古川登志夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふるかわ としお
古川登志夫
古川 登志夫
古川 登志夫
プロフィール
本名 古川 利夫
(ふるかわ としお)[1]
性別 男性
出生地 日本の旗日本栃木県栃木市(旧下都賀郡大平町
生年月日 1946年7月16日(68歳)
血液型 B型
身長 164 cm
配偶者 柿沼紫乃声優
活動
活動時期 1960年代 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

古川 登志夫(ふるかわ としお、1946年7月16日[2] - )は、日本男性俳優青二プロダクション所属。

来歴[編集]

栃木県栃木市(旧下都賀郡大平町)出身。10男5女の15人兄弟の末っ子として生まれた。長兄の善一郎は太平洋戦争時に重巡洋艦鳥海の機関砲手を務めていたが、艦が爆撃を受けてフィリピン海で没し、22歳で戦死している。古川が生まれた時、両親から「この子は善一郎の生まれ変わりだ」と言っていたことを、兄の忠治から教えられた[3]。古川が12歳で芸能界を目指すことになったきっかけを作ってくれたのも、この兄の忠治[4]で、「何かひょうきんでおもしろいからそういうことをやらせよう」と東京から児童劇団のパンフレットを送ってきた。そのパンフレットに掲載されていた子役が、当時普及し始めたばかりのテレビでよく観ていた『月光仮面』の出演者が多数掲載されていたため興味を持ち[5]、この児童劇団に入団することになった。当初は栃木から東京へ通っていたが、それでは大変だということで一年ほど経って親元を離れ東京の兄の元で暮らすようになった。とにかく坊主頭がか嫌で、東京に出れば髪を伸ばせるということも動機になったとこと[6]

大学は、演劇が学べる学科をということで日本大学芸術学部演劇学科に進学。在学中は、新劇史は秋庭太郎の授業を選考し、殺陣同志会に在籍した[5]。このため『ジャンボーグA』『ファイヤーマン』では怪獣の中に入っていたという記述もあるが、本人は自身のホームページで、声での出演履歴であり、スーツアクター経験を否定している。大学卒業後に舞台俳優になろうと劇団「櫂(KAI)」に参加[7]。その劇団の座長をやっていた中田浩二に誘われ、スタジオを見学した際にディレクターやオーディションを紹介された。このことを古川は、「その劇団に入っていなかったら、たぶん、声優にはなっていなかった」と回想し、感謝していると述べている[6][7]

声優として最初に出会った作品を25歳の時の東北新社提供の『FBIアメリカ連邦警察』、初レギュラーを『大草原の小さな家』と回想している[6]。大学卒業後は洋画のアテレコをしていたが、1974年にアニメ『ゼロテスター』の隊員役で声をあてている。古川自身はアニメ声優としてのデビューを1976年の『マグネロボ ガ・キーン』の北条猛役だと考えていた[8]。それまで、兵士Aなどの端役を演じたことがあったが、絶対に無理だろうと受けたオーディションで主役に抜擢され、以降アニメの仕事が一気に増えた。そのため、劇団の稽古に立てず舞台にも出られないため、青二プロに移籍した[7]。参考にするため見学にいったスタジオで収録をしていた古谷徹の演技に衝撃を受けたという[8]。二枚目から三枚目まで、幅広い役をこなす。声優業以外にも、1980年には「テーマ主義に立脚したオリジナル作品の上演」を標榜して劇団青杜(げきだんせいとう)を創立[7]し、代表として多くの公演で作・演出を担当した(創作した戯曲は著作参照) 。2003年に解散後も劇作活動を続けている。

1978年に古谷徹ら声優仲間とともにバンド「スラップスティック」を結成し、数々の歌番組で歌を披露し、1986年まで活動した。

もともとは二枚目役を演じていたが、『うる星やつら』の諸星あたるで初の三枚目を担当[9]。以降、二枚目半・三枚目が増えている。本人によると、役者・声優として大きな転機となったのは、初主演となった『マグネロボ ガ・キーン』の北条猛、初の三枚目役だった諸星あたる、初の本格的レギュラー悪役(後に改心する)だった『ドラゴンボール』のピッコロ(マジュニア)、海外ドラマの『白バイ野郎ジョン&パンチ』のパンチだという[7]

人物[編集]

演技・声質

自身の声をハイバリトンであると語り、演技に関しては「強い男の中にやさしさを盛り込む」といったような、「古川が演じたらどうなるか」というプラスαの演技を常に心掛けている[5]

人柄

あたる等のイメージとは対照的に、本人は「女性と話すのは苦手」と発言しており[5]、また真面目な人柄で知られている。このため、初めて会った人物からは「本当にあの(あたる)役をやっていた古川さんですか」と訊ねられることも多いという。

東京に出る際に父から貰った「初志貫徹」を、挫折しそうになったりしたときの励ましとなり心に残っている言葉として、好きな言葉の1つに挙げている[6]

クリスチャンであり、鈴置洋孝の訃報のファックスを受け取った時には、思わず「彼の魂を天に誘って下さい」と祈ったという。

時と場所を選ばず、すぐ眠る癖があり「歩く睡眠不足」という異名を持っていた。山手線に乗ると、寝過ごして1周することも多く、アフレコの出番待ちの際にも眠って台本を落とした音でNGになったことも頻繁にあったという[7]。バンドの練習中、ギターの音が消えたとメンバーが振り返ると、彼がギターを持ったまま寝ていたこともあったという。本人の談によれば、この癖は当時並行して行っていた劇団の脚本の執筆を仕事の合間、寝る時間も惜しんで作業していたためであるという[7]

趣味・嗜好

かなりのフィギュアマニアで、自分の演じたキャラクターや関連ロボットのフィギュアを収集することが趣味。特にお気に入りはピッコロ(マジュニア)で、全てのバージョンのフィギュアを手に入れているという。自身では演じていない初代ピッコロ(ピッコロ大魔王。演じたのは青野武)も持っている[10]鉄道模型ジオラマミニカーにも造詣を持ち、自身のホームページで、ジオラマの制作風景とミニカーを紹介している。釣りにも造詣を持ち、『Do!スポーツ』のナレーションで釣り回のロケーションに行ったことと、宮川洋一からへら竿を貰ったことがきっかけで始めた[6]。年に数回、魚釣りにも行くと語ったことがある。また、この趣味が高じて釣り雑誌で12年間くらい連載を持っていた[6]

下戸[11]で酒が飲めず、「一滴でも口にすると眠ってしまう」と『パトレイバー』座談会時に語っている[12]

共演・交友・影響

古谷徹とは、互いの家を行き来するほど仲が良く、『機動戦士ガンダム』や『ドラゴンボール』などで、それぞれ代表的な役を演じ共演している。

同学年の神谷明とは『うる星やつら』等、ライバル関係の役柄で共演することが多い。『劇場版ドラゴンボールZ』では古川はピッコロを演じていたため、監督が「古川さんのライバルといえば神谷さんだ!」という理由で神谷が敵役として抜選されたというエピソードもある。また『北斗の拳』『シティーハンター』の主役のオーディション争いで敗北した過去があり、同時に神谷の演技力や役作りに脱帽し、神谷とのオーディション争いに勝利する事が夢だと語っている[13]。となお、『キン肉マンII世』において、かつて『キン肉マン』では神谷が演じたキン肉スグルを古川が演じたのは、製作側の予算の都合だそうである。

谷山紀章が声優になる影響を与えた人物の一人に古川の名前を挙げている[14]。また、神奈延年は、古川を自分の師として尊敬する人物に挙げている[15]。『お願い!ランキング』の「ヤング声優100人が本気で選んだ尊敬するアダルト声優ランキング」という企画では、古川は20位にランクインしており、名前を挙げた宮野真守が「衝撃をうけた時の声がリアルすぎる」と尊敬するポイントを挙げていた[16]

家族

家族は、妻であり声優柿沼紫乃と愛犬(シーズーのオス)の「遊馬」。遊馬の名前は『機動警察パトレイバー』で演じた篠原遊馬にちなむ。また2014年の2月には同じくシーズーのオスの「エース」(こちらは『ONE PIECE』で演じたポートガス・D・エースにちなむ)もこれに加わった。 以前飼っていた犬(こちらもシーズーのオス)は、自身の代表作である『うる星やつら』の諸星あたるから「あたる」という名前だった(2008年に15歳で亡くなり、その後に遊馬が来た)。

軽井沢に敷地面積200坪におよぶ別荘を所有していることがワイドショーで紹介された[17]。また炊事が苦手な妻に代わってもっぱら本人がキッチンに立つと語っており、その際に本人手作りのあんぱんの映像が放映された。

故郷

故郷栃木県から『とちぎ未来大使』に任命され、併せて太平山県立自然公園広報官に任命された[18]。栃木の魅力について問われる、幼少時にいつも眺めて育った太平山を挙げている[5]

2006年10月16日NHKラジオ番組『旅するラジオ こんにちは80ちゃんです』にゲスト出演した。放送地域が大平町だったためで、番組中幼なじみや恩師と再会、少年時代は仲間を引っ張って芝居や紙芝居の座長したり、牛に乗って遊んでいたなどのエピソードを語っていた[19]

エピソード[編集]

『うる星やつら』

『うる星やつら』の主人公・諸星あたるは古川の代表キャラクターの1つとされており、雑誌やテレビで古川の経歴が紹介される際、最初に載せられることも多い。オーディションは、漫画を見ながら台詞を読むものだったとのこと[5]。古川本人は、後年「三枚目役は初めてだったため、開始当初はどう演技すれば良いのか困っていた」[20]「二枚目でありつつ、三枚目。三枚目はどうやって演じていいのかわかず。セリフが速く表情は千変万化し、展開も二転三転。真面目な顔の次の瞬間には大きな口を開けて笑っている。一行のセリフ中で前半は真面目、後半は三枚目でふざけている。ものすごく難易度の高いセリフが多く、本当に大変だった」[9]などと語っている(それまでは二枚目がほとんどだった[9])。

「いやあ「うる星やつら」録音監督の斯波さんから「降板コールの手紙がたくさん来ているんだけど、演技を変えられるかなあ」と言われたとき、足がガクガク震えて止まらなくなったのを思い出しました。声優の仕事を本気でやめようかと思いました。」(本人のツイッターの発言)

斯波重治によると番組開始当初は局側から「あまり良くない」と言われていたとのことで、「連続の非連続をやってほしい」と要求したところ、良くなっていったとのこと[21]。降板依頼の多さにキャスト変更を決意したスタッフが、その旨を伝えるべく原作者の高橋留美子の元に行ったところ、切り出す前に高橋から「キャストは全員イメージに近く、特にあたるは完璧」との高評価を伝えられ、その意向に従う形で急転直下続投が決まったという。高橋は、後に『うる星やつら』ムック本のインタビュー記事で以前から古川の大ファンだったこと、また古川の演技自体も彼女のあたるのイメージにぴったりだったと述べている。 後に『銀河英雄伝説』ではオリビエ・ポプランを演じているが、ポプランは女性好きのキャラクターでファンからは「イゼルローンの諸星あたる」とあだ名されていた(これは『銀河英雄伝説』の小説の後書きで作者の田中芳樹が述べている)ため、それならばあたる役の古川がよいだろう、というのが起用のきっかけだったとのこと。

競演した平野文は、蹴り飛ばされて飛んでいくドップラー効果のようなフェードアウトまで声だけで古川が表現してしまい、収録時笑いをこらえるのが大変だったと回想している[9]

『ルパン三世 風魔一族の陰謀』

OVA『ルパン三世 風魔一族の陰謀』でルパン三世を演じている。古川自身、憧れ影響を受けた声優に山田康雄を挙げており、ゲスト出演したときに衝撃を受け、その芸を盗もうとよく見ていた。そのため、山田が出演する番組をオンエアをすべて録画しそれを練習していた[5]。ある日、OVAを1本作るということでルパンのオファーが入ったが、「そっくりに演じればマネ、似ていなければお前ごときがと批判される」[13]「そんな負ける商売はしたくない」と最初は断るつもりだったが、マネージャーから「他のキャストは皆受けており、逃げるのか?」と言われ、しょうがないと仕事を受けたとのこと[5]。「古川でやるしかなく、それで構わないか?」ということで、ルパンを演じた際は「物真似では演じず自分ならではのルパン」をと自分の声そのもので演じたが、それでも絵や山田が作ったイメージに引っ張られてうっかり真似していたこと語っている[7]。後日、OVAが発売されると大量のファンレターが届き、中身が批判的な内容だらけだったため落ち込んだとのこと[5]

この『風魔一族の陰謀』は、山田がキャスト変更をスタッフからではなく、あいさつにきた古川から知らされたことで山田が製作サイドに激怒。またファンによる大規模な抗議の投稿などもあり、以後の作品ではキャストが元に戻された。

『ドラゴンボールZ』

ドラゴンボールZ』に出演していた際、戦うときの掛け声がすぐに底を尽きたため、収録時にその場にあった物などを掛け声のごとく叫んでその場を凌いだこともある。『お願い!ランキング』出演時には悟飯をしごくシーンで、八奈見乗児から子供をいじめるなと怒られたと話し、25年目になるドラゴンボールはスタッフの気遣いで台本の文字が大きくなっていたと語っている[13]。自身の声がハイバリトンで、悪役を演じるにあたり自分の一番低い声のさらに下を要求されるため、息で表現していた。そのため、マイクで拾われづらく大変だったと回想している[5]

出演作品[編集]

太字は主役・メインキャラクター

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1991年

1993年

1994年

1995年

  • 美少女戦士セーラームーンSuperS(ホークス・アイ)

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

  • ONE PIECE(ポートガス・D・エース)

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

  • たまゆら〜もあぐれっしぶ〜(麻音の父)

2014年

OVA[編集]

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

  • うる星やつら 電気仕掛けの御庭番(諸星あたる
  • うる星やつら 月に吠える(諸星あたる
  • うる星やつら ヤギさんとチーズ(諸星あたる
  • うる星やつら ハートをつかめ(諸星あたる
  • 御先祖様万々歳!(四方田犬丸)

1990年

  • A.D.POLICEレオン・マクニコル
  • ミノタウロスの皿立花
  • MoMoKo Vol.1 モモコをさがせ!
  • MoMoKo Vol.2 オーディション、わたしこそヒロイン!

1991年

  • ウィザードリィ(シン)
  • うる星やつら 乙女ばしかの恐怖(諸星あたる
  • うる星やつら 霊魂とデート(諸星あたる

1992年

1993年

1996年

1998年

  • 銀河英雄伝説外伝 千億の星、千億の光(オリビエ・ポプラン)

2003年

2008年

2010年

  • うる星やつら ザ・障害物水泳大会(諸星あたる

2012年

劇場アニメ[編集]

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

2000年

2001年

2002年

2004年

2005年

2006年

  • 機動戦士ΖガンダムIII A New Translation -星の鼓動は愛-(カイ・シデン)

2007年

2008年

2009年

2012年

2013年

ゲーム[編集]

1989年

  • ルイン 神の遺産(シュバルツ)

1990年

1991年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

  • クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ カスカベ映画スターズ!(ス・ノーマン・パー)
  • 魁!!男塾 〜日本よ、これが男である!〜(蝙翔鬼[26]
  • ジェイスターズ ビクトリーバーサス(ポートガス・D・エース)

吹き替え[編集]

実写[編集]

アニメ[編集]

特撮[編集]

1973年

1976年

1978年

1979年

1980年

1998年

2003年

2004年

2005年

2012年

テレビ番組[編集]

ラジオ[編集]

  • TBSラジオ アニメシティ
  • 聖教新聞ラジオCM(ナレーション)
  • 青春アドベンチャー夏への扉(ダニエル・ブーン・デイヴィス)
  • 東京REMIX族(コーナーナレーション)

CM[編集]

CD[編集]

その他[編集]

パチンコ・パチスロ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ もともと芸名をつける予定はなかったが、ある番組でミスクレジットされたのをきっかけにそのまま「古川登志夫」名義で通すようになった「月刊アウト」1982年3月号 p.90
  2. ^ 『声優名鑑』、610頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  3. ^ TOSHIO'sHOME - DIARY 2010年9月16日、2010-09-20 閲覧。
  4. ^ TOSHIO'sHOME - DIARY 2010年9月15日、2010-09-20 閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j エフエム栃木 レディオベリー『People tree cafe』出演時に発言(バックナンバーVol.56 - 59、視聴可能)
  6. ^ a b c d e f 海外ドラマ専門チャンネル スーパー!ドラマTV : 声優名鑑
  7. ^ a b c d e f g h 声グラ - 古川登志夫の声優道
  8. ^ a b 「月刊アウト」1982年3月号 p.89
  9. ^ a b c d 【インタビュー】平野文&古川登志夫が語る『うる星やつら』の世界 - デジタルリマスターHD版がキッズステーションで宇宙初放送! (1) 『うる星やつら』がデジタルリマスターHD版に! | ホビー | マイナビニュース
  10. ^ 2006年3月の『IQサプリ』でも紹介された
  11. ^ すっかり秋の風情…灯火親しむの候、読書三昧の夜更かしもまた一興… 下戸の僕には美味しい羊羮なんぞがあれば猶良し… 「源(み... on Twitpic
  12. ^ WXIII 機動警察パトレイバー』DVDスペシャルエディション特典映像収録
  13. ^ a b c 「お願い!ランキング」(2011年12月16日回)の番組概要ページ - TVトピック検索
  14. ^ 賢プロダクション | マンスリープッシュ | 第14回 谷山 紀章
  15. ^ 日曜洋画劇場|テレビ朝日|アフレコ現場から(2009/12/13放送 「ホステージ」)
  16. ^ 「お願い!ランキングGOLD」(2011年11月12日)の番組概要ページ - TVトピック検索
  17. ^ 『2時っチャオ!』( 2008年6月6日)の番組概要ページ - TVトピック検索
  18. ^ とちぎ未来大使の方々(文化人) 栃木県公式サイト とちぎ未来大使の方々
  19. ^ NHK ラジオ第1『ここはふるさと旅するラジオ』80ちゃんマップ(2006年度)栃木県
  20. ^ 堀川りょうのパケディオアニラジチャンネル』ゲスト出演時(番組公式サイト「RADIO TIME TABLE」06.07.10 - 17日からasxファイルで視聴可能 )
  21. ^ 「お願い!ランキング」(2012年5月17日)の番組概要ページ - TVトピック検索
  22. ^ EPISODE15”. 『スペース☆ダンディ』公式サイト. 2014年7月20日閲覧。
  23. ^ 週刊ファミ通』2012年7月12日号
  24. ^ 『PROJECT X ZONE(プロジェクト クロスゾーン)』強力なライバルたち!”. ファミ通.com. 2012年8月29日閲覧。
  25. ^ 『ワンピース 海賊無双2』白ひげ海賊団のメンバーが操作可能に”. ファミ通.com. 2013年3月20日閲覧。
  26. ^ 第4弾 塾生&講師陣 大集合!PV”. 魁!!男塾 〜日本よ、これが男である!〜. 2014年2月1日閲覧。
  27. ^ スタッフロールに”怪獣 古川登志夫”とクレジットされており、これが怪獣の中に入っていたという誤情報の原因となった。Twitter / 古川登志夫‏@TOSHIO_FURUKAWA: ただし、この怪獣に台詞はなく、実際にはスクラップ屋としての顔出し出演のみ。スーツアクター経験ありとの誤情報は...”. 2014年5月11日閲覧。
  28. ^ 『円谷プロ画報 (1)』(竹書房・2013年) p.226 - 227

著作[編集]

  • 『劇薬処方箋 声優・古川登志夫の演劇的自伝エッセー』、カモミール社、2002年
  • 『古川登志夫戯曲集1 麒麟』、『2 天馬』、『3 テレスコープ』 カモミール社、1995年-2006年

関連人物[編集]

外部リンク[編集]