ミート・ザ・ペアレンツ2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミート・ザ・ペアレンツ2
Meet the Fockers
監督 ジェイ・ローチ
脚本 ジョン・ハンバーグ
ジム・ハーツフェルド
原案 グレッグ・グリエンナ
メアリー・ルース・クラーク
製作 ジェイ・ローチ
ロバート・デ・ニーロ
ジェーン・ローゼンタール
製作総指揮 エイミー・セイアーズ
出演者 ロバート・デ・ニーロ
ベン・スティラー
ダスティン・ホフマン
音楽 ランディ・ニューマン
撮影 ジョン・シュワルツマン
編集 ジョン・ポール
リー・ヘイキソール
製作会社 TriBeCa Productions
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
世界の旗 ドリームワークス
日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年12月22日
日本の旗 2005年11月26日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $80,000,000[1]
興行収入 $516,642,939[1]
前作 ミート・ザ・ペアレンツ
次作 ミート・ザ・ペアレンツ3
テンプレートを表示

ミート・ザ・ペアレンツ2』(原題: Meet the Fockers)は、2004年アメリカコメディ映画。監督・製作はジェイ・ローチ、主演はロバート・デ・ニーロベン・スティラー

概要[編集]

ミート・ザ・ペアレンツ』の続編。コメディ映画では、世界で最高の興行収入額を記録した。続編は『ミート・ザ・ペアレンツ3』。

アカデミー賞2度の受賞歴を誇るロバート・デニーロ、ダスティン・ホフマン、バーブラ・ストライサンドの3人と、コメディスターであるベン・スティラーらが揃った豪華キャストも話題となった。

ストーリー[編集]

グレッグはパムとの結婚を彼女の父親ジャックから認められ、結婚式を前に両親を引き合わせることになる。彼は父親のバーニーを弁護士、母親のロズを医者と説明していたが、実際はバーニーが休業中の専業主夫、ロズは高齢者向けの性生活カウンセラーでグレッグも認める変わり者。口裏合わせもできないまま当日を迎え両親はジャック一家をもてなすが、何もかもが裏目に出てグレッグの嘘もバレてしまいジャックは激怒。さらにパムが妊娠していることやフォッカー家の元メイドにグレッグと瓜二つの子供がいることも分かり、事態は混乱を極める[2]

キャスト[編集]

役名: 俳優(ソフト版日本語吹き替え)

パムの父。元CIA。初孫のリトル・ジャックが可愛くて仕方がない。フォッカー家との性格の差に戸惑う。
パムのフィアンセ。男性看護師。バーンズ家とフォッカー家が上手くいくよう奮闘する。
グレッグのフィアンセ。結婚前にも関わらず、妊娠していることが発覚する。
パムの母。夫が孫ばかりを可愛がり、自分に構ってくれないことに内心うんざりしている。
グレッグの父。陽気で開放的な性格。元弁護士だが、結婚してからは主夫をしていた。
グレッグの母。高齢者専門のセックス・セラピスト。夫同様に開放的な性格。
ジャックの孫。前作で結婚したデビーとボブの息子。まだ赤ん坊で、言葉が話せない。
フォッカー家の元お手伝い。現在はケータリングの仕事をしている。実はグレッグの初体験の相手。
イザベルの息子。彼がグレッグに似ていたため、グレッグに隠し子疑惑が浮上する。
パムの元フィアンセ。本作では意外な形で登場する。まだパムに対して未練がある様子。

出典[編集]

  1. ^ a b Meet the Fockers (2004)” (英語). Box Office Mojo. 2010年6月25日閲覧。
  2. ^ あらすじキネマ旬報社

外部リンク[編集]