ドラゴンボールZ (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドラゴンボールZ
ジャンル 3D対戦アクションゲーム
対応機種 PlayStation 2
ニンテンドーゲームキューブ
開発元 ディンプス
発売元 バンダイ
人数 1~2人
メディア DVD-ROM1枚
発売日 2003年2月13日
2003年11月28日(GC版)
2004年9月16日(Best版)
売上本数 50万本以上
テンプレートを表示

ドラゴンボールZ』(ドラゴンボールゼット、DRAGON BALL Z/龍珠Z)は2003年2月13日ディンプスが開発しバンダイから発売された3D対戦アクションゲームである。

同年の11月28日ニンテンドーゲームキューブ版が発売された。

概要[編集]

据え置き機では『ドラゴンボール FINAL BOUT』以来から約6年振りの発売となった『ドラゴンボール』のゲーム作品。OPムービーはアニメ版『ドラゴンボールZ』の初代オープニングをフルポリゴンで再現したものとなっている。原作の魔人ブウ編から登場したキャラクターは隠しキャラであるグレートサイヤマン以外は収録されていない。ストーリーモードもセルを倒した時点でEDとなる。

基本操作とシステム[編集]

(以下の例はキャラクターが右を向いているときである)

十字キーとパンチ(□)・キック(△)・気功波(○)・ガード(×)で構成、また左右のスティックに同方向に割り当てられている。 L1キーと一緒に入力すると軸移動が可能。

体力ゲージのほかに気力ゲージ(最高7本)が存在し、気功波や必殺技を使用する際には一定のゲージを必要とする。

特殊操作や防御法等[編集]

チャージ攻撃
(方向キーを入れながら)□+△押しっぱなしor特定の攻撃でボタン押しっぱなし。相手を吹っ飛ばす他ガード不能効果を持った攻撃。
バーストモード
チャージ攻撃がお互いにぶつかり合うと発動。相手と激しく殴りあい、右スティックとあらゆるボタンを多く入力した方が勝利。
受け身
相手に吹き飛ばされた時、着地寸前に防御。
気力溜め
×ボタンを押しながら背中方向に方向キーを2回。
弾き/弾き返し
気功波が当たる直前に×ボタン。タイミングが良ければ弾き返せる。
変身
スキルに明記された条件を満たし□+△+×。攻撃力が上昇するが気力ゲージが下がる、一定の値まで下がりダウンすると変身が解ける。
挑発
□+△+×+○。相手の気力ゲージを一本減らすことが出来る。
受け身
相手に吹き飛ばされた時、着地寸前に×。

e.s.sシステム[編集]

スキルとはそれぞれのキャラクターが持つ能力を表す。 スキルはホイポイカプセルの中に入っており、ストーリーやスキルショップで購入することにより増える。 使用可能な各キャラクターのカスタムトレーにスキルを装備する事によりそのスキルが使用可能になり、究極技や能力が上昇する。

能力系
変身や必殺技のスキル。
体術系
連続攻撃や投げ技のスキル。
補助系
仙豆や超神水等の補助アイテム。

ゲーム内容[編集]

ストーリーモード
ドラゴンボールのストーリーをサイヤ人編からセル編までを追体験できる。2周目からは孫親子の視点だけでなく、ピッコロ、ベジータ、そしてフリーザ、セルのゲームオリジナルストーリーが楽しめる。
対戦
1P VS Com
1P VS 2P
Com VS 2P
Com VS Com
天下一武道会
「初級」「中級」「上級」に分かれる。優勝すると特殊スキルや優勝賞金が手に入る。
練習
技などの練習できる。
スキル編集
スキルを買ったり、セットしたりできるモード。
オプション
難易度、画面設定、コントローラの配置等の設定が出来る。
LEGEND of Mr.Satan
ミスター・サタンを操作しサタン道を守りつつ、セルゲームの邪魔をする「ワケのわからない奴ら(Z戦士)」とセルを撃破していくモード。

使用キャラクター[編集]

CPU専用キャラクター[編集]

その他の登場キャラクター[編集]

主題歌[編集]

エンディングテーマは「CHA-LA HEAD-CHA-LA」のインストゥルメンタルバージョン。

予約特典[編集]

  • 四星球」(PlayStation 2版)
  • 「五星球」(ニンテンドーゲームキューブ版)

関連商品[編集]

攻略本
  • ドラゴンボールZ 限界突破の超戦士たち!!! - 集英社、2003年2月
関連CD

関連項目[編集]

外部リンク[編集]