こいずみまり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こいずみ まり
生誕 ????3月29日
日本の旗 長崎県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
代表作 コイズミ学習ブック
家政婦のエツ子さん
公式サイト こいずみまりHP
テンプレートを表示

こいずみ まり3月29日[1] - )は、日本漫画家長崎県出身[2]。女性。武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻卒業[2]。既婚[3]

主に4コマ漫画作品を発表している。別ペンネーム木野 聖子(きの せいこ)、小泉 真理(こいずみ まり)がある。

概要[編集]

月刊OUT』の常連投稿者として活躍(また、双子の兄という設定の別キャラ「木野友博」としても)した後、大学在学時に成人誌などのカットを手がける。その後、セガドリームファクトリーなどを転々とした後、漫画家としてデビュー。元々は下ネタのギャグ漫画を描いていたが、現在の活動は多岐にわたる。また、小泉真理という名前で活動することもある。

描線が特徴で、多くの作品で二重まぶたがくっきりした女性を主人公としたが、タレ目の優しそうな娘も作品に登場させている。初期はギャグ4コマが殆どだったが、『LET IT BE!!』を描き始めた頃からストーリー重視の連続物も描くようになり、青年誌だけではなく少年誌への連載も始めている。

年譜[編集]

作品リスト[編集]

作品が多数に亘る為、個別記載のある作品はISBN等は省略。

連載中の作品[編集]

連載終了作品[編集]

こいずみまり、小泉真理、木野聖子の各名義に分けて記載。

こいずみまり名義[編集]

小泉真理名義[編集]

  • ジンクホワイト (2001年 - 2003年、『ヤングキングアワーズ』(少年画報社))
  • 夢の涯てまでも (2007年5月8日、『FEEL YOUNG』6月号)
    • 『トゥインクル☆トゥインクル』(2007年)に同時収録。『ジンクホワイト』のスピンオフストーリーとして発表された一話完結の読切作品。

木野聖子名義[編集]

作品解説[編集]

愛のふじつぼ
竹書房の雑誌『ビタマン』1994年19号より1998年9月号まで連載。だめんずの彼氏に振り回される不幸なOLを描いた作品。本作を含む当初の漫画は、いずれも4コマ漫画で、内容も成年誌向けのものとなっていた。文庫化の際に加筆されている。
それいけ!!なかのくん
竹書房の雑誌『まんがライフ』1994年1月号から1995年8月号まで連載。本作は後に『愛のふじつぼ』第1巻の附録として加筆訂正の上載せられた(文庫版には未収録)。本作の登場人物は、一部『健全恋愛ライフ』の登場人物と重複しており、結果的に『健全恋愛ライフ』の母胎となった。
巨乳OLみゆきちゃん
ぶんか社の雑誌『みこすり半劇場』1996年5月9日号において連載開始。内容は下ネタのオンパレード。後、同誌増刊『巨乳ちゃん』に移動し2000年1月号まで連載。単行本はぶんか社より、2000年3月10日発行。ISBN 4-8211-9807-X
健全恋愛ライフ
ぶんか社の雑誌『みこすり半劇場(新人ちゃん)』Vol.7(1997年)より連載開始。『みこすり半劇場(別館)』Vol.6(2000年)において連載終了となる。「家政婦♥エツ子」の代替作品として急遽制作されたもので、『それいけ!!なかのくん』の世界観及び登場人物を膨らませて生まれたものである。後の『ジンクホワイト』とも関連を思わせる作品でもある。
コイズミ学習ブック
白泉社の雑誌『ヤングアニマル』1998年7号より2001年8号まで連載。主にセックスにまつわる学習?漫画。
レイとルリのスイートライフ
竹書房の雑誌『まんがくらぶオリジナル』1999年8月号から2000年1月号まで連載。エクストラバージョンが同誌2000年3月号に掲載された。対照的な2人のOLを描いた作品。
コイズミ学習ブック』を始めとする成年誌掲載漫画を多数抱えていた著者にとって、本作は初めての成年4コマ漫画以外の漫画(非成年4コマ漫画。要するに普通の4コマ漫画)作品となった。
LET IT BE!!
小学館の雑誌『月刊サンデージェネックス』創刊号(2000年7月19日)より2002年11月号まで連載。内容的にはSFラブコメと言ったところである。
ねこまんが
竹書房の雑誌『まんがくらぶオリジナル』2001年12月号において開始される。エッセイ漫画。他作品よりも意図的に極めて雑に見えるような画風で描かれている。
ガーデンオブエデン
祥伝社の雑誌『FEEL YOUNG』2002年11月号から2003年10月号まで連載。
まりりんのダメダメ☆アシ日記
『月刊サンデージェネックス』2003年5月号に掲載される。島本和彦の漫画『吼えろペン』のキャラが登場している。
家政婦のエツ子さん
竹書房の雑誌『まんがライフMOMO』2003年10月号より連載。当初のタイトルは『家政婦♥エツ子』で2004年3月号で改題。
本作は1997年に『ビタマンスペシャル』に掲載されて以来、『まんがアロハ』『まんが四コマ丼』(以上、ぶんか社)、『まんがライフオリジナル』を経由して、ようやく『まんがライフMOMO』において連載の運びとなった。
渋谷ガーディアンガールズ
小学館の雑誌『月刊サンデージェネックス』2004年3月号から2006年5月号まで連載。
トゥインクル☆トゥインクル
少年画報社の雑誌『アワーズプラス』2006年9月号から2007年6月号(大休刊号)まで連載。
『アワーズプラス』6月号に掲載された『トゥインクル☆トゥインクル』は、最終話の1回前の話になっている。これは『アワーズプラス』が休刊されたため、最終話が間に合わなかったことによる。本当の最終話は、雑誌最終話に増補される形で単行本に掲載された。
夢の涯てまでも
小泉真理名義。『FEEL YOUNG』2007年6月号に掲載。
文庫版『ジンクホワイト』の発売を記念して、そのスピンオフストーリーとして発表された一話完結の読切作品。後に『トゥインクル☆トゥインクル』の単行本に附録された。
EVERYTHING BE ALL RIGHT(エブリシング・ビー・オールライト)
トラマガ』Vol.2(2002年9月発売)に掲載された読切作品。後に『トゥインクル☆トゥインクル』の単行本に附録された。
みずほアンビバレンツ
双葉社の雑誌『コミックハイ!』VOL.30(2007年10月号)より連載。
スーパー♥SISTERみお
ぶんか社の雑誌『主任がゆく!スペシャル』で連載中。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「まんが家さんプレイバック」『まんがライフオリジナル』2005年3月号、竹書房
  2. ^ a b 中野渡淳一『漫画家誕生 169人の漫画道』新潮社、2006年3月29日発売、ISBN 978-4103013518、68頁
  3. ^ 「ねこまんが」『まんがくらぶオリジナル』2009年5月号
  4. ^ 但し、この作品が商業誌初の掲載ではないという旨の本人の発言が「巨乳OLみゆきちゃん」の単行本あとがきにて記述されている。

外部リンク[編集]