ペンシルベニア・ダッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペンシルベニア・ダッチ、ペンシルバニア・ドイツ人(ドイツ語英語:Pennsylvania Dutch、または Pennsylvania German)は、17世紀から18世紀にかけてドイツ語圏からアメリカ合衆国に移住した人々の子孫(ゲルマン系ドイツ系アメリカ人)。ただし、イディッシュ語を使用するアシュケナジムユダヤ人ユダヤ教徒)は含まれない。[1] 主にペンシルベニア州東部から発生し、大多数が移住したアメリカ中西部モンタナ州アイダホ州ワイオミング州ワシントン州オレゴン州などに居住し、移民当時からの伝統的な文化を受け継ぐ人々や、または彼らが話す言語(ペンシルベニアドイツ語参照)。

「ダッチ」(Dutch)と呼ばれてはいるものの、彼らはオランダからではなくドイツ南西部のシュヴァーベンアルザススイスなど様々な地域からやって来た人々である。古語における "Dutch" はドイツを指し、「ペンシルベニア・ダッチ」の「ダッチ」はこの意味で使われている。

著名なペンシルベニア・ダッチ人[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 「アシュケナジム」とは「ヨーロッパに住むユダヤ人」を意味する。イディッシュ語はユダヤ人の血統的・地理的出自に限らず、ハレーディームの共通語として機能している。ドイツ人と表現したり、「ユダヤ教徒」といった呼称を使うのは、「ユダヤ人とは民族としての意味を持たない」という歴史的な反ユダヤ的告発(改革派、マルクス主義、イスラーム世界の反ユダヤ主義、帰結としての「反シオニズム」など)の数々と関連性がある。