ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドラゴンボール > ドラゴンボールZ > ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦
ドラゴンボールZ
燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦
監督 山内重保
脚本 小山高生
原作 鳥山明
製作総指揮 今田智憲、安齋富夫
ナレーター 八奈見乗児
出演者 野沢雅子
古川登志夫
田中真弓
草尾毅
堀川亮
鶴ひろみ
宮内幸平
渡辺菜生子
龍田直樹
島田敏
家弓家正ほか
音楽 菊池俊輔
主題歌 CHA-LA HEAD-CHA-LA」(影山ヒロノブ
編集 福光伸一
製作会社 東映アニメーション
配給 東映
公開 日本の旗1993年3月6日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 14億5千万円
前作 ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人
次作 ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴
テンプレートを表示

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』(ドラゴンボールゼット もえつきろ ねっせん れっせん ちょうげきせん)は、1993年3月6日に公開された『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開作第11弾である。監督は山内重保

春休みの東映アニメフェア「鳥山明・ザ・ワールドII」として上映された。同時上映作は『Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!ペンギン村はハレのち晴れ』。


解説[編集]

邦画配給収入14億5千万円、観客動員数350万人[1]。1996年初頭時点におけるビデオ販売本数は4万本[1]

ドラゴンボールの映画では初めてとなる長編作品(70分)であり、タイトルは当時人気だったフォーミュラ1をイメージして付けられている[2]。また、この作品からキャラクターデザインと作画監督が、前田実から山室直儀に交代した。

大全集には「悟飯の超サイヤ人化などからセルとの最終決戦前後の事件と思われる。しかしながら、セル戦で緊迫した状況のハズの悟空達が、劇中でノンビリ花見をしているなどの謎も」と書れている[3]

敵キャラクターのブロリーは、今作を含め『危険なふたり!超戦士はねむれない』の2作品にメインで登場する人気の敵キャラクターとなった。またブロリー本人の死後も『超戦士撃破!!勝つのはオレだ』には彼のクローンであるバイオブロリーも登場した。

ブロリーの驚異的な戦闘力を目の当たりにして、伝説を知るサイヤ人の王子ゆえ戦意を失い、物語の後半まで怯え続けるベジータ、「少しは手加減しろ!」と辟易する悟空など、珍しい描写も盛り込まれた。

あらすじ[編集]

悟飯の予備校受験のため、悟空は慣れないスーツを着せられチチから厳しく「教育パパ像」を吹き込まれていた。

悟空がそんな目にあっているとは知らず花見を楽しんでいた悟飯達のもとに宇宙船が降り立ち、中から一人のサイヤ人が現れる。彼はパラガスと名乗り、ベジータを新惑星ベジータの王として迎えに来たと言う。最初は興味が無かったベジータだったが、パラガスの「伝説の超サイヤ人を倒し、サイヤ人のかつての栄華を取り戻す」という口車に乗せられ彼とともに宇宙へ飛び立ってしまう。酔った勢いで宇宙船に乗り込もうとする亀仙人やそれを止めようとする悟飯、クリリン、ウーロン、ベジータを連れ戻そうとするトランクスも連れて。

同じころ、面接会場にいた悟空は界王から「大変な事が起きた」と呼び出された。界王によると伝説の超サイヤ人が南の銀河を破壊し、次は北の銀河が狙われているので、その討伐を頼まれたのだった。

ゲストキャラクター[編集]

シャモ
ブロリーに惑星シャモを荒らされ、新惑星ベジータに連れて来られた奴隷の一人。食料をロクに与えられず、地下から星のエネルギーを採掘するために奴隷として働かされていた。体調を崩した老人を介護していたところをアンゴルに「サボるんじゃない」と鞭を打たれるが、悟飯達に助けられ、食料を与えられる。
前述の一件から超サイヤ人を「宇宙の悪魔」と恐れていた。
ラストでは悟空の瞬間移動により全員宇宙船に移動するが、故郷である惑星シャモがブロリーに破壊されてしまったため以後彼らがどうなったかは不明。
なお、シャモとは彼の名前であると同時に、彼の民族(シャモ星人)の総称であり、彼等が住む星の名称でもある。伝説の超サイヤ人に覚醒したブロリーによって作業場にいたシャモ星人のほとんどは殺害され、僅かに生き残った者たちも目の前で故郷を破壊された。
試験官
悟飯の予備校「かの有名なゼミナール」の面接官。悟空の趣味を聞こうとするが、突如瞬間移動で消えた悟空を見て、チチに対し「お父さんは魔法使いか何かですか?」と驚いていた。

敵キャラクター[編集]

ブロリー
サイヤ人の間に伝わる伝説の超サイヤ人。悟空と同じ日に生まれ、隣り合った保育器で育てられていたが、悟空の泣き声に泣かされていたため悟空に対し、異常に強い憎しみを持つ。防御力にも優れており、伝説の超サイヤ人に変身した際はベジータが戦意を無くしている。

パラガス
ブロリーの父親。ブロリーもろともベジータ王に殺されそうになった際に息子の命を助けるよう懇願したり、消滅寸前の新惑星ベジータにブロリーを置き去りにしようとする際も「可哀想だが」と口にするなど、父親らしい一面を見せているが、一方でベジータ達を誘き出す為だけにブロリーに南の銀河を破壊させたり、狂った笑声をあげた後で忠誠を誓ったモアを殺害するなど、狂気じみた言動が目立っていた。また、作中にてスカウターを使用してはいないが、深夜に悟空を襲ったブロリーの動きを察知した他、彼に「気を高めるな」などと発言していたことから明確な描写はないものの、悟空達と同じく気を探る力は持っているようである。
かつて息子の異常な戦闘力からベジータ王によって息子共々処刑されかける(パラガスはベジータ王の動きを知って助命を嘆願するが聞き入れられず、エネルギー弾で吹き飛ばされた)。しかし、フリーザが惑星ベジータを破壊した際に息子のブロリーの潜在能力が覚醒したことで九死に一生を得ており、そのためにフリーザ一味からは存在を知られずに済んだ。
その後、制御の効かないブロリーによって左目を潰されるも何とか科学者に制御装置(緊箍冠のような機械)を開発させ、ブロリーを制御しつつ、力を使って全宇宙を支配することを企む。その後は手始めとして邪魔者で、同時に恨みを持っているベジータを葬るため、伝説の超サイヤ人を餌に新惑星ベジータへ王として迎え、グモリー彗星と共に殺害しようとし、更にはその大芝居のために全宇宙からアンゴルやモアらならず者達[4]を集めたり、惑星シャモをブロリーに襲わせてシャモ星人たちを新惑星ベジータに拉致し、強制労働させたりしていた。しかし、新惑星ベジータから一人用の宇宙ポッドで脱出しようとした際に暴走した彼の手によって一人用のポッドごと押し潰された挙句、そのまま彗星に投げ飛ばされて死亡した。
復活のフュージョン!!悟空とベジータ』では、この世とあの世の混乱によって復活している描写がわずかながら描かれている。
ベジータ王と直接面会できバーダックとも面識があることから「高い地位でバーダックの上司ではないか?」との説がある[5]
ドラゴンボールヒーローズ』では『デッドパニッシャー』という技名を与えられている。なお、声優はアニメでパラガスを演じた家弓ではなく、宝亀克寿が担当している。
名の由来はアスパラガス[2]
アンゴル
パラガスの部下であり、彼の手によって全宇宙から集められたならず者の一人。ヘルメットを着用している。シャモ星人の奴隷を監視して鞭を振るうが、悟飯に倒される。
彼以外にも同じ姿をした兵士が多数登場しており(ブーツの形状などが異なる)、そのうちの何人かはアンゴルが倒された直後悟飯を取り囲むが、クリリンが拳を突き出した程度で恐れをなして逃げてしまった。また、同型の兵士の一人は宮殿にいたベジータに「トトカマ星に超サイヤ人が現れました」と虚偽の報告をしている(ベジータはまだその正体を隠していたブロリーを引き連れて捜索に向かうが、発見はできなかった)。
モア
パラガスの部下。彼の傍らにいてグモリー彗星衝突の秘密を知り、地球に移住しても働くと忠誠を誓ったが、パラガスに殺されてしまう。
科学者
パラガスの部下。黒いローブを纏い、その下は長い髭を生やしたタコの様な姿をしている。ブロリーを制御する制御装置とそのリモコンを作った。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「CHA-LA HEAD-CHA-LA
作詞 - 森雪之丞 / 作曲 - 清岡千穂 / 編曲 - 山本健司 / 歌 - 影山ヒロノブ
エンディングテーマ - 「バーニング・ファイト-熱戦・烈戦・超激戦-」
作詞 - 佐藤大 / 作曲 - 清岡千穂 / 編曲 - 山本健司 / 歌 - 影山ヒロノブ、YUKA

映像ソフト[編集]

いずれも東映ビデオより発売。

  • VHS・LD
1993年9月10日に発売。
  • DVD
    • DRAGON BALL 劇場版 DVDBOX DRAGON BOX THE MOVIES
      2006年4月14日発売。
    • DRAGON BALL THE MOVIES #08 ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦
      2008年11月14日発売。

アメリカにおいてFUNIMATIONからDB初のBlu-ray Disc作品として、本作と『危険なふたり!超戦士はねむれない』が同時収録されたBlu-rayが販売された(現在は、多数のDBのBlu-ray作品が販売されている)。フィルムはオリジナルのままでハイデフ用にリマスターされ画像が向上されている。オリジナルの日本語音声も収録されている。

関連書籍[編集]

  • ジャンプ・アニメコミックス ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 - 集英社、1993年7月24日、ISBN 4-8342-1186-X

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『予約特典・ドラゴンボール最強への道・劇場版ご近所物語A5サイズ前売特典冊子』8頁。
  2. ^ a b 渡辺彰則編 「ANIMATION'S GLEANINGS DBアニメの舞台裏 Planning PART2・TVスペシャル&劇場版編」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、ISBN 4-08-102019-1、68頁。
  3. ^ 渡辺彰則編「DBZ THE MOVIE BATTLE STORIES №8『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』」『ドラゴンボール大全集 6巻』集英社、1995年12月9日、ISBN 4-08-782756-9、106頁。
  4. ^ その中には元フリーザ軍の残党と思われる者たちもいる(フリーザ軍の戦闘服とスカウターを着用していた)。
  5. ^ 渡辺彰則編 「VARIETY OF DB アニメ版サイヤ人の構成」『ドラゴンボール大全集 補巻』72頁。

関連項目[編集]

ドラゴンボールの映画・イベント用アニメ
通番 題名 公開時期
第1作 神龍の伝説 1986年 グルメス王一味
第2作 魔神城のねむり姫 1987年 ルシフェル一味
第3作 摩訶不思議大冒険 1988年 鶴仙人・桃白白兄弟
第4作 オラの悟飯をかえせッ!! 1989年 ガーリックJr.一味
第5作 この世で一番強いヤツ 1990年 Dr.ウィロー一味
第6作 地球まるごと超決戦 1990年夏 ターレス一味
第7作 超サイヤ人だ孫悟空 1991年 スラッグ一味
第8作 とびっきりの最強対最強 1991年夏 クウラ一味
第9作 激突!!100億パワーの戦士たち 1992年 メタルクウラ
第10作 極限バトル!!三大超サイヤ人 1992年夏 人造人間13号、14号、15号
第11作 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 1993年 ブロリー
第12作 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴 1993年夏 ボージャック一味
第13作 危険なふたり!超戦士はねむれない 1994年 復活ブロリー
第14作 超戦士撃破!!勝つのはオレだ 1994年夏 バイオブロリー
第15作 復活のフュージョン!!悟空とベジータ 1995年 ジャネンバ
第16作 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる 1995年夏 ヒルデガーン
第17作 最強への道 1996年 レッドリボン軍
JF08 オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!! 2008年 アボとカド
実写 EVOLUTION 2009年 ピッコロ大魔王
JF12 エピソード オブ バーダック 2011年 チルド一味
第18作 神と神 2013年 ビルス
第19作 ドラゴンボールZ 2015年