栄光のル・マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
栄光のル・マン
Le Mans
監督 リー・H・カッツィン
脚本 ハリー・クライナー
製作 ジャック・N・レディッシュ
製作総指揮 ロバート・E・レリア
出演者 スティーブ・マックイーン
ヘルガ・アンデルセン
ジークフリート・ラウヒ
音楽 ミシェル・ルグラン
撮影 ルネ・ギッサール・ジュニア
ロバート・B・ハウザー
編集 ジスレーヌ・デジョンケール
ドナルド・W・アーンスト
ジョン・M・ウッドコック
配給 アメリカ合衆国の旗 ナショナル・ジェネラル・ピクチャーズ
日本の旗 東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1971年6月23日
日本の旗 1971年7月17日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,573,797 (概算)
興行収入 日本の旗 2億5365万円
(1971年洋画配給収入3位)
テンプレートを表示

栄光のル・マン』(Le Mans )は、1971年に公開されたアメリカカーアクション映画

ストーリー[編集]

フランスのル・マン郊外で開催される、モータースポーツの祭典「ル・マン24時間レース」。アメリカ人レーサーのデラニーはガルフ・ポルシェチームの一員としてこの地へ戻ってきた。前年の大会ではフェラーリの1台と衝突してリタイアし、相手のドライバーが死亡するという悲劇を経験していた。そのドライバーの未亡人リサが姿をみせ、フェラーリチームの伊達男オーラックの傍に居ることにデラニーは戸惑う。

デラニーはポルシェ20号車に乗ってスタートし、降りしきる雨の中、好敵手スターラーが乗るフェラーリ8号車と首位を争う。ドライバー交代中、食堂でリサに声をかけるデラニー。ここへなぜ戻ってきたのか尋ねると、彼女は自分のためと答えた。

夜が明けた頃、大事故が発生する。フェラーリ7号車のオーラックがコース外へ飛び出し、マシンが爆発して重傷を負う。その事故に気を取られたデラニーも周回遅れに絡んでクラッシュし、体は無事だったものの20号車は大破する。悪夢の再現に震えるリサを労わるデラニー。リサに「そんなに大切なの?早く走ることが?」と問われると、デラニーは「世の中苦手なことばかり。運転が得意なものにとってレースは、人生なんだ」と答えた。

レースはポルシェとフェラーリが接戦のまま最終盤を迎え、デラニーは選手交代して21号車をドライブするようチーム監督から要請される。激しく競り合いながら、先行車2台に迫るデラニーとストーラー。勝負は最終周回までもつれ込み、大観衆が見守る中、過酷な24時間レースの勝者が決まる瞬間を迎える。

概要[編集]

カーレースに並ならぬ情熱を傾けていたスティーブ・マックイーンが、自ら率いるソーラー・プロダクションの総力をあげて作り上げた、本格カーレース映画の名作。

全編セミ・ドキュメンタリーのタッチで構成されており、本物の1970年ル・マン24時間レースの映像と、映画向けに撮影された映像とを巧みに編集したレースシーンを中心に、大イベントを迎えたサルト・サーキットの喧騒、走るレーサー達の緊張と孤独、トップチーム同士の駆け引きにいたるまで臨場感たっぷりに表現しており、実際のモータースポーツのファンにも強く支持された作品である。

一方で人間ドラマのけれん味をごく控えめにし、有名俳優も起用しなかったことなどが災いして世界的に見れば一般層にはアピールできず、商業的に大敗したマックイーンは自身のプロダクションを解散せざるをえなくなった。ただし、日本では大ヒットを記録し、多くの波及効果を後にもたらした。(後述

キャスト[編集]

  • スティーブ・マックイーン - マイケル・デラニー(ポルシェ20番車・ドライバー)
  • エルガ・アンデルセン - リサ・ベルジェッティ(ドライバー未亡人)
  • ジークフリート・ラウヒ - エリッヒ・スターラー(フェラーリ8番車・ドライバー)
  • ロナルド・リー=ハント - デビッド・タウンセンド(ポルシェワークスチーム・監督)
  • フレッド・アルティナー - ヨハン・リッター(ポルシェ21番車・ドライバー)
  • ルイーズ・エドリンド - アンナ・リッター(ヨハン・リッターの妻)
  • リュック・メランダ - クロード・オーラック(フェラーリ7番車・ドライバー)
  • クリストファー・ワイト - ラリー・ウィルソン(ポルシェ22番車・ドライバー)
  • アンゲロ・インファンティ - ルーゴ・アブラッテ(フェラーリ5番車・ドライバー)
  • ジャン=クロード・バーク - ポール=ジャック・ディオン(ポルシェ22番車・ドライバー)
  • ミシェル・スカレラ - ビート・スカリージ(フェラーリ6番車・ドライバー)

エピソード[編集]

  • マックイーンは元々フォーミュラ1 (F1) を題材にした"Day of the Champion"という映画を準備していたが、ジョン・フランケンハイマー監督作『グラン・プリ』(1966年公開)と企画が重なるため製作を断念し、改めてル・マン24時間レースをテーマにした本作に取り組むことになった[1]
  • 製作開始当初、監督は『荒野の七人』『大脱走』の監督ジョン・スタージェスであったが、観客の心に強く訴えるストーリーが必要というスタージェスと、極力人間ドラマを排除してカーレースそのものの魅力を描きたいマックイーンの間に確執がおこり、途中降板することになった。事実、アメリカでの興行についてはスタージェスの懸念通りになってしまった。スタージェスはこの映画について「途方もないジョーク、800万ドルをかけたマックイーンのホームムービー」と評している[要出典]
  • 本物の1970年ル・マン24時間レースの撮影の際は、撮影用カメラを3機積みこんだポルシェ908/2・29号車が実際にレースにエントリーし、レースをこなしながら撮影用マシンとしても活躍した。周回数の不足で完走扱いとはならなかったものの、24時間を無事走りきって9位でフィニッシュした。この他、実際のレース以外の走行シーンのロケではルーフ部分をカットしたフォード・GT40をカメラカーとして使用した。この車両は後にルーフ部分が復元され、現在もイギリスのカーコレクターの手元に現存している。
ポルシェ・917K(1971年型)
フェラーリ・512S
  • マックイーン所有のポルシェ・917Kをはじめとして撮影には20台以上ものマシンが使われたが、敵役のフェラーリ・512Sに関してはエンツォ・フェラーリの協力が得られず、個人でフェラーリを所有する人間に提供を頼みこむことになった。映画中盤で大クラッシュするフェラーリ車は、外見のボディのみをフェラーリに似せた別の車である。
  • 1970年のル・マン24時間レースで優勝を果たしたリチャード・アトウッドジャッキー・イクスジャン・ピエール・ジャブイーユ、更に後にレーシングカーコンストラクターやレーシングカーデザイナーとして名を馳せるアンドレ・デ・コルタンツギ・リジェポルシェのスポーティングディレクターとなったユルゲン・バルト等、そうそうたる面々が並ぶ十数人の現役レーシングドライバーがカースタントドライバーとして参加しており、エンドテロップでは最初にクレジットされる。その中にはマックイーン自身も名を連ねているが、中でも撮影中に片足を切断する事故を起こしたデビッド・パイパーは、その犠牲について特に敬意を払われている[2]。その事故はマックイーンの乗る車のクラッシュシーンとして映画内で再現され、映画のハイライトとなった。ちなみに映画に再現されたシーンの撮影では人間は運転しておらず、リモコンで遠隔操作している[3]
  • この撮影で実際にコースを走行して自信をつけたマックイーンは、同年のル・マン24時間レースへの参戦を求めたが、プロダクション等からの強硬な反対に遭い、結局実戦で走行する機会に生涯恵まれなかった。
  • マックイーンはプロレーサーの役作りのため、ポルシェチームのエースである友人のジョー・シフェールにアドバイザーを依頼した。スイス人のシフェールはホイヤー・レオニダス(現タグ・ホイヤー)のブランドアンバサダーを務めており、マックイーンは彼の勧めで腕時計「モナコ」を気に入り、映画撮影でも着用した[4]。この角型クロノグラフはマックイーンの愛用モデルとして、今日まで続く人気商品となった。
  • 作中の場内アナウンスでも触れられているが、1970年の24時間レースではピット前に並んだマシンにドライバーが駆け寄る伝統の「ル・マン式スタート」が廃止され、マシンに乗り込んだ状態からスタートした。しかし、この方法もこの年限りで、1971年より一般的なローリングスタートに変更された。
  • 日本では大ヒットを記録し、日本人のル・マン参戦機運をかきたてることになった。そして1973年には実際に日本のチームが初めてル・マン24時間に参戦した。
  • 日本における配給元の東和は、映画の宣伝に際して複数の会社とタイアップの契約を交わし、松下電器産業(現パナソニック)のラジオ、ヤクルトの乳酸飲料の広告にこの映画の画像が使用された。しかし自分のあずかり知らぬ商品の宣伝に、自分の肖像が無断で使われたことを不服としたマックイーンは、1973年に広告会社の電通を含めた4社を訴え、総額100万ドルの損害賠償を求めた。1978年4月には自ら来日し証言も行ったが、肖像権が一般的でなかった当時の日本ではハリウッドスターの強欲と解釈するむきも多く、マックイーンが病死した直後の1980年11月、東京地裁は「日本の慣行上問題はない」とマックイーン敗訴の判決を下した。
  • 福野礼一郎は自著の中で、最終的に優勝するドライバーと彼の乗るマシンのスポンサーに着目し、コマーシャリズム、偏ったヒロイズムが極めて強い作品であることを暗に指摘している[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ Larry Edsall "Motorsports Movie Unfinished: Steve McQueen’s “Day of the Champion”". Racing in America.(2010年7月21日)2013年8月25日閲覧。
  2. ^ "1970年 スティーブ・マックィーン主演の映画「栄光のル・マン」撮影中に、デヴィッド・パイパーがクラッシュ。". All for WIN!. 2013年8月25日閲覧。
  3. ^ "もう1つのルマン Vol.3". VividCar.(2003年2月17日)2013年8月25日閲覧。
  4. ^ "モナコ1969 40周年復刻モデル キャリバー11". ダイヤ堂. 2013年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]