小野敏洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小野 敏洋
生誕 1965年2月27日(49歳)
日本の旗 日本愛知県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1992年 -
ジャンル 少年漫画
青年漫画
成人向け漫画
代表作 バーコードファイター
受賞 1991年:第22回藤子不二雄賞受賞(『ヤドカリくん』)
テンプレートを表示

小野 敏洋(おの としひろ、1965年2月27日[1] - )は、日本漫画家愛知県出身[2]

商業誌デビューは、さくまあきらが新人漫画家発掘の為に創刊した『マンガハウス』。1991年、「ヤドカリくん」で第22回藤子不二雄賞受賞。1992年、「ゼルダの伝説外伝」で『別冊コロコロコミック』(小学館)からデビュー

人物[編集]

自画像の多くが、ダンボール箱(多くはみかん箱)を被り、裸顔で半纏(はんてん)を着て無精ひげを生やした2頭身くらいの男の姿で描かれる。最近、復刊された作品のあとがきなどでは、みかん箱が変形したロボットの姿もある。

少年漫画青年漫画では「小野敏洋」(あるいは「おのとしひろ」)名義で活動しているが、とりわけ成人向け漫画の執筆と同人活動における他のペンネームとして「上連雀三平(かみれんじゃくさんぺい)」「斉藤まゆり」(あるいは「さいとうまゆり」)「鈴木柾道」「グルマン笹塚」「ジンバブエ伊東」等がある。

2007年11月に「廃業」との表現で、上連雀名義での活動を停止することをmixiの自らのページで発表したが、しばらくのブランクのあと、上連雀名義での執筆活動は再開された。

2008年2月に上連雀名義で「わたしを有明につれてって!」の単行本が発売され、同月24日に小野敏洋と上連雀三平の「合同サイン会」がコミックとらのあな秋葉原本店で開催された。このイベントでは小野敏洋本人とは別に、自画像のようにダンボール箱を頭にかぶった「上連雀三平とされる人物」が登場。上連雀は廃業したことになっているのでサインは小野が代わりに書き、上連雀(役の人物)は素顔を見せず、喋らないという演出で行われた[3]

同人作家及び成年向け作家としての作風[編集]

創作活動の開始は、『バーコードファイター』の女装美少年・有栖川桜を主人公にした成人向け同人誌(コピー誌)を極少部数作ったのが、上連雀名義の成年漫画へのきっかけとされる。

作風は極めて過激かつエキセントリック、それでいて明るく後腐れのないものが殆どであり、しばしば日常的に性行為が行われる倒錯した世界観を描く。作中では性交渉ないし生殖器に対するある種の崇拝の念を思わせる描写が数多く見られ、それに言及する堂々たるセリフ回しは「上連雀節」と称される。 また、そのような描写をもって性行為・生殖器の存在を誇らかに肯定するさまから、一部ファンからは畏敬と賞賛の意を込めて「おちんちん大明神」と呼ばれることもある。

成年漫画の代表作には、『アナルジャスティス』、『となりの精液さん』などがあり、男性向けを中心にロリショタふたなり系統にも手を伸ばしている。また、前述の有須川桜は『アナルジャスティス』『アナルエンジェル』にもスピンオフIFの物語)に近い形で登場している。

小学生・中学生・ペニス声優をこよなく愛しており、「小●生(男子含む)を妊娠させた」「声優の小便ってどこで売ってるの」「セックスの神様に謝りなさい!」「(女装趣味の)男の子だけの女子校」など、数々の名言を残している。「清水愛の腕の太さは子供2人を抱えて育てた母親の証」など、実在の声優を元にしたネタなども多く、作品の登場人物には特定の声優がモデルになっていることもある。ちなみに、モデルとなった浅野真澄ツイッターを通じ交流を持ち、浅野本人からモデル化公認を得た。

作品の一覧[編集]

小野敏洋名義・おのとしひろ名義[編集]

漫画[編集]

挿絵[編集]

上連雀三平名義[編集]

漫画

  • アナルジャスティス(全1巻)
  • アナルジャスティス 〜肉棒射精編〜(全1巻)
  • 飲尿女神(全1巻)
  • となりの精液(スペルマ)さん(全1巻) - 『COMICバニラ』掲載。
  • わたしを有明へつれてって!(全1巻)
  • もほらぶ(全1巻)
  • アナルエンジェル(全1巻) - 『コミック・マショウ』掲載。
  • やまとなでシコ(全1巻)

挿絵

  • 修正報告 銀河ツンデレ伝説(作:みやも)

雑誌・アンソロジー収録連作

  • 肉の天使舞い降りて(「となりの精液さん」収録)

その他の名義[編集]

斉藤まゆり名義・さいとうまゆり名義

  • 寸止めまんがへの道 - 『電撃萌王』Volume00 コミケット61の巻。おなじみという見出しの下で、謎の美少女漫画家登場!(笑)と記載。
  • ママ・グレード - 『電撃萌王』Volume01〜04連載。「現役女子高生マンガ家 さいとうまゆり」と記載。

鈴木柾道名義

  • 宇宙のよめ - 『COMIC 零式』Vol.3掲載。『零式セレクション1』に収録。

グルマン笹塚

  • 『COMIC Zip』1999年10月号掲載。上連雀三平名義にバツ印を付けてグルマン笹塚名義を併記。

ジンバブエ伊東

  • 『COMIC Zip』2000年2月号掲載。

出典[編集]

  1. ^ 『バーコードファイター』第5巻、小学館(てんとう虫コミックス)1994年8月発売、ISBN 4-09-142045-1
  2. ^ まんがseek日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』、日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、91頁
  3. ^ 小野敏洋先生&上連雀三平先生合同サイン会 - とらのあな 2008年2月

外部リンク[編集]