月刊サンデージェネックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(丸数字(イラスト者「ぽんかん(8)」))が含まれています詳細

月刊サンデージェネックス』(げっかんサンデージェネックス、月刊サンデーGENE-X月刊サンデーGX)は小学館が発行している月刊の漫画雑誌2000年創刊。毎月19日発行。

概要[編集]

2000年7月19日に同年8月号として創刊。『ウルトラジャンプ』(集英社)や『月刊マガジンZ』(講談社)、『チャンピオンRED』(秋田書店)等と同様のメディアミックス系月刊漫画雑誌に分類される。

アニメ派生のメディアミックス企画である『ラーゼフォン』(2002年放映)や『落語天女おゆい』(2006年放映)などの外伝作品が連載されたほか、2006年には『REC』『ブラック・ラグーン』『貧乏姉妹物語』などの連載作品が相次いでテレビアニメ化された。また、2011年には『神様ドォルズ』、2012年には『ヨルムンガンド』がテレビアニメ化された。

特徴[編集]

小学館が発行している他の『サンデー』系列の雑誌と比べて、他誌・他社でデビューし連載経験を持たない作家の起用が多いのが特徴である。

9割方漫画作品で占められており、アイドルグラビアや映画・テレビ・アニメなどの趣味一般の記事は非常に少ない(連載作品やその作者に関するページは除く)[注釈 1]。他社のメディアミックス系月刊誌に多く見られる、予告なしの休載(原稿落とし)や未完成原稿の掲載は、本誌に関してはほとんど見られない。読み物雑誌として漫画誌としてオーソドックスさと堅実さを守って制作されている雑誌と言える。

「銃撃ち漫画」と称するガンアクションがメインの作品が、掲載作品15本中3本(『ブラック・ラグーン』『ワイルダネス』『ヨルムンガンド』)という比較的高比率で連載されていた時期がある(2006年 - 2010年)。これらはいずれも、同じ編集者(夏目晃暢)[注釈 2]が担当している。

誌名の由来[編集]

創刊号である2000年8月号の目次ページに掲載された「創刊の挨拶」において、初代編集長の久保田滋夫は「誌名のジェネックスは、GENERATION-X(X世代)とGENE-X(遺伝子X)からとった造語で、『サンデーの遺伝子をもった新しい世代のためのコミック誌』という意味を込めています。」と解説している。

連載作品[編集]

※順番は連載開始の早い順とする。

休載している作品[編集]

過去に連載された作品[編集]

発行部数[編集]

  • 2004年 39,167部(「マガジンデータ2004」2003年9月1日 - 2004年8月31日編)[48]
  • 2005年 39,000部(「マガジンデータ2005」2004年9月1日 - 2005年8月31日編)[48]
  • 2006年 35,167部(「マガジンデータ2006」2005年9月1日 - 2006年8月31日編)[48]
  • 2007年 30,583部(「マガジンデータ2007」2006年9月1日 - 2007年8月31日編)[48]
  • 2008年 30,000部(「マガジンデータ2009(2008年版)」2007年10月1日 - 2008年9月30日編)[48]
  • 2009年 27,667部(「マガジンデータ2010(2009年版)」2008年10月1日 - 2009年9月30日編)[48]
  • 2010年 26,000部(「マガジンデータ2011(2010年版)」2009年10月1日 - 2010年9月30日編)[48]
  • 2011年 22,834部(「マガジンデータ2012(2011年版)」2010年10月1日 - 2011年9月30日編)[48]
  • 2012年 19,750部(「マガジンデータ2013(2012年版)」2011年10月1日 - 2012年9月30日編)[48]
  • 2013年 19,584部(「マガジンデータ2014(2013年版)」2012年10月1日 - 2013年9月30日編)[48]

編集長[編集]

  • 初代:久保田滋夫(創刊号 - 2007年1月号)
  • 2代目:小室時恵[注釈 4](2007年2月号 - )

単行本[編集]

  • 「サンデーGXコミックス」レーベルで、本誌と同じく毎月19日頃が発売日となっている。
  • 基本的にほとんどの連載作品が単行本化されているが、『ジャパニーズ あほっ子キッズ』(阿部潤)や『特機獣サツキ』[注釈 5]みやすのんき)など、単行本化されなかった作品も少数ながら存在する。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 特筆すべきはグラビア企画が創刊以来2回のみであること。2002年1月号で連載作品『吼えろペン』の登場人物 "星紅" のヘルメットを被った冗談半分な女性の水着ピンナップが掲載、2006年12月号で松本さゆきと漫画登場銃器・刀剣とのコラボグラビアが掲載されただけである
  2. ^ ブラック・ラグーン』、『ヨルムンガンド』および『貧乏姉妹物語』、『神様ドォルズ』などのアニメ化の際には、久保田滋夫・小室時恵とともに「原案協力」でクレジットされている。
  3. ^ 原作ライトノベルのイラスト・挿絵も担当。
  4. ^ 吼えろペン』の登場人物"星紅"のモデルでもある。
  5. ^ 2002年にヤングジャンプ・コミックス集英社)にて単行本化された。ISBN 978-4088763224

出典[編集]

  1. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- ジャジャ えのあきら(2014年6月11日閲覧)
  2. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- ブラック・ラグーン 広江礼威(2014年6月11日閲覧)
  3. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- 書生葛木信二郎の日常 倉田三ノ路(2014年6月11日閲覧)
  4. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- マンけん。 加瀬大輝(2014年6月11日閲覧)
  5. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- デストロ246 高橋慶太郎(2014年6月11日閲覧)
  6. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- 東京カラス 宮下裕樹(2014年6月11日閲覧)
  7. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- ABLE 伊藤明弘(2014年6月11日閲覧)
  8. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- 西向きマイルーム 若狭たけし(2014年6月11日閲覧)
  9. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- どうぶつずかん 花見沢Q太郎(2014年6月11日閲覧)
  10. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- 碧き青のアトポス やまむらはじめ(2014年6月11日閲覧)
  11. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- ひみつの乙女ちゃん 蒼井ひな太(2014年6月11日閲覧)
  12. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- 人生 マンガの章 作:川岸殴魚 画:松山せいじ キャラクター原案:ななせめるち(2014年6月11日閲覧)
  13. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- バターナッツ! 犬上すくね(2014年6月11日閲覧)
  14. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- ワイルダネス 伊藤明弘(2014年6月10日閲覧)
  15. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- カフェドリップ 北河トウタ(2014年6月10日閲覧)
  16. ^ a b c d 小学館コミック -サンデーGENE-X- 恋愛ディストーション 犬上すくね(2014年6月10日閲覧)
  17. ^ a b c 小学館コミック -サンデーGENE-X- リアル吼えろペン 島本和彦(2014年6月10日閲覧)
  18. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- イーヴィル・イーター 永福一成+KOJINO(2014年6月10日閲覧)
  19. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- WESTWOOD VIBRATO 尹仁完+金宣希(2014年6月10日閲覧)
  20. ^ a b 小学館コミック -サンデーGENE-X- 笑うあのコ 楠桂(2014年6月10日閲覧)
  21. ^ a b 小学館コミック -サンデーGENE-X- 神様ドォルズ やまむらはじめ(2014年6月10日閲覧)
  22. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- 仮面ボウラー 若狭たけし(2014年6月10日閲覧)
  23. ^ a b 小学館コミック -サンデーGENE-X- 横須賀市走水一丁目 空、高し 喜国雅彦+国樹由香(2014年6月10日閲覧)
  24. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- ぐりまる 富沢義彦+海童博行(2014年6月10日閲覧)
  25. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- コイネコ 真島悦也(2014年6月10日閲覧)
  26. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- 新暗行御史 尹仁完+梁慶一(2014年6月10日閲覧)
  27. ^ a b 小学館コミック -サンデーGENE-X- planet 浅野いにお(2014年6月10日閲覧)
  28. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- 俺たちのミライ 小野寺浩二(2014年6月10日閲覧)
  29. ^ a b c 小学館コミック -サンデーGENE-X- 星の少女たち 聖モエスの方舟[帰還篇] 榎本ナリコ(2014年6月10日閲覧)
  30. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- 正義警官モンジュ 宮下裕樹(2014年6月10日閲覧)
  31. ^ a b c 小学館コミック -サンデーGENE-X- 星屑番外地 イダタツヒコ(2014年6月10日閲覧)
  32. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- 釣りチチ・渚 佐藤まさき(2014年6月10日閲覧)
  33. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- 鉄娘な3姉妹 松山せいじ(2014年6月10日閲覧)
  34. ^ a b c 小学館コミック -サンデーGENE-X- ドクター&ドーター 陽気婢(2014年6月10日閲覧)
  35. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- 浜田ブリトニーの漫画でわかる萌えビジネス 浜田ブリトニー(2014年6月10日閲覧)
  36. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- GSホームズ極楽大作戦!!~血を吸う探偵~ 椎名高志(2014年6月10日閲覧)
  37. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- ビストロ・パ・マルの事件簿 近藤史恵+原尾有美子(2014年6月10日閲覧)
  38. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- 貧乏姉妹物語 かずといずみ(2014年6月10日閲覧)
  39. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- ぷりぞな6 金月龍之介+Kojino(2014年6月10日閲覧)
  40. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- MARCH STORY 金亨敏+梁慶一(2014年6月10日閲覧)
  41. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- メルカノ。 大島永遠(2014年6月10日閲覧)
  42. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- 山形スクリーム 今谷鉄柱(個々田健)(2014年6月10日閲覧)
  43. ^ a b 小学館コミック -サンデーGENE-X- やるじぇね 藤那トムオ(2014年6月10日閲覧)
  44. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- ゆりてつ~私立百合ヶ咲女子高鉄道部~ 松山せいじ(2014年6月11日閲覧)
  45. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- ヨルムンガンド 高橋慶太郎(2014年6月10日閲覧)
  46. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- 落語天女おゆい いけだたかし/桂歌若プロジェクト(2014年6月10日閲覧)
  47. ^ 小学館コミック -サンデーGENE-X- REC 花見沢Q太郎(2014年6月10日閲覧)
  48. ^ a b c d e f g h i j 社団法人日本雑誌協会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]