おやつ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

おやつ(片仮名でオヤツとも)とは、間食のことを指す。おさんじとも呼ばれる。

元々は八つ時(午後2時頃)に食べる間食の事であったが、間食の事を「おやつ」と呼ぶようになっていった[1]#語源を参照)。

概要[編集]

おやつとする食品は、菓子果物など様々である。

食事の間が長時間あく文化において、また昼寝を取らなかった時の眠気覚ましで食べるようになった、とも言われる。こういった習慣はイギリスにおけるアフタヌーン・ティー(ハイティーとも)にも見られ、日中の栄養(特にカロリー)補給の意味合いからか、甘いもの(糖質)や炭水化物が主体となる傾向も見られる。

間食では比較的高カロリーのものが取られる傾向があるとはいえ、他の栄養も取ることを視野に入れた食事が取れなくなるほど満腹感を追求することはない。そういった偏食は健康を害するためであるが、このため間食は多くの場合に於いて一般の食事より「量は控えめ」となる。いわゆる軽食である。 「茶にしよう」と声を掛け、お茶と共に煎餅などのおやつ菓子を食べる事は、日本で良くある風景である。

語源[編集]

もともとは食事が朝夕のみ1日2食の時代に、農民たちが体力維持のため休憩時に取っていた間食のことである。おやつの習慣は元々が和時計における「八時(やつどき=午後2時前後)」に由来する。1日3食が普遍的慣習となった20世紀後半より現在ではその意味は薄れ、単に朝食昼食夕食(ないし晩飯)以外の間食全般を指すようになっている。地方によっては、農作業など野外で肉体労働をする人が昼食と朝・夕食の間にとる軽い食事を「小昼」(こひる、こびる)ということもある。

3時のおやつ[編集]

現在一般的には、午後の間食は午後3時前後とされる事がある。

これが、いつ頃定着したのかは定かではないが、カステラ和菓子ブランド(屋号・商標)で知られる文明堂が、テレビの文明堂のCMで「カステラ一番、電話は二番、三時のおやつは~」と言うキャッチフレーズを軽快な曲に併せて放送されており、午後3時という時間が浸透している。

元々、この文明堂のキャッチフレーズは、店の電話番号を印象付けようという意図があったもので、当時は交換手に頼っていた時代にいち早く電話を商売に導入、「2番」という電話番号を持っていたためだということで、このキャッチフレーズも1933年から電話帳の裏広告に使われていたが「三時の~」の部分に別のフレーズが入ることもある。

文献[編集]

  1. ^ 農林水産省 おやつの意味を知りましょう

関連項目[編集]

  • 軽食(間食)- 夜食
  • スナック菓子(しばしば食間の空腹感を紛らわせるために、満腹感が得られるスナック菓子が食べられる)