野沢雅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
のざわ まさこ
野沢 雅子
プロフィール
本名 塚田 雅子(旧姓名:同じ)
愛称 マコさん
性別 女性
出生地 日本の旗 日本東京府東京市荒川区日暮里
8歳 - 18歳(群馬県沼田市
横浜市
生年月日 1936年10月25日(77歳)
血液型 O型
身長 157cm
職業 声優女優歌手ナレーター
事務所 青二プロダクション
配偶者 塚田正昭
声優活動
活動時期 1950年代 -
ジャンル アニメ吹き替えナレーション
女優活動
活動時期 1939年 -
ジャンル テレビドラマ映画舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

野沢 雅子(のざわ まさこ、1936年10月25日 - )は、日本声優女優ナレーター。本名:塚田 雅子(つかだ まさこ、旧姓名:同じ)。所属事務所青二プロダクション劇団ムーンライト主宰。

東京市荒川区出身。身長157cm、血液型O型。役者仲間からの愛称はマコさん。夫は同じく声優の塚田正昭

声優としての代表作に『ゲゲゲの鬼太郎(1作目、2作目、墓場鬼太郎)』(鬼太郎)、『銀河鉄道999』(星野鉄郎)、『ドラゴンボール』シリーズ(孫悟空孫悟飯孫悟天)、『ど根性ガエル』(ひろし)など[1]

人物紹介[編集]

声優業の創生期から活躍しており、青二プロダクション創設メンバーの1人である。現在は声優業の傍ら劇団ムーンライトの主宰・演出をも手がけている。また、テレビ番組にも出演する機会が増えている。

オフィス野沢時代のマネージャーは、現役時代共演も多かった元声優・吉田理保子。叔母の佐々木清野は松竹蒲田の女優。父は画家(誠和画廊)の野沢蓼洲(りょうしゅう)。

来歴[編集]

3歳のとき、子役として映画デビュー[2]。父が尾瀬を描いた作品で日展に入選、その縁で群馬県に移り住み小学3年生から高校卒業までを過ごす。中学の時に劇団に入り、学校が休みになると東京で女優の仕事を行うという日々を送る。

高校は群馬県立沼田女子高等学校に在学。高校生時代は、バスケットボール陸上競技ソフトボールなどのスポーツに励む生徒だったという[3]

高校卒業後、上京し本格的に芝居に打ち込むようになる。また、劇団の経営を支えるため、10代の終わり頃には声優業も始める。ただし、当時は声の吹き替えも生放送だったため、正確な声優業デビュー作品は本人も覚えておらず不明である。

アニメデビュー作は、『鉄腕アトム (アニメ第1作)』だが、資料が少なく役柄は不明。初主演作は『ゲゲゲの鬼太郎(第1作)』(鬼太郎役)となる。

1969年の設立当初から青二プロダクションに所属していたが、その後81プロデュースに移籍。長きにわたって在籍したが、2006年4月1日に「オフィス野沢」を設立し、独立した。 2012年4月30日にオフィス野沢が廃業となったため、同年4月1日から再び青二プロダクションに所属となった。

2013年、第7回声優アワード「功労賞」を受賞[4]

姿勢[編集]

野沢が新人のころのアフレコは録音機材が発達していなかったため、収録中にNGを出すと最初からすべて録り直しとなった。そのため新人時代の野沢は、NGを出したとき「(申し訳なさで)気を失いそうになった」と述べている。簡単にNGを出す最近の若手声優に対し「緊張感が足りない」と苦言を呈している。『徹子の部屋』に出演した際も、同じくテレビ草創期から活躍し「『NG大賞』なんて、当時の感覚からしたら信じられない」という黒柳徹子と、NGの重みについて語りあった。

「キャラクターのイメージを壊す」ということでテレビに顔出し出演を拒む声優も多いが、野沢は基本的に顔出し出演を拒むことをしない。アニメに関する番組だけではなく、バラエティ番組などにも出演している。生放送の『笑っていいとも!』にも顔出し出演し、キャラクターの声を披露している。アニマックスで放送されたトーク番組『創ったヒト』では第一回放送のメインゲストとして迎えられ、司会進行のケンドーコバヤシと自身が過去に出演した作品についてのトークを繰り広げた。

自宅がもらい火で半焼した時さえも「仕事に穴をあけるわけにはいかない」と近所から服を借りてスタジオに行き、火事のことはスタッフ・共演者の誰にも告げずにアフレコに臨んだ[2]。また、草尾毅は「体調が悪くても、一言も弱音を口にしない方」と語っている。

関智一が野沢に芝居を習っていたころ、生徒の間でお遊びとして「関が悟空の物真似ができる」と話題になった際、それを聞いた野沢は、その物真似を芝居の一環として真剣に聞き、関の物真似に対する評価と分析をしたという。関はその出来事を「生徒の遊び心にも真摯に対応してくれた」として語っている[5]

長年「一番印象的な役は?」という質問には「どれを選ぶということはできない」と答えるスタンスをとっていたが、2005年のインタビューでは『ドラゴンボール』シリーズの孫悟空悟飯悟天、『ゲゲゲの鬼太郎』(1期-2期、墓場鬼太郎)の鬼太郎、『銀河鉄道999』の星野鉄郎の3役だけは欠かせないと語った。

役柄[編集]

少年役[編集]

ある洋画を生アフレコでTV放送することになった際、時間帯から子役を使うことができないため、解決策が必要となった。そのひとつとして番組のプロデューサーが「女性の声帯が子供の声帯に近いのではないか」という意見を出し、オーディションが行われ、野沢が選ばれた。以後子供キャラクターの吹き込み、吹き替えなどは、主に女性が担当するということが定着し、少年役の依頼が頻繁に来るようになった[2](後に出てきた神谷明が『荒野の少年イサム』『バビル2世』と2度も主役の少年役を務め、今でも神谷とはこの話になると苦笑し話題が絶えないという)。

少年役を数多く演じており、『ドラゴンボールZ』では孫ファミリー3役をはじめ劇場版・TVスペシャルを含めると計6役を演じた。後にOVA『戦ー少女イクセリオン』においても1人4役を演じている。役により声の抑揚、高低、強弱などを全て使い分けている。

女性・老婆役[編集]

少年役と並行して、『ONE PIECE』のDr.くれは、『愛少女ポリアンナ物語』のパレー、『ぜんまいざむらい』のだんごやおばば、『ふたりはプリキュア』の雪城さなえなど、中年女性や老婆役も演じている。

洋画の吹き替えでは、『普通の人々』のメアリー・タイラー・ムーアや『ミッシング』のシシー・スペイセクなど母親役や中性的な雰囲気の女性を担当している。

少女役[編集]

吹き替え・アニメを通し、『オズの魔法使い』のオズマ姫役が、主要キャラクターでは唯一の少女役となっている。しかし、オズマ姫は少年の姿で登場し、最後に元の少女の姿に戻るという役どころであり、実質的には少年役に位置する。

インタビューなどで「お姫様の役をやってみたい」と発言することが時々ある(『コサキンでワァオ』より)。また、人形劇『ざわざわ森のがんこちゃん』では、ケロちゃんというカエルの女の子を演じている。

アタックNo.1』では、卑怯で気が強い女子高生、飛垣を演じた。また飛垣の他にもサブキャラクターで女子高生役を演じている。

ラジオ番組『野沢雅子がよむこどもの詩 きのう・きょう・ずーっとあした』では少年役のほか、アニメではあまり演じない少女役も演じている。

ゲゲゲの鬼太郎[編集]

初めて鬼太郎の声を担当した人物であり、野沢にとっては初めての主人公役であった。本人も印象的な役の一つであると語っている。後に出演した『オールナイトニッポン』でも、思い入れのある役として、時には鬼太郎になりきりながら軽快に語っていた。

放映当時、原作者の水木しげるの趣味の「墓場の散歩」に触れ、「私もお墓を散歩するのが好きなんです」とコメントしている。

作品は5度のアニメ化をはじめ、何度も音声・映像化されているが、テレビまんが版を含めて、2008年現在の累計では、野沢がもっとも多く鬼太郎を演じている。2007年8月にNHKにて放送された『鬼太郎が見た玉砕 〜水木しげるの戦争〜』では、数年ぶりに当時のメンバーで絵のついた鬼太郎の声を、極わずかながらも演じた。『墓場鬼太郎』においても、声を担当している。新作の『鬼太郎』が放映されると、必ず第一話を見るという。

『ゲゲゲの鬼太郎』第三期においては、キャストが一新され、主役の鬼太郎役も戸田恵子に変更された。これに対して、野沢は当初がっかりしたが、その後『ドラゴンボール』で孫悟空役に決定。当時は、同じ局系列で2作品の主役はできないという不文律があり、このキャスト一新がなければ野沢が孫悟空を演じることはできなかったため、「今思うと凄くツイていた」と振り返っている[2]

戸田恵子は、当時大先輩の役を引き継ぐということでプレッシャーを感じていたという。40周年映画で鬼太郎が勢揃いした際は「野沢さんが来るからオファーを受けた」と冗談めかして語っている。

怖いものが好きで、墓場鬼太郎を演じる際、デザインも性格も以前のものと違う貸本時代の不気味な鬼太郎を見て、逆に「可愛い」と思ったという。本来の鬼太郎に関しては「正義感が強く、普通の可愛い男の子」と考えているという。

銀河鉄道999[編集]

銀河鉄道999』アニメ化の際、キャストのオーディションで選考のために居合わせていた原作者の松本零士が、野沢の声を聞いて「鉄郎はこの声だ」と言ったことで決定となり星野鉄郎役に抜擢されたという。

あるとき、メーテル役の池田昌子が機嫌を悪くしていたので理由を聞いたところ、他の女の人と仲良くしゃべっていたからと言われた。野沢自身もいつの間にか、池田が男性と仲良くしゃべっているのを見ると不機嫌になるほど、役にシンクロしていったという[2](『徹子の部屋』のゲスト出演時およびNHK BS2『週刊お宝TV』スペシャルでの宇宙特集で『銀河鉄道999』が取り上げられた際のインタビューにて)。

池田と野沢は現在でも顔をあわせると、つい「鉄郎」「メーテル」と互いを呼び合ってしまうという[2]

後述にある、神谷浩史がアシスタントを務めたラジオにゲスト出演する時に「破格のギャラでも来てくれる友人を呼んでください」と言われ、野沢は松本零士を呼び、スタッフを驚かせた。

ドラゴンボール関連[編集]

『ドラゴンボール』シリーズにおいて、次回予告の前フリとして使用されていた「オッス、オラ悟空!」というセリフは、元々野沢がアドリブとして発言したものである。

メインキャラクターのキャスティングはほとんどが指名だったため、オーディションで決まったのは野沢とブルマ役の鶴ひろみだけだった。オーディションは役者の名前シールを外したテープを聞いて行われたが、原作者・鳥山明が野沢が演じた悟空を聞いた際「悟空だ」と感じたことで決まったという。

声優に疎かった鳥山は「あんなに大活躍している方だとは思わなかった」と、野沢の著書で語っている。ほかには「漫画を描いていると、悟空が野沢さんの声でしゃべってくる」「悟空の声は、今では野沢さん以外には考えられない」とも語っている。野沢は『Dr.スランプ』の絵を見た時から「可愛い絵を書く漫画家さんだなぁ」と鳥山作品を好きになり、『ドラゴンボール』のオーディションで悟空を見た時は「かわいい、絶対やりたい」と思いオーディションに臨んだという。

その時点での役柄になりきるため、事前に原作を読まずにアフレコに挑んでいた[2][注 1]。スタジオにいるスタッフや出演者が、原作の先の展開を話そうとすると「野沢さんは読んでいないから」と止めが入っていたという。また出演者には、野沢に同調する形で、原作を読まずにアフレコに挑むメンバーも多かった。

悟空らの代表的な必殺技であるかめはめ波を放つシーンのアフレコの際、野沢自身もかめはめ波を発射するポーズを取りながら発声しているのだという。それに伴い、悟空らの声の収録はいつもパンツスタイルで臨むという。「スカートだと足が開けなくて気合が入れられない」と野沢本人がその理由を語っている。

フランスでも『ドラゴンボール』が大ヒットし、フランスのテレビ局に野沢がゲストで呼ばれ当地の声優と共演でアフレコする企画があった。その際、野沢はコンマ秒単位でセリフを合わせるアフレコ技術を披露した。

本放送以外での悟空の声について[編集]

野沢の姪が、友達に伯母が悟空の声を担当していると言ったところなかなか信じてもらえず、野沢に電話を掛け「友達に悟空の声で自己紹介をして欲しい」と頼み込んできた。普段、野沢は仕事以外で悟空の台詞をしゃべることは断っていたが、姪の頼みとあって承諾し、電話に出た友達に「オッス! オラ悟空! よろしくな」と言った。しかし、野沢にアニメのキャラクターの台詞を頼むのは親戚内ではご法度とされており、姪はこれを知って激怒した母親にひどく叱られ、以後同様の出来事はなかったという。講談社発行の『トリビアの泉?へぇの本?』第VIII巻のトリビアNo.459にこのエピソードについての詳細が書かれている。

林原めぐみの著書『明日があるさ?SWEET TIME EXPRESS』によると、『ドラゴンボール』を放映しているころ、林原は作品の大ファンだった甥の偏食に悩み、野沢にお願いして孫親子3人から甥へのメッセージテープを作成した。3人が「野菜を食べて強くなろう」と語りかけたが、甥は「ヤダ!」と拒否し、林原は「あんたは悟天君が言っても食べないの!?」と叱ったという。

あるとき、白血病にかかった少年の親から野沢に向けて、「息子は『ドラゴンボール』のファンだが、医者からは余命1ヶ月と言われている。どうか息子に力を貸してほしい」との手紙が来た。そこで、野沢は鶴ひろみ、古谷徹田中真弓ら共演者にも呼びかけ、「次の映画を絶対見に来い」「待ってる」などキャラクターの声で励ましのメッセージテープを送った。少年は半年持ちこたえ、映画を観賞したあと他界したという[要出典]

また、共演者の一人でもあった内海賢二が病死した際、彼女は孫悟空の口調で「オッス、オラ孫悟空。おい、おめぇ、どうしたんだよ。神龍だろ?だから頼むぜ。こっちの世界に来いよ。頼むぜ、みんなを見守ってくれよな」と涙ながらにしゃべった。

演じ分けについて[編集]

悟空の息子である悟飯も演じることを『ドラゴンボールZ』1話のアフレコ収録当日に知らされ、非常に驚いたという。野沢本人は悟飯・悟天も演じることになるとは全く考えていなかったらしい。スタッフは「悟空の息子だから野沢さんで」と、決めたという。

演じ分けについて、「三人は一見似ているようだけど育った環境が違う[注 2]ので、そんなに大変ではないし、絵を見るとすっと役に入れる」と語っていた。野沢いわく、悟空と悟天はやや似ている部分があるが、悟天には親がいることで違いを出しているとのこと。また超サイヤ人に変身した悟空や悟飯を演じる際は、低めのクールな声質に変え演じている。

一人が複数のキャラクターを演じる場合、2人目を別録りするのが常だが、野沢は台詞が重複する場面以外は、瞬時に切り替えながら通しで演じていたという。脚本家が野沢をちょっと困らせてやろうと、わざと会話シーンを増やしたが、全く困ることなく演じたという。野沢は一度も代役を入れずに、3人を演じきれたことを誇りだと語っていた。3人の中で思い入れが一番強いのは悟空で、特に尻尾が生えている時が好きだという。悟飯・悟天は「悟空の血を継いでいて可愛らしい」と話している。

ゲーム作品では、1本のソフト内で悟空の少年期・青年期、悟飯の幼少期・少年期・青年期・未来世界・グレートサイヤマン、悟天、バーダック、ターレス、合体キャラクターのゴテンクスベジットゴジータと多数の声を担当している。

2人の声優が同時に声を発する合体キャラクターを演じたときも、別撮りではなく同時収録だった。ゴテンクスでは草尾毅、ベジットとゴジータでは堀川りょうがそれぞれ画面を見てしゃべり、野沢が相手の口に合わせてしゃべっていた(野沢本人によると、そういうのは得意)。

お気に入りのシーン、キャラクターなど[編集]

お気に入りのシーンとして、『ドラゴンボール』1作目のアニメオリジナルシーンにて悟空がスノの家でトイレに行った時、レッドリボン軍にドア越しに銃で撃たれ「いってーっ!」と言って出てくる場面を挙げている[6]

悟飯のエピソードで印象に残っているのは、原作にはないアニメオリジナルストーリーである悟飯とロボットの交流を描いた『ドラゴンボールZ』の9話「ゴメンねロボットさん 砂漠に消えた涙」だという。キャストが野沢と、ロボット役の塩屋浩三の2人だけであり、登場人物が2人しかいない話は初めてだったため、制作内部では反対意見も出た。しかし、放映後は「感動した」という手紙が多く来たという[6]。塩屋も印象に残っている話として同じく『ドラゴンボールZ』9話を挙げている。

悟空以外で好きなキャラクターはピッコロと答えている。ピッコロについて野沢は、「最初は大魔王と違い、すごく憎たらしくてキザで、なんて嫌な奴だと思っていたが、段々といい人になっていた」と語っている[6]。幼い悟飯をピッコロが修行している時に、初代チチ役の荘真由美と共にピッコロ役の古川登志夫に「悟飯ちゃんをあまりいじめないでね」と言い、古川が苦笑したという。また荘真由美が出産と育児に伴う休業でチチ役を降板せざるを得なくなった時に残念に思っていたと同時に、長年プーアル役でレギュラー出演していて、世界観を熟知していた渡辺菜生子が代役から後任につながったことで、やっと安堵したといわれている。亀仙人役の宮内幸平が急逝した時も1番落ち込んでいたとのスタッフの証言もあり、野沢がそれだけ「ドラゴンボール」という作品を大切にしていたことも証明している。

一方で嫌いなキャラクターは、悪役に徹した初代ピッコロ大魔王およびフリーザだと語っている。また、ベジータが幼い悟飯を痛めつけた場面では「子供になんてことするんだ!」と、本気で腹を立てたという。フリーザとセルについては「大人になりきれない部分が残っていて、憎らしいけどカワイイみたいなところがある」とも語っている[7]

他のエピソード[編集]

ドラえもん(日本テレビ版)では降板した富田耕生に代わりドラえもんの声優を務めたが、2013年3月放送『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』のインタビューでは同作を白黒作品だったと勘違いしている。同番組ではアニメ好きの外国人と中川翔子の前で「ぼくドラえもん」とドラえもんの声を演じた。

あらいぐまラスカル』では、どうしてもラスカルの声を演じたいとオーディションに参加。担当することが決まった際、アライグマをよく理解するため、時間を見つけては上野動物園に行き、アライグマを観察した。しかし、10日間ほど通いつめたが、鳴き声を聞くことはできなかった。約10日目に、当時放映していたテレビドキュメンタリー番組『野生の王国』の中でたまたまアライグマが出てきたことで鳴き声を知り、それをベースにした[2]ことを、GyaO溜池Now』での野沢雅子特集の際に野沢自身が述べている。

いなかっぺ大将』の風大左衛門の声をゴリラに聞かせ、そのゴリラのノイローゼを治したことがある。

デジタルモンスター』の映像作品において、デュークモンの声を登場する全作品で担当している。

「歌は苦手」とのことだが、主演作の『怪物くん』や『ビリ犬』、『はたらキッズ マイハム組』では主題歌を担当しており、『ドラゴンボール』『デジモンテイマーズ』でもキャラクターソングを歌っている。

仕事の時とは異なり、私生活ではかなりおっちょこちょいとのこと。『徹子の部屋』出演時には、内線電話と間違えて館内放送のマイクに向かって話してしまった話、リモコンから送信される赤外線を身体に有害なレーザー光線と勘違いしていた話などを披露した。

週刊TVガイド1969年4月4日号でのインタビューで、当時幼稚園児だった娘に対しての子育てについて「ものの良し悪しは自分で覚えるものと思うので、自分は干渉せず、何事も自分でやらせようという方針」と語り、“アンチ教育ママ”を自称していた[3]

独身時代に劇団仲間と車で移動中にバイク事故を目撃する。野沢を含め、全員が「あのバイクに乗っていた人は死んだ」と思うほどの激しい事故だった。その事故にあった人物が、後に野沢の夫になる塚田正昭だった。

少女時代を群馬で過ごしたこともあり、同県には愛着があるという。

子供の声で「パパ、ママ今いないから分かんない」や家政婦のふりをして「今、誰もいねぇからわかんねぇんだ」と迷惑電話がかかってきた時に言うとあきらめてくれると言う[2](2008年3月27日ゲスト出演した『うたばん』より)。

映画『ONE PIECE』の主題歌『またね featuring ルフィ、ナミ、ゾロ、ウソップ、サンジ、チョッパー、ロビン、フランキー、ヒルルク、くれは』でくれはの声で出演したためゲスト参加している。その曲のオリコンチャート最高位が8位だったため、71歳4ヶ月としてオリコンチャート10位以内の女性最年長記録(当時)であった。

他声優関連[編集]

戸田恵子の事は、自書で「可愛い後輩」の1人として名前を挙げている。

井上和彦は後輩でありながら、野沢に車で送り迎えをされていたことを雑誌対談で語った。

気配り上手で気さくな人柄に対し、鶴ひろみは「本当に可愛い人なんです」と語っている。

養成所時代に野沢から指導を受けた三石琴乃は「役者としても女性としても尊敬している」と発言している。

神谷浩史は、まだアニメのレギュラー役も持っていない新人時代、アシスタントをしていたラジオ番組にゲスト出演した野沢から身に余る親切を受けて感銘を受けたひとりである。現在でも野沢の気配りや親切に恩義を感じている。

『ドラゴンボール』シリーズの収録現場は、キャスト陣やスタッフの雰囲気が非常になごやかで和気藹々としていたことが、多くの人物から語られている。このことに対しベジータ役の堀川りょうは「主演の野沢さんが新人や中堅たちに目を配り、雰囲気作りに努めていたことも要因ではないか」と語っている。また少年期に『ゲゲゲの鬼太郎』など野沢が出演していた作品を多数見ていたといい、「業界で最も尊敬している人物の一人」であるとも発言している。

少年トランクスを演じた草尾毅は子供役に不安を感じていたが、大人の悟空から子供の悟天を演じる野沢の演技を見て勉強になったという。また、ゴテンクスで野沢と声を合わせたことは「何ものにも代えがたい価値があった」と語っている。野沢は草尾のことを「親子ほどの年齢差だけど、弟のように可愛い」と発言している。

野沢と同じく親子二役を演じることになった皆口裕子は、野沢の三役を見て気合を入れていたという。

仲の良い声優仲間としては、田の中勇池田昌子永井一郎肝付兼太富山敬内海賢二&野村道子夫妻、鶴ひろみ八奈見乗児神谷明古谷徹吉田理保子らの名が挙げられている(著書『ボクは、声優』より)。

出演作品[編集]

太字は主役

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

1963年

1965年

1966年

1967年

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2014年

OVA[編集]

1985年

1990年

1992年

  • 源氏(ざくろ、建礼門院)

1993年

1994年

1995年

2001年

2003年

2007年

2010年

2011年

劇場アニメ[編集]

1967年

1969年

1970年

1972年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1986年

1987年

1988年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2005年

2006年

2007年

2008年

2010年

2012年

2013年

2014年

特撮[編集]

1967年

1977年

1984年

ゲーム[編集]

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

  • スーパーロボット大戦IMPACT(オレアナ)
  • From TV animation ONE PIECE グランドバトル!2(Dr.くれは)
  • From TV animation ONE PIECE トレジャーウォーズ2 バギーランドへようこそ(実況ナレーション)

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

吹き替え[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

ナレーション[編集]

実写[編集]

CM[編集]

ドラゴンボールキャラクター[編集]

  • ロート製薬 ロートこどもソフト ※『ドラゴンボール』、『ドラゴンボールZ』、『ドラゴンボールGT』タイアップ時(孫悟空、孫悟飯(『ドラゴンボールZ』タイアップ時))
  • ヱスビー食品 5/8チップ(孫悟空&サウンドロゴ)
  • イトーキ 学習デスク ※『ドラゴンボール』タイアップ時(孫悟空)
  • エポック社 ドラゴンボールの玩具各種(孫悟空)
  • コイズミ ハイパワーデスク ※『ドラゴンボールZ』タイアップ時(孫悟飯&サウンドロゴ)
  • マクドナルド ハッピーセット『ドラゴンボールZ』シリーズ(孫悟空)
  • 桃屋 ※「ドラゴンボール改」タイアップ時(孫悟空、孫悟飯)
  • バンダイ きゃらか〜ん ※『ドラゴンボールZ』タイアップ時(孫悟空)
  • ケンタッキー・フライドチキン 光る!ドラゴンボトルつき最強セット ※『ドラゴンボールZ 神と神』公開記念(孫悟空)
  • バンダイ ファミコンジャンプII 最強の7人(孫悟空)

その他[編集]

人形劇[編集]

ラジオ[編集]

パチンコ・パチスロ機ほか[編集]

出版社[編集]

本人出演[編集]

ドラマCD[編集]

キャラクターソング・企画CD[編集]

発売日 タイトル 名義 楽曲 タイアップ
1980年9月1日 ユカイツーカイ怪物くん 怪物くん(野沢雅子) 「ユカイツーカイ怪物くん」 テレビアニメ『怪物くんオープニング主題歌
1989年7月21日 ドラゴンボールZ ヒット曲集 孫悟飯(野沢雅子) 「天下一ゴハン」 劇場版ドラゴンボールZ挿入歌
1990年4月1日 ドラゴンボールZ ヒット曲集 III 〜スペース・ダンシング〜 「ピッコロさん だ〜いすき」 劇場版『ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ』挿入歌
1990年10月1日 ドラゴンボールZ ヒット曲集 IV 〜キャラクターズ・スペシャル〜 「心から濡れた二人」 テレビアニメ『ドラゴンボールZキャラクターソング
1991年3月21日 ドラゴンボールZ ヒット曲集 VI BP∞ バトルポイント・アンリミテッド 「口笛の気持ち」
1991年9月21日 ドラゴンボールZ ヒット曲集 8 キャラクターズ・スペシャル2 「イ・ケ・ナ・イ うららマジック」
1992年3月27日 炎の闘球児 ドッジ弾平 ヒット曲集 小仏珍念(野沢雅子) 「ドッジもドッジ」 テレビアニメ『炎の闘球児 ドッジ弾平』キャラクターソング
1994年4月1日 「ドラゴンボール」「ドラゴンボールZ」大全集 孫悟空(野沢雅子)
孫悟飯(野沢雅子)
「孫悟空ソング」
「悟空のgokigenジャーニー」
「天下一ゴハン」
「ピッコロさんだ〜いすき♥」
テレビアニメ『ドラゴンボール』、『ドラゴンボールZ』キャラクターソング
1997年12月17日 真冬の流れ星 WITH YOU 「真冬の流れ星」
「みどりのほし」
2001年8月1日 デジモンテイマーズ ベストテイマーズ 1.松田啓人&ギルモン ギルモン(野沢雅子) 「ギルモン・マーチ」
「ふたりでラララ」
テレビアニメ『デジモンテイマーズ』キャラクターソング
2003年1月18日 ドラゴンボールZ コンプリート・ソングコレクションI 〜光の旅〜 孫悟飯(野沢雅子) 「天下一ゴハン」
「ピッコロさん だ〜いすき♡」
テレビアニメ『ドラゴンボールZ』キャラクターソング
2003年2月21日 ドラゴンボールZ コンプリート・ソングコレクションII 〜とびっきりの最強対最強〜 「口笛の気持ち」
「イ・ケ・ナ・イ うららマジック」
2003年9月25日 ドラゴンボール 全曲集 孫悟空(野沢雅子) 「孫悟空ソング」
「悟空のgokigenジャーニー」
テレビアニメ『ドラゴンボール』キャラクターソング
2005年1月19日 怪物くん 全曲集 怪物くん(野沢雅子) 「ユカイ ツーカイ怪物くん」
「怪物くんマーチ」
「新・怪物くん音頭」
「怪物サンバ」
テレビアニメ『怪物くん』キャラクターソング
2005年4月27日 いなかっぺ大将ヒットアルバム 〜わしはいなかっぺ大将だス〜 風大左衛門(野沢雅子) 「大ちゃん大好きソング」
「だスだス小唄」
「大ちゃんの応援歌」
「大ちゃん便り」
テレビアニメ『いなかっぺ大将』キャラクターソング
2008年5月9日 こども盆踊り ベスト ドラえもん(野沢雅子) 「ドラえもん音頭」 テレビアニメ『ドラえもん』キャラクターソング

著書[編集]

  • 『ボクは、声優。』(オプトコミュニケーションズ、1995年)
  • 『声優界一刀両断!悟空とスネ夫の辛口トーク』
    肝付兼太菅野哲夫共著(エニックス、1998年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし例外として、番組開始時のみ世界観をつかむために単行本の1巻だけ購読したので、牛魔王と出会うまでの展開までは事前に内容を知っていた。
  2. ^ 悟空=山奥で一人暮らしの野生児、悟飯=両親が健在で、教育熱心な母により優等生、悟天=悟飯より自由で、父は知らないがお兄ちゃん子な甘えん坊

出典[編集]

  1. ^ 野沢雅子 - Yahoo!検索(人物)”. Yahoo! JAPAN. 2013年6月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 2013年3月17日 日刊スポーツ「日曜日のヒロイン・845」(30面)より。
  3. ^ a b 週刊TVガイド 1969年4月4日号でのインタビューより。
  4. ^ 『第七回声優アワード』受賞者先行発表!”. 声優アワード. 2013年3月1日閲覧。
  5. ^ 智一&ロ美のラジオ腐りかけ!』第26回。
  6. ^ a b c 木下暢起編「特別企画・野沢雅子さんロングインタビュー いつか、きっと…!!」『復刻版 ドラゴンボールGT パーフェクトファイルVol.2』集英社ジャンプ・コミックス〉、2006年4月9日、ISBN 4-08-874090-4、82-86頁。
  7. ^ 『テレビアニメ完全ガイドDragonball 天下一伝説』集英社〈ジャンプ・コミックス〉100頁。
  8. ^ スタッフ・キャスト”. TVアニメ『ピンポン』公式サイト. 2014年2月27日閲覧。
  9. ^ ニュース 2013.09.27”. 映画『かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご』. 2013年9月27日閲覧。
  10. ^ 剛力彩芽:劇場版「プリキュア」に声優出演”. 毎日新聞. 2014年2月9日閲覧。
  11. ^ 公式サイトの人物を参照。2011年8月5日閲覧。
  12. ^ 『スーパーロボット大戦OGサーガ 魔装機神Ⅲ PRIDE OF JUSTICE』、新型魔装機やキャラクターの最新情報が到着! 精霊憑依したサイバスターの姿を見よ!”. プレコミュ. 2013年8月9日閲覧。
  13. ^ 日本語版音声を担当されたみなさまからコメントをいただきました”. 子供に安心して与えられるゲームシリーズ 世界名作童話 親子で読めるゲーム絵本. 2014年1月20日閲覧。
  14. ^ 神話帝国ソウルサークル<公式>”. 2014年3月5日閲覧。

外部リンク[編集]