チャンピオンRED

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャンピオンRED
愛称・略称 RED
ジャンル メディアミックス漫画誌
読者対象 青年向け
(創刊当初は少年向けを宣伝した)
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 580円 - (特別定価)
(付録によって変動)
出版社 秋田書店
編集部名 チャンピオンRED編集部
発行人 秋田貞美
編集長 伊藤純
雑誌名コード 612(雑誌コード:16127)
刊行期間 2002年8月19日 -
(同年10月号)
レーベル チャンピオンREDコミックス
特記事項 チャンピオンRED いちご

チャンピオンRED』(チャンピオンレッド)は、秋田書店が発行する日本月刊漫画雑誌2002年8月19日(同年10月号)創刊、毎月19日発売。

概要[編集]

創刊時よりハイティーン向け漫画雑誌としての性質を持っていたが、全ての漢字にルビを振り[1]、創刊3号において表紙に『日本の少年誌』などと殊更大きく表記し、創刊翌年に設けられた単行本レーベル「チャンピオンREDコミックス」が秋田書店の公式サイト上において「少年向けコミックス」と案内されるなど、創刊後数年間はあくまでも少年誌であることを後述のキャッチコピーと共に主張していた[2]。創刊当初、沢考史(現・『週刊少年チャンピオン』編集長)が編集長を務めていた時期には『プラレス3四郎』や『風魔の小次郎』、『聖闘士星矢』などといった往年の人気少年漫画作品の続編、またはリメイク・外伝作品の連載や、暴力表現が強めな作風であったり他誌が行わないような実験的な作風が目立っていた。しかし、2006年1月号で編集長が伊藤純に交代し、以降2006年12月に美少女路線に特化した隔月刊行の増刊『チャンピオンRED いちご』を創刊する。本誌の編集方針も従来の路線を少しずつ拡縮していく形で、萌え系やソフトエロの要素を多分に含む美少女路線やメディアミックス作品の強化が行われた。

沢考史が編集長を務めた創刊号から2005年12月号までの公式なキャッチコピーは「熱くなれ少年心!」(同種のコピーとして「燃え上がれ少年心!」、「仲間と燃やせ!少年心」もあった)であり、これもベースとしては少年誌風の路線としていることをアピールする一因となった。一方、読者などからは、掲載作品の「濃さ」と内容から「秋田書店の(赤い)核実験場[3]赤い超特急[4]との異名を取っていた。雑誌の方向性が変化している現在も、過激な「萌え・エロ路線」などを指してこの異名が用いられている場合がある。

伊藤純が編集長になって以後、次第にルビの振られていない漫画作品が増加していった。最終的には2011年3月号において表紙に「ハイクオリティ&ハイエンド青年コミック誌!」のキャッチコピーを打ち出し、創刊当初からの路線の明確な転換を示している。

アクシデント[編集]

編集部内が大幅に異動した直後に発売された2006年1月号掲載の『電車男 でも、俺旅立つよ。』で原稿を取り違え、2月号に掲載予定だった原稿を先に掲載するミスが発生。翌2月号では1月号に掲載予定だった話を含め、2号分を掲載した。

連載作品[編集]

連載中[編集]

以上連載開始順

休載中[編集]

以上50音順

特別掲載[編集]

読み物[編集]

  • 車田正美熱血問答 兄貴に訊け!(車田正美)※終了
    • 車田正美熱血問答2 雷鳴に訊け!(車田正美)※終了
  • 倉田英之のDVドローム(倉田英之)※終了
  • 谷口悟朗のエンタメ無法地帯(谷口悟朗
  • 聖闘士星矢エピソードG 銀河百科事典(ギャラクシアンエンサイクロペディア) ※終了
  • 「鉄のラインバレル」応援ページ 月報 鉄の城(くろがねのしろ)[7]
  • REDイイフォメーションガーデン ※映画情報
  • REDアニフォメーション ※アニメ情報
  • REDアイテムBOX ※ゲーム&ホビー情報
  • 海外TVドラマシリーズにハマろう!
  • まおゆう魔王勇者TVアニメ情報 駄肉通信♥ ※終了
  • アイドルのルツボッ! 〜インディーズアイドルの世界〜

連載終了作品[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

以上50音順

アニメ化作品[編集]

読者投稿ページ[編集]

  • REDメンバーズGO!GO! ※終了
  • チャンピオンRED 赤の帝国

編集長[編集]

  • 沢考史(創刊号 - 2005年12月号)
  • 伊藤純(2006年1月号 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 増刊の『いちご』掲載作品には当初からルビが振られていない。
  2. ^ 類似する事例として、集英社の公式サイトでは少年コミック誌として分類しているが、日本雑誌協会による『マガジンデータ』では男性コミック誌と分類されている『ジャンプスクエア』がある。
  3. ^ 命名者は不明だが、『どきどき魔女神判!』第1巻あとがきにおいて、打ち合わせ時にSNKプレイモアの担当者が「さすが赤い核実験場」と評しているシーンが描かれている。
  4. ^ 同誌2007年11月号の八神健の巻末コメント。
  5. ^ 2012年8月号に「うぐいす祥子」から改名。
  6. ^ 2014年2月号から休載。
  7. ^ 近年のタイトルロゴには振り仮名が付いていないが初期のものにはあった。
  8. ^ * 原作者・村田真哉のブログより。
  9. ^ * 作者・納都花丸のブログより。
  10. ^ 2009年8月号から2011年3月号まで長期休載。2011年11月号から2013年4月号まで2度目の長期休載。
  11. ^ 読み切り版は中臣亮名義。
  12. ^ 2011年8月号に休載が告知。

外部リンク[編集]