愛川欽也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あいかわ きんや
愛川 欽也
本名 井川 敏明
別名 キンキン
生年月日 1934年6月25日(79歳)
出生地 日本の旗日本東京府東京市豊島区巣鴨
国籍 日本の旗 日本
血液型 A型
ジャンル 俳優声優
活動期間 1954年 -
配偶者 うつみ宮土理
家族 長男・井川晃一
長女・佳村萠

愛川 欽也(あいかわ きんや、1934年6月25日 - )は、日本俳優司会者ラジオパーソナリティ声優エッセイストなどもこなすマルチタレントとして知られている。本名:井川 敏明[1](いかわ としあき)。愛称はキンキン

東京府東京市豊島区巣鴨(現:東京都豊島区巣鴨)出身。愛川企画室所属。血液型A型。身長167cm。体重72.5kg。

おまっとさんでした。」という言葉はドラマ以外の出演番組の冒頭で出る名ゼリフである。

来歴・人物[編集]

  • 幼時に埼玉県大宮市(現:さいたま市)へ転居。埼玉県立浦和高等学校に入学。当時は東京大学法学部へ進み弁護士になろうと考えていたが、高校在学中に演劇にのめり込み、俳優を志すようになる。浦和高校を中退後、1954年俳優座養成所(3期生)に入所。その後、劇団三期会を経て、個人事務所(愛川企画室)を設立。
  • 最初の結婚で、1958年に長男(俳優の井川晃一)、1960年に長女(佳村萠)を儲けている。
  • 1962年よりアメリカのテレビドラマ『ルート66』で主役のマーチン・ミルナー吹き替えを行い、同ドラマは人気番組となる。この時期は声優としての活動が多かった。当時の業界での愛称は「班長」。
  • 1971年より深夜番組『パックインミュージック』でパーソナリティとなり、若者を中心に人気を得る。「キンキン」の愛称が一般に定着。
  • 深夜番組11PM』の司会を大橋巨泉とともに1974年から1986年3月まで長年にわたり務める。これを機に愛川も司会者として定着するが、当時はスタッフに対していばり散らす司会者であり、放送作家の景山民夫に批判された。その後も、女性の出演者を呼び捨てるスタイルが批判されたことがある。
  • 1975年、満艦飾の長距離トラック運転手を主人公とした映画を企画し持ち込む。これが東映のドル箱シリーズとなった『トラック野郎』。菅原文太と共演し相棒「やもめのジョナサン」役を演じる。これが空前の大ヒットとなり1979年までに全10作が製作・公開される。監督鈴木則文
  • 1976年、同じ昭和9年(1934年)生まれの長門裕之坂上二郎藤村俊二らと共に芸能人の親睦団体『昭和九年会』を結成。
  • 1978年に前妻と離婚し、その翌日にうつみ宮土理再婚。うつみとは昼バラエティ『シャボン玉こんにちは』で長くコンビを組んでおり、不倫の末の略奪結婚ではないかと騒がれた。うつみとの間に子はいない。
  • 1983年には三波伸介の急死により『笑点』の新春特番の1コーナーで司会を務めそのまま正式に司会就任を要請されるが、「大勢の落語家さんを相手にとても司会なんかできない」と辞退し、5代目三遊亭圓楽が就任した。
  • 同じく1983年に水野晴郎参議院選挙出馬したため、『水曜ロードショー』の解説を担当。「ようこそ僕の映画の部屋へ」というフレーズを使っていた。また『刑事コロンボ』を放送する際には、コロンボのトレードマークであるトレンチコートを着用したが、あまり評判はよくなかった。その後、水野が落選し、番組に復帰したため、短期間の担当となった。
  • 木曜スペシャル世界ビックリ大賞で巨乳の女性が登場するコーナーの前振りとして「目の保養」という言葉を使っていた。
  • 1996年まで放送されていた『なるほど!ザ・ワールド』の司会者を務める。コンビを組んだ楠田枝里子との身長差をカバーするために、楠田が椅子に掛け愛川が立ったまま、というスタイルが編み出される。またスタッフから自由にやっていいと言われたため、女性ゲストにひいきをすることもあった。特にアグネス・チャンには答えまで言うことがあり、投書で抗議されたこともある。
  • 1995年に『出没!アド街ック天国』開始以来、たまに放送される『土曜ワイド劇場 西村京太郎トラベルミステリー』と同じ時間に見られるようになった(2012年1月放送の第57作まで)。土曜ワイドでは『横溝正史吸血蛾』(1977年)にて名探偵金田一耕助を演じるが、さすがに作品のイメージと違いすぎたのか、愛川金田一はこの1作となっている。
  • 過去に3つのレストランを経営。しかし、たこ焼きをアレンジした「アメリカンボール」など、時代を先取りしすぎたのか全て3か月で倒産(業界用語では「1クール倒産」。他に天丼屋「天欽」といった普通の店も出していた)しており、多額の債務を背負ったが現在は完済している。
  • 1996年に上映された映画『ドラゴンボール 最強への道』で亀仙人役を演じている。これは初代亀仙人の声を務めた宮内幸平が他界したため。声優としての久々の仕事となるが、『いなかっぺ大将』における野沢雅子との師弟コンビ復活が実現し大きな話題となった(一説にはこれを踏まえてのオファーだったともいわれる)。
  • 何事も早とちりな行動から大のおっちょこちょいな面がある。
  • 出没!アド街ック天国』での司会の経験からか、街づくりに対する愛川なりの想いがある。『東京新聞』の「わが街わが友」と題する愛川の随筆では、画一的なニュータウンもよいが、街ごとの香りが感じられる街に愛着を抱く様子が書かれている。
  • タレントの神田うのとも親交があり、2007年10月8日の挙式にも夫婦で出席した。
  • 2007年、愛川欽也と28歳女性との不倫報道が出たが「あんたカッコいいじゃん」とうつみは擁護した。
  • 過去政治討論番組で公明党に批判的な意見を発したこともある。
  • 自身が司会を務める番組『パックインジャーナル』においては、時に戦時中の学童疎開の話も引き合いに出しながら、リベラルな立場からの発言を続けている。
  • 2009年6月、私財を投じて建設した小劇場「キンケロ・シアター」を東京都目黒区青葉台にオープンさせた。自ら主宰する「劇団キンキン塾」の活動拠点となる他、映画なども上映する。
  • 2009年12月1日、全日本空輸がかつての塗装デザインであるモヒカン塗装を1機に復刻させて運航を開始した際に羽田空港での出発式にうつみと共に招かれた。
  • 愛川が司会をした『なるほど!ザ・ワールド』と『出たMONO勝負』は発音する際のイントネーションがまったく同じため、ときおり別の番組名を言ってしまうNGを出したことがある(ともにフジテレビ系列のため問題はない)。
  • 2012年3月6日、3月で放送終了する『パックインジャーナル』の後継番組を放送するためのウェブ放送局「kinkin.tv(キンキン・ドット・ティーヴィー)」を開局することを発表した[2]

創価学会員であるとの噂を否定[編集]

きっこのブログ」やYouTubeの『創価学会に入信した有名人リスト』などで創価学会に入会しているとされていたが、2009年2月28日に愛川は自身の公式ホームページで次のように述べた。

「僕は創価学会の会員ではありません。僕は一度も入会したこともないのに、この画像では “退会された方も載っていることがある” と、意味不明のことも言っております。僕は一度も入会しておりませんので、退会も変です。さらにもう一度言います。(ここから改行、黒い太字の大文字)僕は創価学会の会員ではありません」。さらに「僕はこのサイトの方へ訂正して削除をするように連絡します。学会もそうして下さい。削除されないと、(創価学会がサイトを)黙認しているのかと思ってしまいます。僕にとっても、学会にとっても困ることだと思います」とサイト製作者や創価学会にコメント。この内容は数々のネットニュースに転載された[3][4]

この愛川のコメントを受けきっこをはじめとする一部ブロガーはブログ上で謝罪記事を掲載したが、創価学会はこの件についてコメントをしていない。また、騒動の元となった動画は制作者の手で削除されたが、『学会に入信してるかも有名人たち』などのタイトルで同種の投稿は続いている。

記事を掲載したJ-CASTニュース3/2号では過去に週刊誌などが特集として組んだ創価学会に入信した芸能人リスト[5][6][7][8]の中に愛川の名前が登場しないことを明らかにし、同氏のホームページの内容が正しいものであったと結論付けている。

受賞[編集]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

吹き替え[編集]

俳優[編集]

洋画[編集]

海外ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

バラエティ[編集]

歌番組[編集]

インターネットテレビ[編集]

  •  愛川欽也のパックインニュース(2012年4月7日~2013年3月30日 、kinkin.tv
  •  愛川欽也のパックインラジオ(2012年4月 - 、kinkin.tv)

ニュース[編集]

ワイドショー[編集]

ラジオ[編集]

人形劇[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ 愛川欽也 とは - コトバンク”. 2012年3月3日閲覧。
  2. ^ 愛川欽也がインターネット放送局開局へ - 芸能ニュース : nikkansports.com
  3. ^ exciteニュース3/1号
  4. ^ J-CASTニュース3/2号
  5. ^ 「新興宗教『有名人信者113人』禁断リスト」(「フラッシュ」07年6月26日号)
  6. ^ 「創価学会『ニッポン洗脳』の不気味 学会系芸能人最新版39人リスト」(「週刊文春」05年3月17日号)
  7. ^ 「『宗教芸能人』50人の激変信者ドラマ!」(「アサヒ芸能」95年4月27日)
  8. ^ 「新興宗教有名人信者150人全リスト」(「マルコポーロ」95年2月号)