ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダーウィンが来た!
〜生きもの新伝説〜
ジャンル 教養番組
放送時間 日曜 19:30 – 19:58(28分)
放送期間 2006年4月9日
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
出演者 本文参照
字幕 字幕放送
オープニング 平原綾香スマイル スマイル
外部リンク ダーウィンが来た! 生きもの新伝説
テンプレートを表示

ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜』(ダーウィンがきた!いきものしんでんせつ)は、2006年4月9日からNHK総合テレビジョンで放送されている動物番組。放送時間は毎週日曜 19:30–20:00。

放送枠[編集]

このジャンルの番組の源流は『自然のアルバム』であり、2010年にその開始から半世紀という節目を迎えた。

前番組の『生きもの地球紀行』、『地球!ふしぎ大自然』は月曜20時台に放送されてきたが、2006年度実施の大幅な番組改定で日曜に移動し、同年4月9日に開始した。

番組内容[編集]

前述の番組のスタイルを踏襲し、数々の迫力映像で生き物の素晴らしさを伝えていく。また視聴者から寄せられた情報などを基にしたものも放送される。

放送内容は、NHKが独自取材したもののほか、BBCなど海外テレビ局が作成したものも放映される。最新の撮影器具を駆使して取材を行っており、世界で初めて観察された行動など、動物の生態に関する貴重な映像資料となるものも数多い。

近年はNHKで放送された他番組と同一の映像素材を使い回す回が目立つようになった[1]

基本的に1回の放送ごとに1種類の動植物を紹介する。動物同士の「戦い」を紹介する際はその回に紹介する動物側を「応援」する。Aを紹介する回では、AがBに食べられそうになるとAが食われないように応援し、Bを紹介する回では、BがAを捕らえられるようBを応援するという具合である。

番組構成[編集]

番組は3部構成となっており、以下のように進行される。

各部の時間配分は特に決まっておらず、第3部が短い時間で終わることも多い。

コラム[編集]

第1部と第2部の間・第2部と第3部の間の2回、2–3分程度そのテーマに関連する豆知識を取り上げるほか、最新の動物関連ニュース、取材日記などが放送される。

ダーウィンニュース[編集]

第2部と第3部の間のコラムは「ダーウィンニュース」と称して現在取材・編集中のテーマについて取り上げることが多い。この場合、「突然ですが、ここでダーウィンニュースです!」という掛け声からスタートする。ダーウィンニュースで取り上げられたテーマは、概ね次々回に放送される。

ヒゲじい[編集]

この番組を印象付けるCGマスコットキャラクターとして「ヒゲじい」が存在する。声優は龍田直樹

  • 全身がで覆われており、帽子を被っていることが特徴。3Dで登場しており、「ちょっと待った」を合言葉に画面に登場、「質問攻めにしちゃうからね」とナレーター質問攻めにする。その登場の仕方もさまざまで、本物の乗り物に乗って登場したり、くるくる回りながら登場したりと愉快なパフォーマンスも多い。また、時に凍ったり変身したりもする。最後には寒いオヤジギャグをかまして去っていくが、時々ナレーターにかまし返されることもある。
  • ヒゲじいのオヤジギャグは主な視聴ターゲットである子供を意識したものであるが、大人の視聴者の一部には、これを番組のそれまでのシリアスな雰囲気を変えてしまうものとして否定的な見方をするもの[誰?]もいる。
  • 表情やポーズは徐々に増えており、回を追うごとに芸達者になっている。
  • 基本的には2回しか登場しないが、時に3回ぐらい登場する場合があり、1回しか登場しないこともある。
  • モデルは、進化論で有名なチャールズ・ダーウィンヒゲである。オープニングにもわずかながら登場している。
  • 初期の頃は名前がなく、自分のことを「生き物大好きなおじいさん」と言っていた。
  • 「親から子へ命のリレー」の回で子育ての経験があることが判明。
  • トキの放送回で、田んぼのある地方の出身であることが判明。「私の田舎の田んぼは」という台詞があった。
  • 両手には指が全くない(アシカの前足のような形状をしている)ため、物を指すときは人差し指を立てた白い手袋を着用する。
  • 詳しいプロフィールについては番組公式サイト内ヒゲじいのブログに記されている。
  • 番組公式サイト内にあるヒゲじいが書いているとされている「ヒゲじいのブログ」がある。ブログの担当者が代わったのであろうか、2011年5月ぐらいから今日にかけ充実してきている。月に1回ヒゲじい自身が自分の近日報告を行う「ヒゲじいの~のんびり日和」。ヒゲじいのイラストが添えられ(イラストレーターは不明)ヒゲじいが日記を綴っている。このコーナーのイラストにヒゲじいの子供らしきキャラクターも登場してる。
  • その他にヒゲじい自身が番組制作スタッフに突撃インタビューを行う「ヒゲじいの突撃インタビュー」や幅広い年齢層のお便り、写真投稿を紹介する「ヒゲじいの投稿写真コーナー」などがある。
  • 時々モリゾー・キッコロ 森へいこうよ!にも登場し、モリゾーやキッコロと共演する事がある。

放送時間[編集]

多くの番組表では19:30–20:00の30分番組となっているが、19:58からは番宣で、番組ホームページでは19:30–19:58の28分番組とされている。2010年度から、正味時間が1分短縮された。

総合テレビ
本放送 日曜 19:30–19:58
2006年4月–2009年3月 再放送 金曜 1:50–2:20(木曜 25:50-26:20)
2009年4月–2010年3月 再放送 水曜 3:00–3:30(火曜 28:00-28:30)
2010年4月–2011年3月 再放送 火曜 1:50–2:18(月曜 25:50–26:18)、木曜 15:15–15:43
2011年4月–2013年3月 再放送 火曜 16:20–16:48(近畿地方は別番組差し替えのため再放送は行われなかった)
2013年4月- 再放送 土曜 17:30-17:58(月に一度「クイズ 100人力」が放送される週は休止)
BS 2
難視聴対策放送。2011年3月で終了した。
2006年4月–2010年3月 火曜15:00–15:29
2010年4月–2011年3月 翌週日曜 5:00–5:28
NHKワールド・プレミアム
本放送 土曜 11:30–11:58
再放送 日曜 19:30–19:58(放送時間帯は総合テレビの本放送と同じであるが、内容は総合テレビの本放送より1週遅れ)

一時的な変更[編集]

  • 2010年度総合木曜の再放送は、国会中継高校野球大相撲その他臨時ニュース放送時は休止。
  • 2010年内の放送は11月28日で終了。これは、前年開始の『坂の上の雲』が20時放送開始の場合後々の編成に支障をきたすことから、同年の放送については『NHKニュース7』終了とともに始め、繰り下げ時間を15分に抑えたためである。そのため、早い段階から「年末ハイライト」企画のためのリクエスト募集を行っていた。
  • 2011年3月11日に起こった東北地方太平洋沖地震東日本大震災)のための特別編成により、3月13日から4月17日までの6回分が休止した。翌年の3月11日ニュース7の1時間版(東日本大震災の1周年)の放送のため休止。
  • 2012年4月29日放送分は、開始直前の19:28に緊急地震速報が出された上で千葉県東北部を震源とする最大震度5弱の地震が発生し、直前の『NHKニュース』を急遽15分延長して地震情報を放送したため休止となり、『アフリカ自然紀行』(19:45-19:55)と番組案内スポット(19:55-20:00)に差し替えられた。一方、NHKワールド・プレミアムは一旦スクランブル配信で番組を開始するも直ちに再度ノンスクランブルで総合テレビと同時に地震情報を放送したため途中からの放送となった(内容は総合テレビの2012年4月22日放送分の遅れ放送)。ちなみに、この回の放送は、5月27日に改めて放送された。
  • 2012年9月30日放送分「知床ヒグマ親子 番屋に大集合!」は、台風17号関連のニュースの放送のため、翌週の10月7日に放送された。
  • 2013年9月8日放送予定だった「潜入!インドサイの楽園」は、2020年東京オリンピック関連のニュースの放送のため休止。あらためて同年11月3日に放送。
  • 2014年2月はソチオリンピックのため番組休止。土曜日の再放送は放送された。

その他備考[編集]

  • 2012年10月21日放送分は字幕放送が行われず、開始冒頭で「今回の放送には字幕が付いておりません。ご了承ください」と文字多重放送により表示された。
  • 平日朝の生活情報番組『あさイチ』の番組終盤に不定期だが、過去放送回のダイジェスト版(約8分程度)が放送されることがある。その際は『あさイチ』の出演者がVTRを見ている様子を映したワイプが画面右上部に表示されている。

出演者[編集]

語り[編集]

※NHKのアナウンサーが務める。ローテーション出演で、松本と中條は『地球ふしぎ大自然』でも語りを担当した。
過去

コラム[編集]

その他[編集]

テーマ曲[編集]

現在[編集]

過去[編集]

オープニング
Voyagers」 平原綾香 (2006年4月 - 2012年3月)
エンディング
「ボイジャーズ〜イースト・ミーツ・ウエスト」 ケニー・G with ウェイウェイ・ウー (2007年度から2011年度まで)

放送リスト[編集]


  • 近畿広域圏では8:20-9:20は放送されなかった。
  • NHK鳥取では全編放送されなかった。
  • NHK広島では10:05-11:35は放送されなかった。
  • 四国地方では8:20-10:05は放送されなかった。

雑誌[編集]

ダーウィンが来た!DVDブック
朝日新聞出版発行。2010年6月25日より月2回発刊(原則毎月10日・25日)。毎号、視聴者の反響が大きかったエピソードから2話ずつを厳選収録し、本とDVDでわかりやすく解説した分冊百科である(書店のほか、朝日新聞専売所「ASA」でも販売)。

NHK自然番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 映像素材流用例:
    • 地球ドラマチック カラスの知能を大研究! ?記憶の達人 道具も利用?」 - 「ダーウィンが来た 第172回 天才職人!道具を作るカラス」
    • ワイルドライフ[116]メキシコ カリブ海 圧巻!巨大ジンベエザメ大集結 青い海の謎」 - 「ダーウィンが来た 第297回 前代未聞!ジンベエザメ大集結」
    • 「ワイルドライフ[132]黒いオオカミ 王者への道 10年を追う」 - 「ダーウィンが来た 第336回 一匹オオカミ 頂点への道!」
    • 「ワイルドライフ[114]湿原の勇者サイ 謎の沼に親子が集う」 - 「ダーウィンが来た 第340回 潜入!インドサイの楽園」
    • 「ワイルドライフ[134][135]ペンギン大接近!」 - 「ダーウィンが来た 第346回 南極のペンギン “世界一過酷”な子育て!」「ダーウィンが来た 第347回 潜入!ペンギンたちの危ない断崖生活」
  2. ^ NHK放送文化研究所の講演会紹介サイトより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK総合 日曜 19:30 – 20:00
前番組 番組名 次番組
ジミー・ニュートロン 僕は天才発明家!
※19:30 – 19:55
※本作までNHKアニメ劇場
【土曜の同時間に移動して継続】
ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜
-
NHK総合 自然番組
ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜
-