鳥山明○作劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鳥山明○作劇場』(とりやまあきらマルさくげきじょう)は、集英社から発刊された漫画短編集。レーベルはジャンプ・コミックス

概要[編集]

鳥山明読み切り作品などを収録した漫画短編集。現在3巻まで出ているが、発行の間隔は非常に長く、VOL.1からVOL.2までは4年、VOL.2からVOL.3までは9年掛かっている。タイトルの「○作」は、「傑作」「駄作」など、読者が適当と思われる文字を入れてほしいとの意味で付けられた[1]

VOL.2収録の『剣之介さま』と『PINK』(『Pink みずドロボウあめドロボウ』)は、1990年夏の東映アニメフェア「鳥山明・ザ・ワールド」として『ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦』も含めた3本立ての短編映画としてアニメ化されている。

VOL.3収録の『貯金戦士キャッシュマン』は後にリメイク連載と短編アニメ化され、同じくVOL.3収録の『GO!GO!ACKMAN』は短編アニメに加えてスーパーファミコンゲームボーイでゲーム化された。

作品解説[編集]

VOL.1[編集]

1983年7月出版。ISBN 4088512618。おまけページに各作品執筆時のエピソードが漫画で描かれている。

ワンダー・アイランド
週刊少年ジャンプ』1978年52号掲載。15頁。
鳥山のデビュー作品。読者の人気はなく、ジャンプ誌上の読者アンケートでは最下位だった。
【ストーリー】 ワンダーアイランドをさまよう元特攻隊の古巣二飛層(ふるすにひそう)がなんとか空を飛んで日本に帰ろうと試みるが、そこでワンダーアイランドの住人ピーマンらと出会う。
ワンダー・アイランド2(-ツー)
『週刊少年ジャンプ』1979年1月25日増刊号掲載。15頁。
『ワンダー・アイランド』の続編だが、前作から引き続き登場するのはピーマンのみ。この作品に登場するハリー以外の警察官各メンバーや「スペシャル船(シップ)」は、後に連載される『Dr.スランプ』にそのままの姿で登場する。
【ストーリー】 アメリカのロス・アンギラス市(架空の都市)の警察のハリー・センボン刑事が、署長の命令により、銀行強盗を追ってワンダーアイランドへと渡る。
ギャル刑事トマト(ギャルデカトマト)
『週刊少年ジャンプ』1979年8月15日増刊号掲載。15頁。
警察署を舞台とした漫画である。鳥山の担当編集者だった鳥嶋和彦の案により少女を主人公とした結果、読者人気はこれまでの作品と比べると高かった。この作品の評価を受け、この後少女ロボットを主人公とした『Dr.スランプ』の連載が始まる。
【ストーリー】 マイペースな18歳の少女、赤井十真都(あかいとまと)が新人婦警として活躍する。
また赤井十真都は『ドラゴンボール』のアニメの第44話にも一瞬だけ登場している。
POLA&ROID(ポラアンドロイド)
『週刊少年ジャンプ』1981年17号掲載。45頁。
『週刊少年ジャンプ』で当時行われていた「愛読者賞」作品のひとつ。この作品はエントリーしていた10作品の中で一等賞に選ばれた。『Dr.スランプ』のニコチャン大王がゲスト出演している。時間の都合で全部サインペンで描かれているために他の作品とはタッチが異なっている。一等の褒美として、鳥山はヨーロッパ旅行に行くこととなった。
【ストーリー】 人工惑星ヤカンダガヤの宇宙タクシードライバー・ロイドが、天然惑星コンガラガッタの自称正義の味方の少女・ポラと出会い、ガガンボ帝国を相手に戦いを繰り広げる、というギャグ漫画。
MAD MATIC(まっどまちっく)
『週刊少年ジャンプ』1982年12号掲載。45頁。
鳥山2度目の「愛読者賞」作品。タイトルの由来は映画『マッドマックス』。『マッドマックス2』にヒントを得て描かれた[2]
【ストーリー】 喉が渇きビールを求めてさまよっていた男が、巨大な冷蔵庫を守る女性ニベアと幼女ムヒの元を訪れるが、不注意から冷蔵庫に封印されていたドラゴンが復活する。
CHOBIT(チョビット)
『週刊少年ジャンプ』1983年10号掲載。45頁。
鳥山3度目の「愛読者賞」作品。全45頁を15ページずつ分割し、3話構成としている。
【ストーリー】 トントン村というド田舎に住む頼りない駐在の山野麦文(やまのむぎふみ)のもとに、ちっちゃい身体を持った少女宇宙人のチョビットが訪れ、超能力で彼をサポートする。
CHOBIT2(チョビットツー)
フレッシュジャンプ』1983年6月号掲載。18頁。前作同様、人気はいまひとつだったとおまけで語られた。
『CHOBIT』の続編であるが、舞台を田舎の村からアメリカ風の町へと移している。
【ストーリー】 前作の主人公、山野麦文がチョビットや妹たちとともに大都会タンタンタウンを訪れ、町の警察官としてパトロールをする。

VOL.2[編集]

1988年3月出版。ISBN 4088514696。おまけページでは、鳥山が漫画家になるまでのいきさつが本人の直筆によって描かれている。

本日のハイライ島(ほんじつのハイライとう)
『週刊少年ジャンプ』1979年4月20日増刊号掲載。15頁。
VOL.1の『ギャル刑事トマト』の前に描かれた作品。後に始まる『Dr.スランプ』のペンギン村、木緑あかね、山吹みどり、ヤギ医院などと酷似した舞台やキャラクターが多数登場している。
【ストーリー】 ハイライ島中学校に通う少年カン太が給食を独占しようとしたところ、虫歯により歯痛に見舞われ、医者に見てもらうことになる。
ESCAPE(エスケイプ)
『週刊少年ジャンプ』1982年1月増刊号掲載。5頁。
カラーで描かれた5ページ漫画。
【ストーリー】 惑星ウメコブチャを舞台に鬼ごっこが繰り広げられる。
PINK(ピンク)
『フレッシュジャンプ』1982年12月号掲載。31頁。
詳細は『PINK』の項を参照。
騎竜少年(ドラゴンボーイ)
『フレッシュジャンプ』1983年8月号、10月号掲載。其之壱15頁、其之弐21頁。
古代中国のような世界を舞台とした話である。中国風の世界観や、主人公が女性を知らないという点、他人や物体に変身できる生物が登場する点など、後に連載が開始される『ドラゴンボール』の初期設定と共通している。
【ストーリー】 仙(せん)の国で修行を積んだカンフー少年唐童(たんとん)が、華(か)の国の戦から逃亡した姫を祖国に送り帰すために旅をする。
トンプー大冒険(-だいぼうけん)
『週刊少年ジャンプ』1983年52号掲載。45頁。
冒険物語。しゃべる太陽や奇妙な恐竜が脇役として現れるなど『Dr.スランプ』のテイストを一部引き継いでいるが、ホイポイカプセルに酷似した「いろいろカプセル」の登場や後半のバトルシーン、ブルマに酷似したヒロインキャラクター「プラモ」など、後の『ドラゴンボール』に受け継がれる要素も含んでいる。
【ストーリー】 宇宙偵察船「プラネット12号」の爆発から逃れた地球のサイボーグ少年トンプーが、休憩のために降り立った星で、地球人の少女プラモと出会う。2人は地球に帰るため、宇宙人の宇宙船を奪おうとする。
Mr.ホー(ミスター・ホー)
『週刊少年ジャンプ』1986年49号掲載。25頁。
『ドラゴンボール』連載中に描かれた読切作品。
【ストーリー】 北の国出身の元兵士ミスター・ホーは、町の女性に一目ぼれしたところ、車が木に激突し故障。近くの町を訪れたホーは悪事の限りを尽くすチャイ一味の話を聞き、さらわれた女性を救うため一味と戦う。
剣之介さま(けんのすけさま)
『週刊少年ジャンプ』1987年38号掲載。17頁。
詳細は『剣之介さま』の項を参照。
SONCHOH(そんちょう)
『週刊少年ジャンプ』1988年5号掲載。18頁。
鳥山いわく、SUZUKIジムニーが描きたかっただけの話[3]
【ストーリー】 些細な悪事も見逃さないポンポン村の村長が、空き缶を投げ捨てた男の車を追跡する。

VOL.3[編集]

1997年8月出版。ISBN 4088720539。VOL.1やVOL.2とは表紙のデザインやロゴは異なっている。

豆次郎くん(まめじろうくん)
『週刊少年ジャンプ』1988年38号掲載。17頁。
田舎の農村を舞台としている作品。『剣之助さま』の続きを依頼されたが、「気に入った作品だからいじりたくない」という理由から作られた。
【ストーリー】 わんぱくな6歳の少年・金時豆次郎。元プロレスラーの父親にアイスクリームを取られたことから、グレて不良になる決意をし、都会に住んでいた少年に不良について聞きに行くことにする。
空丸くん日本晴れ(からまるくんにほんばれ)
『週刊少年ジャンプ』1989年13号掲載。19頁。
【ストーリー】 山奥で修業を積む少年忍者・空丸が、病気の祖父に代わって松茸を売りに街に出る。そこで自称・忍者の泥棒と出会うのだが、悪党三人組に松茸を奪われてしまう。
貯金戦士CASHMAN(ちょきんせんしキャッシュマン)
週刊少年ジャンプ増刊『ブイジャンプ』に連載。
詳細は『貯金戦士キャッシュマン』の項を参照。
DUB&PETER1(ダブとピーター1)
Vジャンプ』1992年11月12日号から1993年4月4日号まで連載。「ウルトラコンピュータ」を積み頭脳を持つ車「ピーター1」を乗り回す青年ダブと相棒のピートが主人公。
GO!GO!ACKMAN(ゴーゴーアックマン)
『Vジャンプ』に連載。
詳細は『GO!GO!ACKMAN』の項を参照。

鳥山明○作劇場「改」[編集]

SHUEISHA JUMP REMIXレーベルにて発刊されたコンビニコミック。改は「あらため」と読む。表紙はオリジナルと異なる。

  • 鳥山明○作劇場「改」 其の壱:2003年6月出版。ISBN 4081064342
  • 鳥山明○作劇場「改」 其の弐:2003年7月出版。ISBN 4081064598
  • 鳥山明○作劇場「改」 其の参:2004年6月出版。ISBN 4081066922

鳥山明 満漢全席[編集]

VOL.3までの収録作品を2冊に再構成した文庫版(集英社文庫)。壹にオールカラーで『LADY RED』、貮に『宇宙人ペケ』を追加収録。貮には鳥山の2008年時のインタビューも追加され、読み切りに対する心境が掲載された。

LADY RED(レディー・レッド)
スーパージャンプ』創刊2号(週刊少年ジャンプ1987年4月10日増刊号)掲載。3頁。
オールカラーの作品。アメリカン・コミックスのコマ割り・ページ構成を踏襲しているため、読み順が普通の漫画とは左右逆である。1993年から1995年にかけて、川崎市市民ミュージアムをはじめ全国各地で開催されたイラスト展示会「鳥山明の世界」に展示され、その図録に再録された。2008年には『スーパージャンプ』21号の別冊付録にも再録された。
【ストーリー】 悪を憎むあまり正義の使者になったレディー・レッドが、挫折を経て性技の使者になるまでを描く。
宇宙人ペケ(うちゅうじんペケ)
『週刊少年ジャンプ』1996年37・38合併号、39号掲載。
【ストーリー】 地球を偵察に来た宇宙人ペケは、水が豊富な超A級の星であることを知り有頂天になるが、宇宙船から誤って落ちてしまい、宇宙船が地球のどこかへ飛んでいってしまう。地球で宇宙船を探している最中、ある一家と出会う。

脚注[編集]

  1. ^ 鳥山明『鳥山明○作劇場 VOL.1』表紙そで。「傑」の文字は小さく書かれている。
  2. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集『鳥山明 THE WORLD』71頁。
  3. ^ 『鳥山明○作劇場「改」』其乃参 30ページ