銀河パトロール ジャコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
銀河パトロール ジャコ
ジャンル 少年漫画SFコメディ
漫画
作者 鳥山明
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
レーベル ジャンプ・コミックス
発表号 2013年33号 - 44号
巻数 全1巻
話数 全11話
テンプレート - ノート

銀河パトロール ジャコ』(ギンガパトロール ジャコ)は、鳥山明による日本漫画作品。

概要[編集]

2013年7月1日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて「創刊45周年記念・新連載第一弾」として発表されたもので、同年7月13日発売の第33号から[1][2]2013年44号まで連載。雑誌掲載時に「集中短期連載」と記載されていた。

鳥山が連載を行うのは、2000年の『SAND LAND』以来およそ13年ぶりで、同誌に作品が掲載されるのは、2010年50号の『KINTOKI-金目族のトキ-』以来、2年8か月ぶり[1][2]。『週刊少年ジャンプ』2013年33号の鳥山の雑誌巻末コメントによると「古臭い内容だが、それは何故か最後まで読めばわかる」と記載されていた。各話のタイトルに「DB-○○(残りの話数)」の表記がされ、話数に「10+1」という分母がついている。これは同作者の作品『ドラゴンボール』の前日譚であることを示唆しており、最終話では同作の登場人物が何人か登場した。同作で使われていた通貨単位「ゼニー」も西の都方面の通貨として使用され、東の都方面の通貨単位「円」との為替レートが示された(1ゼニー=1.5円)。

本作執筆の10年ほど前に鳥山が書いていた原作用シナリオが基になっており、もともとは別の内容にする予定だったが、映画『ドラゴンボールZ 神と神』の破壊神と被る部分があったのでジャコに変更され、内容も鳥山好みの地味で呑気なものに書き換えられた[3]。また鳥山によると、第10話の段階で自分では最高に面白い傑作が描けたと思っていたが、派手なバトルが無く絵のタッチも少し古い感じで描いており、やや古い舞台設定にも理由付けが必要だと思い、最終話をオマケ扱いで付け足したという[3][4]。鳥山は『COWA!』『SAND LAND』とともに大好きな作品だと語っている[3]

鳥山が桂正和との合作漫画『さちえちゃんグー!!』を描き始めたときに「銀河パトロールシリーズ」の構想ができ上がっており、『さちえちゃんグー!!』と『JIYA -ジヤ-』が収録された『桂正和×鳥山明共作短編集 カツラアキラ』や本作もそのひとつ[5]

単行本には登場人物のフルネームなどのプロフィールと、16ページのスペシャルおまけストーリー『DRAGON BALL- 放たれた運命の子供』(ドラゴンボールマイナス はなたれたうんめいのこども)が掲載されている。カカロットこと孫悟空が地球に送り込まれる前の話が描かれているが、同時期を描いたアニメ『ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜』とはストーリーや設定が一部異なっている。

あらすじ[編集]

打上げ間近のロケット「キラキラ8号」に搭乗するアイドル歌手の亜月アンの話題がテレビで賑わっている最中、地球の小さな孤島に暮らす工学博士・大盛の前に、宇宙からやってきた銀河パトロール隊員・ジャコが現れた。凶悪宇宙人が地球に向かっているため、退治に来たが、乗ってきた宇宙船が故障してしまったのだという。

大盛は小さな孤島にやってきた政府警察の固茹に退去警告を受けながらも、宇宙船を調査し、再び宇宙船を動かすためには「空金」(スカイゴールド)という貴金属が必要だと判明したが、その貴金属は非常に高価なため、大盛とジャコは途方にくれてしまう。とりあえず、大盛とジャコは食料を買うために東の都に向かうが、スリや少女に絡む暴漢集団などの悪者を見るや、ジャコは激しく悪者に大暴れをし、次第には大暴れを見た警察を攻撃する。それを見た大盛はジャコを連れて人目のつかないところに逃げるが、その時、暴漢集団に絡まれていた少女のタイツに出会う。

登場人物[編集]

主な登場人物の名前は、タイツ以外はすべて「食」関連となっている[3]

ジャコ・ティリメンテンピボッシ
宇宙船で地球にやって来た銀河パトロールの隊員。小柄であるが地球人とは比べ物にならない身体能力の持ち主。凶悪な宇宙人を退治するという任務がある。
自称「超(スーパー)エリート」で冷静な素振りをしているが、ビデオに夢中になって月に宇宙船をぶつけたり、何かがあると決めポーズを振舞ったり、警察から逃げ回っている身でありながら、大声で自己紹介をして見つかってしまうなど、怪しいところがある。おまけ漫画『DRAGON BALL- 放たれた運命の子供』では組織内ではドジな奴と認識されていた。
爆破が趣味の一つで、地球人の余りの悪さを大盛から聞き、手持ちの絶滅爆弾(ウイルス入り)で地球人を絶滅しようとするが、「地球人でも良い人はいる」という大盛の一言で止められている。
地球ではミルクとチーズがジャコたちの食料に近いものであり、好物となっている。
大盛 徳之進(おおもり とくのしん)
老人の男性で、地球の小さな島に一人で暮らす時空工学の権威。過去に政府からタイムマシンの研究を極秘で任されていたが、あるとき大事故が起き、自身の妻を含めた多くの犠牲者が出てしまったことによって研究は凍結された。凍結後も政府に無断で独りで島に残っていたが、それはタイムマシンを完成させ、事故をなかったことにするためであった。
ジャコの宇宙船が島に不時着した後、専門外ながらも宇宙船の修理に携わることになる。東の都に食料を買い出しに出かけた時にタイツと出会う。
大盛の家の近くには妻の墓があり、墓標には大盛 飯子と書かれている。
後にブリーフ博士からの謝礼金で、島を正式に買い取った。
タイツ
西の都出身の17歳の少女。東の都で暴漢集団に絡まれているところをジャコに救われた。16歳の時にウエスト大学を卒業したり、ボートを操縦できたりと才色兼備であるが、遠慮のない言葉遣いをしたりとわがままな一面もある。
SF作家を目指しており、アルバイトをしたり、大盛の住む島に来たりして小説のための経験を積んでいた。ロケット「キラキラ8号」打ち上げの講演会に行ったときに、打ち上げに搭乗するアイドル、亜月アンの替え玉としてスカウトされた。その報酬として前払いされた300万円で手に入れた空金を、助けてもらった礼としてジャコに渡す。
十数年後にお色気方面を担当した妹と比較して、スレンダーな体型。亜月にテレビで見るより胸がないと皮肉ったところ、その胸に言われたくないと返された。
実はカプセルコーポレーションの令嬢で、10歳以上年の離れたブルマの姉だということが最終話で発覚。作中では妹のブルマ、父のブリーフ、母も登場し、ドラゴンボールの作中では語られなかったが、ブリーフ一家が4人家族であったことが明らかになる。
後にSF冒険小説家になり、なかなかの人気を得たという。
コミックスの表紙に描かれた彼女の髪の色は妹と違い、母親と同じ金髪。前髪を斜めに流したセミロングの髪型に帽子を着用している。
顔はハイライトが入っていない黒目で、目元のアイラインの形なども妹のブルマとは似ていない。
固茹 玉五郎(かたゆで たまごろう)
政府警察海上部部長。眼鏡を掛けた男性。政府に無断で島に住む大盛を退去させるためにやってきた。当初はジャコや大盛を敵視していたが、2人が打ち上げに失敗したロケット「キラキラ8号」の搭乗者を救い、街に落下していく「キラキラ8号」を海の上で安全に爆破処理した光景を目にすると、2人に敬意を払うようになった。政府がロケットの打ち上げ計画に替え玉を利用していたことを知ると、大盛の立ち退きの件をなんとかすると宣言した。ジャコのことは最後まで大盛の制作したロボットであると勘違いしていた。島のことも大いに気に入り、最終的には移住した。
家事や料理が上手であり、ネクタイをつけたクマのぬいぐるみをコレクションすることが趣味という一面を持つ。
亜月 アン(あづき アン)
ラッキーレコードのアイドル歌手。ラッキーレコードがスポンサーを手がけるロケットの「キラキラ8号」に搭乗するとテレビで報道されている。
東の都政府警察特別警察隊員(ひがしのみやこせいふけいさつとくべつけいさつたいいん)
政府警察最強と言われている精鋭。ホンダワラヒジキアオサモズクの4人(4人とも正式名ではなくコードネーム)が登場し、全員忍者の格好をしている。大盛を島から強制退去させるための勢力として固茹に同行したが、地球人を超越するジャコには遠く及ばなかった。
岡割 満腹(おかわり まんぷく)
東の都航空宇宙局飛行士。亜月アンと入れ替わったタイツと共にロケットに船長として搭乗するが墜落し、ジャコに助けられる。
銀河王(ぎんがおう)
銀河パトロール隊員に直接命令を与えるタコのような姿で銀河パトロールのマークがついた王冠を被った人物。
おまけ漫画『DRAGON BALL- 放たれた運命の子供』では、ダメ元でジャコにサイヤ人の子供を退治するために地球に向かうことを任命する。
『JIYA -ジヤ-』にも名前だけ登場。この作品では銀河一偉大であり、とてつもない不思議な力を持っていると説明されている。
銀河パトロール隊員
銀河の平和を守る、銀河系中から集められた一握りの優秀な者たち。様々な宇宙人の集まりであり、ジャコを含めて全部で38名いる。ジャコの体に描かれたマークは銀河パトロールのマークであり、『さちえちゃんグー!!』や『JIYA -ジヤ-』に登場した銀河パトロール隊員のマークに近いものとなっている[3]。サイヤ人には子供の時以外は歯が立たず、フリーザなどは見て見ぬふりをするしかないという[3]

最終話のみ登場する人物たち[編集]

孫悟空
地球に送り込まれたサイヤ人。サイヤ人名は「カカロット」で、ジャコの言う「地球に送り込まれる凶悪な宇宙人」とは彼のことである。作中では、丸型ポッドから出た後、育ての親となる悟飯の家に連れ込まれ、食事を荒々しく食べている。
おまけ漫画『DRAGON BALL- 放たれた運命の子供』では、惑星ベジータを発つ直前まで3年近く保育機の中に入っていた。『ドラゴンボール』などと異なり、戦闘服を着て惑星ベジータを発っている。
孫悟飯
後に悟空の育ての親となる武術の達人。丸型ポッドから出た悟空に出会い、色々とあったが保護して家に連れて行く。名前がわからないので「空からやってきたから「孫悟空」」と名づける。
ブリーフ博士
タイツとブルマの父。西の都の大企業、カプセルコーポレーションの社長であり、世界一の資産家である天才。タイツがジャコの乗る宇宙船の重力コントロール技術を売り出すために大盛の島に呼び寄せる。その後、この技術のライセンス契約のお礼として大盛に1000億ゼニー(1500億円)もの大金を渡した。
タイツの母
タイツとブルマの母で、ブリーフの夫人。『ドラゴンボール』と変わらない容姿と天然な性格で、大盛へ手土産としてズゴックプラモデルを手渡す。
ブルマ
ブリーフ博士の娘であり、年の離れたタイツの妹。5歳であるものの高威力の光線銃を発明したり、宇宙船の技術を調査したりと姉のタイツから「超天才」と言われる程の才能を持つ。ジャコの宇宙船のアンテナを直し、動力源を解明したためジャコは苦労せずに銀河パトロール本部に帰還することができた。
16歳になった時はすでに大学を卒業。大学に頼まれて特別講師を勤めるなど天才ぶりを発揮する。後にドラゴンボールを集める旅に出て、孫悟空と出会うことになる。

DRAGON BALL- 放たれた運命の子供[編集]

バーダック
サイヤ人でカカロットとラディッツの父。作中ではアニメ『ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜』時とは異なり、肩のプロテクターが付いた戦闘服を着ている。その昔、ギネを含めた4人のチームで戦っており、ギネのピンチを何度も救ってきた。後にバーダックとギネのふたりの間に、サイヤ人には珍しい特別な感情が芽生える[6]。好戦的だが他のサイヤ人に比べて冷静な判断力やわずかな人間性を持っており、サイヤ人にしては珍しく仲間を救う行為をすることで同じ下級戦士の一部からは強く慕われている[6]
フリーザの惑星ベジータへの召集命令を訝しみ、何かを企んでいると予想。生まれて日の浅いカカロットを心配し、丸型ポッドを使った『飛ばし子』という赤ん坊を辺境の惑星に送り込む手法で隠密に地球に送り込んだ。
ギネ
サイヤ人でカカロットとラディッツの母。髪は肩くらいまでの長さで、バーダックと同じリストバンドを付けスカート型の戦闘服を着ている。穏やかな性格でバーダックいわく「甘ったるい病気」。フリーザが何かを企んでいると聞いたときは、皆で逃避行をしよう、と弱音を見せている。
その性格から戦闘には向かなかったために、チームでの戦闘では何度もピンチに陥るも、その度にバーダックに助けられていた。バーダックとは絆で結ばれている[6]。その後、惑星ベジータの肉の配給所で働く。
バーダックからカカロットを他の星に飛ばすという話を聞き、初めは反対していたが、彼の子供を心配する様子を知って同行する。
名前の由来は「ネギから来ているのだろうか?」と指摘されている[6]
フリーザ
宇宙の帝王と恐れられる宇宙人。サイヤ人が自身の忠実な部下になりきれないことに見切りをつけ、サイヤ人のほぼ全てが惑星ベジータに帰還する1ヶ月後に星ごと消し去る計画を立てた。また、超サイヤ人や超サイヤ人神の情報を耳にしていた。
ベジータ
サイヤ人の王子。ラディッツと組んで星を侵略する任務に付いている。フリーザの惑星ベジータへの召集命令については、聞こえないフリをし、無視をした。
ラディッツ
バーダックとギネの子でカカロットの兄。戦闘員となり、べジータと組んで星を侵略する任務に付いている。王子の立場でフリーザの召集命令に無視を決め込むべジータに、大丈夫なのかと尋ねている。

書誌情報[編集]

ラジオドラマ[編集]

ジャンプ専門情報番組「サキよみ ジャンBANG!」にて、2014年1月放送。集英社ヴォイスコミックステーションサイト「VOMIC」にて配信された。Web版は2014年2月より全4話が配信。

キャスト

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “鳥山明氏、13年ぶり新連載決定 タイトルは『銀河パトロール ジャコ』”. オリコンスタイル. (2013年7月1日). http://www.oricon.co.jp/news/ranking/2023773/full/ 2013年7月1日閲覧。 
  2. ^ a b “鳥山明 : 13年ぶりの新連載「銀河パトロール ジャコ」 13日発売のジャンプでスタート”. まんたんウェブ. (2013年7月1日). http://mantan-web.jp/2013/07/01/20130630dog00m200030000c.html?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed 2013年7月1日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f 「寺P『ジャコ』のすべてを探る!!」『Vジャンプ』2013年12月号、集英社、453-457頁。
  4. ^ MEN'S NON-NO』2014年1月号、集英社、187頁。
  5. ^ 『桂正和×鳥山明共作短編集 カツラアキラ』集英社〈ヤングジャンプ・コミックス〉、192-194頁。
  6. ^ a b c d 最強ジャンプ』2014年3月号ふろくコミック『ドラゴンボール エピソード オブ バーダック』の鳥山明一問一答から(これらは漫画では描かれていない)。

以下の出典は『集英社マンガネット S-MANGA.net』(集英社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

外部リンク[編集]

Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg 『銀河パトロール ジャコ』少年ジャンプ公式PV
YouTube:週刊少年ジャンプ公式が2014年4月3日にアップ