美少年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

美少年(びしょうねん)は、一般に、容貌の美しい少年を指す。特に、肌のつやつやした様子を強調して「紅顔の美少年」という形容が使われることもある。

語句定義[編集]

美少年は、漢語あるいは日本語の単語である。広義では美少女も「美少年」である。そのため、広辞苑では「美少年」は記載してあるが、「美少女」は載っていないというトリビアフジテレビのテレビ番組「トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜」で紹介された[1]。しかし、「美しい人(美人)」は元は男性のみを指す言葉である(女性の場合は「美女」)。「美少年」を意味する用語の一つに「美少人」というものがあり、「小人」になると学徳なきだらしない者を示す。

もともとは文学上の修辞語で、古くは中国代の詩人杜甫「飲中八仙歌」の一節「宗之瀟灑美少年 宗之(そうし)は瀟灑(しょうしゃ)たる美少年」に現れている。

美学上の意味[編集]

美学的には、ある時代、ある地域において、審美の対象となった少年の変遷を追うことに意義がある。 しかし、現在までに、研究はあまり多くなされてはおらず、研究史の充実が待たれる。

歴史上の美少年(美青年)[編集]

古代[編集]

西洋[編集]

東洋[編集]

中世[編集]

東洋[編集]

現代[編集]

日本の文化[編集]

現代において、美少年像の最初のものは、西南戦争を題材とする明治時代の演歌「田原坂(たばるざか)」に登場する馬上の美少年であろう。

その他、実在の人物や文学上の人物の他に、漫画、ことに少女漫画の美しい容姿をもつ少年キャラクターを意味する語として広く用いられ、美少女の対義語となっている。特に、1970年代頃から、美少年同士の恋愛を描く漫画も登場し、後にボーイズラブとしてひとつのジャンルを形成するに至っているだけでなく、美少年を扱った「美少年ビデオ」なるものが女性を対象に流通している。

西洋の文化(bishonen)[編集]

現代において、日本以外、特にアメリカでは「bishonen」という言葉はアニメ漫画ゲーム等に登場する美形の男性キャラクターを指す。現実の男性を形容しない。また、必ずしも年少である必要はなく、美形の男性キャラクターなら年配でも「bishonen」と呼ばれる(本記事の英語版より)。筋肉質でも構わない。ただ、あまりに老けていると「bishonen」とは呼ばれない。日本語で言う「美少年」と「美青年」の二つの意味を兼ね備えた言葉となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第六版で「美少女」の単語は収録された。

関連項目[編集]