ビデオ戦士レザリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビデオ戦士レザリオン』(ビデオせんしレザリオン)は、1984年(昭和59年)3月4日から1985年(昭和60年)2月3日までTBS系列で全45話が放送された、東映東映動画製作のロボットアニメ。MBSは「素人名人会」を放送していた関係で土曜17時後半枠で先行放送されていた。

概要[編集]

当時モチーフとして先進的であった、コンピュータ・ネットワーク社会の要素を採り入れている。これらの描写のモチーフは、1983年に公開された映画『ウォー・ゲーム』である。放送前にラジオ番組「ラジオアニメック」で作品が紹介された際、パーソナリティーを務めていた小山茉美がこの映画を想起させる内容であるとコメントした事があった。また敬が学業の成績を改竄[1]するという描写もこの映画の劇中で登場している。

また、1980年代に流行したいわゆる「リアルロボット路線」の影響が顕著である。当初は最後までその路線のまま行く予定だったが、かなり早い段階で軌道修正が行われた。その影響で、本来レギュラー扱いだったエリック・シッドが僅か二話の登場に留まり、また、モンローが実は敵のスパイといった設定が消滅している他、「シルベスタが反乱軍のスパイ狩りを行い始め、その為に父親が月にいるオリビアにスパイの嫌疑がかかる」「敬の姉が戦闘に巻き込まれて亡くなる」といった、当初予定されていたハードな展開が全て白紙にされ、後半は地球外の星からの侵略者と戦う物語に変更された。

2部構成であり、第1部終了でゴッド・ハイドが暗殺され、ギャリオが第2部に登場し、度重なる死闘を繰り広げた。

脚本は、基本的に前作『光速電神アルベガス』から続投の酒井あきよしを中心に、首藤剛志、久保田圭司といった『まんがはじめて物語』の人脈で集められ、ロボット戦争物としては異色のエピソードも生み出された。後半のジャーク帝国編からは、プロデューサーの吉川進とともに復帰した上原正三がメインとなり、敬とギャリオのライバル対決、さらわれたオリビアの奪還、ジャーク大帝の延命のためのライフモス争奪戦、等を中心に据えた大河ドラマ的展開に変わった。特に最終盤には、上原が得意とする敵幹部の権力闘争から来る自壊が展開され、ギャリオやゴッドハイドの猫も絡みストーリーを盛り上げた。

作画は、1話のみキャラクターデザインの本橋秀之が作画監督を務め越智一裕が原画として参加している。中盤以降は越智が本格的に参加し、レーザーバトルギアのバンクシーン、アイキャッチ等も担当し、決して良好だったとは言えない前作までの作画と一線を画した。最終話には越智の作画監督の下スタジオNo.1系のスタッフが結集した。最終話のメイン原画で参加した金田伊功は本作でロボットアニメの限界を感じた旨を述べている。

玩具は前作『アルベガス』よりラインナップが少ないため、バンダイによると、前作との対比で70%程度の見通しだったようである。だが実際の売上はそれを大きく下回る38%[2]と極めて苦戦を強いられた。

本作を最後に「超電磁ロボ コン・バトラーV」より続いた東映本社(テレビ事業部)実制作によるアニメ路線は打ち切られる。

また、アニメ制作を担当していた東映動画も、この後ロボットアニメから撤退したため、次作としての東映動画によるロボアニメは日米合作アニメの内容を引き継いだタカラ提供の和製「トランスフォーマー」シリーズ、東映動画としての完全オリジナルロボット作品は「ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU」まで途絶えることとなる。

ストーリー[編集]

人口・環境・汚染問題のはけ口を地球の外に求める「地球クリーン化政策」のもとに置かれた未来の地球。火星と月が産業廃棄物や犯罪流刑者の送り先となっていた中、月で軍を組織したゴッドハイド博士は量産型戦闘ロボット「ブラックベアー」を開発、地球に対しての反乱を開始した。その戦闘の余波がブルーハイム博士・シルベスター将軍が指揮する地球連邦軍の物質電送システム実験場に及び、実験装置にミサイルが激突。パソコン好きの少年・香取敬の作った対戦ネットゲーム用の戦闘ロボットデータが、このときのショックで地球連邦軍のコンピューターと混線してしまい、敬がプログラミングした「レザリオン」が物質電送装置の力で実体化した。成り行きから彼は地球を守る戦いへと巻き込まれていくことになる。

登場人物[編集]

香取 敬(かとり たかし)
- 古谷徹
東京都内の中学に通い剣道部に所属するパソコン好きの少年。パソコン操作は並外れているが、その他の勉強の成績はいまひとつで、褒められたものではないらしい。ニューヨークの少年デビットとパソコン通信でデータをやり取りを使ってロボットゲームの通信対戦をしていたが、偶然の事故から連邦軍の一員として戦いに巻き込まれていく。当初はゲーム感覚で戦闘を行っていたが、戦いの中で命の尊さや大きな力を持ってしまった事に対する責任の重さ、仲間との絆の大切さなどを学び、戦士として、連邦軍に無くてはならない存在へと成長してゆく。
声を演じたのが『機動戦士ガンダム』の主人公アムロ・レイを演じた古谷という事で、出撃時に「行きまーす!」と叫んでからおどけるというパロディ的描写が行われた事もあった。
オリビア・ローレンス
声 - 潘恵子(次回予告ナレーションも兼任)
敬のガールフレンド。お調子者の敬のブレーキ役で、彼と同じく剣道部に所属しており、文武両道の優等生である。美人であるが、それを鼻に掛ける事は無い。しかし少々ヤキモチ焼きな面もあるため、異性に対して気が多い敬にはやきもきさせられる事も多い。唯一の肉親で、鉱山技術者でもある父を敵の根拠地月面に残している[3]。物語後半からは敵に拉致されるなどの展開を経て敬との距離を急接近させていく。
シルベスタ
声 - 野田圭一
地球連邦軍の特殊部隊シークレットフォースと、防衛宇宙ステーション「ガードベルト」の司令官。反乱軍との戦いを正義の戦いと信じて疑わない。
ブルーハイム
声 - 滝雅也
地球連邦軍の電送実験施設(ミラクル・ベース)の科学者。電送実験でノーベル賞を取ると息巻いていたが、突然の事故とそれに伴う巨大ロボットの誕生のせいで台無しにされたと憤慨していた。その後は、巨大ロボットにレザリオンと名付け、敬の協力者としてレザリオンの改良や修理に取り組んでいく。中学生の敬を戦いに巻き込んでしまった事に心を痛めており、学業と地球防衛の両立が酷であることから学業面に対し何かと首を突っ込む。
モンロー
声 - 川浪葉子
シルベスタ将軍の秘書。初期設定では敵のスパイだった。
チャールズ・ダナー
声 - 若本紀昭
連邦軍シークレットフォースのスタッフで、戦闘ロボG1のパイロット。サハラの乗るG2や量産型メカ・ガードスカイヤーと共にレザリオンと協力して戦う。超心理学を研究している妻と一人娘をアメリカに住まわせている。
サハラ
声 - 山田栄子
チャールズとコンビを組む連邦軍シークレットフォースの一員で、戦闘ロボG2のパイロット。男勝りで言葉遣いも粗く、敬の事は「ガキっちょ」と呼ぶ。最初の頃は敬(レザリオン)無しでも平気と豪語していたが、回を重ねるごとに敬の戦闘センスやレザリオンの強さを認めるようになっていった。
香取 研介
声 - 蟹江栄司
敬の父で、ブルーハイム博士の研究所に総務部長として勤めている。電送実験の失敗に敬が関わっている事を知った時には敬を殴りつけ、博士に自分をクビにはしないよう懇願したところから小市民的な性格が伺える。しかし直後に起こった戦闘から敬が無事帰還した際には心から喜びを見せて抱きしめるなど、基本的には良き父親である。
デビット
声 - 塩屋翼
ニューヨークに住む敬のゲーム仲間。ゲーム内でレザリオンと対戦したことがあるため、弱点を世界で唯一知っており、敬にはそれを伝えて改善させた。
香取 容子
声 - 山田栄子
敬の母で、典型的な専業主婦。
香取 仁
声 - 広中雅志
敬の兄でテレビ局の報道マン。第1話ではブルーハイム博士の電送実験を伝えるレポーターとして現場にいた。
香取 友美
声 - 木下由美
仁の妻であり、敬にとっては義姉。
エレファン
声 - 小林通孝
落第生の烙印を押され、懲罰として地球に送り込まれた異星人。後期シリーズからは地球人の言葉を理解するようになり、その際ジャーク帝国の支配下の星の出身であったことを告白。新型戦闘ロボG-5のパイロットとなる。最終回で、ジャーク帝国を壊滅した後、地球の仲間たちに別れ告げて故郷の星に帰って行った。

反乱軍[編集]

ゴッドハイド
声 - 蟹江栄司
月面反乱軍の最高指導者。若い頃にはブルーハイムと共に研究に励んでいたが、恩師に裏切られた経験から地球への憎悪を募らせていった。レザリオン出現後は量産メカ・ブラックベアーの改良を進めて対抗していく。第1部の終了でジャーク帝国のガニメデに操られたマーチに暗殺される。
インスパイア
声 - 森功至
月面反乱軍の実質的な指揮官。階級は大佐。根は小心で常に強いものに媚びる性格。23話でゴッドハイドが殺害された際にはマーチに、マーチの死後はプロミネンスたちジャーク星人にすり寄って太陽系のエンペラーの座に就くがそれはお飾りで実権はなく、29話でそのことを抗議した際にプロミネンスの不興を買って捕虜収容所の所長に降格。
それを不満に思ってオリビアの父をはじめとする囚人たちと共謀して反乱を起こすが、失敗し洗脳されて忠実な下僕と化す。
最終回に解放された囚人たちを抑えようとしたが、大人数に踏みつぶされて死亡。
エリック・シッド
声 - 小林通孝
初期において敬のライバルとなるエースパイロット。バイオブレスセンサー(敵パイロットの呼吸を知ることができる装置)搭載のブラックベアーを駆り敬を1度敗退させたが、再戦にて敗れる。初期設定ではその後サイボーグ化して再登場の予定があり、エリック敗北後も彼の妹が敵として登場するなど伏線が張られていた。

ジャーク帝国[編集]

プロミネンス総統
声 - 滝雅也
ジャーク星軍の司令官。ジャーク大帝が高齢で衰えてしまった為、全軍の指揮権を与えられている。人口増加と食糧難を理由に地球侵略を開始するが、同時にジャーク大帝の命を存えるライフモスの探索も仰せつかっている。内心では大帝の延命で自らの地位を失う事を恐れ、ゲプラー参謀に唆され、ジャーク大帝を暗殺してしまう。最終回で大帝暗殺の事実をゲプラーがギャリオに暴露した為、激高したギャリオに玉座で首をはねられ絶命する。
ギャリオ
声 - 森功至
専用メカ「ギャリオ・サバン」を操縦するジャーク帝国の戦士。シリーズ後半から敬のライバルとなり、敬と度重なる死闘を繰り広げた。27話で一度はレザリオンに勝っている。最期は敬との友情に芽生え、ギャリオ・サバンと共に燃え尽きた。
ゲプラー参謀
声 - 矢田耕司
ジャーク星軍の老獪な参謀。プロミネンスにジャーク大帝が死ねば全権を掌握出来ると唆し、暗殺計画に感づいたガニメデ、イオ、カリストの3名を射殺する。計画通り、毒入りの偽ライフモスをジャーク大帝に食べさせ暗殺を成功させるが、その罪を全てプロミネンスになすり付け、ギャリオに殺させて一時的に帝国の全権を握るものの、突入したチャールズ達の砲撃を食らい、あえなく爆死する。
ガニメデ(声 - 若本紀昭)、イオ(声 - 石澤美華)、カリスト(声 - 塩屋浩三
ジャーク星軍の士官。3人で行動する事が多く、催眠能力[4]でマーチを操り、ゴッドハイドを殺害させる。ジャーク大帝への忠誠心が強く、プロミネンスとゲプラーの大帝暗殺計画に感づいた為、射殺される。ガニメデの独特のくぐもった声は担当声優の若本が鼻をつまんで出していた[5]
ジャーク大帝
声 - 蟹江栄司
巨大な身体を持つ老いたジャーク帝国の真の支配者。老齢の為、寿命が尽きかけており、不死の妙薬と言われるライフモスの探索をプロミネンスに命じるが、自らの地位の保身を図ったプロミネンスに毒入りの偽ライフモスを与えられ悶絶して絶命する。
ナレーション
声 - 野田圭一(1 - 23話(前期))、森功至(24話 - (後期))

ゲストキャラ[編集]

レザリオン[編集]

主人公・香取敬の作ったゲームのデータと、物質電送実験で本来アメリカから日本に転送されるはずだった旅客機のデータが混信して生まれた、全高35m、重量200tの巨大ロボット。

外部フレームをまず目標地点に転送し、内部ユニットを組み立てて転送したレーザーファイターを再分割してフレームに組み込む合体方法(マトリクス・イン)で完成する。なお、外部フレームのみでも戦闘は一応可能だが、合体後との戦闘力は雲泥の差がある。フレームから分離させた内部ユニットを組み替えることでレーザーファイター(初期名:レザリオン・フライングフォーム)のほかに戦車形態のレーザータンク(初期名:レザリオン・グランディングフォーム)に変形できる。コクピットは頭部を構成する内部ユニットにあり、このユニットから「足」を展開して、いわゆるガウォークのような形態になり、単独で偵察行動を行う事も可能。なお「足」は頭部ユニットに折り畳まれており、レザリオンの脚部となるパーツではない。

本体を原子単位に分解した後、通信回線によって転送し目標地点で再構成する『超電送システム』を備え、行動半径20万キロの範囲をほぼ瞬時に移動する。のちに強化されて月面まで到達可能になった。また、その機能を有効活用して相手の虚を突く瞬間移動が可能。音声入力、キーボード入力、視線誘導で操縦されるほか、武器をコマンド入力で呼び出せば瞬時に手元に電送される。操縦桿も備えるがほとんど使われない。

後半からのライバルであるジャーク帝国の戦士ギャリオのメカ「ギャリオ・サバン」に対抗するべく28話より増加装甲のレーザーバトルギアが登場し、攻撃力・防御力を増強され、バーストフリッカーやスモークバスターなどの武装が追加された。当時の玩具名は「フルアーマーレザリオン」。

ゴッドハイド博士が率いる月面反乱軍と、異星からの侵略者ジャーク帝国と戦う。

玩具「DX超電送ロボ・レザリオン」は、内部ユニット組み換えのほかに、パンタグラフ状の平らな姿になる遊び方も可能。これは本編では43話でのみ、敵のパイロット、ザキとゴルを挑発する際に使われた。

主な武器&技[編集]

  • ビームバズーカ
いわゆるビームライフルに近く、地球連邦軍・反乱軍の戦闘ロボットでも主兵装として使用されている。レザリオンのそれは反乱軍の戦艦クラスを一撃で沈めるパワーがある。
  • レーザーソード(エネルギーレーザーソード)
格闘戦または決戦用の武器で、最大2本使用可能。敬の場合はパソコンゲームで射撃面も得意でありながら、剣道部にて剣技の心得があるために、これを応用した接近戦も得意とした。
  • レーザーロッド
レーザーソード用の柄から取り出されるレーザービームの鞭。
  • ハンドレーザーパワー
両拳からレーザーを発射する攻撃。
  • レーザーカッター
両手の甲から取り出す円形の手裏剣。
  • ワイヤーシールド
クモの巣状の透過光で形成される、バリアーの一種。敵メカをこれで拘束し粉砕してしまうことも可能。
  • 電送アタック
大勢の敵達と戦う時に使用する技。敵の前に瞬間移動し、レーザーソードで敵を切り倒す。さらに別の敵の前に現れ切り裂く。これを何度か繰り返して敵を全滅させる。放映当時の児童誌のグラビアで紹介された技。
  • ストロボアタック
敵を囲む様に電送して現れる位置をインプットし、分身の術のごとく四方から相手をビームバズーカで狙い撃ちする技。放映当時の児童誌のグラビアで紹介された技。
  • レーザーファイヤー
7話で披露。自分の体を火で包み、相手に体当たりする技。
  • ツインソードクラッシュ
9話、10話で使用。二刀流の剣で相手を切り裂く技。エリック・シッド及びペレスの操るブラックベアを撃破した。
  • サンダーパンチ
25話で使用。拳による普通の打撃技だが、威力はかなりの物。姉妹技としてサンダーキックがある。
  • サンダードリル
高速回転しての体当たり。26話で戦艦マーチサタンを破壊した。
  • ソーサーバリヤー
腕に出る透明のバリヤー。レーザーバトルギア装着時のみ使用可能。
  • ソーサーカッター
右腕から出すエネルギーでできた刃。レーザーバトルギア装着時のみ使用可能。
  • バーストフリッカー
後部から青色のエネルギー弾を無数に発生させる攻撃。レーザーバトルギア装着時のみ使用可能。
  • スモークバスター
肩から発する煙幕。レーザーバトルギア装着時のみ使用可能。
  • ツインバレラーキャノン
左腕の二連キャノン砲。レーザーバトルギア装着時のみ使用可能。
  • ソーサーシューター
左腕から発する百発百中の円盤型エネルギー弾。レーザーバトルギア装着時のみ使用可能。
  • リフレーザー
敵の光線技を脚部のパラボラに増幅させ、さらに数倍のエネルギーにして反射させる技。レーザーバトルギア装着時のみ使用可能。
  • スモーク・ソーサーアタック
スモークバスターを張り、その中でソーサーシューターを連発。相手はどこから撃ってくるのか解らないようになっている。レーザーバトルギア装着時のみ使用可能。放映当時の児童誌のグラビアで紹介された技。
  • バーストバックアーム
腕の後ろからバーストフリッカーを発射させる不意打ち系の技。レーザーバトルギア装着時のみ使用可能。放映当時の児童誌のグラビアで紹介された技。
  • レーザークロスソード
レーザーソードを二本にして戦う技。二本のレーザーソードを合わせればそのエネルギーが四倍になる反面、敬はコクピットで左右のボタンを同時に押さなければならない。放映当時の児童誌のグラビアで紹介された技。
  • 衝撃波
右腕から放つ。31、32話で使用した。レーザーバトルギア装着時のみ使用可能。
  • レーザーマシンガン
右腕から放つマシンガン。35話 - 37話、39 - 43話、45話で使用。レーザバトルギア装着時のみ使用可能。
  • ショルダーアタック
33話で使用した右腕にシールドを装備しての体当たり。レーザーバトルギア装着時のみ使用可能。
  • ドリルカッター
体を回転させての体当たり。43話では敵の罠から脱出する時に使用。上記同様、レーザーバトルギア装着時のみ使用可能。
  • ギアータイフーン
44話で初披露。マジンガーZのルストハリケーンの様に口から突風を放つ。レーザーバトルギア装着時のみ使用可能。
  • フォークバスター
44話で使用した肩から放つビーム。レーザーバトルギア装着時のみ使用可能。
  • フリッガービーム
44話で使用した両腕から放つ平方状のビーム。レーザーバトルギア装着時のみ使用可能。
  • トリプルバーストアタック
ツインバレラーキャノン、ソーサーシューター、バーストフリッカーを同時に放つ技。威力は大きいがエネルギーの消費量は非常に大きく一回限りしか使用が不可。放映当時の児童誌のグラビアで紹介された技。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「ビデオ戦士レザリオン」
作詞 - 吉田健美 / 作曲 - 渡辺宙明 / 編曲 - 藤田大士 / 歌 - 宮内タカユキ
エンディングテーマ - 「Heartful Hotline(ハートフルホットライン)」
作詞 - 吉田健美 / 作曲 - 渡辺宙明 / 編曲 - 藤田大士 / 歌 - かおりくみこ

放送リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 (絵コンテ)
演出
作画監督 ジャークロボ
ジャーク帝国戦士
第1部(反乱軍編)
1 1984年
3月4日
夢のロボットゲーム 酒井あきよし 森下孝三 本橋秀之
2 3月11日 逃げろデビッド 首藤剛志 (高山秀樹)
並里啓史
大木雪亨
3 3月18日 泣かないで、母さん 富田義治 伊東政雄 篠田章
4 3月25日 死の花を咲かせるな 久保田圭司 有迫俊彦 塩沢大助
5 4月1日 月からの手紙 中尾克久 (落合正宗)
又野弘道
大木雪亨 ガイスン
6 4月8日 敵? 味方? UFO 山内重保 塩沢大助
7 4月15日 友情のメロディ 久保田圭司 伊東政雄 篠田章 反乱軍の名称不明大型巨大ロボット
8 4月22日 強敵! エリック・シッド 大川ひろし (森下孝三)
並里啓史
大木雪亨 エリック・シッド
9 4月29日 勝利へのインプット 石川良明 越智一裕
又野弘道
塩沢大助
10 5月6日 平和の甘い香り 久保田圭司 有迫俊彦 大木雪亨 ペレス・アンドラ
ホワイトベア
11 5月13日 悪魔の誕生日 中尾克久 山内重保 篠田章
12 5月20日 さらば熱砂の友よ 久保田圭司 (伊東政雄)
並里啓史
塩沢大助 バロン
13 5月27日 休日戦争 首藤剛志 森下孝三 越智一裕 ストレート中佐
14 6月3日 走れオリビア 山崎晴哉 (越智一裕)
有迫俊彦
大木雪亨
15 6月10日 逃げるが勝ち 中尾克久 (森下孝三)
山内重保
篠田章
16 6月17日 再会のときめき 久保田圭司 大久保唯男 塩沢大助 ブラザーズ・ジョウ
17 6月24日 消えた敬の謎 有迫俊彦 大木雪亨
18 7月1日 ハロー転校生 花園由宇保 山内重保 塩沢大助 ケティ=エミリー・シッド
レッドベア
19 7月8日 ハラペコ戦争 久保田圭司 又野弘道 篠田章 ゼブラ一味
20 7月15日 忍びよる黒雲 山崎晴哉 (越智一裕)
有迫俊彦
大木雪亨 ルドルフ
21 7月22日 のろまのカバを特訓せよ! 酒井あきよし (松浦錠平)
並里啓史
塩沢大助
22 7月29日 レザリオン奪取計画 山崎晴哉 有迫俊彦 大木雪亨 ゾルバ大尉
第2部(ジャーク帝国編)
23 8月19日 火星が牙をむく時 上原正三 山内重保 篠田章
24 8月26日 その時父の声が… 並里啓史 塩沢大助 S3
25 9月2日 宇宙戦艦の反乱 松浦錠平 大木雪亨 センサーロボット
26 9月9日 迫るジャーク帝国 (山吉康夫)
並里啓史
塩沢大助
27 9月16日 12時間の死闘 又野弘道 篠田章
28 9月23日 勝利への愛の讃歌 山内重保 大木雪亨 ツイン兄弟
妖剣士サリー
スネークバン
29 9月30日 幻惑のツイン兄弟 山崎晴哉 西沢信孝
並里啓史
菊池城二 ツイン兄弟
ジャーク・ツイン
30 10月7日 ハワイ決戦の日 勝間田具治
細田雅弘
塩沢大助 妖剣士サリー
ガツ
ビューティージャーク
31 10月14日 たった一人の突撃 有迫俊彦 越智一裕 イーグル中将
ジャークサバン
32 10月21日 決死の攻防戦 山内重保 大木雪亨 ダバリ少佐
隊長専用ジャークサバン
33 10月28日 ジャーク大帝出現 上原正三 伊東政雄 菊池城二 怪僧バンズ
作業用ジャークサバン
34 11月4日 月から帰ったパパ 有迫俊彦 越智一裕 作業用ジャークサバン
35 11月11日 怪僧バンズの幻夢 怪僧バンズ
バンズ専用ジャークサバン
36 11月18日 サバンナの怪要塞 (越智一裕)
並里啓史
塩沢大助 ベンガジ将軍
サボテン要塞
37 11月25日 砂漠に燃える友情 山内重保 大木雪亨
38 12月2日 黄金のピラミッド 山崎晴哉 伊東政雄 菊池城二
39 12月9日 ジャーク大帝、動く!! 有迫俊彦 金子一 ザキ
ゴル
量産型ギャリオサバン
40 12月30日 オリビア救出作戦 (越智一裕)
並里啓史
大木雪亨
41 1985年
1月6日
決死の38万キロ (森下孝三)
細田雅弘
塩沢大助
42 1月13日 生か死か大脱出 山内重保 菊池城二
43 1月20日 大帝・月へ到着 上原正三 (勝間田具治)
細田雅弘
金子一 ザキ
ゴル
ザキゴルサバン
44 1月27日 反乱 並里啓史 大木雪亨
45 2月3日 決戦 有迫俊彦 越智一裕

映像ソフト化[編集]

2007年11月から2008年4月まで、東映チャンネルの「スーパーロボット列伝」にてニューマスター版で再放送された。

東映アニメBBプレミアムより全話ネット配信されている。

放送局[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 通学先の中学のサーバーに不正アクセスし、成績を改竄。しかし学校側はバックアップを取っていたためあっさりバレて、敬は母親とともに先生からこっ酷く叱られる。
  2. ^ トイジャーナル1985年2月号
  3. ^ のちにジャーク星軍に捕えられ、洗脳されられ地球に反目するようになるが、最終回で地球連邦軍に保護され洗脳を解かれ、オリビアと再会している。
  4. ^ ジャーク星人は地球人を催眠術にかけて意のままに操る能力を持つ。地球人は彼らの光った目を見ると催眠術にかかった状態になり、抵抗できなくなる。オリビアも拉致されていた間は催眠術をかけられて抵抗する意思を奪われていた。
  5. ^ 「アニメージュ」1986年2月号
  6. ^ 本作以降、八手三郎原作のアニメ作品の製作はない。
東京放送 日曜17:00枠
前番組 番組名 次番組
ビデオ戦士レザリオン