ブライス・ダナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライス・ダナー
Blythe Danner
Blythe Danner
2008年9月22日、メトロポリタンオペラのオープン記念の夕食会にて
生年月日 1943年2月3日(71歳)
出生地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 ブルース・パルトロー

ブライス・ダナー英語: Blythe Danner, 1943年2月3日 - )は、アメリカ合衆国女優ペンシルベニア州フィラデルフィア出身でペンシルベニア・ダッチドイツ系アメリカ人)の血を引く。

夫はテレビプロデューサーブルース・パルトローロシア系ユダヤ人移民)、子供はアカデミー賞女優のグウィネス・パルトローとテレビ・映画監督のジェイク・パルトロー。魅力的なハスキーボイスとブロンドヘアーを併せ持ち、妻や母親と言ったような役柄を演じることが多い。女優キャサリン・メーニッヒの叔母でもある。

来歴[編集]

ニューヨークバード大学で演技を学ぶ。1965年に卒業し、舞台女優としてキャリアをスタート。1970年、『バタフライはフリー』でトニー賞の演劇部門で助演女優賞を受賞。その後も『Betrayal』と『欲望という名の電車』で主演女優賞候補に、『Follies』ではミュージカル部門の主演女優賞の候補にもなっている。ブロードウェイでは他に『The Mister』や『フィラデルフィア物語』などに出演している。

私生活では1969年にテレビプロデューサーのブルース・パルトローと結婚。その後、1972年に娘のグウィネスが、1975年に息子のジェイクが生まれる。それに伴い、ダナーは子育てに専念するため一時休業をしている。

映画では、ロバート・デュヴァル主演の『パパ』や『Xファイル ザ・ムービー』、『ミート・ザ・ペアレンツ』シリーズでロバート・デ・ニーロが演じる堅物男の妻役などが有名である。2003年に娘のグウィネス・パルトロウ主演・製作総指揮の『シルヴィア』で親子共演をしている。それ以前にも1992年テレビ映画『Cruel Doubt』でも共演した。また、宮崎駿のアニメ映画『ハウルの動く城』ではサリマン役の英語版吹替えを担当している。

テレビでも活躍し、『刑事コロンボ』や『M*A*S*H』へのゲスト出演、1984年のテレビ映画『ヘレン・ケラー』ではアン・サリヴァン役を、『ふたりは友達? ウィル&グレイス』では主人公ウィルの母親役を、そして2004年より放送された『HUFF〜ドクターは中年症候群』でアルコール中毒気味の主人公の母親を演じ、プライムタイム・エミー賞を2年連続で受賞している。また、その1度目の受賞時は、他に2つの番組でも同時に候補となった。このトリプル候補はエミー賞史上前例のない初の出来事である。

主な出演作[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1972 ドーベルマン犬の島
To Kill a Clown
リリー
刑事コロンボ/黒のエチュード
Columbo: Étude in Black
ジャニス テレビ映画
1976 未来世界
Futureworld
トレイシー・バラード
1978 栄光のホームベース
A Love Affair: The Eleanor and Lou Gehrig Story
カスター夫人 テレビ映画
ハイスクール・レイプ
Are You in the House Alone?
アン・オズボーン テレビ映画
1979 パパ
The Great Santini
リリアン
1983 愛の7日間
Man, Woman and Child
シェイラ・ベックウィズ
1984 ヘレン・ケラー
Helen Keller: The Miracle Continues
アン・サリヴァン テレビ映画
1985 ギルティ・コンサイエンス
Guilty Conscience
ルイーズ テレビ映画
1986 想い出のブライトン・ビーチ
Brighton Beach Memoirs
ケイト
1988 私の中のもうひとりの私
Another Woman
リディア
1989 追跡TV スクープを狙え!
Money, Power, Murder.
テレビ映画
1990 ミスター&ミセス・ブリッジ
Mr. & Mrs. Bridge
グレイス・バロン
アリス
Alice
ドロシー
1991 サウス・キャロライナ 愛と追憶の彼方
The Prince of Tides
サリー
1992 夫たち、妻たち
Husbands and Wives
レインの親
1994 南部の風・南軍兵士の妻が語る100年の物語
Oldest Living Confederate Widow Tells All
ビアンカ テレビ映画
1995 オマージュ/狂気が目を閉じるまで
Homage
キャサリン
3人のエンジェル
To Wong Foo Thanks for Everything, Julie Newmar
ベアトリス
1997 生きていく理由
A Call to Remember
ポーラ・トビアス テレビ映画
家族という名の他人
The Myth of Fingerprints
レナ
マッド・シティ
Mad City
バンクス夫人
1998 ノー・ルッキング・バック
No Looking Back
クラウディアの母親
ボストン 愛の炎
The Proposition
シリル・ダニング
X-ファイル ザ・ムービー
The X Files
ジャナ・キャシディ
1999 姉のいた夏、いない夏。
The Invisible Circus
ゲイル
恋は嵐のように
Forces of Nature
ヴァージニア
ラブレター 誰かが私に恋してる?
The Love Letter
リリアン
2000 ミート・ザ・ペアレンツ
Meet the Parents
ディナ・バーンズ
2002 Rain レイン
Three Days of Rain
タクシーの女性
2003 シルヴィア
Sylvia
オーレリア・プラス
2004 ミート・ザ・ペアレンツ2
Meet the Fockers
ディナ・バーンズ
2006 ラストキス
The Last Kiss
アンナ
2008 旅するジーンズと19歳の旅立ち
The Sisterhood of the Traveling Pants 2
グレタ
2010 ミート・ザ・ペアレンツ3
Little Fockers
ディナ・バーンズ
2011 宇宙人ポール
Paul
タラ・ウォルトン
デタッチメント 優しい無関心
Detachment
パーキンス夫人
運命の元カレ
What's Your Number?
アヴァ・ダーリング
2012 一枚のめぐり逢い
The Lucky One
エリー・グリーン

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1976 マッシュ
M*A*S*H
エピソードThe More I See You
2001-2006 ふたりは友達? ウィル&グレイス
Will & Grace
マリリン・トゥルーマン 11エピソードに出演
2004-2006 HUFF〜ドクターは中年症候群
Huff
イジー・ハフストッド 25エピソードに出演
プライムタイム・エミー賞助演女優賞(ドラマ・シリーズ部門)(2005年、2006年)
2009 ミディアム 霊能者アリソン・デュボア
Medium
ルイーズ エピソードA Taste of Her Own Medicine
ナース・ジャッキー
Nurse Jackie
モーリーン・クーパー エピソードTiny Bubbles

主な受賞[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]