ビョルン・アンドレセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビョルン・アンドレセン
Björn Andrésen
Björn Andrésen
ベニスに死す』(1971年)のオーディションより
本名 Björn Johan Andrésen
生年月日 1955年1月26日(59歳)
出生地 スウェーデンの旗 スウェーデンストックホルム
職業 俳優・歌手
ジャンル テレビ・映画
活動期間 1970年 -
主な作品
ベニスに死す』(1971年)

ビョルン・ヨーハン・アンドレセンBjörn Johan Andrésen1955年1月26日 - )は、 スウェーデン俳優歌手ストックホルム出身。 ルキノ・ヴィスコンティ監督の映画作品『ベニスに死す』(1971年)のタジオ役で広く知られている。

略歴[編集]

5歳の時、父に捨てられ、それが原因で母が自殺。祖母に育てられる。ストックホルムの音楽学校でクラシックを学んだが、好みはビートルズなどのロック。友人達と13歳の頃からバンドを組み、あちこちで演奏していた。

1969年にストックホルム郊外で撮影された青春映画『純愛日記』(1970年)に端役で出演したのがスクリーンデビューである。なお『純愛日記』は、1971年の日本初公開時にオリジナルから約20分カットされた状態で上映されたが、2008年4月26日に完全版が『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』の邦題で上映された[1]

1970年、ヴィスコンティが『ベニスに死す』の映画化の為に、主人公の作曲家を虜にする少年タジオ役を求めてヨーロッパ中を探していた。当時、まだ友人とバンドを組んで歌っていたアンドレセンがヴィスコンティの目に止まり、数多くの候補者の中から選ばれた。 ヴィスコンティは、数千人の候補者をリストアップし、最終的にはアンドレセンに決定したが、イタリアの公共放送RAIの依頼で、この模様を収めた30分の特別番組『タジオを求めて』を監督している[2]

素顔のアンドレセンは、ごく平凡な北欧の健康的な少年であったらしい。映画の成功で、一躍アイドルになった彼のもとには、数多くの映画出演話が舞い込んだようだが、結局実現しなかった。もともと音楽に興味があったアンドレセンは、その後学園生活に復帰し、音楽活動していたらしい(『ヴィスコンティのスター群像』より抜粋)。

1983年に結婚。ストックホルムで暮らす。その後、娘(ロビン)が生まれるが、結婚前に生まれた長男を乳幼児突然死症候群で亡くし、離婚。しかし復縁し、現在は妻と娘とストックホルムで暮らしている[3]

主な出演作品[編集]

  • 純愛日記 En kärlekshistoria (1970) ※日本再公開時の邦題は『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー
  • ベニスに死す Morte a Venezia (1971)
  • タジオを求めて Alla ricerca di Tadzio (1970) ※テレビドキュメンタリー
  • 20世紀の巨匠 ルキノ・ヴィスコンティ ※ドキュメンタリー
  • 安易な殺人者 Den enfaldige mördaren (1982)

参考文献[編集]

  1. ^ スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー”. KINENOTE. 2013年4月18日閲覧。
  2. ^ Alla ricerca di Tadzio (TV 1970)” (英語). IMDb. 2013年4月18日閲覧。
  3. ^ Björn Andrésen - Biography” (英語). IMDb. 2013年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]