土田世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
土田 世紀
(つちだ せいき)
生誕 1969年3月21日
日本の旗 日本秋田県平鹿郡大森町
死没 2012年4月24日(満43歳没)
日本の旗 日本滋賀県栗東市
職業 漫画家
ジャンル 青年漫画
代表作 同じ月を見ている』、『編集王
受賞 ちばてつや賞
四季賞
テンプレートを表示

土田 世紀(つちだ せいき、1969年3月21日 - 2012年4月24日)は、日本漫画家

人物[編集]

秋田県平鹿郡大森町(現在の横手市大森町)出身。男性。秋田市立南中学校、秋田県立新屋高等学校卒業。

幼い頃はそれほど漫画を読んでいたわけではなく、姉や友人が買ったものを読ませてもらう程度で、数を読むようになったのも漫画家としてデビューした後だった[1]。絵に関しても近所に住んでいた人間から基礎を教わった程度だったが[2]、絵を描くことはむしろ得意な方であり科学技術庁長官賞をもらったこともあったという[1]。漫画らしきものを描き始めたのは高校生になってからで、その頃からクラスの仲間に見せてまわっていた。また高校時代の土田には自分の描いた不良たちのような一面もあり[3]、「気合いの入った」髪型にするだけでなく、飲酒運転や無免許運転で捕まることもしばしばだった[4]。高校2年生の時に、ニューヨークを舞台にした青春ストーリー[5]を『漫画アクション』の新人賞に応募し、奨励賞を受賞した[1]

1986年、後年『残暑』にて『モーニングちばてつや賞一般部門・入選を受賞、次いで『未成年』(第3話として収録)にて『月刊アフタヌーン四季賞を受賞した。『未成年』の舞台は東北であり(奨励賞を獲ったニューヨークと同じく)都市に対置される地方人の「泥臭さ」をテーマとして意識するようになる。実際に土田はインタビューで「僕が何を描いても泥臭くなっちゃうと思うんですよ。特に舞台がどこっていうのを意識しているわけじゃないんだけど」と語っている[5]

主な作品に「俺節」「編集王」「ギラギラ」「同じ月を見ている」など。ヒットが続き、1990年代半ばには一週間に2日しか家に帰れない日々が続いた[6]。『同じ月を見ている』は、平成11年文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。2005年には窪塚洋介主演で映画化もされた。2008年、『ギラギラ』がテレビ朝日系でドラマ化。

2012年4月24日滋賀県栗東市の自宅で死去[7][8]。43歳没。『週刊漫画ゴラク』連載中の『かぞく』が遺作となった。死去する直前まで『夜回り先生』の最新作を執筆中だった[9]。死因は肝硬変[7]。漫画家の西原理恵子によれば、20代の頃から酒が入ってないと他人に会えないようなアルコール依存症気味のタイプだったという[10]

作風[編集]

土田自身が「泥臭い」と自嘲するように、その作風はしばしば時代錯誤的であったり「反トレンド」だとされている[11][12]。たしかに世間や大勢に反発する登場人物たちは、涙や怒りを我慢しないが[13]、それは単なる一手法ではなく、人は本気で泣いたり笑ったり出来るし、そうしたいと思っている、という土田の哲学によるものである[12]。そしてストーリーが時代に逆行するような泥臭い展開をみせても、読者はそこに溢れる感情の流れに快いカタルシスを感じてしまうのである[13]。また、この横溢する感情は作画によっても表現されている。例えば夏目房之介は、土田の描く服のシワや顔の陰影が、「非常にしつこい」上、「演歌のような」重さがあることを指摘し、それが主人公の感情やコマの流れと連動して、巧みに(鉛筆によるデッサン画からほとんど白っぽい画面まで)軽重が変わりカタルシスにつながると述べている[14]。夏目によれば、このように絵と感情とを同期させて凝縮し、読者を「掴む」ことこそ土田の真骨頂である[15]

漫画を読む少年ではなく、漫画家の友人も特にいない土田が好む作家は宮沢賢治であり[16]、しばしば作中にも登場している。「同じ月を見ている」の主人公、水代元は、宮沢賢治がモデルであり、作品の中にも、宮沢賢治の詩が引用されている。直接の引用だけでなく、「自己犠牲」といったテーマにも共通するところが見い出せる。[17]

編集王[編集]

代表作の「編集王」は、情熱的な新人編集者と、データ主義の編集長との対立を通じながら漫画への愛が語られていく作品。漫画の世界の裏方ともいえる出版社や編集者をメインにすえ、アンケート至上主義や、有害コミック論争などの内幕的なテーマも正面から描いている。主人公のモデルともなった編集者の八巻和弘が原案をつとめており[18]、その影響は大きいとされている[19]。エピソードやキャラクターは八巻が実際に経験した話を土田が膨らませる形がとられた[2]。そのためキャラクターなどに特定のモデルはいないという[20]

「編集王」はそのテーマゆえに話題を呼んだが、様々な事情があり、中途半端な状態で終了せざるを得なかった[21]

〔土田は〕ものすごい才能を持った、出来の悪い男。そう、ある意味彼こそがマンボ好塚[注 1]なんですよ

—八巻和弘が土田を評して[22]

作品リスト[編集]

デビュー作
平成11年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞

イラスト[編集]

関連人物[編集]

えりちん
元アシスタント。えりちんがヤングアニマルで連載している描かないマンガ家の第3巻の帯と公式ホームページには、土田が推薦文を寄せている。

参考文献[編集]

  • インタビュー・構成/佐々木正孝「スペシャルインタビュー13」『ザ・マンガ家』別冊宝島(409)、1998年 pp.136-139.
  • 「土田世紀『編集王』」『マンガ夜話vol.10』キネ旬ムック、2000年 pp.116-221.
  • 「男の漫画家土田世紀を読む」『BUBKA』1997年3月号、コアマガジン pp.18-20.
  • 『マンガ狂い咲き』コアマガジン、1995年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『編集王』に登場する大御所漫画家。才能がありながら怠惰に過ごしている
  1. ^ a b c 別冊宝島(409) p.136
  2. ^ a b BUBKA pp.18-20.
  3. ^ 「土田世紀インタビュー」『マンガ狂い咲き』コアマガジン、1998年、p.226
  4. ^ キネ旬ムック p.203
  5. ^ a b 別冊宝島(409) p.137
  6. ^ 『マンガ狂い咲き』p.219
  7. ^ a b 「編集王」の土田世紀氏が死去 日刊スポーツ 2012年4月27日閲覧。
  8. ^ 時事ドットコム:土田世紀氏死去(漫画家) 時事ドットコム 2012年4月29日閲覧。
  9. ^ ebookjapan編集長のおススメ
  10. ^ 西原理恵子、吾妻ひでお『実録!あるこーる白書』徳間書店、2013年、p.197
  11. ^ いしかわじゅんも土田の同じことを指摘しているが、『未成年』など初期の作品のほうがなぜか泥臭さは薄く、大友克洋の初期の画風を連想させるとしている 『漫画の時間』晶文社、1995年 p.248
  12. ^ a b キネ旬ムック p.202
  13. ^ a b キネ旬ムック p.203
  14. ^ キネ旬ムック pp.142-145
  15. ^ キネ旬ムック p.143
  16. ^ 『マンガ狂い咲き』p.241
  17. ^ キネ旬ムック p.213
  18. ^ キネ旬ムック p.214
  19. ^ キネ旬ムック p.126
  20. ^ 一方で土田は、マンボ好塚は複数のベテラン漫画家の欠点を集めてつくられたキャラクターだが、中心的なモデルは存在すると明言している BUBKA p.19
  21. ^ ゲーム編は流通の面でもっと深く掘り下げられるはずだった。『マンガ狂い咲き』p.166
  22. ^ キネ旬ムック p.213(初出は『BUBUKA』創刊号)