GS美神 極楽大作戦!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GS美神 極楽大作戦!!
ジャンル ファンタジーオカルトコメディ
漫画
作者 椎名高志
出版社 小学館
掲載誌 週刊少年サンデー
レーベル 旧版:少年サンデーコミックス
ワイド版:少年サンデーコミックスワイド版
発売日 旧版:1992年4月15日
ワイド版:2006年6月16日
発表期間 1991年30号 - 1999年41号
巻数 全39巻(旧版)
全20巻(ワイド版)
アニメ:GS美神
原作 椎名高志
監督 梅澤淳稔
シリーズ構成 松井亜弥
キャラクターデザイン 青山充
アニメーション制作 東映動画
製作 ABCASATSU
放送局 ABC・テレビ朝日
放送期間 1993年4月11日 - 1994年3月6日
話数 全45話
映画
監督 梅澤淳稔
制作 東映動画
封切日 1994年8月20日
上映時間 60分
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

GS美神 極楽大作戦!!』(ゴーストスイーパーみかみ ごくらくだいさくせん)は、椎名高志による日本漫画作品。1991年20・21合併号に掲載。その後1991年30号から1999年41号まで『週刊少年サンデー』で連載されていた。1993年度小学館漫画賞受賞。単行本全39巻の発行部数は7200万部[要出典]、のちにワイド版全20巻も出ている。話数カウントは「リポート○」。また2013年には新作が発表された(後述)。

GS美神』(ゴーストスイーパーみかみ)の題名でアニメ化もされ、1993年4月から1994年3月までABC製作、テレビ朝日系列にて放送。放送終了後に、原作と同じ『GS美神 極楽大作戦!!』の名前で劇場版も作られた(1994年8月より東映系で公開)。

概要[編集]

悪霊や妖怪の退治を仕事とするゴーストスイーパーの美神令子と助手の横島忠夫。己の欲望のまま動く二人と、まともだが幽霊のおキヌを中心とした日常のドタバタや、悪霊・妖怪との戦いを描くオカルトコメディ。連載中盤より美神や横島をとりまく運命との戦いを主軸として描く物語となる。

世界観[編集]

現実社会においては信憑性を疑問視される声も多い占術や呪術や霊能力、神や悪魔や妖精、幽霊や妖怪、それらを鎮めたり除霊したりする霊能者の存在が世界で広く認知されている。また一部の妖怪等は人間と共存し社会の中で受け容れられている。一方で、社会の基盤はあくまで科学であり、科学を基に幽霊や妖怪等の定義付けを行う事が難しい面もあり、その信憑性を問う声も存在している。 国際機関や各国家は上記の存在を認めており、国家によっては政治に大きな影響を及ぼしている。また除霊を行う霊能者はゴーストスイーパーと呼ばれ、国家資格制度が設けられ管理されている。

人間が暮らす人間界のほかに、神族などが住む天界(神界)や魔族などが住む魔界が存在しており、天界と魔界を合わせて冥界と呼んでいる。

神族と魔族の上層部はハルマゲドンを回避するためデタント状態にあり最高神と魔王も親睦が深い様子。 しかし、世界を維持するために魔族は基本的に悪として神族や人間に負け続けなければならない役割を強制されているため、魔族の中には自分達が虐げられ続けなければならない状態に多かれ少なかれ疑念を持っている者も多く、中盤以降の物語の根幹に関わる問題となる。

登場人物[編集]

作中用語[編集]

勢力[編集]

ゴーストスイーパー(GS)
依頼をうけて妖怪や悪霊などを退治する職業。いわゆる除霊師。しかし、常に命の危険と隣り合わせなだけでなく、世間一般からはオカルト分野に詳しくない者、興味のない者からは『詐欺商売』、『ヤクザな仕事』など揶揄される事も少なくないため、社会からの評価は決していいものばかりではない。また『信用第一』が業界のモットーであり、顧客からの依頼された除霊に失敗すれば、その後の信用にも繋がるため失敗が許されない。[1]仕事柄、霊が活発化する深夜の丑三つ時に除霊することが多いため、夜に仕事をすることが多い。
プロを名乗るには国家資格に合格し、その後一定の研修期間を経る必要がある。研修後、研修先の保証をもらうことでプロになれる(このため横島は資格取得後も引き続き美神の丁稚だった)。その為、仕事におけるミスが発生した場合、保証人も連帯責任を負う義務がある。プロ以外にも資格を持たないモグリのゴーストスイーパーも存在する(雪之丞はメドーサの配下だった関係上、一時期モグリで喰っていた)。
依頼料はGSが独自に決められる為、美神のように非常に高額な依頼料をとるものから唐巣のようにほとんど無報酬で仕事をうける者もいる。
師弟関係は厳格なものから緩いものまでさまざま。主な師弟関係としては、唐巣神父の弟子の美神令子とピート、美神令子の弟子の横島。美神美智恵の弟子の西条などがある。エミとタイガーも師弟関係にあるが、タイガーが正式に資格を取得したかは不明。民間のGSにはいくつかの派閥があり、美神は師匠である唐巣教会の一派、冥子なら六道家など様々なものがある。
作者によると、ゴーストスイーパーという言葉は当時の担当の提案で、『ピンク!パンチ!雅』(原作:武論尊・作画:逆井五郎)の「犯罪掃除人・クライムスイーパー:通称CS」が元ネタ。
GS資格取得試験
ゴーストスイーパー協会が行う国家試験の一つ。開催日時は年に一回、2日間に渡って行われる。毎年の合格枠は32名。1日目の午前中にある第一次審査で128名まで絞られ、午後に行われる二次試験第一試合で64名にまで絞られる。2日目の第二試合で合格者が決定し、後は順位を決定するために、トーナメント方式で最後まで試合を行う。
一次審査は、各々が霊力を放射してその強さを審査するもの。二次試験は、受験者同士の試合による実技であり、霊的な武器ならば使用可能。また、試合中に死亡しても事故という形で扱われる。ちなみに、合格枠に入ってしまった後は決して棄権は認められず、もし棄権すれば資格を失ってしまう。
オカルトGメン
ICPOの超常犯罪課の俗称(ICPOは実在するが、超常犯罪課は架空の組織)。
妖怪や悪霊退治、超常現象の解決などを行う公務員である。国家・警察機関からの依頼だけで無く、経済的事情等で民間GSに頼れない民間人の依頼も対応する。その為、依頼者との交渉の末にギャランティを決定する民間GSにとっては、商売敵のような存在。公的機関である事から、自分の資産・収入で賄わなければいけない民間GSと違い、採算を考える必要が無く、高額な武器や道具をふんだんに使用することができる。しかし、公務員なので支払われる給料は一定である。
西条の誘いで美神が出向した際には、働きが収入に反映されない上、公務員として求められる勤務態度に耐えられず、ストレスで入院した。
必要資格はGS資格取得試験合格&高卒以上で、この応募要項を見てピートは横島の通う高校に中途編入した。

組織・機関・地名[編集]

美神令子除霊事務所
美神令子が所長を務める除霊事務所。当初は、雑居ビルであるシャングリラビルの5Fにオフィスを構えていた。ビルオーナーには内緒で、自前のモーターボートが駐留している地下下水道に続く脱出用シェルターが設けてある。しかし、天龍童子の誘拐及び暗殺を目論んだメドーサの火角結界によって、ビルごと事務所を爆破される。その後、紆余曲折を経て都内の一等地にある古い屋敷「旧渋鯖男爵邸」に事務所を構える。後にアシュタロスのコスモプロセッサ起動において、美神の自宅である高級マンションが爆破されてからは住まいとして使われるようになった。
シャングリラビル
繁華街にある5階建ての雑居ビル。住所は東京都豊島区池袋××-××-××。4階には、出雲商会。5階には、美神令子除霊事務所がある。
美神が天龍童子を事務所に匿った事により、彼の誘拐及び暗殺を狙うメドーサによる火角結界で破壊されてしまった。
人骨温泉ホテル
御呂地岳にあるリゾートホテル。露天風呂に、雪山で遭難死した明痔大学のワンダーフォーゲル部員の霊が現れるようになり、宿泊客が激減してしまっており、ホテル行きのバスも本数を減らしている。
御呂地岳
氷室神社や人骨温泉ホテルがある、標高の高い山。300年前の元禄時代死津喪比女によって頻繁に地震噴火が起こっていたが、おキヌを人身御供にすることで治める事が出来た。
ブラドー島
ピートの生まれ故郷であり、ブラドー伯爵が支配している地中海にある小さな島。
昔は海賊の隠れ家だったが、現在は吸血鬼とヴァンパイア・ハーフしか住んでいない上に、子供は数十年に一人しか生まれないので、ほとんどいない。普段はブラドーの魔力によって島全体が結界に包まれているため、島は人目から隠されており住民達は平穏に暮らしている。
しかし、最近になってブラドーが復活したため、住民の半数がブラドーに操られ人を襲うようになってしまっている。残りの無事な住民は、唐巣神父の手引きによって昔の海賊が造った地下に広がる通路に身を隠している。なお、島を覆う結界のせいでゴーストスイーパーなど霊能者の感覚は島内では著しく鈍らされてしまう。
金成木財閥
東京に本社を持つ財閥で、世界有数の大富豪。
金成木三郎が当主を務めており、美神も年間150億の上得意でもある。御曹司に美神にプロポーズしようとした英理人がいる。
妙神山
人間界に108箇所存在する霊的拠点の一つ。
竜神族の女戦士・小竜姫が管理人として駐留している。ゴーストスイーパーたちの霊力を向上させるための修行場を兼ねている。
小竜姫の暴走で破壊された際には美神の財力で再建されたが、アシュタロス一味の攻撃を受け跡形もなく消し飛ぶ。
六道女学院
冥子の母が理事を務めており、六道家が経営している女子高。普通科とは別に霊能科というのがある事で有名。霊能科には、ゴーストスイーパーの卵ともいえる生徒達が通っている。美神も、時折臨時の実技講師として指導に当たっているため、弓かおりをはじめとして美神に憧れている生徒は数多い。
年中行事として、霊的格闘のクラス対抗戦がある。[2]なお、この行事における成績はGS資格取得試験に大きく影響されるため、毎年のGS試験の合格者の3割がここの出身でもある。
後に反魂の術で蘇生し、幽霊だった頃の記憶を取り戻した氷室キヌが、美神の提案で転入した。
ザンス王国
大西洋に浮かぶ小さな島国にあるオカルト国家。
名産品は精霊石で、産出及び世界市場の80%を占めているだけでなく、ゴーストスイーパーが使用する霊能アイテムである神通棍や見鬼君などの精霊石振動子(クォーツ)を用いた製品の9割を生産している。
機械に触れてはならないという戒律があるため、ほぼ鎖国に近い状態で、外国の報道で王族が出てきた事はない。

霊具・武器[編集]

作中で霊能者が使用する道具で、基本的に使用者の霊力に依存した効果を発する。破魔札や精霊石は内包する霊力によって価値が上下動する他、一般的な霊具には「精霊石振動子(クォーツ)」が使用されている為一般人から見て法外な値段で取引されている。

一族に古くから伝わる霊具等を持っていない(または使えない)新参のGSは一般に流通している霊具を使う為、霊具代も賄えない低料金の仕事は受けられない状態となっている。

神通棍
伸縮が可能で、普段は柄の中に棍部が収納され、霊力を流す事により伸長し「棍」となる。しかし、逆を言えば霊能を持たない、または微弱な人間にはただの棒である。
伸長した部分には霊的文字による呪文が記されており、霊力が流されている時にはこの部分が発光する。使用者の霊能力によって破壊力が大きく左右される。刃が付いていないため名前こそ「棍」であるが、作中全般において刀剣のように使うことが多い。美神が最も多用する武器で、物語中盤で美神の霊力の出力が増加することにより、「棍」から「鞭」へと変形する。この状態は強力だが、損耗が激しく神通棍自体が長持ちしなくなる。普通のGSならそこまで消耗しない為、破魔札などと比べて「使い減りしない装備」と言われている。
神通ヌンチャク
ヌンチャクの棍部分に霊的文字による呪文が記されている。小竜姫により神通棍の代替品として渡された。「香港編」でのみ使用。
神通扇
扇の面を構成する板の一枚一枚に霊的文字による呪文が記されている。アニメでは美神が神通棍とセットで用いており、度々登場する。原作では美神が潜入捜査のために自らの正体を隠す必要がある際に、神通棍の代替品としてでのみ使用(「誰が為に鐘は鳴る!!」)。
霊体ボウガン
見た目は通常のボウガンと変わらないが、矢が特殊な材質(主に銀を材質にした物)で出来ており、霊体に矢を射ち込んで強制的に成仏させる武器。霊体一体にしか使えないが、武器の特性上、遠距離の敵に攻撃でき、矢の種類を変える事で攻撃力を変化出来る(成仏するまで抜けない等の効果)ので、状況に応じて神通棍と使い分けて使用される。
破魔札
霊体に貼ったり、投擲武器として使用する。作中では、札に内包されている強大な霊力を少量の霊力で起爆させるダイナマイトのようなものという設定。50円程度の安物から1億円程度の高額な物まで、威力に応じてさまざまな価格の物がある。
「破魔」の他にも「封魔」「退魔」などいろいろな札があり、対魔族用等相手に応じた特性を持つものや敵の動きを封じる等効果も様々である。
紙で出来ているため当然ながら水や火には弱い。
吸魔護符
名前のとおり、悪霊を吸引して退治する護符。使用する際には「吸印」と叫ぶ。破魔札が主に単体の霊体に対して使用されるのに対し吸魔護符は多数の霊体を一掃するのに使われる事が多い。中盤以降は吸魔護符も破魔札の一種として扱われ「破魔札」と呼称されるようになった。実質的な扱いは「吸魔護符」と呼ばれていた時と変わらず。
使用済みの護符は、最初期はその場で燃やす事で処理ができたが、比較的初期の内に霊的産業廃棄物として然るべき処置を執らねば処理できないようになっていた。また、未処理の護符をその場で破壊(破るなど)すると封印されていた悪霊が復活してしまう(それを利用し、当時霊力に目覚めていなかった横島が親子喧嘩の際の武器として使用したことがある)。
精霊石
精霊の力を宿す宝珠のような石で、加工後の形は雫状のものが一般的。強力な霊力が内包されており、物質を清めたりエネルギーの流れを変えたり身を守ったり、また結界として使うなど様々な用途に使用される。イヤリングやネックレスといったアクセサリ兼護身アイテムとしてGS達が身に付けている。一粒数億円と非常に高価である。粒の大きさで出力が変わり、大きいほど強力であるため、通常の宝石と同様に粒の大きな物ほど高価である。よほどの稼ぎが無ければ気軽に使えない上に、エネルギーの再充填や使いまわしはできず使い捨てられる。加工後はオークションにかけられる。主な産地はザンス王国。
悪霊クラスの敵ならば一掃できるが、魔族クラスの強力な相手には目くらまし程度にしかならない。連載が続き敵が強力になるにつれ、閃光弾的な扱いになった。しかし、大抵の相手にはダメージを与える事が出来る上、精霊石を身に付けている状態で念じるだけで簡単に使用する事が出来るので、窮地に陥った時の切り札として重宝されている。ちなみに、オカルトGメンの装備として精霊石を弾頭にした追跡ミサイルが存在する。
劇場版では神通棍などを触媒にすることで生み出せる設定になっている。
精霊獣
精霊石の化身で召喚獣。純度の高い精霊石を特殊加工した精霊獣石から召喚される。使う人間の能力により形態が変化し能力も変わる(美神のものは人型でしゃべれる)。精霊獣を召喚できるのはザンス王国の王族及び王族に任命された者だけである。非常に強力な反面、高価な精霊石を大量に消費するので余程の金持ちでなければ多用できない。
見鬼くん
声 - 青野武
霊力を感知する人形型の霊体センサー。霊力が無くても使用可能。オカルトGメンでは更に強力な「ウルトラ見鬼くん」(ウルトラマンのような模様)を採用している。アニメ版ではマスコットとしてナレーションも務めた。
霊視ゴーグル
ゴーグル暗視装置のような物で光の代わりに霊気を増幅し霊的視野を確保・補助する霊視装置。霊力を帯びている物などを目視で探す際に使う。霊力が無くても使用可能。
呪縛ロープ
ロープ状の注連縄。霊的存在を縛る事が出来る。また両端を結び合わせ輪にして領域を確保する事で「簡易結界」として機能させることが可能。登場人物のセリフ内で「結界を出して」という言葉が出た場合は、これの使用を示唆する事が多い。なお、これによる結界は名の通りあくまでも簡易的なものであるため、強力な霊的衝撃には耐え切れない。結界として使用する場合は基本的に使い捨てである。
ネクロマンサーの笛
死霊などの霊体や下等な魔物を操ることができる笛。霊力の流れを操るため、霊力をもった人間も操ることができる。ネクロマンサー(死霊使い)としての才能がなければ音さえ出ない。使いこなせるネクロマンサーはおキヌ以外では、オカルトGメンに登録されている者としては、全世界で三人しかいない。
藁人形
丑の刻参りでも有名な呪術用の人形。エミなどの呪術師は保管されている対象者の毛髪(ハゲを除く)を頭部に刺し込む事で相手を操る事が出来る。
横島が他人に嫉妬した際にはよく釘を打ち込んでいるが、基本的にはタダのパフォーマンスだった。しかし、霊能に目覚めてからは実際に呪いが掛かるようになる[3]
竜具
竜神の力が宿るアイテム。いずれも強力な竜神の力を秘めている。人間が装備すると竜神族と同等の力を発揮できるが、使いすぎると反動で体がボロボロになる。マリアに抱えられて大気圏突入した横島は、竜具によって守られていたために無事生還できた。
籠手
小竜姫や天龍童子が身につけている籠手。これを身につけると一時的に「超加速」のような小竜姫の力を得る。月面決戦では美神も横島もこれを身につけていたようだが、宇宙服を着ているため判別不能。
ヘアバンド
小竜姫、天龍童子、メドーサが身につけているヘアバンド。鱗状の模様がある。用途や形状から「カチューシャ」もしくは「はちがね」と言った方が正しい。月面決戦では横島はいつものバンダナにかわりにこちらを装備している。
小竜姫の持つ幅広の古代剣。小竜姫の能力解放に伴って刀身が変化する。月面決戦では美神も使用。
小竜姫の角。所持しているだけで防御力を発揮し、小竜姫を召還する能力も持つ。香港編では始め雪之丞が所持していたが密かにピートに預けられ、彼を助けた。妙神山に封じられている小竜姫は海外では無制限に力を発揮できないため、召還時間は3分程度(「ウルトラマンじゃあるまいし」というツッコミがはいった)。
心眼
元は横島が普段から身につけているバンダナだが、小竜姫がキスで念を込めた。意志を持ち、使用者の霊力のコントロールを行う。横島に極意を授けた後、雪之丞の攻撃で消滅した。
魔界軍の装備
人間の軍隊と同じく、拳銃・ライフルなどの銃器を使うが、弾丸に精霊石を使用するなど霊的攻撃力は非常に高い。
竜の牙、ニーベルングの指輪
アシュタロス編で小竜姫、ワルキューレの二人から託されたアイテム。使用すると霊力が10倍近くまで増幅される他、術者のイメージ次第であらゆる武器に変わる。
兵鬼
魔法科学によって作られた兵器。土偶羅魔具羅のように意思を持つものもある。
逆天号
アシュタロス一味が使う移動要塞。形状はヘラクレスオオカブト型。機械のようにみえるが「兵鬼」(生体兵器)で自然治癒能力を持ち、サイズも自由に変えられる。防御力は極めて高く、通常兵器はおろか神・魔族の霊波兵器さえ受け付けなかった。
最強装備の「断末魔砲」は一撃で妙神山を壊滅させた。発射時には断末魔の叫び声が響くためうるさい。

霊術・絶技[編集]

「霊能」とも呼ばれ、肉体ではなく魂から発生する「霊力」を行使することで為される能力の事。しかし、神魔族などの「人間(もしくは当人)に発揮できるレベルを越えた能力」を行使すると筋肉痛ならぬ「霊体痛」を引き起こす。

作中では竜神の装具を借りた際に美神が経験している。

幽体離脱
肉体と魂を切り離す必要がある場合に使用。人間は元霊体(おキヌ[4])などでないかぎりGSでも自力で行うことはできず、特殊加工した専門道具による補助作業が必要。魂の抜け出た肉体は結びつきが弱まるせいで生命力が下がってしまうので、離脱後は医師による生命維持装置、もしくは別の霊魂を仮憑依する必要がある(作中では抜け殻となった美神の肉体を守るためおキヌが憑依している)。ただし、魂が強い霊力(または煩悩)を発揮すると生命力も回復する。
主に登場するアイテムは金属バット(特殊使用品)で後頭部を強打(GSではない白井医師も美神に殴られて幽体離脱している)する方法だが、貧乏神が金儲けのために作った「小鳩バーガー(チーズあんシメサババーガー)」が登場した。これはあくまで一般人の手作りだが、あまりのマズさに幽体離脱してしまう為、厄珍堂に専用のアイテムとして引き取られた。
超加速
物理法則や時間法則を無視した加速が可能となり、厳密には一時的に周囲の時の流れを遅くする技。本来は韋駄天族の奥義だが、一部の竜族など神々にも使える。使用には多量の霊力を必要として持続は難しい(小竜姫・メドーサは連続使用できる)。使用者は加速状態に突入するが、あくまで加速するのは当人のみであり、他の物質は本来のスピードで動き(術者視点では非常に鈍い)、術者同士でも霊力によって誤差が生じる。
火角結界・土角結界
メドーサが多用する攻撃転用型結界兵器。
火角結界は時限爆弾機能を持ち、モノリス状の石版に漢数字でカウントダウンが表示され、攻撃対象をその中に閉じ込める。爆破威力によって大きさが異なり時間も要する。起爆装置を兼ねた本体の石版は解体可能で内部は機械のような構造をしている。これが出ると狼狽した横島が美神に抱きつき「○○秒でできる事を」と迫るのはお約束。
土角結界は対象を捕獲するための兵器であり、石柱状の本体に術者が手を置くことで発動。コンクリートに似た物質が捕獲対象の足許から出現して下半身を覆い、最終的には頭を残して全身が石化する。唐巣は精霊石を使い美神たちの土角結界を一手に引き受けたせいで完全に石化してしまった。石化状態を解除するためには、発動した術者の手が石化した者に再び触れる必要がある(手があれば生存の有無は問わない)。
魔装術
霊力を収束させ鎧状に纏うことで超人的な攻撃力、防御力、機動力を得ることができる変異術の一種。劇中では雪之丞、勘九郎、陰念(いずれも白竜会所属のGS試験受験者)が使用。使用には魔族との契約が必要だが、使い続けると魔族に肉体全てを支配されてしまう非常に危険な技であり、使用限界を越えた陰念は一時的に、完全に取り込まれた勘九郎は身心ともに魔族へと変貌してしまった。また、メドーサが死亡して以降も、雪之丞は問題なく魔装術を使用している為、契約相手の生死は関係ない模様。
この術は本来「霊体を実体化した霊波の膜で覆っている」と言う神魔族の身体を擬似的に再現する事、すなわち「霊波の装甲で肉体を補助する事で潜在能力を発揮する技」である事が本質だと斉天大聖より明かされた。妙神山での修行を経た雪之丞は能力を飛躍的に向上させ持続時間も長くなり、連続使用に伴う魔族化も回避されている。
サイキック・ソーサー
横島が自身の能力(霊力の形状変化)を最初に発現した技。小竜姫のバンダナによって引き出された力の一遍を六角形の盾状にした物で、掌に霊力を一点集中する防御主体型。広げた掌大の大きさしかないが、その分霊力が圧縮されはじかれはしたものの破壊された事は無い。非常に強靱な防御力を誇るが霊力のコントロールを一点に集めすぎた為、肉体は霊的にもまったくの無防備となる(ただし、完全にそうなるのは当初の横島くらい)。フリスビーのように投擲することで攻撃にも使用でき、使い手によっては投擲後の遠隔操作も可能。威力はそこそこの破魔札クラス。GS試験では横島と雪之丞が使用し、ダブルKOとなった。二人の能力向上と変化に伴い使用されなくなる。
栄光の手(ハンズ・オブ・グローリー)
香港編で横島が身に付けた霊力で作る武器。魔装術の様に右手に霊力を集中させる事で作られる霊波刀の一種。初期発現時はパーツ状の装甲が手を覆っている形だったが、最終的には手首全体を覆うグローブ状の籠手となった。応用力が広く、マジックハンドの様に伸ばすなど様々な形状になるが、刀剣状の形で使われる事が多かった。当初は斬れ味の方は今ひとつで斬るというより殴るのに使われた(横島自身のイメージにもよるが、本来の力を発揮するのは刺した時)。後述の文珠が登場してからは主戦武器の地位を追われたが、文珠とは違い咄嗟の使用が出来るためにその後も引き続き使われた。注がれる霊力次第で伸びたり巨大化することも可能。「究極の魔体」にトドメを刺したのもこの技である。その名に違わず栄光を掴む手で[5]、この能力を発揮しだしてから横島が美神の主人公の座を脅かすようになる。
サイキック猫だまし
美衣、ケイの猫又母子の事件で美神と対立した際に見せた「栄光の手」の応用技。相撲の猫だましを霊力を込めて打つだけだが、霊的な閃光が発生し、霊的視覚を持つ存在には多大な効果を発揮する。
文珠(もんじゅ)
霊力をビー玉程度の大きさに凝縮したもので、漢字一文字の念を込めることで様々な効果を起こす事ができる(例:対象を爆破する「爆」、攻撃から守る「防」等)。ヒャクメによると「力の方向を完全にコントロールする能力」。これを作り出せるのは後に神となった菅原道真を除いて人間は作中では横島のみ。
攻撃、防御、治癒、撹乱とその能力は多岐にわたる。また、一度作り出した文珠は意識下にストック出来る他、念を込めて漢字が書かれた後でも、その文殊を使用しなければ後から別の文字を上書きする事も可能、さらに横島本人以外にも使用できる。使われなければ消滅せず残るので一種の霊具ともいえる。複数の文珠を組み合わせることでより強力な効果を生み出すこともできるが、そのコントロールには超人的霊力が必要となり、誰でもたやすく出来るものではない。27歳の横島は修行により最高14文字をコントロールできるようになった。17歳の横島でも2文字までなら可能。使い手以外の人間に可能かは不明。
「模」の一文字でアシュタロスの強大な能力や思考・記憶をコピーしたり[6]、「蘇」で消滅しかけたグーラーを回復させたり、霊力とはまったく関係ない能力(西条談)を発揮できる一方で制限や弱点も多い。
効果は術者のイマジネーションも関係するため、必ずしも本人の意図に沿うものではない。たとえば、敵を倒すために「倒」と字を込めても文字通り「倒れる(転倒する)」だけに留まる、など「具体的な効果」をイメージしないと無駄遣いになる他、対象の状態が不適当だと能力は発揮されない事もある(崩壊した美神の魂を「復」「活」させようとしたが、崩壊が進みすぎていたため不可能であった、など)。また持続時間と持続能力には限界がある(防御に使った場合には一定以上のダメージを受けると壊れる)。
一度作った文殊は横島の意識下にストック出来、必要に応じて呼び出せるが[7]、一個作成するのに当初は一週間 - 数日の時間が掛かるため、連続使用をするとストックがなくなる(ただし生成速度は横島の成長や精神状態にも左右される)。
アシュタロス戦の終盤で瀕死の重傷を負った横島がルシオラの霊体を取り込み強化された事で、太極型に変化し、一つの文珠に2文字記入して使用できる上(例:「飛・翔」「粉・砕」等)、一度の使用では消滅しなくなった。普通の文珠とは桁違いの威力を発揮し、超上級魔族のアシュタロスに傷を負わせることが出来た(最も力の差が大きすぎる為指摘されなければ分からない程度の傷では有ったが)。しかしこの文珠は一時的な副作用による産物の為かアシュタロス戦以降作中では姿を現すことはなかった(もっともその後は本当に必要となるほどの強敵が出ていない事情もある)。

その他[編集]

式神
陰陽道に通じる者たちが使役する鬼。劇中では六道冥子が使役する十二神将がもっとも代表的。普段は術者の影に隠れて待機している。死んだりダメージを受けても一定期間で回復できる。護符に封じることもでき、この場合は陰陽道に通じていない美神やエミでも使用できる。一定量の霊力を常時放出し続けなければならない為、使役には才能が必要。術者の霊力や精神力が弱い場合には暴走する。
影法師(シャドウ)
霊力が実体化した姿。妙神山の修行で初登場したが、その後も度々現れる。シャドウが傷つけば本人もダメージを受ける。また、魂とは別個の存在ゆえに美神の精神が支配された場合には乗っ取られる。
美神のシャドウ
女戦士型。薙刀状の武器を持つ。妙神山の修行で段階的に強化した。アイテムや能力が霊体の形状に左右される場合にはこの形態が基本となる。
横島のシャドウ
幇間(たいこもち)型。見た目通り、弱くて卑屈で卑怯。本人以上に性格に難がある。横島は飛躍的に強くなったがシャドウは一切変化なし。
尻子玉
いわゆる人間の魂(の一部)。伝承では河童が人間から抜き取るとされている。劇中では鬼族が人間と勝負して勝った際に奪い取る。魂その物が抜けた時と違って「心神喪失状態」に近く、魂に繋がった精神力に相当する部分。
元始風水盤
香港でメドーサが起動した巨大な風水盤。気の流れを変える力があり、メドーサはこれを使ってアジア全域を魔界化しようとした。カオスが逆操作を行った際には様々な次元や場所と接続している。使用するには、針に高名な風水師の血を吸わせる必要があるらしい。
アシュタロスのエネルギー結晶
契約で従えた人間の霊魂を加工・凝縮した結晶。強大な力を持つ。元はアシュタロスが「究極の魔体」のために作り出したが、メフィスト・フェレスの裏切りで奪われた。メフィストの魂に結びついており、メフィストの人間化と転生後も美神令子に受け継がれた。アシュタロス用に調整されているため、結晶本体の力を使えるのはアシュタロスのみ。魔族が美神を狙うのはこれを奪うためだった。宇宙のタマゴの中に美神を引きずり込み、人間・芦優太郎として美神を誘惑したアシュタロスは、この世界の受け入れ心を許した美神の一瞬の隙を突いて、魂を引き裂いて奪取に成功。宇宙処理装置を起動させるが、横島に奪取され破壊された。
転生追跡計算機「みつけた君」
アシュタロス一味が使うコンピューター。ルシオラが作成した。中央のモニターと両脇のガラスケースに入った脳が二つという形状である。データ入力を行うことで対象者の転生体を発見する。精度は極めて高く、メフィストの転生体である美神令子を一発で特定したが、横島の妨害で別の人間に書き換えられ続けた。そのせいで人気歌手の奈室安美恵、野球選手のクワガタなどの要人が次々と狙われる羽目になる。
宇宙の卵
文字通り宇宙の原型となる卵で、内部に世界を内包している。横島が勢い余って飛び込んだ一つの中には「エデンの園」があり、アダムとイブとおぼしき男女にロクでもないことを吹き込んだせいで腐ってしまった。南極決戦終結後の「疑惑の影!!」の回の2ヶ月間はこの宇宙の卵の一つの中で展開されており、実際には「甘い生活!!」の回から3日しか経過していなかった。
宇宙処理装置(コスモプロセッサ)
アシュタロスの造り出した装置。アシュタロスの造り出した実験用の小宇宙(一種の亜空間であり、その世界が一つの宇宙として成立している)を多数含んでおり、その様々な形に成長した小宇宙の中から必要なものを選び、現実に呼び出すことができる。また、装置内の小宇宙の中に入ることもできる。究極の魔体はこれを利用し、相手からの攻撃の全てを、別の空間に送ることができるようになっている。このことは、作者サイトでも語られている。制御装置は何故かパイプオルガンのような形状をしている。
究極の魔体
全長180mを超える巨大なアシュタロスの魔体。三日月状の頭部を持ち額にはアシュタロスの分身が埋め込まれている。形状はさながら巨大ロボットもしくは怪獣である。ビーム兵器の一撃で島を吹き飛ばすほどの攻撃力を持つがエネルギー結晶がないため活動時間には制限がある上、理性や知能が犠牲になっており、いわゆるバカ。製作途中で未来に跳ばされた際に宇宙処理装置(コスモプロセッサ)に乗り換えたため、未完成でバリアには穴がある。バリアに気づかなかったGSチームを退けるが、文珠の能力で横島と合体した美神(途中で主導権が入れ替わる)に破壊された。

既刊サブタイトル[編集]

(左列の続き)

単行本、ワイド版上記以外の収録作品

  • 特別読切「極楽亡者」
  • 外伝GSエミ魔法無宿!!


「ヒーローズ・カムバック」企画による2013年の新作[編集]

2013年2月から3月にかけ、「東日本大震災への支援を、作家が懐かしのキャラクターを描いた作品執筆で応援する」との趣旨で細野不二彦が発起人となり始まった小学館の『ヒーローズ・カムバック』という企画の中で前後編の新作が『週刊少年サンデー』2013年13号、14号に発表された。2013年4月30日発売の単行本『ヒーローズ・カムバック』に収録されている[8]

美神、横島、おキヌの本作の主要3キャラクターに加え、『一番湯のカナタ』のセイリュート(のプロトタイプ)や『MISTERジパング』の織田信長と明智光秀が登場しており、椎名漫画3作品のクロスオーバー的内容となっている。

原作の補足[編集]

新書版、文庫本、ワイド版(いわゆる単行本版)に所収されている「誰が為に鐘は鳴る!! (その4)」の表紙で美神とおキヌは何かに驚いているが、本誌連載を知らない読者に対するフォローは無く、単行本単体ではそれが何かはわからなくなってしまっている。実は雑誌連載時には「GS横島 極楽大作戦!! 」のタイトルがあり、それに驚いている。またコミック7巻の表紙と同じ構図でもある。

「バトルロイヤル初もうで!!」の最後のコマにある「せんねんご」とルビが振ってある漢字は「千年後」ではなく「年後」。ワイド版の初版はそのまま出ている。

作品中、あらゆるところで他作品(漫画、アニメ、映画で主にSF系)のパロディが頻出する。サブタイトル、表紙、コマを見ても、著名な映画、アニメの有名なシーンを題材としたものが多々見受けられる。頻出する台詞に「こんなこともあろうかと」があるが、これは宇宙戦艦ヤマトに登場する真田志郎の名台詞である。また時々横島が語尾を「どうしませう」と表現するが、これは同じ少年サンデーでゆうきまさみが連載していた『究極超人あ〜る』の影響と考えられる。他には、『ヤッターマン』の名台詞「今週のビックリドッキリメカ」等がある。作者自体パロディを意識しており、登場人物に語らせている(今回は久々にターミネーター2ネタか〜等)。

他作品との関係[編集]

パイロット版的な前身作品として、当作連載以前より作者・椎名高志が「週刊少年サンデー増刊号」(月刊増刊誌)に連載した読切連作連載作品『(有) 椎名百貨店』の一編『極楽亡者』(GS美神単行本、ワイド版ともに1巻に収録)がある。その内容は「除霊事務所所長の美神と助手の横島が、家に取り憑いたヤクザの親分の幽霊に非常に外道な方法で引導を渡す」というもので『GS美神』本編と内容的にそう変わることは無く、美神たちがおキヌと出会う以前の物語ととる事も可能である。なお、横島が『GS美神』本編のエピソード「愛に時間を!!(その1)」中で『極楽亡者』が自身の初仕事であったことをほのめかす回想をしている。

シャーロック・ホームズを主人公とした『GSホームズ 極楽大作戦!!』が、読切シリーズとして掲載されている。内容は『GSホームズ 極楽大作戦!!』を参照。

テレビアニメ[編集]

内容[編集]

  • 美神の事務所(原作では当初は雑居ビルの5階で、その後一軒屋になる。アニメでは初めから原作と違う一軒屋。)を除いてはほとんど原作と同じ。
  • 放送局 - ABCテレビ朝日
  • 放送期間 - 1993年4月11日 - 1994年3月6日(全45話)
  • 放送時間 - 毎週日曜日 午前8:30 - 9:00[9]

声優[編集]

  • 当初、おキヌ役には西原久美子、冥子役には國府田マリ子、見鬼役には千葉繁、カオス役には青野武がそれぞれキャスティングされていた。しかし、これにシリーズ・ディレクターの梅澤淳稔が猛反対し、その結果おキヌと冥子、見鬼とカオスはそれぞれ逆に変更されたという(ビデオ第2巻収録のスタッフ対談より)。
  • 美神役の鶴ひろみによれば、作品中での美神とエミの口論は、当初は台本で台詞が決まっていたが、後期には鶴とエミ役の富沢美智恵にスタッフが任せるようになり、鶴と富沢は空き時間などに台詞を相談していたという。また、普段からアドリブの多さで知られる千葉繁堀川りょうは当作品でも様々なアドリブを連発。特に堀川は、アドリブに潜ませた猥語が放送コードに引っかかり、NGとなったこともあるという(第4話)。
  • 声優やスタッフの口からは、メンバーの仲が非常に良かったことが度々語られている。メンバーで旅行に行くなど、親密な繋がりも多かったようである。
  • 同原作者のアニメ『絶対可憐チルドレン』では、主人公・明石薫の母親である明石秋江役を鶴ひろみが、姉の明石好美役を國府田マリ子がそれぞれ務めている。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ
  • GHOST SWEEPER
作詞 :有森聡美 /作曲 :大森俊之 /編曲 :岩本正樹 /歌:原田千栄
エンディングテーマ
  • BELIEVE ME
作詞 :有森聡美 /作曲 :西岡治彦 /編曲 :岩本正樹/ 歌:小坂由美子
  • 平均視聴率 - 13.7%、最高視聴率:18.0%、最低視聴率:9.1%

全話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 美術 原作版対応エピソード
1 1993年4月11日 ボディコン除霊師登場! 松井亜弥 梅澤淳稔 青山充 浦田又治 1巻「美神除霊事務所出動せよ!!」
1巻「オフィスビルを除霊せよ!!」
2 1993年4月18日 強盗に明日はない! 川田武範 横山健次 襟立智子 1巻「狼たちの死後!!」
3 1993年4月25日 呪いの人形帝国!! 岸間信明 矢部秋則 入好さとる 伊藤岩光 1巻「呪いの人形帝国!!」
4 1993年5月2日 宇宙ゴースト退治!! 野呂昌史 山田徹 菊池城二 塩崎広光 1巻「極楽宇宙大作戦!!」
5 1993年5月9日 幽霊屋敷の遠吠え! あみやまさはる 岡佳広 河野宏之 ゆきゆきえ 2巻「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ!!」
6 1993年5月16日 お嬢さま除霊師! 松井亜弥 志水淳児 内山正幸 伊藤岩光 2巻「ゴーストスイーパー六道冥子登場!!」
7 1993年5月23日 Dr.カオスの挑戦! 岸間信明 設楽博 青山充 塩崎広光 2巻「ドクター・カオスの挑戦!!」
8 1993年5月30日 愛は時間を越えて! 松井亜弥 川田武範 玉川達文 襟立智子 2巻「愛に時間を!!」
9 1993年6月6日 お願いチューして!! 矢部秋則 川村敏江 浦田又治
10 1993年6月13日 式神を捜せ!! 野呂昌史 梅澤淳稔 横山健次 塩崎広光 2巻「式神を捜せ…!!」
11 1993年6月20日 霊列車で行こう!! あみやまさはる 山田徹 入好さとる ゆきゆきえ 3巻「霊列車で行こう!!」
12 1993年6月27日 厄珍堂にご用心!? 岸間信明 岡佳広 菊池城二 襟立智子 2巻「サイキック・パワー売ります!!」
13 1993年7月4日 宿敵(ライバル)!小笠原エミ! 松井亜弥 梅澤淳稔 河野宏之 塩崎広光 3巻「上を向いて歩こう!!」
14 1993年7月11日 夏だプールだ妖怪だ 野呂昌史 川田武範 内山正幸 伊藤岩光 5巻「ストップ・ザ・シーズン・イン・ザ・サマー!!」
15 1993年7月18日 地中海に全員集合! 松井亜弥 矢部秋則 青山充 ゆきゆきえ 3巻「極楽愚連隊、西へ!!」
16 1993年7月25日 吸血鬼を眠らせろ! 山田徹 加々美高浩 藤田勉
17 1993年8月1日 夏の海は誘惑だらけ 岸間信明 設楽博 横山健次 襟立智子 1巻「海よりの使者!!」
18 1993年8月8日 縮みゆく美神!! あみやまさはる 岡佳広 入好さとる 伊藤岩光 3巻「縮みゆく美神!!」
19 1993年8月15日 幽霊潜水艦を追え! 野呂昌史 梅澤淳稔 菊池城二 襟立智子 1巻「幽霊潜水艦を追え!!」
20 1993年8月22日 極楽スマッシュ! 松井亜弥 川田武範 河野宏之 ゆきゆきえ 6巻「庭球霊ファイナル・ステージ!!」
21 1993年8月29日 みんな子供になれ!! 山田徹 川村敏江 伊藤岩光 5巻「何かが道をやってくる!!」
22 1993年9月5日 悪魔パイパーの逆襲 矢部秋則 林委千夫 藤田勉
23 1993年9月12日 ドラゴンへの道!! 松原明徳 青山充 襟立智子 4巻「ドラゴンへの道!!」
24 1993年9月19日 ドラゴン怒りの暴走 梅澤淳稔 内山正幸 塩崎広光
25 1993年9月26日 ヤマタイ国のヒミコ 岸間信明 川田武範 加々美高浩 襟立智子 5巻「魔女たちの集い!!」
26 1993年10月3日 勇者・美神の冒険! 松井亜弥 山田徹 横山健次 ゆきゆきえ 2巻「電子の要塞かいしんのいちげき!!」
27 1993年10月10日 マリア純情一直線! 野呂昌史 岡佳広 入好さとる 襟立智子 6巻「機械仕掛けの愛が止まらない!!」
28 1993年10月17日 ドラゴンの王子!! 岸間信明 志水淳児 菊池城二 塩崎広光 7巻「プリンス・オブ・ドラゴン!!」
29 1993年10月24日 ドラゴン危機一髪!! 矢部秋則 河野宏之 襟立智子
30 1993年10月31日 妖刀シメサバ丸見参 あみやまさはる 梅澤淳稔 川村敏江 ゆきゆきえ 3巻「燃えよ剣!!」
31 1993年11月14日 空とぶ魔法のホウキ 松井亜弥 川田武範 青山充 塩崎広光 6巻「天駆けるホーキ!!」
32 1993年11月21日 令子・結婚します!? 野呂昌史 山田徹 内山正幸 ゆきゆきえ 4巻「プロポーズ大作戦!!」
33 1993年11月28日 マネキン人形が招く 岸間信明 岡佳広 河野宏之 襟立智子 4巻「マネキンが招く!!」
34 1993年12月5日 妖怪ハイスクール 野呂昌史 梅澤淳稔 佐藤道雄 ゆきゆきえ 3巻「教室漂流!!」
35 1993年12月12日 サンタの贈りもの! 岸間信明 山吉康夫 青山充 伊藤岩光 7巻「サンタが街にやってくる!!」
36 1993年12月19日 おキヌのクリスマス 松井亜弥 松原明徳 川村敏江 塩崎広光 4巻「ブラインド・デート!!」
3巻「おキヌちゃんのクリスマス!!」
37 1993年12月26日 バトル謹賀新年!! 岸間信明 山田徹 加々美高浩 襟立智子 7巻「バトルロイヤル初もうで!!」
38 1994年1月9日 受験生ブルース あみやまさはる 岡佳広 河野宏之 ゆきゆきえ 8巻「受験生ブルース!!」
39 1994年1月16日 マリアの妹 野呂昌史 梅澤淳稔 青山充 襟立智子 8巻「鋼鉄の姉妹!!」
40 1994年1月23日 マリアとテレサ 矢部秋則 佐藤道雄 塩崎広光
41 1994年1月30日 熱闘!雪の女王 岸間信明 岩井隆央 川村敏江 ゆきゆきえ 8巻「雪の女王!!」
42 1994年2月6日 チョコあげます!! 吉田十徳 山吉康夫 内山正幸 塩崎広光 8巻「チョコ人間第1号!!」
7巻「飛び出せ貧困!青春の給料日!!」
43 1994年2月20日 夢の中へ! 岸間信明 山田徹 加々美高浩 井出智子 6巻「夢の中へ!!」
44 1994年2月27日 地獄のナイトメア 岡佳広 河野宏之 ゆきゆきえ
45 1994年3月6日 GSより愛をこめて 野呂昌史 梅澤淳稔 青山充 塩崎広光 9巻「フィルムは生きている!!」

視聴率[編集]

  • 視聴率は最高で18%を記録するなど決して低い水準ではなく、放送期間延長も検討されていた。しかし、同枠は玩具の売り上げも重視されているため(スポンサーに玩具メーカーが入っていることから)、そちらの売り上げが伸び悩んだことで、結局当初の予定通り1年(全45話)で終了したという。

CD[編集]

主題歌シングル[編集]

キャラクターシングル[編集]

  • GS美神 美しき逃亡者シリーズ.I - REIKO MIKAMI (1994年1月21日発売) KIDA-73
  • GS美神 美しき逃亡者シリーズ.II - MEIKO ROKUDO (1994年1月21日発売) KIDA-74
  • GS美神 美しき逃亡者シリーズ.III - EMI OGASAWARA (1994年1月21日発売) KIDA-75
  • GS美神 美しき逃亡者シリーズ.IV - SHORYUKI (1994年1月21日発売) KIDA-76
  • GS美神 美しき逃亡者シリーズ.V - OKINU (1994年1月21日発売) KIDA-77

本作はキャラクターソングもヒットした。1994年1月21日キングレコードから発売されたシングル『GS美神・美しき逃亡者シリーズ(I〜V)』は同年3月時点で軒並み2万枚を超える売上を記録し、中でもおキヌ役の國府田マリ子による『V』(「悲しいギャップはDESTINY」)は2万8000枚を売り上げた[10]

サウンドトラック[編集]

  • GS美神 極楽音楽大作戦!! (1993年7月21日発売) KICA-155
  • GS美神 極楽音楽大作戦!! II (1993年11月3日発売) KICA-167

ヴォーカルアルバム[編集]

放送枠[編集]

このアニメの放送終了後の後番組が、少女漫画が原作の『ママレード・ボーイ』であり、これにより、ABC・東映動画ラインは再び女児層もしくは母親層向けアニメ枠へと移行した。この枠では初めて、音源元が日本コロムビアからキングレコードへ移っている(以後、『夢のクレヨン王国』と『おジャ魔女どれみ♯』の2作品がキング音源となっている)。また、『週刊少年マガジン』を抱える講談社の系列である同社が、ライバル誌である『週刊少年サンデー』の人気作品のアニメ音源を担当するのは珍しい(ちなみに『クレヨン王国』は原作が講談社から出ており、東映オリジナルの『おジャ魔女』や後続の『明日のナージャ』『プリキュアシリーズ』も講談社の『なかよし』にてコミカライズ版が連載されている)例である。

原作で語られるアニメ[編集]

原作でおキヌがぬいぐるみ化された登場人物たちを見て「またアニメ化するんでしょうかっ!?」と聞いたところ、横島が「それはない…ないんだよ、おキヌちゃん…!」と血の涙を流しながら言った(「ゲームの達人!!」)。アニメ化の後、原作ではおキヌが『ママレード・ボーイ』主題歌の替え歌を歌う(「売り逃げ大作戦!!」)等、声優ネタがしばしば使われるようになった。

劇場アニメ[編集]

戦国時代に死んだと思われていた織田信長が復活した。彼の正体は、地上最強の吸血鬼「ノスフェラトゥ」だと言う。東京のピンチに美神たちが立ち向かう。

声の出演[編集]

メインキャラの声の出演はテレビアニメ版と同じ。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 椎名高志(小学館「少年サンデーコミックス」刊)
  • 製作 - 高岩淡、泊懋
  • 企画 - 関弘美
  • 脚本 - 松井亜弥
  • 音楽 - 佐橋俊彦
  • 製作担当 - 藤本芳弘
  • 美術監督 - 窪田忠雄
  • 作画監督 - 青山充
  • 監督 - 梅澤淳稔
  • 製作 - 小学館・旭通信社・東映動画MISTERジパング

備考[編集]

ストーリーは、劇場版オリジナルのもので(小説版に収録作がある)。この劇場版で登場する明智光秀ら歴史上の重要人物3人は、同じ原作者の『MISTERジパング』にも登場しているが、デザイン・性格やその役割は、まるで別のものになっている。

映像ソフト化[編集]

2009年1月21日 - 同年3月21日にかけて初ソフト化となるDVDが発売された。全8巻で、1 - 4は6話、5以降は5話収録。1と2、3 - 5、6 - 8はそれぞれ同時発売。

ラジオドラマ[編集]

内容[編集]

全話リスト[編集]

囚われのおキヌ[編集]

話数 放送日 サブタイトル
ACT.1 1994年7月17日 迷宮のメロディ
ACT.2 1994年7月24日 引き裂かれたメロディ
ACT.3 1994年8月7日 策略のメロディ
ACT.4 1994年8月14日 聖なる解放のメロディ

愛は時を越えて…[編集]

話数 放送日 サブタイトル
ACT.1 1995年1月22日 追憶の訪問者
ACT.2 1995年1月29日 遠い記憶
ACT.3 1995年2月26日 夢の扉
ACT.4 1995年3月5日 決着の時

あの白球を追え!![編集]

話数 放送日 サブタイトル
ACT.1 1995年6月18日 ベースボールは突然に
ACT.2 1995年6月25日 パーフェクト・ゲーム
ACT.3 1995年9月10日 愛と特訓の日々
ACT.4 1995年9月17日 頂上決戦

東京怪獣大戦争[編集]

話数 放送日 サブタイトル
ACT.1 1995年11月5日 作戦開始
ACT.2 1995年11月12日 湾岸パニック
ACT.3 1995年12月10日 戦え!ボディコン女
ACT.4 1995年12月17日 史上最低の作戦

CD[編集]

  • GS美神 極楽大作戦!! (1994年8月24日発売) KICA-211
  • GS美神 リポート1 愛は時を越えて… (1995年4月21日発売) KICA-239
  • GS美神 リポート2 あの白球を追え!! (1995年9月21日発売) KICA-262
  • GS美神 リポート3 東京怪獣大戦争 (1995年12月21日発売) KICA-280

その他の書籍[編集]

小説
2008年ガガガ文庫で前・後編を1巻にまとめて再録・復刊。
  • 松井亜弥『GS美神極楽大作戦!! Vol.3 信長の野望!!』(小学館・スーパークエスト文庫、1994年) ISBN 4-09-440153-9 - 上記の劇場版のノベライズである。
フィルムコミック
  • 椎名高志 原作『GS美神①』(小学館SSCビジュアルセレクション、1994年) ISBN 4-09-121875-X
  • 椎名高志 原作『GS美神②』(小学館SSCビジュアルセレクション、1994年) ISBN 4-09-121876-8
  • 椎名高志 原作『映画 GS美神極楽大作戦!!』(小学館SSCビジュアルセレクション、1994年) ISBN 4-09-121877-6

ゲーム[編集]

パチスロ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 幼少時に美神美智恵は、チューブラー・ベルに寄生され、それを祓おうとした両親が除霊に失敗した事によりGSとしての社会的信用を失った事で、破滅と隣り合わせの不遇な人生を長い間送らざるを得なくなった。
  2. ^ 特殊な結界魔方陣の中で行われ、GS試験と同じく物理的攻撃は一切無効。ルールは、6人タッグマッチで5秒フォール勝ち、無制限一本勝負。
  3. ^ 本来の「丑の刻参り」は他人に目撃されると呪が破れて自身に呪詛返しが起きるが、横島の場合「相手の目前」で行っている。
  4. ^ 厳密には幽霊暮らしが長すぎて魂との接着が弱く、ショックで剥がれてしまう。
  5. ^ しかし、オカルト的には《罪人の手首を加工して作られた》同名の呪的アイテムが存在する。
  6. ^ もっとも、この際には「相手のコンディションまでトレースしてしまう」為、相手をコピーすると攻撃した際の効果が自分にも返ってくる上、相手の攻撃はそのまま効いてくる。
  7. ^ 斉天大聖の試練を受けて、初めて作った文殊は横島の意志に応じて地面に散らばった状態から自ら横島の手に集まった。
  8. ^ 単行本の収益・印税などは、必要経費を除いた全てを寄付に充てることになっている。
  9. ^ 当枠では数少ない男児向け作品であると同時に、唯一の『週刊少年サンデー』連載作品でもある。
  10. ^ 「アニメをこえるか 声優のCDが人気」『日経流通新聞』1994年3月24日付、23面。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ朝日系・ABC制作 日曜8時台後半
前番組 番組名 次番組
スーパービックリマン
(1992.5.17 ‐ 1993.4.4)
GS美神
(1993.4.11 ‐ 1994.3.6)
ママレード・ボーイ
(1994.3.13 ‐ 1995.9.3)