阿房列車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

阿房列車』(あほうれっしゃ)は、作家の内田百(うちだひゃっけん)が、1950年から1955年にかけ、相次いで執筆した紀行文シリーズ。全15編、単行本は『第一阿房列車』、『第二阿房列車』および『第三阿房列車』の全3巻。

題名について、作者によると“阿房”は始皇帝の建てた阿房宮に由来しているとしている。

作品[編集]

内田百は、鉄道に乗ることを目的として鉄道旅行を行うことを好んだ。目的地では、一部の例外を除いては長逗留したり観光をしたりすることもなく、むしろそれらを忌避することすらあり、鉄道に乗って終着駅から引き返すようなこともあるなど、鉄道に乗って移動すること自体を目的とするを行った。また、鉄道に乗車する際には、借金をしてまでも一等車への乗車を志向した。

このようなスタンスで、青森から鹿児島に至るまで日本各地を往来した旅をしたためたものが「阿房列車」シリーズであるが、時に旅の本筋と関係ない回想が長々と挿入され、あるいは百自身の短編小説に見られる異様な非現実的現象の描写が語られることもあり、作者自身も紀行文というより“小説”と見なしていた模様である。

阿房列車シリーズの第1作である「特別阿房列車」中の「なんにも用事がないけれど、汽車に乗つて大阪へ行つて来ようと思ふ」という飄々とした一文は著名で、しばしば引用されることがある。

背景[編集]

阿房列車シリーズに著された汽車旅が行われたのは、太平洋戦争後の鉄道が戦前の運行水準を回復しつつある昭和20年代半ばから昭和30年にかけてである。

3等級制が敷かれ一等展望車が走り、寝台車には車両専属の掛(かかり)が存在した(百は「ボイ」と表現する)当時の様子が記されている。反面、例えば宇品線での「ぼろぼろの、走り出すと崩れさうな汽車に乗つた」など、ローカル線では未だ整備が行き届いていない様子も文章からうかがえる。鉄道や宿のサービスに対しては態度・姿勢を問わず辛口である。

当時国鉄職員で百の文学上の弟子だった平山三郎が、百の健康上の理由もあり、全ての旅に同行した。百は文中では名をもじって「ヒマラヤ山系」と表現し、無口で曖昧な話し方をする妙な小男として描写し,旅行の度に雨に見舞われる事から「稀代の雨男」と評している。平山は百没後、『阿房列車』に関する逸話を多く書き残しており、事実にかなり脚色が加えられていることがわかっている。この点は松尾芭蕉の『奥の細道』の内容が、同行の弟子・河合曾良旅程日記と矛盾しているのと同様、文学的脚色と見るべきであろう。

また他に登場する人物たちは、本名・経歴を元にしたニックネーム[1]や、「甘木さん」(「某」という字を分割したもの。要するに「誰か」)など、ほとんどが仮名で語られており、百と虚実不明な会話を交わすが、これも内容の真偽は不明である。

作品リスト[編集]

第一阿房列車[編集]

  • 特別阿房列車
阿房列車の第一作。1950年10月22日 - 23日、特急「はと」での東京 - 大阪の往復旅行記。戦時中に廃止されていた東海道本線特急列車が本格復活したのを機会に、汽車旅行好きの百が「戦前以来久方ぶりの長旅」として挙行した旅であるが、列車が大阪へ向けてようやく出発するのは全編が7割以上進行してからで、そこまでは借金による旅費調達と、東京駅構内での右往左往で占められている[2]
  • 区間阿房列車
1951年3月10日 - 12日、東海道本線御殿場線経由)静岡まで普通列車での旅行記。国府津駅で列車に乗り遅れた百と駅員との間で、珍問答が展開される。
  • 鹿児島阿房列車 前章・後章
1951年6月30日 - 7月7日、鹿児島八代への旅行記。途中広島へも立ち寄っている。八代の宿を気に入った作者は、その後も何度もその宿を訪れる[3]
1951年10月21日 - 24日、かつての大学教授時代の教え子(百流の呼び方では「学生」)のいる盛岡に立ち寄り、青森県の浅虫温泉へ至る旅行記。盛岡には当時でも朝9時前上野発の青森行き急行で日着できたが、朝寝坊の百は早起きを嫌い、昼に上野を出る仙台行き準急で福島市まで行って一泊、翌日の昼過ぎに福島に到着する青森行き急行に乗り込んで盛岡に向かうという、2日がかりのマイペースぶりを発揮する。
東北本線阿房列車の続編。1951年10月25日 - 29日、浅虫温泉から東京までの帰路を描いている。青森の街で床屋を探してふらつき、秋田では名物・ハタハタに絡んだ珍問答を繰り広げ、横手からは横黒線(現・北上線)の途中駅まで寄り道するなど脱線の連続。最後は仙山線経由で仙台松島を経て帰京。

ここまでの旅は1951年までに行われ、『第一阿房列車』としてまとめられたが、以後1年ほどの空白があり、次の旅は1953年以降となる。

第二阿房列車[編集]

  • 雪中新潟阿房列車
1953年2月22日 - 24日、往復とも駿足の上越線急行「越路」による東京 - 新潟の旅行記。豪雪地帯の風景と、当時日本最長であった清水トンネルを体験するため、百は窓の曇り取り用にアルコールの小瓶を準備するほどの徹底ぶりを見せ、道中の雪景色の変わり目を楽しみにしていたが——出立の日、東京は既に一面の大雪で、出鼻を挫かれる羽目になる。
  • 雪解横手阿房列車
1953年2月28日 - 3月4日、奥羽本線阿房列車で立ち寄った横手への再訪記。旅程は急行「鳥海」の寝台車での単純な往復で、むしろ横手での滞在記が主体となる。
  • 春光山陽特別阿房列車
1953年3月14日 - 18日、山陽本線特急「かもめ」の処女運転(1953年3月15日)試乗を主体に八代までの旅行記。国鉄当局から処女運転への招きを受け、ひねくれた逡巡の末にこれを受けるまでの経緯が冒頭で語られる。百は「かもめ」という列車名が気に入らず、トンネルだらけの山陽本線を走る列車では海もろくに見えない、特急「からす」の方がよかった、と皮肉を飛ばす。
  • 雷九州阿房列車 前章・後章
1953年6月22日 - 28日、三たびの八代への旅行記。時を同じくして北九州記録的水害が襲い、関門トンネルが水没するなどの被害を出しているが、百豊肥本線日豊本線でのアクシデントも運良く切り抜け、最後は門司折り返しとなった急行「きりしま」に乗り込んで、関門トンネル水没前に間一髪で帰京している。

第三阿房列車[編集]

  • 長崎の鴉—長崎阿房列車
1953年10月18日 - 23日、長崎への旅行記。長崎行き急行「雲仙」の食堂車内で珍問答が繰り広げられる。長崎到着後、百と平山はさらに四たび八代まで足を伸ばす[4]
  • 房総鼻眼鏡—房総阿房列車
1953年12月20日 - 24日、千葉県内の周遊記。鼻眼鏡とは千葉 - 成東 - 銚子 - 成田 - 千葉 - 木更津 - 安房鴨川 - 大原 - 千葉の経路を比喩して。当時の房総地域には一等車どころか二等車もほとんどなく、優等車好みの百には珍しく三等車ばかりの旅となる。最後は稲毛で一泊するつもりだったが、旅館のサービスのあまりの劣悪振りに閉口。その夜のうちに逃げ出すようにして帰宅した[5]
  • 隧道の白百合—四国阿房列車
1954年4月11日 - 17日、高知徳島への旅行記。朝寝坊癖で東京発12時以降の列車を常用する百には珍しく、「つばめ」(東京・大阪共に9時発)が登場する。旅程中高熱を発し、平山に看病されながら足早に上り「つばめ」で帰京する苦しい旅となった。
1954年11月3日 - 9日、松江への旅行記。茶人・松平不昧公ゆかりの茶室菅田菴のとば口まで訪れながら、わざわざ抹茶を点てて貰うのが面倒さに「入らず帰ってしまった」のは百の有名なエピソードの一つ。そのくせ、旅館で点ててくれた抹茶は喜んで服していた[6]
  • 時雨の清見潟—興津阿房列車
1954年11月26日 - 27日、興津への短い旅行記。区間阿房列車以来の再訪。帰路、突風によるダイヤの乱れで興津駅通過の筈の東京行き急行「きりしま」が興津に停車、百たちはこれに乗り込んでしまうことに成功する[7]
  • 列車寝台の猿—不知火阿房列車
五たびの八代への旅行記。1955年4月9日 - 17日の旅でシリーズ最終作となる。この年7月に国鉄は利用率の低い一等寝台車を全て二等寝台車に格下げする措置を行うが、それに先立つ一等寝台車のサービス低下ぶりを目の当たりにして、一等寝台愛用者の百は憤慨する[8]

その後も百は、1957年までに平山三郎らの同行で幾度か九州を再訪し、『千丁の柳』などの鉄道旅行を描いた随筆を残しているが、これらは『阿房列車』シリーズには含まれていない。また、北海道訪問は希望はあったものの、当時津軽海峡に度々出現していた浮遊機雷が怖い、として行く事はなかった。近年再刊された『阿房列車』単行本に掲載された百の旅中スナップ写真は、実際には1957年に行われた九州旅行において、現地で同行した写真家小石清によって撮影されたものである[9]

それ以後、老境に掛かって身体の衰えた百は、亡くなるまで列車で長旅をすることはなかった。

書誌情報[編集]

  • 『第一阿房列車』(『阿房列車』三笠書房、1952年6月) (新潮文庫、2003年) ISBN 4-10-135633-5
  • 『第二阿房列車』(三笠書房、1953年12月)(新潮文庫、2003年) ISBN 4-10-135634-3
  • 『第三阿房列車』(大日本雄弁会講談社、1956年3月) (新潮文庫、2004年) ISBN 4-10-135635-1
選集

漫画化作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平山三郎によると「特別阿房列車」や「千丁の柳」に登場する「椰子君」は『小説新潮』編集者の小林博。阿房列車旅行の頃から最晩年まで公私の付き合いがあった。
  2. ^ 小説新潮』1951年(昭和26年)1月号
  3. ^ 八代藩主が元禄元年(1688年)に設けた別邸・松濱軒。庭園の美しいことで知られるハナショウブの名所で、2002年には国指定名勝史跡にもなっている。1949年の昭和天皇九州巡幸では宿舎となった。1951年から数年間、維持費用上の理由により旅館営業していた時期があり、この時期に松濱軒を紹介された百は庭園と女中の人柄を気に入って、『阿房列車』シリーズも含め、1958年までに延べ9回も松濱軒に宿泊した。旅館営業は一時的なもので、松濱軒側は、やむを得ないこととはいえ史跡で旅館営業していた事実を不名誉なことと見なし、自らの歴史として公には認めていない。このため、ここを来訪した百の愛読者たちから不審がられることがある。
  4. ^ 文藝春秋』1954年(昭和29年)1月号
  5. ^ 『文藝春秋』1955年(昭和30年)4月号
  6. ^ 「山陰本線阿房列車」『週刊読売』1956年(昭和31年)1月から6回掲載
  7. ^ 『国鉄』1955年(昭和30年)8月
  8. ^ 『週刊読売』1955年(昭和30年)10月から8回連載
  9. ^ 小石はこの後間もなく事故に遭い死去。

参考文献[編集]

関連項目[編集]