尾瀬あきら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
尾瀬 あきら
生誕 1947年7月26日(66歳)
日本の旗京都府京都市
活動期間 1971年(昭和46年)-
代表作
受賞 第31回小学館漫画賞(「初恋スキャンダル」「とべ!人類II」)
公式サイト 尾瀬あきら公式ホームページ 尾瀬あきらの蔵
テンプレートを表示

尾瀬 あきら(おぜ あきら、1947年7月26日[1] - )は、日本漫画家京都府京都市[1]出身。

経歴[編集]

高校卒業後、アシスタント勤務を経て1971年デビュー[2]

初期は松本めぐむというペンネームでアニメ特撮番組のコミカライズ作品を手がけていた[2]。その後、新聞や少女漫画雑誌の連載を経て、ペンネームを現行の尾瀬あきらに変更。『少年ビッグコミック』にて連載された自身初の長期連載作『初恋スキャンダル』は連載5年、単行本全18巻の人気作品となった[2]

基本的に社会派的な問題提起型の話が多く、日本社会の中に内在する、日の当たらない問題・人間を主題に扱う。『鋼鉄ジーグ』や『大空魔竜ガイキング』では、現実世界で起きたその後の世界情勢を予見していたかのような内容を描き、アニメとは完全にかけ離れた作品を作り上げた。

1985年に『初恋スキャンダル』『とべ!人類II』で第31回(昭和60年度)小学館漫画賞を受賞している。

1988年の春から『夏子の酒』(モーニング)の連載が始まる。日本酒造りとそのために必要な酒米造りについて、田舎や農業の抱える問題と共に描いた作品で広く人気を博し代表作となり、1994年にフジテレビ系列で連続ドラマ化された。

『夏子の酒』完結後、1年余りの取材を経て、三里塚闘争に奔走される地元農民の生き様を描いた『ぼくの村の話』を1992年春から1993年末にかけて『モーニング』にて連載。「ヒットこそしなかったものの、この作品で多くのものを得た」と公式サイトにて発言している[3]

これ以降、2 - 3年程度の連載作品を青年漫画雑誌で発表している。

漫画作品以外にも、漫画の描き方や、趣味である酒に関してつづった著書などがある。

主な作品[編集]

コミカライズ作品[編集]

※全て松本めぐむ名義(内部リンクは大元のテレビ作品へリンクしている)で執筆。

オリジナル作品[編集]

少年漫画
少女漫画
  • マッチポイント! - 『コロネット』(1979年)
    バレー部キャプテン槇村心のさわやか青春スポーツ&ラブ
青年漫画
  • 夏子の酒 - 『モーニング』(1988年 - 1991年)
  • ぼくの村の話 - 『モーニング』(1991年 - 1993年)
    成田空港建設に伴う三里塚闘争を、農民側の視点で1960年代の候補地策定から東峰十字路事件発生直後までの闘争を、作者の入念な取材を基に辿った作品。エピローグで、1990年代の円卓会議と政府の謝罪が行われたことが描かれている。
    「ぼく」は作中のストーリーテラーで実質的な主人公の押坂哲平とされており、彼が小学5年生から高校1年生へ成長する間の出来事を、連載時点で成人(30歳代)となっている彼が回想する形で物語が展開されている。少年たちのキャラクターデザインは『とべ!人類』の登場人物に近いものとなっている。
    連載当時、御料牧場の風景などを1970年代に刊行された写真集を参考に模写したものがあり、著作権者に対して許諾を取らず無断で掲載したことが問題となった。これはNHKのニュース番組でも報道された。単行本では出典が明記されている。
    本作は前作『夏子の酒』と異なり講談社漫画文庫化はされていない。単行本は再版されずに絶版となったが、復刊ドットコムの投票結果などから2008年にコミックパークでのオンデマンド出版による再版が実現している。
  • みのり伝説 - 『ビッグコミックオリジナル』(1994年 - 1997年)
    出版社ライターとして働く杉苗みのりが独立して成長して行くサクセスストーリー
    藤田千恵子の「愛は下克上」を土台にしている。
  • 奈津の蔵 - 『モーニング』(1998年 - 2000年)
    夏子の祖母の時代の酒蔵を描いたもので『夏子の酒』の前章にあたる作品。
    当時の酒蔵の悪習的しきたりや、酒造りの技術革新などの歴史が垣間見える。
  • 光の島 - 『ビッグコミックオリジナル』(2001年 - 2004年)、原案:森口豁子乞い
    沖縄県鳩間島小学校役場)の存続のために里子に出された6歳の主人公、光が島民との触れあいで成長して行く様を題材とした作品。
    なお、『子乞い』を原作とした作品は、他に日本テレビ系列で放送されたドラマ『瑠璃の島』(2005年)がある。
  • オンサイト! - 『モーニング』(2004年 - 2005年)
    1993年、父親の転勤(左遷)で長野県に転校してきた小学6年生の大村摩耶が、フリークライミング競技と、クラスメイトの岩本瞬(在日韓国人で本名は韓瞬(ハン・スン))や開業医の娘である朴正美(パク・ジョンミ)たちに出逢い、登場人物それぞれが抱える人間としての悩みを、クライミングを通じて打破して行く様を描いた作品。摩耶たちが中学3年生となり、将来を決意した所で第一部が完結。『ぼくの村の話』以来久々の少年少女を物語の中心に据えた作品となっている。
    第二部の構想が有る模様だが、未だ掲載されていない。
    タイトルの「オンサイト」はフリークライミングにおける完登の様式のひとつ。
  • 蔵人 - 『ビッグコミックオリジナル』(2006年 - 2009年)
  • どうらく息子 - 『ビッグコミックオリジナル』(2010年 - 連載中)
    大卒後就職が決まらず親族が経営する保育園で保育助手のアルバイトをしている関谷翔太が、偶々演芸場で観た「時そば」に魅せられ、惜春亭銅楽(せきしゅんていどうらく)に弟子入りし落語の世界へ入っていく様を描く作品。
その他の漫画作品

その他[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b コミックナタリー - 尾瀬あきらのプロフィール”. 株式会社ナターシャ. 2013年2月23日閲覧。
  2. ^ a b c 中野渡淳一著「漫画家誕生 169人の漫画道」152-153頁 新潮社、2006年
  3. ^ 尾瀬あきら公式ホームページの作品紹介より、2009年11月6日閲覧。

外部リンク[編集]