ジャンプフェスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャンプフェスタとは、集英社の雑誌『週刊少年ジャンプ』、『Vジャンプ』、『ジャンプスクエア』、『最強ジャンプ』(ジャンプフェスタ2012から。ジャンプフェスタ2007までは月刊少年ジャンプ)主催のジャンプ4誌合同イベント。略称は「Jフェス」。

概要[編集]

1999年からスタートし、毎年12月第3週の土日に幕張メッセにて開催される。開催直後は毎年8万から10万人を動員していたが、年々動員数が増え、近年では20万人弱で動員している。初回会場は、東京ビッグサイトであった。

ジャンプ系の漫画のグッズを先行/限定発売する「オリジナルグッズ販売ゾーン」、『週刊少年ジャンプ』の世界が体験できる「ジャンプ体感ワールド」、原画やサイン色紙の展示を行う「ジャンプ原画ワールド」アニメ化された作品に出演する声優などが出演する「ジャンプスーパーステージ」、ジャンプ漫画の世界観をモチーフにした飲食物を売っている「ジャンプ屋台村」などがある。また、ジャンプ漫画のライセンス社のブース(メーカーブース)が毎年20ブース以上も出展される。「コスプレ撮影許可エリア」にはコスプレイヤーも多くいる。

「オリジナルグッズ販売ゾーン」など発売された先行販売グッズは、後にジャンプショップで販売される場合がある。

ジャンプフェスタ20××と、年号表記が入るが、年末に行われることから翌年の年号を取り入れている。例をあげると、2010年12月に開催されるジャンプフェスタは「ジャンプフェスタ2011」と表記されている。

諸説の事情により、『週刊ヤングジャンプ』、『グランドジャンプ』等の青年誌系であるジャンプ雑誌は本イベントに参加しないが、『週刊ヤングジャンプ』や『ウルトラジャンプ』での連載作品でアニメ化された作品(例・『キングダム』)や、かって週刊少年ジャンプで連載され、アニメ化された作品(例・『ジョジョの奇妙な冒険』)については、ブースが設けられるときがある。

開催日程と主な展開[編集]

ジャンプフェスタ2000
初年度のジャンプフェスタ。会場は「東京ビッグサイト」であった。
ジャンプフェスタ2001
この年より会場を「幕張メッセ」へ移動。以降幕張メッセで開催されている。
ジャンプフェスタ2002
ジャンプフェスタ2003
幕張イベントホールにて『ジャンプ・スーパーアニメツアー2002』の東京大会が同時開催された。
ジャンプフェスタ2004
幕張イベントホールにて『ジャンプ・スーパーアニメツアー2003』の東京大会が同時開催された。来場者数は2日間で15万8189人[1]
ジャンプフェスタ2005
「集英社ブース」から「ジャンプ体感ワールド」「ジャンプ原画ワールド」という2つのブースに変更。「バザールゾーン」から「オリジナルグッズ販売ゾーン」へと名称変更。同年の「弘前ねぷた」で披露された「ドラゴンボール立ちネプタ」が会場で運行された。また、秋に開催された「ジャンプ検定試験」が19日午後にジャンプフェスタ内でも開催された。来場者数は2日間で15万9264人[1]
ジャンプフェスタ2006
来場者数は2日間で16万1134人[1]
ジャンプフェスタ2007
来場者数は2日間で15万5525人[1]
ジャンプフェスタ2008
月刊少年ジャンプ」から「ジャンプスクエア」となった最初のジャンプフェスタである。ONE PIECE連載10周年を記念した展開が多く、尾田栄一郎の描いた壁画を見る事ができた。来場者数は2日間で18万7208人[1]
ジャンプフェスタ2009
NARUTO -ナルト-連載10周年を記念した展開が多かった。来場者数は2日間で19万6536人[1]
ジャンプフェスタ2010
ジャンプスーパーステージ(メインステージ)の観覧が応募抽選による完全招待制となる。来場者数は2日間で18万1326人[1]
ジャンプフェスタ2011
BLEACH連載10周年を記念した展開が多かった。来場者数は2日間で16万5625人[1]
ジャンプフェスタ2012
『週刊少年ジャンプ』、『Vジャンプ』、『ジャンプスクエア』、『最強ジャンプ』のジャンプ4誌合同イベントとなる。株式会社ポケモン“新作”を引っ提げて初出展し、話題を集める。来場者数は2日間で16万3364人[1]
ジャンプフェスタ2013
当初『黒子のバスケ』関連イベントも予定されていたが、会場宛に脅迫状が届いたため中止になった[2]。来場者数は2日間で13万3523人[1]
ジャンプフェスタ2014
来場者数は2日間で約14万5000人[3]

主な参加企業[編集]

出展している企業のブースを総じて「メーカーブース」としている。

近年参加している主な企業[編集]

過去に参加したことのある主な企業[編集]

関連イベント[編集]

アニメツアー[編集]

ジャンプフェスタに関連し、秋頃(9月〜11月頃)に全国各地を巡回する形で開催されていた招待制のアニメ上映イベント。テレビアニメ化される前のパイロットフィルム的な作品も多い。開催年度によってツアー名が異なっている。

1985年開催『ジャンプ・スペシャルアニメ・大行進』
全国22都市で行われた。
1988年開催『ジャンプ・アニメ・カーニバル』
『週刊少年ジャンプ』20周年記念。全国30都市で行われた。
1994年開催『ジャンプ・スーパー・アニメツアー'94』
1998年開催『ジャンプ・スーパー・アニメツアー'98』
『週刊少年ジャンプ』30周年記念。全国25都市で行われた。
2002年開催『ジャンプ・スーパーアニメツアー2002』
2003年開催『ジャンプ・スーパーアニメツアー2003』
2004年開催『ジャンプフェスタ・アニメツアー2004』
2005年開催『ジャンプフェスタ・アニメツアー2005』
2005年9-10月に全国5会場で行われた。
2008年開催『ジャンプ・スーパーアニメツアー 〜ジャンプヒーロー大集結〜』
2008年9月21日-11月23日の期間で全国10会場で行われた(年号表記なし)。週刊少年ジャンプ創刊40周年を記念して、「DRAGON BALL」の新作が製作/上映された。
2009年開催『ジャンプ・スーパーアニメツアー2009』
2009年10月12日-11月29日の期間で全国5都市で行われた。
2010年開催『ジャンプ・スーパーアニメツアー2010』
2010年10月23日-11月21日の期間で全国5都市で行われた。
2013年開催『ジャンプ・スーパーアニメツアー2013』
2013年10月6日-11月24日の期間で全国5都市で開催された。

全国横断ジャンプスーパーイラスト展[編集]

2011年10月12日以降、東京以外の9都市(札幌市仙台市新潟市静岡市名古屋市大阪市広島市高松市北九州市小倉)で開催されたイラスト展。WJ・Vジャンプ・ジャンプSQ.・ジャンプSQ.19・最強ジャンプの連載作家陣のカラーイラストを無料で見られる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j MEDIA GUIDE 2013(PDF) 集英社AD NAVI
  2. ^ 『黒子のバスケ』スーパーステージ等中止のお知らせ (ジャンプフェスタ2013関連)ジャンプフェスタ公式サイト 2012年11月22日
  3. ^ ジャンプフェスタ2014:14万5000人が来場 1万人増”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2013年12月22日). 2013年12月23日閲覧。

外部リンク[編集]