ドラゴンボール エピソード オブ バーダック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドラゴンボール エピソード オブ バーダック』 (DRAGON BALL EPISODE of BARDOCK) は、鳥山明原作・監修、オオイシナホ作画による日本漫画。『ドラゴンボール』のスピンオフ作品。

概要[編集]

Vジャンプ』(集英社)にて2011年8月号から10月号まで3号連続集中連載。また、『最強ジャンプ』2011年夏号にも第1話が再掲載された。ゲーム『ドラゴンボールヒーローズ』第5弾スペシャルボスミッションと連動した企画で、テレビスペシャル『ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜』直後のエピソードに当たり、原作およびアニメでは描かれなかったバーダックが超サイヤ人1となった経緯が描かれる[1]

本作について作者のオオイシナホはIFストーリーとコメントしている[2]。ライバルキャラクター・チルドは、原作・監修の鳥山明がデザインしている。

連載時にはチルドが絶命したところで物語は完結したが、2012年4月号のVジャンプにまとめて収録され、チルドを倒したバーダックが仲間の無念を晴らせたことを思い、変身を解いた後に村を去るシーンが加筆された。2014年3月号の最強ジャンプでは付録として一冊にコミックス化され、鳥山の特別インタビューやオオイシのオマケ漫画が追加された。

ストーリー[編集]

ボスであるフリーザから攻撃を受け、惑星ベジータと共に消滅したと思われたバーダック。しかし、彼が目覚めてみるとそこは惑星ベジータと呼ばれる以前の過去の惑星プラントにいたのであった。一方、宇宙海賊チルドが惑星プラントの侵略を企てていた。

登場人物[編集]

サイヤ人[編集]

バーダック
- 野沢雅子 
カカロット(孫悟空)とラディッツの父に当たるサイヤ人。フリーザによって惑星ベジータと共に葬られたと思われたが、その直後、何らかの出来事によって過去の惑星プラントに飛ばされていた。偶然、村で暴れるチルドの手下を倒したため、英雄として感謝される。行くあてがなく、洞穴でリハビリをしていたが毎日、食事と薬を持ってきてくれるベリーと接するうち、粗野だった性格が次第に穏やかになり、自身の名前を教えた。惑星プラントを征服しに来たチルドをフリーザと勘違いしたまま戦いを挑むも全く歯が立たなかったが、無力な自身への不甲斐無さと大切な仲間を殺したフリーザへの復讐心や、ベリーを傷つけられたことで超サイヤ人に覚醒[3]。チルドを倒し惑星プラントの危機を救い去っていった。最後に流れるナレーションでは「これが超サイヤ人伝説の始まりになったのか、それは定かではない」と解説されている。
なお、漫画版では『たったひとりの最終決戦』や原作とは異なり、バーダックの戦闘服は破損していない姿で描かれていた。また、アニメにおいては『たったひとりの最終決戦』同様、戦闘服が半壊した状態で登場しており、フリーザの攻撃を受けた際に全壊したが、プラントに渡った時点では戦闘服が破損していない状態になっており、フリーザの攻撃を食らった際に失われた頭に巻かれた血染めの布も、プラントに渡った時点では頭に巻かれた状態になっていた。アニメでは、チルドを倒した後変身したままで去ったが、漫画で加筆された内容では変身を解いて去っていった。
『ドラゴンボールヒーローズ』では、息子の孫悟空、孫の孫悟飯と共闘するスペシャルボスミッションが配信された。

惑星プラントの住人[編集]

はるか昔の惑星プラントの先住民族。同じく惑星プラントの先住民族であるはずのツフル人とは身体的特徴が異なり、関連は明かされていない。

イパナ
声 - 江原正士
惑星プラントの村で医者をしている。医療に使っている薬はメディカルマシーンの液体によく似ている(バーダックいわく「そっくりだ」とのこと)。
ベリー
声 - 桑島法子
バーダックを助けたイパナの息子。普段は騒がしいが、人見知りがち。毎日バーダックに食事を運んでいるうちに彼と親しくなり、彼を傷付けるチルドに立ち向かい、攻撃を受けたがこれが引き金となり、バーダックを超サイヤ人へと覚醒させた。
村人
声 - 佐々木智代照井春佳平尾明香

チルド一味[編集]

チルドをリーダーとする宇宙海賊。アニメ版では部下は左腕にビーム銃を装備している。惑星プラントを小汚い星と見下していた。

チルド
声 - 中尾隆聖
惑星プラントを征服に来た宇宙海賊のリーダー。フリーザの先祖であり第一形態のフリーザによく似た姿をしている。宇宙最強を自称し自分の前に部下が立つ程度で殺してしまうほどプライドが高い。なお、アニメでは宇宙船到着シーンや部下の殺害シーンは描かれず、チルドのシーンは船内での登場シーンから部下を引き連れての飛行シーンへと場面が変わっている。
フリーザの最終形態と同じく一人称は「ボク」だが、口調はフリーザに比べ子供っぽい。また激怒しても一人称は変わらないが、感情的になると乱暴な話し方になるところはフリーザと同様。バーダックを圧倒する実力を見せるも、超サイヤ人となったバーダックに返り討ちにされ、一族に向け「金色に変化するサイヤ人に気をつけろ」と遺言を残し息絶えるも慢心なフリーザ一族にはそれが届かず、後に超サイヤ人として現れる孫悟空やトランクスに倒されてしまう。チルドは、漫画ではエネルギー波の撃ち合いで押し返され一撃で倒されているが、アニメではバーダックの攻撃を何度もくらった後、上空に投げ出されて撃ち合いになるシーンになっている。
『ドラゴンボールヒーローズ』では、アニメでチルドを演じた中尾ではなく、茶風林が担当しており、口調が漫画と異なっている。チルドと対戦するスペシャルチャレンジミッションが配信された。ゲームでの技は「デスレイザー」など。
トービ
声 - 平井啓二
チルドの部下。惑星プラント征服の尖兵であったが、バーダックに倒される。漫画とアニメでは倒され方が異なる。
『ドラゴンボールヒーローズ』でも、チルドの部下として登場。ゲームでの必殺技はバッドストライク。
キャビラ
声 - 石川和之
チルドの部下。トービ同様バーダックに倒される。トービ同様、漫画とアニメでは倒され方が異なる。
チルドの部下
声 - 島﨑信長宮崎寛務

フリーザ一味[編集]

万が一の脅威になる可能性のあったサイヤ人を惑星ベジータともども破壊する。経緯はアニメと同様だが、バーダックとフリーザとの会話内容など放映当時と細部は異なる。漫画ではバーダックには直接攻撃を行わず彼の目の前で先に惑星ベジータを破壊。アニメではTVシリーズとほぼ同様。

フリーザ
声 - 中尾隆聖
ドドリア
声 - 長嶝高士
ザーボン
声 - 三浦祥朗
ナレーション
声 - 八奈見乗児

アニメ[編集]

2012年には『DRAGONBALL SSSS PROJECT(ドラゴンボールフォースプロジェクト)』[4]の一環としてアニメ化。2011年12月17、18日開催の『ジャンプフェスタ'12』で先行上映、フォースプロジェクト公式サイトでも配信された。上映時間約20分。『最強ジャンプ』2012年3月号に付録として『超サイヤ人絶滅計画』と共にDVDソフト化。

スタッフ

脚注[編集]

  1. ^ 『Vジャンプ』2011年8月号。
  2. ^ 『Vジャンプ』2012年4月特大号。『最強ジャンプ』2014年3月号付録コミック『ドラゴンボール エピソード オブ バーダック』2頁。
  3. ^ 『ドラゴンボールヒーローズ』で、超サイヤ人1であると解説されている。
  4. ^ ドラゴンボールフォースプロジェクト特集

外部リンク[編集]

ドラゴンボールの映画・イベント用アニメ
通番 題名 公開時期
第1作 神龍の伝説 1986年 グルメス王一味
第2作 魔神城のねむり姫 1987年 ルシフェル一味
第3作 摩訶不思議大冒険 1988年 鶴仙人・桃白白兄弟
第4作 オラの悟飯をかえせッ!! 1989年 ガーリックJr.一味
第5作 この世で一番強いヤツ 1990年 Dr.ウィロー一味
第6作 地球まるごと超決戦 1990年夏 ターレス一味
第7作 超サイヤ人だ孫悟空 1991年 スラッグ一味
第8作 とびっきりの最強対最強 1991年夏 クウラ一味
第9作 激突!!100億パワーの戦士たち 1992年 メタルクウラ
第10作 極限バトル!!三大超サイヤ人 1992年夏 人造人間13号、14号、15号
第11作 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 1993年 ブロリー
第12作 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴 1993年夏 ボージャック一味
第13作 危険なふたり!超戦士はねむれない 1994年 復活ブロリー
第14作 超戦士撃破!!勝つのはオレだ 1994年夏 バイオブロリー
第15作 復活のフュージョン!!悟空とベジータ 1995年 ジャネンバ
第16作 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる 1995年夏 ヒルデガーン
第17作 最強への道 1996年 レッドリボン軍
JF08 オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!! 2008年 アボとカド
実写 EVOLUTION 2009年 ピッコロ大魔王
JF12 エピソード オブ バーダック 2011年 チルド一味
第18作 神と神 2013年 ビルス
第19作 復活の「F」 2015年 フリーザ一味