月刊IKKI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

月刊IKKI』(げっかんいっき)は、小学館から発行されている月刊漫画雑誌。毎月25日発売。

概要[編集]

創刊は2003年2月25日2000年11月30日より『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)の増刊号として隔月で発行された『スピリッツ増刊IKKI』が前身であり、そのリニューアル新創刊という形で月刊化され、現在の形となった。創刊時からのキャッチコピーは「コミックは未だ黎明期である」。編集長は江上英樹

『スピリッツ』の増刊が元となっているため、執筆陣の一部が共通する。また、小野塚カホリジョージ朝倉など、女性誌で活動する漫画家の起用も多い。新人賞「イキマン」を実施しており、2ヶ月に一度、応募作の中から優秀なものを必ず1作品以上掲載している。マニア好みの漫画が多く「小学館のアフタヌーン」「小学館のガロ」とも呼ばれている。

装丁は、他の小学館での漫画雑誌を担当しているベイブリッジ・スタジオではなく、雑誌ロゴを含めたほとんど全てを祖父江慎率いるコズフィッシュが行っている。コズフィッシュはその他にも、単行本「IKKI COMIX」の装丁、雑誌名考案など、雑誌と非常に深い関わりを持っている。

また、いわゆるアイドルグラビアの掲載はないが(初期にはヘアヌードグラビアが存在)、丸田祥三による「廃墟と少女」をテーマとしたものなど、漫画雑誌としては珍しい一風変わったグラビアページの連載が過去にあった。その他にも、『鉄子の旅』『阿房列車』『月館の殺人』など鉄道ネタの漫画は、江上の趣味の反映である。

小部数のため赤字だったが、2007年より単行本の売り上げ増加やメディアミックス効果などで黒字になっている[1]

2013年1月より、同誌の公式サイト「イキパラ」において「WEBイキパラCOMIC」を開設。WEB版として描き下ろされた連載作品を掲載している[2]

2014年7月、9月25日発売の同年11月号をもって休刊することが発表された[3][4]。連載中の掲載作品に関する今後の動向については、同年9月号にて発表[4][5]。一部の作品は2015年初頭に創刊予定の新雑誌にて連載を再開されると告知された[5][6]

現在の主な連載作品[編集]

※ 2014年11月号 現在

「WEBイキパラCOMIC」にて連載[編集]

単行本書き下ろし継続予定作品[編集]

主な休載中作品[編集]

過去の主な連載作品[編集]

歴代編集長[編集]

発行部数[編集]

  • 2004年(2003年9月 - 2004年8月) 33,916部[7]
  • 2005年(2004年9月 - 2005年8月) 29,000部[7]
  • 2006年(2005年9月 - 2006年8月) 18,584部[7]
  • 2007年(2006年9月 - 2007年8月) 16,000部[7]
  • 2008年(2007年10月 - 2008年9月) 14,917部[7]
発行部数(2008年4月以降)(社団法人日本雑誌協会
1〜3月 4〜6月 7〜9月 10〜12月
2008年 15,000 部 14,667 部 14,000 部
2009年 14,000 部 14,000 部 13,000 部 12,334 部
2010年 11,667 部 11,000 部 11,000 部 11,000 部
2011年 11,000 部 11,000 部 11,000 部 11,000 部
2012年 11,000 部 10,334 部 10,000 部 10,000 部
2013年 10,000 部 10,000 部 7,334 部

逸話[編集]

  • 初期連載には「ボツマン宣言」というボツになったにもかかわらず、なぜか魅力ある投稿作品をあえて掲載するという名物コーナーがあったが、現在は休止中。
  • 創刊時は、『ビッグコミック』や『週刊ヤングサンデー』など小学館発行の青年誌以外に、『月刊コロコロコミック』にも創刊号の予告が掲載された(他誌の予告と異なり漫画形式で編集長の江上も登場した)。
  • 2008年11月号に『週刊ヤングサンデー』の休刊に伴い、「魔Qケン」(作:喜国雅彦)が「魔Qケン」に改名し同誌から移籍した(大半は『ビッグコミックスピリッツ』か増刊号『YSスペシャル』に移籍した為、『IKKI』への移籍はこの作品のみ)。「魔Qケン」を始めとした喜国作品は装丁がコズフィッシュであり、雑誌との親和性が高いためである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『創』2007年5月号
  2. ^ “IKKIがWEB連載枠を新設「さらい屋五葉」の外伝など開始”. コミックナタリー. (2013年1月4日). http://natalie.mu/comic/news/82608 2013年8月4日閲覧。 
  3. ^ 小学館の漫画誌「月刊IKKI」休刊へ 読売新聞 2014年7月20日(2014年7月27日時点のアーカイブ
  4. ^ a b IKKI公式サイト[イキパラ] - 「月刊IKKI」休刊のお知らせ(2014年10月21日閲覧)
  5. ^ a b IKKI公式サイト[イキパラ] - 作品の今後について(2014年10月21日閲覧)
  6. ^ IKKI公式サイト[イキパラ] - 新雑誌のお知らせ(2014年10月21日閲覧)
  7. ^ a b c d e 社団法人日本雑誌協会JMPAマガジンデータによる該当期間中に発売された雑誌1号当たりの平均印刷部数。

外部リンク[編集]