小学館新人コミック大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小学館新人コミック大賞(しょうがっかんしんじんコミックたいしょう)は、小学館が主催する漫画新人賞。1978年創立。年2回開催。

児童部門、少年部門、少女・女性部門、青年部門に分かれ、小学館が発行する各漫画雑誌が共同で公募を行なう。部門ごとにプロの漫画家が審査し、特別大賞、大賞、入選、佳作の賞が決定される。前2賞は該当作無しであることが多い。

また選考に漏れたもののなかから有望な作品に奨励金が与えられる。応募原稿は予備選考で落ちたものまで全て添削され、返却時に同封される。

第55回までは一般部門とヤング部門があったが、第56回より青年部門に統合された。また以前は児童部門は藤子不二雄賞、一般部門はビッグコミック賞、ヤング部門はスピリッツ賞(現在は月例新人賞の名称)の名で開催されていた。

応募規定[編集]

  • 頁制限 ストーリーもの 32頁前後、ギャグもの 16頁前後、4こまもの 10本以上。商業作品で未発表のもの。
  • 年齢・性別・経験問わず。但し過去の受賞・掲載歴がある場合その旨を明記
  • 応募は郵送のみ(メール不可)。デジタルデータで収録する場合、データ用CD-R、もしくはDVD-Rに「600dpi、PSDファイル、白黒2値とし、セリフもデータにしている場合、画像とセリフのレイヤーは別々にする」という規定がある。
  • 応募作品は前述のとおり添削した上で、発表から3ヶ月程度で返却される(返信用封筒<切手は添付しなくてもよい>が必要)が、デジタルデータの場合は返却不可なので、予め別のメディアにコピーする必要がある。

受賞賞品[編集]

  • 特別大賞(グランプリ相当) 賞金500万円
  • 大賞(準グランプリ相当) 賞金200万円
  • 入選 賞金50万円
  • 佳作 賞金30万円
以上の受賞者にはそれぞれ共通で、表彰状、記念、受賞作品の収録本、ファクシミリ電話・またはデジタルカメラが贈られる。また特別大賞受賞者には記念トロフィーも併せて贈られる。
  • 特別育成金 各部門の上位入賞者に対し特別育成金100万円を贈呈(児童部門は複数均等割りもある)
  • 奨励金 入選を逃した場合でも将来有望と思われる作者には奨励金10万円を贈呈
  • その他審査通過者には記念品として次を贈呈する
    • 応募者全員 受賞作収録本
    • 1次審査合格者 スクリーントーン(小)
    • 2次審査通過者 特製原稿用紙50枚セット
    • 3次審査通過者 スクリーントーン(大)

主な入賞者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]