カリメロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カリメロ』(Calimero)は、黒いヒヨコキャラクターと、そのキャラクターを主人公としたテレビアニメ作品である。イタリア漫画家、ニーノ・パゴットとトーニ・パゴットのパゴット兄弟と、兄弟のアニメ制作会社に勤めていた漫画家のカルロ・ペロニによって1963年によって考案された[1]。元々はイタリアの洗剤会社Mira Lanza(現・Reckitt Benckiser (Italia))がRAIのCM番組カローセッロ向けに製作したアニメーションCMのキャラクターであった。子供達の人気を呼んだため短編アニメ化された。その後テレビアニメが製作され、世界中で放送された。

キャラクター[編集]

カリメロはの殻を頭にかぶっている黒いヒヨコである。名前はギリシャ語のKallimerosを由来とし、Kalosは「美しい」、merosは「脚」であり、カリメロ=「美しい脚」を意味する。テレビCMでは当初は白いヒヨコで、産まれた際に殻が割れにくく、脚だけが殻から飛び出した状態で巣から水たまりに落ち、泥で黒くなってしまった。黒くなったため親にも気付かれず途方にくれるが、人間に拾われMira Lanzaの洗剤AVAに浸されて白い色に戻るという内容であった。

アニメーション[編集]

CMキャラクターを元にして製作されたアニメは、1963年7月14日よりイタリア国内で放送を開始した。アニメーションは全290話が製作され、各国の言語に翻訳されイタリア国外でも放送(放映)された。その後、1972年に日本テレビアニメが東映動画のアニメーション製作、K&Sの著作によって放映され、1992年にはテレスクリーンのアニメーション製作による新作が放映された。また2013年にも新作の短編テレビアニメがイタリアで製作された[2]

テレビアニメ1作目[編集]

日本東映(東映動画)がこのキャラクターを使用した全47話のテレビアニメを製作し、K&Sの著作によって1972年1月6日から1973年6月6日まで、オランダオランダ公共放送で放送された。その後、日本ではNET(現:テレビ朝日)系列で1974年10月15日から1975年9月30日に放送された。

声の出演(1作目)[編集]

スタッフ(1作目)[編集]

  • 原作:ニーノ・パゴット、トニー・パゴット、カルロ・ペロニ
  • 企画:関根光致子(K&S)
  • 企画協力:山田太一
  • NETプロデューサー:後藤武彦
  • 製作担当:籏野義文(東映動画)※フィルムクレジット上はノンクレジット。
  • 連載:小学館(小学一年生など)
  • 監修:山田太一、矢吹公郎
  • 音楽:木下忠司
  • キャラクター監修:高橋信也
  • 美術監督:千葉秀雄
  • チーフディレクター:芹川有吾
  • 作画:蓑田政吉 他
  • 作画監督:永樹凡人 他
  • 仕上:金田英子 他
  • 背景:植木 孝 他
  • 美術:下川忠海 他
  • 作画協力プロダクション:世耕プロ(金子周司)
  • 演出:芹川有吾 他
  • 撮影:金田顕一、金子周司
  • 編集:千蔵 豊(タバック)
  • 音響ディレクター:本田保則
  • 録音:神原広巳、小久保正雄(タバック)
  • 効果:イシダサウンドプロ、E&Mプランニングセンター
  • 選曲:宮下 滋
  • 現像:東映化学
  • 制作進行:小宮博秀、佐伯雅久 他
  • 制作協力:東映動画、博報堂
  • 制作:NET、K&S
  • 製作著作:K&S(フィルム上はノンクレジット)
※以上の表記と内容は衛星放送再放送時のフィルムクレジットと諸資料に基づく。

主題歌(1作目)[編集]

オープニングテーマ
「ぼくはカリメロ」
作詞 - よしだたけし、山田太一 / 作曲 - 木下忠司 / 唄 - 山崎リナ

※第1話〜第45話(最終回)まで共通。 ※フィルムクレジット上は作詞者に山田太一のクレジットがあるが、JASRACの正式登録によると「作詞:よしだたけし」のみ。

エンディングテーマ
「好きなのプリシラ」
作詞 - 山田太一 / 作曲 - 木下忠司 / 唄 - 山崎リナ

※第1話~第9話まで使用。

「この顔だあれ?」
作詞 - よしだたけし / 作曲 - 木下忠司 / 唄 - 山崎リナ

※第10話~第45話(最終回)まで使用。

各話リスト(1作目)[編集]

話数 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 美術
1 (1974/10/15) バザーは大成功 よしだたけし
井出隆久
芹川有吾 永樹凡人 下川忠海
2 (1974/10/22) タマゴのぼうしはすばらしい
遅刻戦争
永樹凡人 永樹凡人
菊池城二
3 (1974/10/29) ギャング入門
ぼくは超能力
広瀬浜吉
よしだたけし
田宮武 小田克也 下川忠海
秦秀信
4 (1974/11/12) 一日ガードマン
大金庫どろぼう
宮崎一哉 永樹凡人
菊池城二
5 (1974/11/19) 二人だけの運動会 広瀬浜吉 小田克也 下川忠海
6 (1974/12/03) 呪われたママ
折鶴に手を出すな
桂真佐喜
よしだたけし
宮崎一哉
永樹凡人
永樹凡人
菊池城二
千葉秀雄
7 (1974/12/10) 歌え! ギャング
インチキ大地震
かがみおさむ 宮崎一哉
田宮武
小田克也
永樹凡人
秦秀信
下川忠海
8 (1974/12/17) くしゃみ大作戦
ジャ、ジャ、ジャン、チャ
井出隆久
広瀬浜吉
9 (1974/12/24) 雪やこんこんクリスマス 井出隆久
広瀬浜吉
田宮武 菊池城二 秦秀信
10 (1975/01/07) 世界一の目覚まし時計 宮崎一哉 下川忠海
11 (1975/01/14) ボビが恋してる!
大スター、カリメロ
よしだたけし
井出隆久
12 (1975/01/21) 機関車ディック
宇宙がボクを呼んでいる
水口寛友
なかくらまゆこ
田宮武 小田克也
菊池城二
秦秀信
13 (1975/01/28) ちょっと残念
おれたちゃペペポッポ
よしだたけし
井出隆久
永樹凡人
田宮武
永樹凡人
菊池城二
14 (1975/02/04) 大人になったら
乾杯! 乾杯! 又乾杯!
芹川有吾 菊池城二 下川忠海
15 (1975/02/11) ピーターの謎
黒いマントの魔術師
水口寛友
井出隆久
田宮武 秦秀信
16 (1975/02/18) 旅行は誰と?
子守の天才
永樹凡人 下川忠海
17 (1975/02/25) へんてこマラソン
幻の百点
18 (1975/03/04) あなたのわたしきみのぼ
ゆうかい魔現わる
井手隆久 宮崎一哉 菊池城二
19 (1975/03/11) 春だ めだかだ これなあに
パパは不眠症
かがみおさむ
よしだたけし
芹川有吾 永樹凡人
20 (1975/03/18) 花束仕掛人
ペンダント騒動
井手隆久 永樹凡人
21 (1975/04/01) パパごめんね
しんせつな一日
田宮武
宮崎一哉
菊池城二
22 (1975/04/08) 世にも不思議な出来事
ソリはリズムにのって
よしだたけし
井出隆久
宮崎一哉
芹川有吾
23 (1975/04/15) 綿菓子ふわふわ雲みたい
きれいなバラにはトゲがある
24 (1975/04/22) 秘密の地図の秘密
ボビのハンバーガー
芹川有吾 千葉秀雄
25 (1975/04/29) ワークブックは泥だらけ
動かないで! はいパチリ
広瀬浜吉
桂真左喜
永樹凡人
田宮武
永樹凡人
26 (1975/05/06) 大列車襲撃作戦
お~い自転車
よしだたけし
かがみおさむ
永樹凡人
田宮武
27 (1975/05/13) サッカー選手カリメロ
いたずらの天才
広瀬浜吉
桂真左喜
永樹凡人
菊池城二
28 (1975/05/20) ぼくのチョウチョウ世界一
虹が見えたぞ!
広瀬浜吉
よしだたけし
芹川有吾
田宮武
菊池城二
29 (1975/05/27) もう遊ばないよ縁きった
お化けっているのかな
30 (1975/06/03) おしゃれプリシラ
リボン戦争
広瀬浜吉 田宮武
宮崎一哉
永樹凡人
菊池城二
千葉秀雄
伊藤岩光
31 (1975/06/10) ギャング改心計画
ぼくは海賊
32 (1975/06/17) 落し穴にご注意
親孝行はつらいよ
桂真左喜
よしだたけし
永樹凡人 伊藤岩光
33 (1975/06/24) カリメロ2世号の船出 広瀬浜吉 宮崎一哉 菊池城二 千葉秀雄
34 (1975/07/01) シャボン玉飛ばそう
パパ大好き!
かがみおさむ
桂真左喜
永樹凡人 伊藤岩光
35 (1975/07/08) おもちゃのキューピッド
かぶと虫はどこへ
宮崎一哉 菊池城二
36 (1975/07/15) 飛べ!! カリメロ
大人は勝手
永樹凡人 永樹凡人
菊池城二
下川忠海
37 (1975/07/29) 進め! ぼくの白い船
ビンづめの手紙は誰に...?
38 (1975/08/05) 正々堂々の友情
肩こりこりこり
宮崎一哉 秦秀信
下川忠海
39 (1975/08/12) 手伝いおことわり
あきれた大間抜け
40 (1975/08/26) さようならプリシラ
雨の日のカリメロ
井出隆久
春山貴由
菊池城二 伊藤岩光
41 (1975/09/02) すみれの約束 広瀬浜吉 永樹凡人 千葉秀雄
42 (1975/09/09) 刑事カリメロ
赤く咲く白い花
井出隆久
かがみおさむ
宮崎一哉 菊池城二 伊藤岩光
43 (1975/09/16) いじめっ子はだあれ
カミナリよけ大騒動
よしだたけし 永樹凡人
宮崎一哉
永樹凡人
菊池城二
千葉秀雄
秦秀信
44 (1975/09/23) 花よいつまでも
さようなら落ち葉くん
春山貴由
桂真左喜
永樹凡人 伊藤岩光
45 (1975/09/30) 考えるカリメロ
騎士ドン・カリメロ(最終回)
よしだたけし
桂真左喜

※第1話~第20話・・・毎週火曜日19時30分~20時00分放映、第21話~第45話(最終回)・・・毎週火曜日19時00分~19時30分放映。

放送局(1作目)[編集]

ほか

テレビアニメ2作目[編集]

テレビ東京系列にて木曜19:00〜19:30(JST)に放送。第1作から17年振りに、制作会社や声優などを一新して再開。前作に見られた「色の黒さ故にピーター達からいじめられる」という設定は削られ、みんなを引っ張っていくヒーローになった。

テレビ東京の木曜19時枠としては最後のモノラル放送アニメである。

声の出演(2作目)[編集]

スタッフ(2作目)[編集]

  • 原作:ニーノ・パゴット、トニー・パゴット、カルロ・ペロニ
  • 制作:多葉田一夫(テレスクリーン)
  • 総監督:冨永恒雄
  • 担当演出:うえだしげる
  • 文芸担当:吉田伸
  • 脚本:関島真頼高橋義昌、清水定彦、町田知之、高山治郎、吉田伸、影山由美、山田智明、山下久仁明、水出弘一、杉浦秀明、杉原めぐみ
  • 広報担当:伊藤真理(テレビ東京)
  • プロデューサー:池田朋之(テレビ東京)、小坂聖(テレスクリーン)、小平正夫(テレ・イメージ)
  • キャラクターデザイン:西野理恵
  • オープニングアニメ:毛利和昭
  • エンティングアニメ:工藤裕加
  • 作画監督:西野理恵、アベ正己、坂元大二郎、岡迫亘弘、菊池城二、今沢恵子、高鉢誠、林委千夫、村田四郎、宮田奈保美、工藤柾輝、市川修、飯村一夫
  • 美術設定:土師勝弘
  • 撮影監督:佐野禎史
  • 音響監督:浅梨なおこ、宇井孝司
  • タイトル:マキ・プロ
  • 編集:森田編集室
  • 音楽:山本純ノ介
  • 調整:山田冨二男、内田誠
  • 効果:石野貴久
  • 制作デスク:月野正志
  • 制作事務:迫直子
  • アニメーション制作:テレ・イメージ(現:ワコープロ
  • 製作:テレビ東京、テレスクリーン

主題歌(2作目)[編集]

オープニングテーマ - 「ねぇ!カリメロ」
作詞 - AZUSA / 作曲 - 茂村泰彦 / 編曲 - 飛澤宏元 / 歌唱 - ラズベリー
エンディングテーマ - 「恋に気をつけて」
作詞 - 坂田和子 / 作曲 - 瀬井広明 / 編曲 - 飛澤宏元 / 歌唱 - ラズベリー

放送局(2作目)[編集]

ほか

テレビアニメ3作目[編集]

1963年のキャラクター登場から50年となる2013年、イタリアで新作のCGIアニメが製作された。各11分で104話。イタリアでの放送はRAI 22014年まで放送される。フランスではTF1で放送される。日本では2014年10月よりテレビ東京系で放送開始予定[3]

キャスト[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 愛媛銀行 - イメージキャラクターにカリメロを起用していた。
  • 工藤公康 - 西武ライオンズに新人として入団した当時、ファンから「カリメロ君」と呼ばれた。
  • SLAM DUNK - 主人公・桜木花道の判断による大阪の豊玉高校バスケット部キャプテン・南烈の風貌からのあだ名。

外部リンク[編集]

NET(現・テレビ朝日)系 火曜19時台後半枠(1974年10月 - 1975年3月)
前番組 番組名 次番組
カリメロ(第1作)
NET(現・テレビ朝日)系 火曜19時台前半枠(1975年4月 - 1975年9月)
まんが日本昔ばなし
毎日放送制作)
一時中断後、TBS系へ移行
カリメロ(第1作)
テレビ東京 木曜19時台前半枠(1992年10月 - 1993年9月)
前番組 番組名 次番組
カリメロ(第2作)