも宮沢賢治中原中也の詩のコーナーにも出る。またニワトリやカエルなどの動物の扮装をすることもある。また、野村万作が主宰を務める万作の会と出演することが多い。
豊竹咲甫大夫(人形浄瑠璃文楽・太夫)
浄瑠璃のコーナーに登場し太夫を務める。
鶴澤清介(人形浄瑠璃文楽・三味線)
同上。三味線の演奏を行う。
おおたか静流(歌手)
劇中の歌やSEの声を担当するが『でんでらりゅうば』『ぴっとんへべへべ』などで本人が登場することもある。
国本武春(歌手・三味線弾き)
うなりやベベンごもじも爺さんの役。『ほうふくじゆうびんぼう』を子役らと弾き語り。スタッフロールのクレジットもうなりやベベンとなっている。
市川猿之助(歌舞伎役者)
歌舞伎のコーナーに登場。片目だけ歌舞伎の化粧をして着物を着ている。2010年から登場。2012年6月以前は市川亀治郎名義で出演していた。
榊寿之(元NHKアナウンサー)(声のみ)
番組中のナレーションを担当。ラジカセくんのスイッチを入れると彼のナレーションが入る。

子役[編集]

3代目子役(2008年度 - 2013年度現在)
4代目子役(2013年度 - 2013年度現在)
3代目子役は2008年度から登場。
狂言コーナー
ちひろは番組開始時の2003年度から登場。現在[いつからいつまで?]は不定期出演。

過去の出演者[編集]

柳家花緑 (落語家)[11]
2003年度より「小噺」のコーナーや「にたものことば」「花禄家の人々」に登場し、落語の世界をわかりやすく伝えた。2007年度からは登場していない。

子役[編集]

初代子役(2003年度 - 2012年度)
2代目子役(2006年4月 - 2007年度)

番組で歌われた曲[編集]

放送時間[編集]

2003年度から2009年度はあつまれ!わんパーク枠、2010年度からはEテレキッズ枠で放送されている。

朝の本放送
  • 2003年4月7日-2010年3月26日
平日 8:00-8:10
  • 2010年3月29日-2011年3月25日
平日 7:25-7:35
  • 2011年3月28日-2013年3月29日
平日 7:30-7:40
  • 2013年4月1日-2014年3月28日
平日 8:40-8:50
  • 2014年3月31日-
平日 6:35-6:45
夕方の再放送
  • 2003年4月7日-2004年4月2日
平日 17:35-17:45
  • 2004年4月5日-2006年3月31日
平日 17:40-17:50
  • 2006年4月3日-2009年3月27日
平日 16:50-17:00
  • 2009年3月30日-2011年3月25日
平日 17:05-17:15
  • 2011年3月28日-
平日 17:15-17:25

※2011年4月2日 - 2011年9月24日まで、土曜 17:50 - 18:00も放送。

元気コンサート[編集]

以下3件のコンサートには高橋希(ピアノ)と、NHK交響楽団のメンバーである松田拓之、大宮臨太郎(以上バイオリン)、坂口弦太郎(ビオラ)、山内俊輔(チェロ)が演奏として出演している。

元気コンサート in 福島

2012年12月28日福島県文化センターで行われたイベント。総合テレビで2013年1月6日に初回放送された。ゲストとして坂本龍一藤原道山らが出演している。DVDが発売されている[19]

元気コンサート in 大船渡

2013年5月19日大船渡市民文化会館 リアスホールで行われたイベント。「公開復興サポート 明日へ in 大船渡」の一つとして行われた[20]。Eテレで2013年6月3日より初回放送された[21]。ゲストとしてAUN J-CLASSIC ORCHESTRAらが出演している。

元気コンサート in ふれあいホール

2013年11月3日11月4日ふれあいホールで行われたイベント。NHK文化祭たいけん広場2013の一つとして行われた[22]。Eテレで2013年11月29日より初回放送された。ゲストとしてラッキィ池田らが出演している[23][24]

受賞歴[編集]

スタッフ[編集]

  • 操演 - 藤田可奈子(ラジカセくん)
  • 音楽 - 周防義和、祐天寺浩美、長山善洋
  • 脚本協力 - 井出隆夫
  • コーナー構成 - 渡辺創、床屋かなぶん
  • アートディレクション - 佐藤卓
  • 文字デザイン - 日下部昌子
  • 絵 - 仲條正義
  • アニメーション - スリー・ディ、鎌田明
  • 原画 - 田嶋健
  • 振付 - ラッキィ池田、彩木エリ、星野利晴
  • 衣装・セットデザイン - ひびのこづえ
  • ヘアデザイン - 宮森隆行、宮森絵利
  • 紙芝居朗読協力 - 日本民話の会
  • 方言コーナー指導 - 佐藤亮一
  • 総合指導 - 齋藤孝
  • 製作 - NHKエデュケーショナル

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b こども向けテレビ番組 [NHK教育テレビ「にほんごであそぼ」]”. 受賞対象一覧. 日本デザイン振興会. 2014年3月3日閲覧。
  2. ^ 加部亜門”. ヒラタビーンズ. 2014年3月3日閲覧。
  3. ^ 長島暉実”. プロフィール. セントラル子供タレント. 2014年3月3日閲覧。
  4. ^ 森穂乃佳”. プロフィール. ジョビィキッズプロダクション. 2014年3月3日閲覧。
  5. ^ 奥森皐月”. プロフィール. シーアンドティー(キャロット). 2014年3月3日閲覧。
  6. ^ a b タレント出演情報”. テアトルアカデミー. 2014年3月3日閲覧。 “教育番組「にほんごであそぼ」レギュラー”
  7. ^ 田辺まり”. プロフィール. ファイブ☆エイト. 2014年3月3日閲覧。
  8. ^ 小山春朋”. ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー. 2014年3月3日閲覧。 “NHKEテレ「にほんごであそぼ」”
  9. ^ a b c タレント出演情報”. テアトルアカデミー. 2014年3月3日閲覧。 “教育番組「にほんごであそぼ」レギュラー”
  10. ^ 前橋聖丈”. プロフィール. アイビィーカンパニー. 2007年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月3日閲覧。
  11. ^ 柳家花緑”. プロフィール. Me&Her コーポレーション. 2011年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月3日閲覧。
  12. ^ 小林翼”. プロフィール. キリンプロ. 2012年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月3日閲覧。
  13. ^ 石原涼太郎”. 活躍中の子役タレントの紹介. スペースクラフト・ジュニアコマーシャルタレント. 2007年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月3日閲覧。
  14. ^ 與那覇結衣”. プロフィール. アイビィーカンパニー. 2013年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月3日閲覧。
  15. ^ 杉山颯”. プロフィール. Sugar&Spice. 2014年3月3日閲覧。
  16. ^ 小山田伊吹”. プロフィール. スマイルモンキー. 2014年3月3日閲覧。
  17. ^ 樋口愛梨彩”. Yahoo!検索(人物). 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月19日閲覧。
  18. ^ [ Yahoo!検索(人物)][リンク切れ]
  19. ^ ASIN B00B2IFB80, にほんごであそぼ 元気コンサート in 福島 (2013年4月12日)
  20. ^ 会長会見資料「公開復興サポート 明日へ in 大船渡」の実施について (PDF)”. NHK INFORMATION. 日本放送協会 (2013年4月4日). 2014年3月3日閲覧。
  21. ^ 公開復興サポート 明日へ”. 日本放送協会. 2013年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月3日閲覧。
  22. ^ 会長会見資料「NHK文化祭 2013」ついて (PDF)”. NHK INFORMATION. 日本放送協会 (2013年10月3日). 2014年3月3日閲覧。
  23. ^ NHK文化祭たいけん広場2013 「にほんごであそぼ」《11月3日》”. イベント・インフォメーション. 日本放送協会. 2014年3月3日閲覧。
  24. ^ NHK文化祭たいけん広場2013 「にほんごであそぼ」《11月4日》”. イベント・インフォメーション. 日本放送協会. 2014年3月3日閲覧。
  25. ^ 第30回放送文化基金賞”. 受賞一覧. 放送文化基金. 2014年3月3日閲覧。
  26. ^ a b 会社沿革”. 会社概要. NHKエデュケーショナル. 2014年3月3日閲覧。
  27. ^ ひまわり褒章”. ひまわりの会. 2014年3月3日閲覧。
  28. ^ “「にほんごであそぼ」ひまわり褒章2012での受賞について” (プレスリリース), NHKエデュケーショナル, (2012年5月28日), http://www.nhk-ed.co.jp/release/news20120528 2014年3月3日閲覧。 

関連項目[編集]

  • うちなーであそぼ
    沖縄放送局がこの番組のフォーマットを利用して、沖縄の言葉「うちなぁぐち」の魅力を伝えるため、2010年度から県内向けに放送している番組。月曜はこの番組と『えいごであそぼ』に続けて放送される。

外部リンク[編集]