男はつらいよ 拝啓車寅次郎様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
男はつらいよ > 男はつらいよ 拝啓車寅次郎様
男はつらいよ 拝啓車寅次郎様
監督 山田洋次
脚本 山田洋次
朝間義隆
原作 山田洋次
音楽 山本直純
山本純ノ介
撮影 高羽哲夫
池谷秀行
編集 石井巌
配給 松竹
公開 日本の旗 1994年12月23日
上映時間 101分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 男はつらいよ 寅次郎の縁談
次作 男はつらいよ 寅次郎紅の花
テンプレートを表示

男はつらいよ 拝啓車寅次郎様』(おとこはつらいよ はいけいくるまとらじろうさま)は、1994年12月23日に公開された日本映画男はつらいよシリーズの47作目。同時上映は『釣りバカ日誌7』。

作品概要[編集]

  • 題名は渥美清が出演した映画『拝啓天皇陛下様』から取っている。
  • 満男の新たなマドンナである川井菜穂と寅次郎のマドンナである典子の恋が同時進行で描かれる。後述の通り渥美清はこの時病で体を蝕まれていたのでとても悲哀な恋愛ストーリーになった。
  • 渥美清はこの時、肝臓の癌が肺にまで転移しており、主治医からは出演は「もう不可能」と言われていたが無理を承知で出演。そのためやや顔がむくんでおり、主題歌の声にも張りがなかった。
  • この作品の撮影現場や完成披露試写会はシリーズ25年目を記念して制作された『BSスペシャル 渥美清の寅さん勤続25年』で紹介された。
  • 黒柳徹子は山田から「撮影現場を見に来てくれ」と言われ訪問している。ただし本作に出演はしていない。(『BSスペシャル 渥美清の寅さん勤続25年』より)
  • 劇中、初めて携帯電話が登場する。

あらすじ[編集]

寅次郎は旅先で売れない歌手・三沢に会い、顔相から必ず売れるという。久々に柴又に帰ったその晩、満男の話題で盛り上がる。満男は大学を卒業後、仕方なく入社した靴会社の営業の仕事に嫌気が差し、家族に愚痴をもらしていた。それを聞いた寅は「物を売るってことは、こういうことなんだ」と鉛筆の売り方で持論を述べ始め、家族皆、その持論に感服させられる。

ある日、満男の大学の先輩で今は長浜で家業を継いでいるという川井信夫(山田雅人)から葉書が届き、実家の長浜市の祭りを観に来ないかと誘われる。川井の実家に赴いた満男は郵便局に勤める川井の妹の菜穂(牧瀬里穂)と出会う。町を親切に案内してくれる菜穂に満男は好意を寄せ始める。一方、寅は琵琶湖のほとりにたたずむ一人の女性、宮典子(かたせ梨乃)を見つける。カメラを車に積み、撮影旅行をしていたのだ。寅が立ち去ろうとしたとき、典子は岩の上でつまずき倒れ、寅が接骨院に連れて行く。症状もよくなり寅とすっかり打ち解けた典子は長浜のお祭りを寅と見に行くことになったが、突然、夫(平泉成)が典子を連れ帰ってしまう。しかし、寅は何も言わずに送り出す。

祭りを菜穂と一緒に見学している満男は菜穂に「今付き合っている人いるの?」と突然聞くが、菜穂にうまくはぐらかされてしまう。その晩信夫から菜穂との結婚話を持ちかけられ満男は困惑する。満男が柴又に帰った後、菜穂は無断で結婚話を進められていたことを聞いて激怒してしまう。

数日後、上京してきた信夫は浅草でそのことを満男に会う。そして、菜穂は「満男を嫌いだ」と言っていると言葉少なに去って行く。一方、くるまやには典子が訪ねて来る。しかし、寅は旅から帰ってきていない。そのため、さくらともあいさつ程度で別れるしかないのであった。そして、寅が柴又に帰ってきた。さくらから典子が寅を訪ねてきたことを知ると、それを聞くや、博の会社の車で満男と共に鎌倉の彼女の家を訪れる。娘と幸せそうに微笑んでいる典子を遠目に見て、「これで俺の気は済んだ」とつぶやき、気持ちの整理がついたと、この恋に終止符を打ち、江の電で去っていく。

正月、菜穂と柴又の江戸川にやって来て満男で再会。寅は仕事先の雲仙で三沢と再会。寅の人相見のおかげで売れるようになったと喜ぶ。

キャッチコピー[編集]

  • 失恋は男の勲章よ。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

記録[編集]

受賞歴[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1995年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟

外部リンク[編集]