アン・サリヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アン・サリヴァン

アン・サリヴァンことジョアンナ(アン)・マンズフィールド・サリヴァン・メイシー(Anne Sullivan、またはAnnie Sullivan Macy、Johanna Mansfield Sullivan Macy、1866年4月14日 - 1936年10月20日)は、ヘレン・ケラーの家庭教師(ガヴァネス)。通称「アニー」。日本では「サリバン先生」の名で知られている。ヘレン・ケラーは彼女のおかげで、の三重の身体障害を克服した。

ヘレンの生涯を綴る戯曲は『奇跡の人』と訳されており、「奇跡の人」とはヘレンのことと日本では誤解されがちである。しかし原題は「The Miracle Worker」であり、これは実際にはアンのことを指した言葉である。

生涯[編集]

  • 1866年4月14日 - マサチューセッツ州フィーディング・ヒルで、アイルランド移民の農民トマス・サリヴァンとアリス・クロージーの娘として生まれた。3歳の時、目の病気トラコーマとなる。9歳のとき母親が亡くなり、結核によって身体が不自由になったのジミーとチュークスバリー救貧院へ移り住んだ。弟はすぐに亡くなり、アン自身も目の病気の悪化によって盲目となる。その時に病室にて弟の死と自分が盲目ということで状態となり、一切の食事を拒んだが、その病院の看護婦に毎日キリスト教の教えを説かれ、徐々に心を開いていったとされる。チャリティー州委員会議長(フランク・サンボーン)に学校に行きたいと訴えた。
  • 1880年10月 - 14歳のときに、マサチューセッツ州ウォータータウンにあるパーキンス盲学校に入り訓練と数度の手術の結果、ある程度視力を回復し(だが、光に弱く、常にサングラスをかけていたという。)、1886年には、アンは卒業生総代としてスピーチを行った。また、在学中には視覚、聴覚障害を克服したローラ・ブリッジマンと出会い、友達になっている。この出会いと自身の盲目の経験が、後のヘレン・ケラーの教育に生かされた事は想像に難くない。聴覚障害児の教育を研究していたアレクサンダー・グレアム・ベル電話の発明者として知られる)が、パーキンス盲学校を紹介し、アンがケラー家の家庭教師をすることになった。
  • 1887年3月3日 - ヘレン・ケラーの家庭教師として教えはじめた。その後パーキン協会、ケンブリッジの女子学生対象の大学への進学を援助し、1900年、遂にヘレンはラドクリフ大学(ハーバード大学の女子学部)へ入学することができた。
  • またヘレンの旅行に際してや、様々な講演旅行へ同伴することにより、彼女を支援し続けた。
  • 1905年5月2日 - 11歳年下のジョン・アルバート・メイシー(ハーバード大学講師で、ヘレンの自叙伝のエディター)と結婚。 (1914年頃には別居状態となるものの、32年のメイシーの死まで 正式な離婚はしなかった。)
  • 1936年10月20日 - ニューヨークのフォレストヒルズで生涯を閉じる。70歳。

著書[編集]

  • 『ヘレン・ケラーはどう教育されたか サリバン先生の記録』明治図書 1995年 ISBN 4181188094

アン・サリバン聾学校[編集]

ブラジル連邦共和国・リオデジャネイロ州・ニテロイ市には、アン・サリバンと名づけられた聾学校がある。学校の命名は彼女の功績をたたえたものである。

関連項目[編集]