名探偵ホームズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名探偵ホームズ
ジャンル 推理アニメ
アニメ:名探偵ホームズ
原作 アーサー・コナン・ドイル
監督 御厨恭輔、宮崎駿
シリーズ構成 山崎敬之、島崎真弓
キャラクターデザイン 近藤喜文
音楽 羽田健太郎
製作 東京ムービー新社RAI 、REVER
放送局 テレビ朝日系列
放送期間 1984年11月6日 - 1985年5月20日
話数 26
映画:名探偵ホームズ
青い紅玉の巻/海底の財宝の巻
監督 宮崎駿
制作 東京ムービー新社
封切日 1984年3月11日
上映時間 46分
映画:名探偵ホームズ
ミセス・ハドソン人質事件の巻/ドーバー海峡の大空中戦の巻
監督 宮崎駿(演出)
制作 東京ムービー新社
封切日 1986年8月2日
上映時間 46分
テンプレート - ノート

名探偵ホームズ』(めいたんていホームズ)は、小説シャーロック・ホームズシリーズ』を原作にしたテレビアニメ日本東京ムービー新社イタリア国営放送局イタリア放送協会(RAI) の合作。日本では、1984年11月6日から1985年5月20日までテレビ朝日系列で放送。全26話。最初の6編は宮崎駿が監督・演出などを務めた。

作品概要[編集]

内容[編集]

原作から登場人物と舞台を借りてはいるが、ほぼオリジナル・ストーリーとなっている。登場人物はすべて擬人化したに置き換わっており[1]、ストーリーは子供にわかりやすく、毎回モリアーティ教授と2人の部下が悪事を企み、ホームズがそれを阻止するというもの。推理小説色は薄いが、その代わりに、教授の奇妙な発明品や、警官隊と教授一味の追いかけっこなど、全体的に明るく楽しい雰囲気で作られている。ほとんどが盗難事件で、殺人事件はひとつもない。(ただし「小さなマーサの大事件」や「まだらのひも」において殺人未遂を匂わせる描写が存在する)

原作とは異なり、本作では犯人はモリアーティ教授、警察側の捜査担当はレストレード警部に固定されており(少数の例外を除く)、登場人物の役割が単純化されている。

放送まで[編集]

イタリアの国営放送局RAIが、イタリアの民間制作会社REVERに制作を発注。REVERが日本の東京ムービー新社に共同製作を持ちかけて、実現した日伊合作作品[2]。実際の制作は東京ムービー新社傘下のテレコム・アニメーションフィルム(以下テレコム)で行われた。

日伊同時放送の予定で1981年4月に制作が開始され[3]、当初はテレコムの若手中心で制作して宮崎駿はバックアップする予定だったが、結局は宮崎駿が監督に就任した[4]

1982年に6話分を手がけたところで、制作は一時中断。フィルムにまでなったのが4話分で、絵ができあがったのが2話分の状態だった[3]。中断の理由はシャーロック・ホームズシリーズの原作者のコナン・ドイル遺族との間の権利問題が解決しなかったためと言われていたが[5]、制作担当だった竹内孝次によれば、著作権獲得の交渉を任せたイタリア側の動きが遅かったため、日本側が見切り発車で制作に突入したものの、テレコム側がアニメ映画『ニモ』の制作をすることになったため、制作が中断したとのことである[4]。片渕須直は、制作中断の理由をイタリア側からの送金が途絶えたため、と説明している[6]

お蔵入り状態になった本作を誌上で度々紹介したり、イベント上映していたのが徳間書店の『アニメージュ』誌であった[7]。そして、徳間書店が製作した宮崎駿監督の劇場アニメ『風の谷のナウシカ』の同時上映作品として2本が選ばれ、1984年3月に陽の目を見ることになる。

この映画館での公開が決まったことがきっかけとなり、1984年2月頃には広告代理店がテレビのスポンサーの獲得に動き出し[8]、制作も再開。テレビ朝日が放送することも決定した。

宮崎を継いで監督したのは、『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』での演出担当のメインスタッフだった御厨恭輔。東京ムービー新社からの発注で、制作部門を備えて間もないスタジオぎゃろっぷが月に2本から3本をグロス請けして、制作の中心的役割を果たした[9]

なお、原作問題が解消されなかった劇場公開版ではコナン・ドイルが原作ではないと断りがあったが、テレビ放送の際には原作者としてコナン・ドイルがクレジットされている。

イギリスに留学していた夏目金之助(夏目漱石)や、始まったばかりの郵便飛行機が登場するなど、1900年前後のイギリスという舞台設定を活かして話が作られている。「まだらの紐」や「青い紅玉」「技師の親指」など原作のモチーフが登場し、原作の愛読者にとってのささやかなファンサービスとなっているが、『バスカヴィル家の犬』は子供向けでないとしてイタリアのRAI側から却下され、原作のような不気味な雰囲気は抑えられる結果となった[10]

テレビ版のホームズ役を演じているのは、イギリスのコメディ番組『モンティ・パイソン』や多くの洋画(イギリス映画007等)の吹き替えで有名な広川太一郎である。また、モリアーティ教授を大塚周夫が演じている。

映画版2編のホームズ役の声は柴田侊彦が演じた。

なお、REVERのマルコ・パゴットとジー・パゴットはその後『モンタナ・ジョーンズ』でも日伊共同作品を手がけている。

登場人物[編集]

括弧内は声優。声優陣のうち富田・大塚・千田・増岡・飯塚の5人は、同時期にNHKで放送が始まったグラナダTV版『シャーロック・ホームズの冒険』の吹き替えにもゲスト出演等で参加している。

ベーカー街221B[編集]

ホームズ
声 - 広川太一郎(テレビ版) / 柴田侊彦(劇場版)
主人公の私立探偵。原作よりも健康的で若い設定となっており、喫煙の習慣はあってもほとんどパイプをくわえているだけで、コカインを打ったりもしない[11]
愛車のプロトベンツはチューニングしており何度か壊れている。
バイオリンの演奏と化学実験が趣味で、時折アンモニアから香水をつくる、水素からジュースをつくるなどの珍妙な実験をしている。
下宿の家主ハドソン夫人に憧れる数多くの男性の一人であるため、彼女を尊重する態度をとることが多い。ただし、原作よりも女性に対する関心は薄い。
ワトソン
声 - 富田耕生
ホームズの相棒。ホームズの推理の聞き役。中年太りのおじさん医師。愛銃はエンフィールドNo.2。次回予告をしているのもワトソンである。
ホームズとは第1話で知り合い、第2話よりホームズと同じ下宿で生活する事になる。
下宿の家主ハドソン夫人に憧れる数多くの男性の一人であり、第2話以降彼女の美しさにあてられ挙動不審な行動を繰り返した。基本的に美人に弱い。
ハドソン夫人
声 - 麻上洋子(テレビ版) / 信沢三恵子(劇場版)
ホームズとワトソンの下宿の家主で、ロンドン一の佳人。本名マリー・ハドソン。[12]19歳の未亡人。一見おとなしい貴婦人に見えるが、車の運転や「たしなみの一つ」という拳銃の腕も極めて確かな、肝のすわった人物。モリアーティ一味に誘拐されるも、その凛とした美しさと優雅な振る舞いで虜にしてしまうほどである。夫であるジムを新婚早々飛行機事故で亡くしたため、飛行機がトラウマになっていた。
劇場版では「エリソン夫人」と呼ばれていた。

モリアーティ一味[編集]

モリアーティ教授
声 - 大塚周夫
悪党の親玉。「犬」というより(「卑しく餓えた」「凶暴な」という負の意味で)「」に近い顔立ち。白いシルクハットマントをまとうオシャレな知能犯。出来の悪い部下を叱り付けながら、犯罪計画を進める(しかし、本人の出来もあまりよくない)。ホームズ曰く「あんにゃろめ」「あんちくしょう」。原作にあるような天才的数学者、巨大犯罪組織の首領といった面は見られない。
性格は自己中心的で子供っぽく、そのため用済みの人間や邪魔な人間を殺そうとする残酷な面もあるが、ホームズに阻止されることで殺人の一線を越えることがなく、自身も「殺人は成功した試しがない」と発言してしまうほど。誘拐したハドソン夫人に優しくしてもらっただけで彼女を崇拝してしまうなど、女性に弱い一面もある。
犯罪ごとに新しい大型機械を投入するためか、慢性的に貧乏である。アジトの裏の川の魚、公園のを獲って調理したり、パンの耳と水のみなどの貧しい食生活を送る。好物はキドニーパイとロブスター
容姿や最新技術好きなどアルセーヌ・ルパンと似た点がある。
目標は「犯罪界のナポレオン」と呼ばれること。
劇場版では「モロアッチ教授」と呼称。
スマイリー
声 - 千田光男(テレビ版) / 二又一成(劇場版)
モリアーティの部下。元ベンガル海賊(宮崎が監督であった当初の設定にはない。トッドも同じ)。ひょろりとした体で頼り無いが心は優しく、母親思い。アニメのオリジナルキャラクター。長銃の扱いに長ける。スタッフの近藤喜文をモデルにキャラクター原案を宮崎駿が描いた。
トッド
声 - 増岡弘(テレビ版) / 肝付兼太(劇場版)
モリアーティの部下。元ベンガル海賊。スマイリーの兄貴分。アニメのオリジナルキャラクター。同じくスタッフの友永和秀がモデル。

ロンドン警視庁[編集]

レストレード
声 - 飯塚昭三(テレビ版) / 玄田哲章(劇場版)
スコットランドヤードの警部。警官隊を引き連れてモリアーティ一味を追いかける。ブルドッグがモデル[13]の熱血かつ屈強な硬骨の正義漢だがドジも多い。
劇場版では「レストラント警部」と呼称。

ゲストキャラクター[編集]

第1話 「彼がうわさの名探偵」
バーバラ
声 - 土井美加
第1話に登場。仲間を裏切ったことでベンガル海賊から死を宣告された父親のジョージ卿(今西正男)と共に逃亡を続けていたが、ひょんなことからホームズと知り合い助けを求める。
第2話 「悪の天才 モリアーティ教授」
シールズ
声 - 高橋美紀
第2話に登場。恋人のザール(堀川亮)の嫌疑を晴らすため、ホームズに依頼してきた少女。
第3話 「小さなマーサの大事件!?」
マーサ
声 - 佐々木るん
第3話に登場。仕事に行ったきり帰らない技師の父親から届いた手紙を見て、イーストエンドからベーカー街までの長い距離を歩いてホームズを訪ねてきた少女。
マーサの父親[14]
声 - 神谷明
新聞の求人欄で就職した先がモリアーティの所であったため、監禁され偽金製造機の開発を強要されていた。マーサ宛の手紙にある細工をして自分の居場所を知らせる。
第5話 「青い紅玉(ルビー)」
ポリィ
声 - 田中真弓
第5話に登場。モリアーティが盗んだ「蒼い紅玉」を知らずに掏り取ってしまったスリ。容姿は少年に見えるが少女である。
第6話 「緑の風船の謎をとけ!」
ジャック[15]
声 - 向殿あさみ
第6話に登場。灯台守の両親と住んでいた島がモリアーティ率いる密輸団のアジトにされてしまったため、助けを求める手紙を風船に取り付けて飛ばしていた。
第7話 「大追跡!ちびっこ探偵団」
少年[16]
声 - 山田栄子
第7話に登場。友人らとの遊び場が教授達に荒らされていたため、調査に来たホームズとワトソンを拘束してしまうが誤解だと判明し和解。その後は友人らと所有する小型外輪船を提供し、一味の追跡に協力した。
第26話にて再登場。
第8話 「まだらのひも」
エレン
声 - 横沢啓子
第8話に登場。町外れの屋敷に住んでいる女性。教授に従兄弟が発掘した恐竜の化石を狙われていた。
婚約者のジョニー(堀川亮)がエレンから手紙の返事が来ないことを不審に思いホームズに調査を依頼する。
第9話 「海底の財宝」
ライサンダー司令官
声 - 永井一郎
第9話に登場。イギリス海軍の艦隊司令官。極秘に開発していた潜航艇をモリアーティに盗まれる。
テムズ川で躊躇いもなく砲戦を行い、教授から「非常識」と言われる。
ライサンダー大佐
声 - 永井一郎
冒険家で、ナポレオンの莫大な財宝を発見した。ライサンダー司令官の双子の兄であるが兄弟仲は非常に悪い。財宝に目がくらんで誰かれかまわず撃退しようとする。
第10話 「ドーバー海峡の大空中戦」
トミー
声 - 納谷六朗
第10話に登場。郵便飛行機のパイロット。度重なる飛行機の不具合(実はモリアーティ一味の妨害工作によるもの)で配達ができず、航空郵便が廃止寸前まで追い込まれ頭を悩ませていた。ハドソン夫人の過去を知る人物。
第11話 「ねらわれた巨大貯金箱」
マイケル
声 - 野沢雅子
第11話に登場。大富豪ギルモアの独り息子。家庭教師のマリア(横尾まり)の紹介で街を見て以来その惨状に心を痛め、自ら進んで託児所で子供の世話をしている。
ギルモア
声 - 滝口順平
第11話に登場。大手企業ギルモア社の社長。金の亡者で、軍需産業などで大儲けしている。一方で企業城下町の市民は煤煙や排水などの公害に悩まされ、ギルモアのことを快く思っていない。
第15話 「見たか!ピカピカの大どろぼう」
ペリソン
声 - 広瀬正志
第15話に登場。彫刻家。モリアーティに息子のコピット(羽村京子)を人質にとられ、プテラノドンに乗った教授の黄金像の制作を強要される。
第16話 「魔城!ホームズ 生か死か?」
ウイリー
声 - 松尾佳子
第16話に登場。名門ウイザード家の末裔。本名はウイリアム。古城に調査へ向かうホームズとワトソンにこっそりついてくる。
第17話 「テムズ川の怪物」
デビット
声 - 島田敏
第17話に登場。コンクールで銀メダルを受賞される程のフルートの腕前を持つ。恋人のメアリー(佐々木るん)とは将来を誓い合う仲。
モリアーティ絡みの事件に巻き込まれ、教授に監禁されてしまう。
第18話 「ネス湖に散ったドジ作戦!」
シック / ニコル / コラン / ローベル
声 - 堀川亮(シック) / 松井菜桜子(ニコル) / 古田信幸(コラン) / 難波圭一(ローベル)
第18話に登場。パリ美術学校の学生。モリアーティに誘拐され、絵画の複製画を描かされていた。
ローベルは別行動をとっていたため無事であり、ホームズに失踪した3人の捜索を依頼する。
第19話 「漱石・ロンドン凧合戦!」
夏目金之助
声 - 速水奨
第19話に登場。日本からの留学生。持ち前の知性を活かしてホームズに協力した。
第21話 「ブンブン!はえはえメカ作戦」
アリーン
声 - 滝沢久美子
第21話に登場。大商人の娘。男顔負けの身体能力と知力、行動力を持つ。
第22話 「ハチャメチャ飛行機大レース!?」
マック
声 - 曽我部和行
第22話に登場。航空エンジニア。来る飛行機レースのために制作した新型エンジンをモリアーティ一味に盗まれてしまう[17]。その影響で挫折しかけるがホームズ達の励ましで立ち直り、別のエンジンでレースに挑む。
ハドソン夫人の夫が尊敬していた人物で、それ故に彼女とは知り合いである。
第25話 「大混乱!人形すりかえ事件」
ピュリー
声 - 及川ひとみ
第25話に登場。小悪魔的な性格で教授たちを振り回した。
マルタ
声 - 青木和代
ピュリーのお目付け役。腕力だけで教授達を振り回す豪快な人物。ただし、ホームズに「お強い方ですね。」と言われたときは照れていた。
第26話 「さよならホームズ!最後の事件」
エリザベス
声 - 玉川砂記子
第26話に登場。インドで知り合ったアバジャと恋仲になるも父親に仲を引き裂かれてしまい、他の男と政略結婚させられそうになっていた。
アバジャ
声 - 難波圭一
インドのマハラジャの第3王子。エリザベスを追ってロンドンまでやってくるが、彼女に会いたい一心から家宝のエメラルドを狙うモリアーティと手を組んでしまう。

キャラクターが犬である理由[編集]

登場人物が犬になったのは、イタリア側の要請による。

監督の宮崎駿は、なぜ今さら『名探偵ホームズ』という企画なのかを納得できず、またキャラクターが犬であるために「自分が思い入れ出来ない」として、キャラクターを犬にすることを疑問に思っていたが[18]、イタリア側の要請が強く、結局犬に落ち着いた。宮崎は、下宿の家主のハドソン夫人だけは人間にして、超人的なホームズでさえ人間の前ではおとなしくなる、という設定にしようとしたが[19]、あまりにも不自然であるため、イタリア側には受け入れられなかった。

日伊両方の議論の結果、犬である特徴は人間では不可能な跳躍等のアクションにのみ活かされるにとどまったが、レストレード警部が手紙の臭いを嗅いで犬らしさを見せたことがある。

スタッフ[編集]

再放送・デジタルリマスター版では「製作著作:トムス・エンタテインメント、RAI」となっている。

主題歌[編集]

オープニングテーマ『空からこぼれたSTORY』
作詞 - 三浦徳子 / 作曲 - 佐藤健 / 編曲 - 福井峻 / 歌 - ダ・カーポ
エンディングテーマ『テームズ河のDANCE』
作詞 - 三浦徳子 / 作曲 - 山中のりまさ / 編曲 - 福井峻 / 歌 - ダ・カーポ

※主題歌のEPレコードは、徳間ジャパンから発売された。

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督
第1話 1984年
11月6日
彼がうわさの名探偵 荒木芳久 奥田誠治 早川啓二 丹内司
第2話 11月13日 悪の天才 モリアーティ教授 早川啓二 山内昇寿郎
第3話 11月20日 小さなマーサの大事件!? 宮崎駿 近藤喜文
第4話 11月27日 ミセス・ハドソン人質事件 片渕須直 宮崎駿
第5話 12月4日 青い紅玉(ルビー)
第6話 12月11日 緑の風船の謎をとけ! 荒木芳久 荒木伸吾 所すみお 田中平八郎
柳野龍男
第7話 12月18日 大追跡!ちびっこ探偵団 奥田誠治 山内昇寿郎
第8話 12月25日 まだらのひも 早川啓二
第9話 1985年
1月8日
海底の財宝 片渕須直 宮崎駿 丹内司
第10話 1月15日 ドーバー海峡の大空中戦! 友永和秀
第11話 1月22日 ねらわれた巨大貯金箱 伊藤敏也 富沢信雄 近藤喜文
第12話 1月29日 教授嵐の大失敗!! 荒木芳久 所すみお 田中平八郎
第13話 2月5日 貨車が消えた!?教授の大魔術 伊東恒久 奥田誠治 北原健雄
古田詔治
第14話 2月12日 珍味!さんごのロブスター 荒木芳久 小華和ためお 早川啓二 田中保
第15話 2月19日 見たか!ピカピカの大どろぼう 早川啓二 山内昇寿郎
第16話 2月26日 魔城!ホームズ 生か死か? 伊東恒久 奥田誠治 北原健雄
田中平八郎
第17話 3月5日 テムズ川の怪物 湯山邦彦 早川啓二 田中保
第18話 3月12日 ネス湖に散ったドジ作戦! 山鳥早起 早川啓二
第19話 3月19日 漱石・ロンドン凧合戦! 石堂淑朗 奥田誠治 北原健雄
古田詔治
第20話 3月26日 飛行船しろがね号を追え! 荒木芳久 水谷貴哉 北原健雄
高坂希太郎
第21話 4月15日 ブンブン!はえはえメカ作戦 道籏義宣
第22話 4月22日 ハチャメチャ飛行機大レース!? 奥田誠治 水谷貴哉 北原健雄
第23話 4月29日 知恵くらべ!オウム対教授 早川啓二 田中保
第24話 5月6日 聞け!モリアーティ讃歌 伊東恒久 小華和ためお 棚沢隆 小林一幸
第25話 5月13日 大混乱!人形すりかえ事件 荒木芳久 早川啓二 山内昇寿郎
第26話 5月20日 さよならホームズ!最後の事件 山鳥早起

放送休止理由(いずれも1985年)
・1月1日:新春3時間スペシャル「世界ウルトラ正月料理大探検!!」(19:00-21:48)
・4月1日:月曜スペシャル90「エイプリルフールだ生放送!だますぜ一気うそつきグランプリ」(19:00-20:51)
・4月8日:月曜スペシャル90春の豪華特別企画「懐かしのヒット歌謡 紅白夢の祭典」(19:00-20:51)

日本でのネット局[編集]

劇場版[編集]

柴田侊彦がホームズを演じた「劇場版」は、『風の谷のナウシカ』を製作した徳間書店が1984年の併映のときのみという条件で東京ムービー新社から許諾を得たものだったが、その後もビデオグラム化されたり、衛星放送で放送されたりして鑑賞できる状態となっている[21]

1984年3月25日には、レコードコンパクトカセットで『名探偵ホームズ』(ドラマ編)がアニメージュレコードレーベルで徳間ジャパンより発売された。

「風の谷のナウシカ」併映版[編集]

テレビ放送前の1984年3月11日より、宮崎駿が監督した「青い紅玉」と「海底の財宝」の2編を『風の谷のナウシカ』と同時上映。

宮崎駿監督分は、海外セールス向けの英語版の音声はあったものの、日本語音声はなく[22]、ホームズ役の柴田侊彦をはじめとした声優、台詞、登場人物の名前、編集、効果音、音楽がテレビ放送時と異なっている。そのため、「劇場版」と区別されている。宮崎は当時「ナウシカ」の制作で多忙だったため、録音は高畑勲が担当した[23]

劇場版においては、本作はコナン・ドイルの著作物には基づかない旨の断りを入れるクレジットが入っている。ドイルは1930年に亡くなっており、死後50年で著作権が消滅する日本の著作権法下では本来であれば1980年にドイルの著作権も消滅しているとの前提だったが、実際にはイギリスは第二次世界大戦の日本の交戦国であり、戦時加算があるため、1984年時点ではまだ著作権は生きていた。このことが発覚したのは、劇場版の上映時であり、そのためドイルの著作権に抵触しないよう対処する必要が生じた[6]。具体的には、数人の登場人物の名前が変更されている。モリアーティ教授はモロアッチ教授、ハドソン夫人はエリソン夫人、レストレード警部はレストラント警部になっている。公開時の音声では、ホームズは自らを「シャーベック・ホームズ」と名乗っており、シャーベックの「ベ」の部分だけを他の台詞から抜き出して元の音声の上に被せている痕跡がある。ちなみにDVDの字幕は「シャーロック」である。

イタリアの放送フォーマットで制作された初期のものは、日本のフォーマットよりも若干尺が長い。そのため『風の谷のナウシカ』と併映された劇場版にあったいくつかのシーンはテレビ放送時にカットされ、音声もテレビのキャスト、音楽に録音し直された。

「天空の城ラピュタ」併映版[編集]

1986年の『天空の城ラピュタ』の同時上映の「ミセス・ハドソン人質事件」と「ドーバー海峡の大空中戦!」はテレビ放送終了後に劇場で公開されており、映倫マークがあること以外はテレビ版と同じである(そのため宮崎はあくまでも「演出」という扱いである)。

主題歌[編集]

劇場版テーマ曲「グッドバイ・スウィートハート」
作詞 - 竹花いち子 / 作曲 - 村松邦男 / 編曲 - 村松邦男、乾裕樹 / 歌 - 桑名晴子
劇場版エンディングテーマ「冒険のアリバイ」
作詞 - 竹花いち子 / 作曲 - 村松邦男 / 編曲 - 村松邦男、乾裕樹 / 歌 - 桑名晴子

関連書籍[編集]

劇場版を含む宮崎演出作品の書籍化は以下のとおり。いずれも徳間書店

  • アニメージュ文庫
    池田憲章・編)『名探偵ホームズ(1)「青い紅玉」』 ISBN 4196695205
    (池田憲章・編)『名探偵ホームズ(2)「海底の財宝」』 ISBN 4196695213
    (町田知之・編)『名探偵ホームズ(3)「小さな依頼人」』 ISBN 4196695329
    (アニメージュ編集部・編)『名探偵ホームズ(4)「ソベリン金貨の行方」』 ISBN 4196695337
    (ただのかずみ・編)『名探偵ホームズ(5)「ミセス・ハドソン人質事件」』 ISBN 4196695353
    (池田憲章・編)『名探偵ホームズ(6)「ドーバーの白い崖」』 ISBN 4196695361
  • スタジオジブリ絵コンテ全集
    『絵コンテ全集 第2期 4 名探偵ホームズ』 宮崎駿/絵コンテ・演出 徳間書店スタジオジブリ事業本部 2003年6月 ISBN 4198616795 (「小さなマーサの大事件!?」「ミセス・ハドソン人質事件」「青い紅玉」)
    『絵コンテ全集 第2期 5 名探偵ホームズ』 宮崎駿/絵コンテ・演出 徳間書店スタジオジブリ事業本部 2003年6月 ISBN 4198616809 (「海底の財宝」「ドーバー海峡の大空中戦!」「ねらわれた巨大貯金箱」)

劇場版の書籍化は以下のとおり。いずれも徳間書店

  • 徳間アニメ絵本
    徳間アニメ絵本<26>『名探偵ホームズ 劇場版 1(「青い紅玉」「海底の財宝」)』 ISBN 4198618437
    徳間アニメ絵本<27>『名探偵ホームズ 劇場版 2(「ミセス・ハドソン人質事件」「ドーバー海峡の大空中戦!」)』 ISBN 4198618771

ビデオグラム[編集]

テレビシリーズ[編集]

  • 『徳間コレクション 名探偵ホームズ DVD-BOX』(全26話) 徳間書店・発売、パイオニアLDC・販売 2001年3月23日 PIBA-3020
  • 『名探偵ホームズ DVD-BOX』(全26話) ジェネオンエンタテインメント 2005年6月24日 GNBA-3020(PIBA-3020の新価格再発売)
  • 『バンダイビジュアル EMOTION the Best 名探偵ホームズ DVD-BOX』(全26話) バンダイビジュアル 2011年1月28日 BCBA-3977(バンダイビジュアルによる廉価版で、PIBA-3020には収録されていたスペシャルブックレットやイメージボード集が収録されていない)

(以下のテレビシリーズは、生産完了。2006年10月現在)

  • VHSベータマックス『名探偵ホームズ1』(「青い紅玉」「小さな依頼人」) 1984年11月10日 徳間コミュニケーションズ 9,800円
  • VHS・ベータマックス『名探偵ホームズ2』(「ミセス・ハドソン人質事件」「ドーバーの白い崖」) 1984年11月10日 徳間コミュニケーションズ 9,800円
  • VHS・ベータマックス『名探偵ホームズ3』(「ソベリン金貨の行方」「海底の財宝」) 1984年11月25日 徳間コミュニケーションズ 9,800円
  • レーザーディスク『名探偵ホームズ大全集』(第1話~第26話)1991年1月1日 徳間書店 TKLO-50023 52,600円
  • VHS『名探偵ホームズ大全集1』 1991年1月1日 徳間書店 TKVO-60120 13,440円
  • VHS『名探偵ホームズ大全集2』 1991年1月1日 徳間書店 TKVO-60121 13,440円
  • VHS『名探偵ホームズ大全集3』 1991年1月1日 徳間書店 TKVO-60122 13,440円
  • VHS『名探偵ホームズ大全集4』 1991年1月1日 徳間書店 TKVO-60123 13,440円
  • VHS『名探偵ホームズ大全集5』 1991年1月1日 徳間書店 TKVO-60124 13,440円
  • VHS『名探偵ホームズ大全集6』 1991年1月1日 徳間書店 TKVO-60125 13,440円
  • VHS『名探偵ホームズ大全集7』 1991年1月1日 徳間書店 TKVO-60126 13,440円
  • VHS『名探偵ホームズ ファミリーパック』1999年12月1日 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • VHS『名探偵ホームズ 1』(第1話~第3話、第6話) 1999年12月1日 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント JVS-00785
  • VHS『名探偵ホームズ 2』(第5話、第7話、第12話、第8話) 1999年12月1日 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント JVS-00786
  • VHS『名探偵ホームズ 3』(第9話、第13話、第15話、第20話) 1999年12月1日 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント JVS-00787
  • VHS『名探偵ホームズ 4』(第11話、第14話、第16話、第18話) 1999年12月1日 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント JVS-00788
  • VHS『名探偵ホームズ 5』(第4話、第19話、第17話、第23話、第21話) 1999年12月1日 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント JVS-00789
  • VHS『名探偵ホームズ 6』(第10話、第25話、第24話、第22話、第26話) 1999年12月1日 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント JVS-00790
  • DVD『名探偵ホームズ I(1)』(第1話~第6話) パイオニアLDC 2001年12月21日 PIBA-302001
  • DVD『名探偵ホームズ II(2)』(第7話~第12話) パイオニアLDC 2001年12月21日 PIBA-302002
  • DVD『名探偵ホームズ III(3)』(第13話~第18話) パイオニアLDC 2001年12月21日 PIBA-302003
  • DVD『名探偵ホームズ IV(4)』(第19話~第24話) パイオニアLDC 2001年12月21日 PIBA-302004
  • DVD『名探偵ホームズ V(5)』(第25話~第26話) パイオニアLDC 2001年12月21日 PIBA-302005(映像特典:各話予告編/番組宣伝スポット(14種類)/ノンテロップOP&ED/英語版OP/宮崎駿ほかによるイメージ・ボード(127枚・静止画))
  • DVD『名探偵ホームズ DVD-BOX』 徳間書店 2001年3月23日

劇場版[編集]

  • 徳間書店
    『劇場版 名探偵ホームズ』(「青い紅玉」「海底の財宝」を収録)
    1991年11月25日発売 TKLO-50056 5,913円
  • ブエナビスタホームエンタテインメント「ジブリがいっぱいCOLLECTIONスペシャル TMS東京ムービー作品」
    『劇場版 名探偵ホームズ』(「青い紅玉」「海底の財宝」を収録)
    DVD 2002年5月24日発売 約46分 VWDZ-8028 (映像特典:絵コンテ映像(本編と完全にリンクした絵コンテを全編収録)、劇場予告編2種類(約5分)、対談 黒澤明vs宮崎駿(「映画に恋して愛して生きて・黒澤明と宮崎駿」1993年度作品)、テレコムスタッフ座談会)
    VHS 1999年11月19日発売 生産終了 約46分 VWSZ-8028
  • バンダイビジュアル
    『劇場版 名探偵ホームズ』(「青い紅玉」「海底の財宝」を収録)
    Blu-ray Disc 2008年7月25日発売 約46分 BCXA-0024

関連作品[編集]

ゲームブック
  • ウィザード家の秘宝 「名探偵ホームズ」より
    下村家恵子・作:徳間書店/アニメージュ・ゲーム文庫:1986:380円
パソコンゲーム
  • 『名探偵ホームズ』徳間コミュニケーションズ、1984年、PC-8800シリーズ。リアルタイムアクションゲーム。

パチスロ台[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 劇中に【人間】という存在は無い。ただし、実在しないモデル、いわゆる『想像上の産物』として、人間の顔をした女性像や絵画が描かれている。
  2. ^ 山崎敬之『テレビアニメ魂』講談社現代新書、2005年、184頁
  3. ^ a b 「制作開始から3年。やっと日の目を見た『名探偵ホームズ』」『アニメージュ』1985年2月号、p.24
  4. ^ a b 聞き手・構成叶精二「テレコム・アニメーションフィルム社長竹内孝次インタビュー」『千と千尋の神隠し 千尋の大冒険』ふゅーじょんぷろだくと、2001年、63-64頁
  5. ^ 叶精二『宮崎駿全書』(フィルムアート社、2006年、40頁
  6. ^ a b 片渕須直のTweet 2013年7月24日
  7. ^ 小黒祐一郎アニメ様365日 第159回 無音で上映された『名探偵ホームズ』」 WEBアニメスタイル 2009年7月2日
  8. ^ グリコ・森永事件取材記者グループ『グリコ・森永事件中間報告』山手書房、1984年、216頁
  9. ^ 「名探偵ホームズ 早川啓二氏(スタジオギャロップ)演出の『四つの署名』よりスタート」『アニメージュ』1984年、10月号、73頁。
  10. ^ 山崎、2005年、185-187頁
  11. ^ 宮崎によるイメージボードには自分で注射を打っている絵があるが、実際にアニメで使用したことはない。
  12. ^ 「ミセス・ハドソン人質事件」のモリアーティのセリフより。
  13. ^ レストレードは原作では主に「イタチのよう」と評されているが、『バスカヴィル家の犬』においてのみ「ブルドッグのような人物」と評されている。
  14. ^ エンドクレジットの表記は「技師」で名前は不明。
  15. ^ エンドクレジットの表記は「ポリー」。
  16. ^ エンドクレジットの表記は「少年A」で名前は不明。
  17. ^ この際に教授の不注意で起きた火事により工場も全焼してしまう。
  18. ^ 宮崎駿・押井守「"動機づけ"と"思い入れ"」『出発点 1979~1996』宮崎駿、徳間書店、1996年、330頁。初出『アニメージュ』1983年5月号。
  19. ^ 宮崎・押井、1996年、331頁。
  20. ^ 座談会テーマ1:「名探偵ホームズ」 テレコムアニメーションフィルムオフィシャルサイト
  21. ^ 片渕須直「β運動の岸辺で 第31回 DVD 」 WEBアニメスタイル 2010年5月10日
  22. ^ 片渕須直β運動の岸辺で 第30回 ようやく人前に出せるところに 」 WEBアニメスタイル 2010年4月26日
  23. ^ DVD『劇場版ホームズ』収録の鈴木敏夫のコメントより

外部リンク[編集]

テレビ朝日系列 火曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
オヨネコぶーにゃん(第1期)
(1984年4月3日 - 10月23日)
名探偵ホームズ
(第1話 - 第20話)
(1984年11月6日 - 1985年3月26日)
藤子不二雄ワイド
(1985年4月2日 - 1987年9月22日)
(19:00 - 20:00)
テレビ朝日系列 月曜19:00枠
名探偵ホームズ
(第21話 - 第26話)
(1985年4月15日 - 5月20日)
コンポラキッド
(1985年6月3日 - 12月23日)