Cobalt (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Cobalt』(コバルト)は集英社発行の少女向け隔月刊雑誌。1982年に『小説ジュニア』がリニューアルする形で創刊した。

概要[編集]

1982年6月号まで発行された『小説ジュニア』をリニューアルする形で、同年8月発行の夏号から創刊。1989年夏号まで季刊で発行したあと、同年10月号から隔月刊となった。以降2008年6月号まで偶数月号として発行してきたが、同年8月号を休み、9月号から奇数月号となった(従って、2008年(第27巻)は5号しか発行されていない)。

読者層は主にティーンエイジャーを中心とした少女・女性層。なお、近年では読者は10代少女だけでなく、OG読者層やにも広がっている。

「作家は読者が育てるもの」という方針から、新人作家の育成の場としての要素も備えており、小説ジュニア時代の「青春小説新人賞」に引き続き、創刊翌年からコバルト・ノベル大賞として新人賞も実施している。久美沙織藤本ひとみ山本文緒図子慧など、コバルト誌上で少女小説によって頭角を現し、のちに一般向けの小説を書くようになった作家も多い。また逆に、赤川次郎新井素子など、すでに著名な活動を行っていた作家が筆を執ることもあった。あるいは谷山浩子のようなミュージシャン兼小説家が、エッセイを書いていたこともあった。

扱う作品のジャンルは、空想系や古典系のファンタジーSF、現代社会や学園もの、謎解きミステリー百合系BL系など幅広い。

年代毎に主流やブームの傾向がはっきりしているのも特徴で、1980年代は学園もの青春恋愛もの、1990年代になると前田珠子桑原水菜らの登場でファンタジーが主流になった。

2000年頃からは主流など関係なく、今野緒雪の『マリア様がみてる』や、谷瑞恵の『伯爵と妖精』などの作品がヒットし、メディア化もされて、同誌の看板作品となっている。

別冊コバルト[編集]

1987年新春号~1989年4月20日号まで、計5冊の『別冊Cobalt』が刊行された。この頃の本冊がB5版で厚さ1.3cm程度だったのに対し、『別冊Cobalt』はA5版で厚さ1.8cmほどであった。これは、『野性時代』や『新潮』などの版形に近く普通の文芸雑誌のような体裁で、内容も『Cobalt』よりやや上の年齢層に向けたものが多く、すべて読みきり作品で構成されていた。

その後数年のときを経て、2007年8月と2008年6月にも刊行された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]