Cocohana

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ココハナ
Cocohana
ジャンル 少女漫画雑誌
読者対象 大人の女性
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 500円(通常号)
出版社 集英社
編集部名 Cocohana編集部
雑誌名コード 377
刊行期間 『コーラス』
1994年5月28日 - 2011年9月28日
『Cocohana』
2011年11月28日 -
発行部数 78,834部(2012年10月1日 - 2013年9月30日日本雑誌協会調べ)
レーベル ヤングユーコミックス、コーラス・クイーンズコミックス
ウェブサイト Cocohana ココロに花を。

Cocohana』(ココハナ)は、集英社が発行する大人の女性を対象読者とする日本少女漫画誌レディースコミック誌ではない)。月刊。発売日は前々月28日(日曜日の場合はその前日)。キャッチコピーは「ココロに花を」。

概要[編集]

前身は1994年創刊(『ザ・マーガレット』増刊としての発刊は1992年)の『コーラス』で、2011年11・12月合併号の別冊付録『Cocohana』0号(創刊準備号)を経て2012年1月号(2011年11月28日発売)より現在の雑誌名へ改題・新装刊した。雑誌コードは『コーラス』のものを継承しているが、通巻号数については『コーラス』時代の巻号をリセットして2012年1月号を「1巻1号」としている。

沿革[編集]

  • 1992年 - ザ・マーガレット特別編集2月増刊『コーラス』として創刊。
  • 1993年 - 4月増刊、10月増刊を発行。
  • 1994年 - 5月28日、月刊誌として新創刊(7月号)。キャッチコピーは「少女まんがもオトナになる」。大人の女性が少女だった頃の人気漫画家(代表は一条ゆかりくらもちふさこ槇村さとる)の作品を掲載し、読者・作者共に年齢に合った作品を読め、描ける雑誌を目指す。
  • 2002年 - 2月にリニューアル(4月号)。執筆陣を変え、冊子がより薄くなる。新しくマスコットのおんぷちゃんが登場。
  • 2005年 - 11月、『ヤングユー』の休刊に伴いリニューアル(2006年1月号)。『ヤングユー』の連載作品の一部が引き継がれ、執筆陣が変わる。
  • 2011年 - 9月28日に発売された11・12月合併号が『コーラス』としての最終号となり、11月28日発売の2012年1月号より雑誌名を『Cocohana』へ改題・新装刊。
  • 2013年 - 11月28日に発売された2014年1月号が、ふろく付き通常版とふろく無し縮小版の2種類の形態で発売される。違いはふろくの有無のみで、縮小版が100円安い[1]

主な掲載作品[編集]

現在[編集]

過去[編集]

増刊[編集]

別冊コーラス
季刊。
ティアラ
『コーラス』『YOU』『ヤングユー』『COBALT』の共同編集だが、『コーラス』の増刊。1996年創刊。同じく集英社の『月刊ティアラ』とは異なる雑誌である。

コーラス・コミック・アワード[編集]

コーラス・コミック・アワードは、『コーラス』が行う漫画新人賞。プロ・アマは問わず、他誌で描いている漫画家でも応募が可能である。

発行部数[編集]

  • 2003年9月1日 - 2004年8月31日、151,250部[2]
  • 2004年9月 - 2005年8月、145,833部[2]
  • 2005年9月1日 - 2006年8月31日、164,583部[2]
  • 2006年9月1日 - 2007年8月31日、162,916部[2]
  • 2007年10月1日 - 2008年9月30日、160,417部[2]
  • 2008年10月1日 - 2009年9月30日、150,417部[2]
  • 2009年10月1日 - 2010年9月30日、136,250部[2]
  • 2011年10月1日 - 2012年9月30日、98,364部[3]
  • 2012年10月1日 - 2013年9月30日、78,834部[3]

脚注[編集]

  1. ^ ココハナ : 付録なし100円引きで異例の縮小版 女性誌に続きマンガ誌でも”. MANTAN WEB : 毎日新聞デジタル (2013年11月28日). 2013年11月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 日本雑誌協会マガジンデータによる。前身誌『コーラス』のデータ。
  3. ^ a b 日本雑誌協会マガジンデータによる。

外部リンク[編集]