エルマーのぼうけん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エルマーの冒険から転送)
移動: 案内検索

エルマーのぼうけん』(原題:My Father's Dragon)は、1948年アメリカルース・スタイルス・ガネットによって出版された児童文学作品である。挿絵はスタイルスの母親ルース・クリスマン・ガネットによって描かれている。日本語版は渡辺茂男によって訳された。1963年初版発行。

NHKの幼児向けテレビ番組『にんぎょうげき』で人形劇として放映され、この人形劇は同局の『おとぎのへや』NHK教育テレビの『こどもにんぎょう劇場』などでも再放送された。1997年には、『エルマーの冒険』として日本アニメーション映画化された。

関連商品として、どうぶつ島を巡って原作の動物に出会うマスでカードを引きながら進み、りゅうを助けてあがりとなる「エルマーのぼうけんすごろく」もある。

概要[編集]

主人公の少年、エルマーは捕まったこどものりゅうを助け出すためにどうぶつ島に乗り込むが、そこにはさまざまな困難が待ち構えている。数々の困難を知恵と勇気を振り絞って切り抜けていくエルマーの姿を描いた作品。

登場人物[編集]

エルマー・エレベーター
物語の主人公。勇気あふれる賢い少年。9歳。ポップシコールニャ海岸沿いにある「かれき町」に住む。空を飛ぶことが夢であり、ねこからりゅうの話を聞き、どうぶつ島まで助けに行く決心をする。物語の始めに「ぼくのおとうさんのエルマー・エレベーターが小さかったときのこと」とあり、書き手はエルマーの息子ということになっている。
りゅう
「そらいろこうげん」に住むりゅうのこどもで、名前はボリス。こどもゆえうまく空を飛べず、どうぶつ島に墜落してしまう。そこで動物達に捕らえられ、非常に太い綱で川岸に縛りつけられて、客や荷物を載せて川を飛んで渡るために奴隷のように使役されている。体は水色と黄色の縞模様で(足の裏のみ赤色)、赤色の爪と角、金色の翼を持つ。草食シダスカンクキャベツミカンの皮などを食べる。
ねこ
非常に年をとった野良猫。若いころはかなりの旅行家で、最後の旅行にみかん島へ出かけた際、立ち寄ったどうぶつ島でりゅうと知り合い、何日か会話する内にすっかり仲良くなる。どうぶつ島を出る時にりゅうに「いつか助ける」と約束をしたもののどう助ければよいかわからず途方にくれていたある日、かれき町の町角でエルマーに拾われる。

シリーズ作品[編集]

すべて福音館書店から出版。

アニメ映画[編集]

エルマーの冒険
監督 波多正美
脚本 寺田憲史
原作 ルース・スタイルス・ガネット
音楽 木根尚登
配給 松竹
公開 1997年7月5日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

エルマーの冒険」というタイトルで1997年7月5日に公開。カラー作品で98分。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

外部リンク[編集]