鳥嶋和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
とりしま かずひこ
鳥嶋 和彦
生誕 1952年10月19日(61歳)
新潟県小千谷市
国籍 日本の旗 日本
別名 マシリト
民族 日本人
出身校 慶応義塾大学
職業 雑誌編集者
活動期間 1976年 - 現在
団体 集英社
肩書き 週刊少年ジャンプ編集長
任期 1996年2月 - 2001年6月
前任者 堀江信彦
後任者 高橋俊昌
配偶者 あり
テンプレートを表示

鳥嶋 和彦(とりしま かずひこ、1952年10月19日 - )は編集者集英社専務取締役小学館集英社プロダクション取締役。新潟県小千谷市出身。

経歴[編集]

新潟県立小千谷高等学校を経て、1976年(昭和51年)、慶應義塾大学卒業。同年、集英社に入社し『週刊少年ジャンプ』編集部に配属され、以後一貫してジャンプ関連の雑誌・書籍の編集を担当。メインである漫画の編集はもとより、企画ページ(「ジャンプ放送局」「ファミコン神拳110番」など)の編集や連載漫画のメディアミックスにも才能を発揮(堀井雄二をゲームの世界に導くなど、『ドラゴンクエスト』誕生にも一役買っている)。その流れから、1993年(平成5年)には創刊編集長としてゲーム雑誌『Vジャンプ』を立ち上げた。

1996年(平成8年)2月には『週刊少年ジャンプ』の売上低迷を打破する切り札として、ジャンプ本誌に呼び戻され編集長に就任。『遊☆戯☆王』など連載作品のメディアミックスを精力的に推し進めた。前体制から続く発行部数下落傾向の結果、1997年(平成9年)には『週刊少年マガジン』に発行部数首位の座を奪われたものの、この頃から『ONE PIECE』や『NARUTO -ナルト-』などの新人作家のヒット作が再び出てくるようになった。以後2001年(平成13年)6月まで同誌の編集長兼発行人となった。鳥嶋が編集長兼発行人となったのは、前任者堀江信彦がジャンプと関係のない他部署に異動(その後退社)したため発行人に昇格できなかったのが原因で、週刊ジャンプの歴史上極めて異例であった。

その後、『週刊少年ジャンプ』『月刊少年ジャンプ』『Vジャンプ』を統括する第3編集部部長(取締役昇格後も2006年(平成18年)7月まで兼任)に昇格、週刊ジャンプでは発行人として引き続き名前を載せていた。2003年(平成15年)1月、鳥嶋の後任だった高橋俊昌が突然死した時は、追悼号となった2003年11号で1号だけ編集長兼発行人として再登板、高橋の追悼メッセージを掲載する。翌週からは当時副編集長だった茨木政彦を編集長に昇格させる人事を行った。週刊ジャンプ発行人としての氏名掲載は、2008年に茨木が後任の佐々木尚にバトンタッチするまで続いた。

その一方で週刊ジャンプ時代の優れたメディアミックス展開に対する評価からライツ事業部部長にも抜擢されて兼任し、2004年(平成16年)8月には集英社常勤取締役となる。2008年(平成20年)6月設立の小学館集英社プロダクション取締役を兼任[1]2009年(平成21年)8月には集英社常務取締役、2010年(平成22年)8月には集英社専務取締役に昇任[2]

編集者としての功績[編集]

編集者として多くの漫画家を発掘・育成しており、中でも鳥山明桂正和の2人が当人達の成功もあり特に有名。彼等は様々な場面で鳥嶋を恩師と呼んでおり、鳥嶋が『Vジャンプ』を立ち上げた際に連載を行うなどと繋がりが深い。鳥山については『Dr.スランプ』と『ドラゴンボール』の編集を、桂については『ウイングマン』の編集や『電影少女』の発案に関わっていた[3]

意に沿わない内容であれば原稿を容赦なく不採用・描き直し)にする鬼の編集者としても有名で、口癖の「ボツ!」は『Dr.スランプ』を始めとして多くの作品に登場し、鳥嶋本人の代名詞となっている[4]

ラブコメディ好きで、『ドーベルマン刑事』(連載後期の担当)での加納と三森、『Dr.スランプ』でのアラレとオボッチャマン(をはじめとした各種カップル)などにおいても登場キャラクター同士を恋愛関係に発展させることにこだわった。一方、元々恋愛沙汰を苦手としていた鳥山はこの姿勢に反抗し、千兵衛とみどりの結婚に至る過程および次作『ドラゴンボール』での孫悟空とチチの結婚に至る過程をあっさりさせたとのこと。その流れはブルマとベジータクリリンと人造人間18号に至るまで徹底されている。

マシリト[編集]

鳥山は『Dr.スランプ』の作中で、鳥嶋をモデルにしたキャラクターDr.マシリトを悪役として登場させている。名称は「トリシマ」を逆さに読んだものであり、以降、マシリトは鳥嶋のニックネームとなっている。Dr.マシリトは『ファミコンジャンプ 英雄列伝』(最終決戦の2人目の相手)や、後の『ジャンプスーパースターズ』『ジャンプアルティメットスターズ』にも登場している。『Dr.スランプ』の劇場版アニメには、Dr.マシリトが重要な役どころを担うものもある。

その後も『週刊少年ジャンプ』掲載作品には、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』のマトリフ、『とっても!ラッキーマン』のトリシマン、『幕張』の嶋鳥和彦など、鳥嶋をモデルとしたキャラクターが次々と登場した。ゲームソフト『桃太郎伝説シリーズ』・『桃太郎電鉄シリーズ』にも、彼をモデルにしたキャラ、天の邪鬼(あまのじゃく)が登場する。

また、『Vジャンプ』の読者コーナーにも総統マシリトが登場し、テレビ番組『ダンジョンV』のキャラクターにもなった。同誌連載中の『犬マユゲでいこう』では実名で登場しており、単行本には顔写真も掲載、ネタにされている。

特記事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社小学館集英社プロダクション発足”. 株式会社小学館、株式会社集英社、株式会社小学館プロダクション (2008年6月17日). 2011年7月31日閲覧。
  2. ^ 集英社(決算=5月期)”. 新文化. 2011年7月31日閲覧。
  3. ^ 桂正和 「桂正和インタビュー」『4C R-side』 集英社、1998年8月9日発行、ISBN 4-08-782762-3、69 - 77頁
  4. ^ 『Dr.スランプ』第8巻のおまけ漫画「ヤシの木はうごいた」では、漫画家の意に沿わない行動に対し「ボツにするぞ」と脅す場面もあった。