遙かなる山の呼び声

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
遙かなる山の呼び声
A Distant Cry from Spring
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
製作 島津清
出演者 高倉健
倍賞千恵子
武田鉄矢
吉岡秀隆
ハナ肇
渥美清
音楽 佐藤勝
撮影 高羽哲夫
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1980年3月15日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

遙かなる山の呼び声』(はるかなるやまのよびごえ)は、1980年3月15日に公開された日本映画。いわゆる民子三部作(1970年の『家族 (映画)』、1972年の『故郷 (映画)』、1980年の『遙かなる山の呼び声』)の第三作。

解説[編集]

男はつらいよ』シリーズを手がけてきた山田洋次が監督・脚本を担当している。北海道東部の中標津町を舞台に見事な四季の映像を織り込んでいる。映画『幸福の黄色いハンカチ』の高倉健倍賞千恵子武田鉄矢吉岡秀隆ハナ肇が加わり、渥美清友情出演している。タイトルは映画『シェーン』の主題曲名[1]であり、そこから着想を得たものである[2]。牧場所有者は当初ロケ地提供を、零細酪農家が映画化されるということで渋ったが、倍賞との交流を通じ、承諾した。倍賞はその後毎年の半分をこの牧場で私的に過ごすようになった。

梅田松竹会館(後の梅田ピカデリー。2011年1月16日閉館)のこけら落とし上映作品でもある。

ストーリー[編集]

北海道、中標津の酪農地帯。ある嵐の夜、1人の男(高倉健)が酪農を営む風見民子(倍賞千恵子)のもとを突然訪れ、雨風しのぎにどこでもいいので泊めてほしいと懇願。民子は男を物置小屋に泊まらせる。深夜の牛の出産を手伝った翌朝、男は礼を言い立ち去るが、民子の息子から礼金を受け取るときに父親を亡くしたことを知る。

田島が兄と再会するシーンの撮影が行われたJR標津線上武佐駅(写真は廃止1ヵ月前の1989年3月に撮影)

再びその男、田島が民子のもとを訪れ自分を農作業員として雇うよう懇願する。民子は一人息子の武志(吉岡秀隆)を育てつつ、夫の精一が開拓した農場を女手一つで営む未亡人であった。民子は田島をしぶしぶ雇い入れたが、当初は田島に警戒感を隠さなかった。ある日、民子に好意を寄せる虻田太郎(ハナ肇)が現れ、民子に乱暴しかける。それを目撃した田島は水をかけて追い返したが、虻田太郎は兄弟を引き連れ仕返しにやって来る。そして草原で虻田3兄弟と決闘をする事に。しかし3人は簡単にやられてしまい、手打ちと言うことで逆に田島を兄貴と慕うようになる。民子が農場での作業中に腰を痛めて入院している間に武志は田島にすっかり懐いてしまい、その息子の姿や虻田3兄弟に慕われる田島の実直な性格を見るうちに、田島にだんだんと好意を寄せるようになる。田島も函館からはるばる訪ねてきた兄の駿一郎(鈴木瑞穂)に、しばらく民子の農場に居るつもりだと打ち明けるように、落ち着きたい気持ちが湧いていた。

田島は草競馬に参加して見事優勝[3]。しかし長居することで身辺に警察の捜査が迫ってきたことを知り、田島は民子らのもとを去る決意をする。その晩、別れを告げると同時に、隠し通してきた過去を民子に告白。2年前、田島は借金を苦に自殺した自分の妻を葬式の席で罵った金融屋を殴り殺してしまい、警察の捜査から逃げていると言うのだ。それを聞いた民子はショックを隠せないで居た。その夜、牛が急病になる。民子は急ぎ飲み屋で飲んでいた獣医(畑正憲)を呼んで診察を受けさせる。稼ぎ頭の牛が危ないという辛い状況の中で、民子は田島に「行かないで、私寂しい」とすがりついてしまう。明け方までには牛の手術も終わり騒ぎも収拾した。と間もなく農場のそばにパトカーがやって来て、田島は立ちつくす民子と「おじちゃん!どこ行くの?」と泣きながら追いかける武志の元から去って行く。

映画のラストシーンに登場する美幌駅(2009年6月撮影)

田島に傷害致死として2年以上4年以下の刑が確定。ラストシーン、美幌駅に停車中の急行列車(「大雪」号)の車中に網走刑務所へ護送される田島を虻田が見つける。そして民子が田島の座る席まで来るのだが、護送員の目を気にして声をかけられないでいる。そこで虻田は向かい側のボックス席に民子と座り、彼女が酪農を辞めて武志と中標津の町で暮らしながら田島を待っているということを民子との会話にして田島に聞かせる。そして民子は黄色いハンカチを田島に渡し、田島は涙を拭いながら窓に顔を向けるのであった[4]

スタッフ[編集]

出演[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 英語の原題は"The Call of the Faraway Hills"であり、この映画の英語名とは違っている。
  2. ^ 困っている農民を流れ者が救うという構造が同じである。
  3. ^ 男の子を持つ未亡人を風来坊が見守る構造は『無法松の一生』と同じである。無法松が男の子の運動会の徒競争に出場し、日頃鍛えた車夫の脚で大活躍するのだが、普段はおとなしいこの少年が熱狂して大声で応援する。 夫人は「この子が、あんな大きな声を出して夢中になったのを私は初めて見ました。この子は今日、生まれて初めてほんとうに血をわかせて興奮したんです。なにか、これから新しい性質が伸びてきやせんかと楽しみな気がします」と無法松に感謝する。高倉健が草競馬で優勝した後、倍賞千恵子が「この子が、あんなに大きな声を出したの、初めて見たわ」という。
  4. ^ 制作年は逆になるが、これが『幸福の黄色いハンカチ』につながっていく。

外部リンク[編集]