白雪姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガラスの棺に入れられた白雪姫

白雪姫』(しらゆきひめ、低地ドイツ語Schneewittchen、標準ドイツ語Schneeweißchen)は、ドイツヘッセン州の民話。

後に、グリム兄弟の『グリム童話Kinder und Hausmärchen (KHM) に、KHM 53 として収載された。

ストーリー[編集]

ある国に、「白雪姫」と称される容貌に優れた王女がいた。しかし彼女の継母(グリム童話初版本では実母)である王妃は、自分こそが世界で一番美しいと信じていた。彼女が秘蔵する魔法の鏡は、「世界で一番美しいのはだれか」との問いにいつも「それは王妃様です」と答え、王妃は満足な日々を送っていた。

白雪姫が7歳になったある日、王妃が魔法の鏡に「世界で一番美しい女性は」と訊ねたところ、「それは白雪姫です」との答えが返ってくる。怒りに燃える王妃は猟師を呼び出すと、白雪姫を殺し、証拠として彼女の肝臓(※作品によっては心臓となっている)を取って帰ってくるよう命じる。しかし猟師は白雪姫を不憫がり、殺さずに森の中に置き去りにする。そして王妃へは証拠の品として、イノシシの肝臓をかわりに持ち帰る。王妃はその肝臓を白雪姫のものだと信じ、大喜びで塩茹にして食べる。

森に残された白雪姫は、7人の小人(sieben Zwergeドワーフ)たちと出会い、生活を共にするようになる。一方、白雪姫を始末して上機嫌の王妃が魔法の鏡に「世界で一番美しいのは?」と尋ねたところ「それは白雪姫です」との答えが返ってくる。白雪姫がまだ生きている事を知った王妃は物売りに化け、小人の留守を狙って腰紐を白雪姫に売りつける。そして腰紐を締めてあげる振りをして彼女を締め上げ、息を絶えさせる。

やがて帰ってきた7人の小人は、事切れている白雪姫に驚き、腰紐を切って息を吹き返させる。一方、王妃が再び世界一の美女を魔法の鏡に尋ねたことにより、白雪姫が生きている事が露見する。王妃は毒を仕込んだを作り、再度物売りに扮して白雪姫を訪ねる。白雪姫は頭に櫛を突き刺され倒れるが、小人たちに助けられる。

今度こそ白雪姫を始末したと上機嫌の王妃だが、魔法の鏡の答えで白雪姫の生還を悟る。王妃は、毒を仕込んだリンゴを造り、善良なリンゴ売りに扮して白雪姫を訪ねる。白雪姫は疑いも無くリンゴを齧り、息絶える。

やがて帰ってきた小人たちは白雪姫が本当に死んでしまったものとして悲しみに暮れ、遺体をガラスのに入れる。そこに王子が通りかかり、白雪姫を一目見るなり、死体でもいいからと白雪姫をもらい受ける。

白雪姫を棺をかついでいた家来のひとりが木につまずき、棺が揺れた拍子に白雪姫は喉に詰まっていたリンゴのかけらを吐き出し、息を吹き返す。蘇生した白雪姫に王子は喜び、自分の国に連れ帰って王妃として迎える。

白雪姫と王子の結婚披露宴の席。王妃は真っ赤に焼けた鉄の靴を履かされ、死ぬまで踊らされる。

登場人物[編集]

白雪姫
雪のようにい肌、血のようにい唇、黒檀のようにい髪を持つ少女。7歳のとき、王妃(継母、グリム童話初版本では母親)より美しく育ったために城を追い出され、その後小人の家で暮らす。王妃によって、10歳の時に毒リンゴを食べさせられる。モデルについては近年にいたるまでドイツ各地の郷土史家によって提唱されている。
  1. バイエルン州の都市「ローア・アム・マイン」に実在した「マリア・ソフィア・マルガレーテ・カタリーナ」姫。その地にある城郭の1つには、かつて妻に先立たれた方伯とその娘、折りの合わない継母が住んでいたといわれ、20世紀末からしばしば白雪姫城と呼ばれる。
  2. ヘッセン州ヴァルデック゠ヴィルドゥンゲン伯フィーリップ4世の次女、マルガレータ・フォン・ヴァルデック。厳格な継母カタリーナ・フォン・ハッツフェルトをもつ佳人として知られ、周辺諸国との政争の中、わずか21歳で世を去った(実家の資料によると毒殺)。彼女はブロンドであったようで、グリム童話の初期の版の1つでは白雪姫の髪は黄色 (gelb) である。
王妃
白雪姫の母。本来1人だが、グリム童話の重版では、生母と継母(父の後妻)にキャラクターが分離された。
生母
針仕事中に誤って針を指に刺すが、その血が白い雪の上に滴ったのを見て、肌は雪のように白く、唇は血のように赤く、髪は黒檀のように黒い子供が欲しいと思い、その思い通りの子供が生まれたが、すぐに息を引き取った。
継母
自分が一番美しくなければ気が済まない。毒リンゴを作り白雪姫に食べさせる。最期は真っ赤に焼けた鉄の靴を履かされ死ぬまで踊らされる。
七人の小人
家から追い出された白雪姫を「ご飯を作り、寝床をしつらえて、洗濯をして、縫い物や編み物をして、どこもかしこもきれいにする」条件付きで匿う。中には森の植物の研究をしていた者もいる。
ディズニー映画以降、下記のような名前と、それに則した性格付けがなされることが多い。
  1. ドク (Doc) = 先生
  2. グランビー (Grumpy) = 怒りんぼう
  3. ハッピー (Happy) = 幸せ
  4. スリーピー (Sleepy) = 眠い
  5. バッシュフル (Bashful) = 恥ずかしがりや
  6. スニージー (Sneezy) = くしゃみっぽい
  7. ドーピー (Dopey) = ぼんやり または おとぼけ
王子
毒リンゴを食べた白雪姫を引き取る。初版のグリム童話では死体愛好家
魔法の鏡
自分のの基準で実直に答える、融通の利かない自我を持った鏡。

『白雪姫』の変遷[編集]

この物語は、グリムの他の物語同様に様々な変遷を経た。

初版グリムでの記述[編集]

  • 白雪姫を殺そうとし、又最後に焼けた靴を履かされて殺されたのは、継母では無く実の母であったとされる。
  • 白雪姫を助けるのは7人の人殺しだったが、二版以降は7人の小人に変わった。[要出典]
  • ガラスの棺の白雪姫を王子が城に運んでも、ずっと眠ったままで、王子は四六時中、白雪姫を見つめていた期間があり、彼女が目覚めるまで時間がかかった。

ディズニー映画の白雪姫[編集]

1937年に発表されたディズニー初の長編カラーアニメーション映画である。

  • 白雪姫は、家来がつまずいた拍子ではなく王子の口づけにより目を覚ます。
  • 継母は7人の小人に追われ、突然の雷に打たれて崖から落ちる。

サンリオ世界名作劇場の白雪姫[編集]

サンリオにも「ハローキティの白雪姫」という作品があり、ハローキティが白雪姫でダニエルが王子様であるが、 狩人に持ってくるよう命じる証拠品が「心臓」ではなく「血のついた矢」(しかし血のシーンは王女の服に隠れて一切見えない)となっている他、 七人の小人ではなく、七人のきこり。毒りんごは半分しか塗らない(毒なんて入ってないと白雪姫に証拠を見せるため)(←ただし、野村滋訳(ちくま文庫)では、リンゴの赤い方にのみ毒を塗り、白雪姫には赤い方を食べさせた、とあります。)など一部変更されている部分がある。

その他[編集]

白雪姫がリンゴを吐き出した理由は、作品によっては

  • 家来が藪に足を取られて倒れ、その拍子に吐き出した
  • 王子が白雪姫を抱いているとき藪に足を取られて倒れ、その拍子に吐き出した
  • 家来が白雪姫を運ぶのに疲れ、苛立って白雪姫を蹴りその拍子に吐き出した

などとするものも存在する。

継母の最期は、作品によっては

  • 毒リンゴを食べさせた後に再び鏡に訊ねたところ
    • 白雪姫がまだなお生きていることを知り、怒りの余り発狂し街へ飛び出しそのまま狂い死んでしまう
    • 白雪姫がまだなお生きていることを知り、癇癪を起こして鏡を叩き割り、その破片が心臓に刺さる
    • 隣国の王子の妃が最も美しいと聞いて結婚式を見に行き、妃が死んだ筈の白雪姫と知ってショック死
  • 7人の小人に崖から突き落とされ殺害される

などとするものもある。また、低年齢向けの絵本では継母の最期が描かれないものもある。

日本語訳[編集]

菊池寛訳では、『小雪姫』(さゆきひめ)という訳題だった。

翻案[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]