気球に乗って五週間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
原書の扉(リウー&ド・モントー画)

気球に乗って五週間』(ききゅうにのってごしゅうかん、Cinq semaines en ballon )は、 1863年に刊行されたジュール・ヴェルヌの長編冒険小説。原題はCinq semaines en ballon: voyage de découvertes en afrique par trois anglais(気球に乗って五週間 - 三人のイギリス人によるアフリカ探検の旅)。題名の通り三人のイギリス人を主人公に、気球によるアフリカ探検(特に、当時は未知であったナイル川の源流探索)が描かれる。

ヴェルヌ34歳の作品で、巨大な熱気球を建造していた写真家ナダールと知り合い、それに触発されて本作を書き上げたとよく言われるものの、確かではない。そもそもナダールが気球・巨人号を打ち上げる計画を立てたのは『気球に乗って五週間』の刊行より後のことであり、ヴェルヌがナダールと知り合ったのもおそらくその頃のことである。ナダールの気球の方は失敗に終わったものの、ヴェルヌは本作の成功により一躍人気作家の仲間入りを果たした。

登場人物[編集]

  • サミュエル・ファーガソン博士(Samuel Fergusson):探検家にして発明家。自作の気球でナイルの源流を目指す。
  • ディック・ケネディ(Dick Kennedy):ファーガソンの親友でカービン銃の名手。
  • ジョー(Joe / Joseph Wilson):忠実で楽天家の従僕。

日本語版[編集]

  • 「空中旅行三十五日」 訳:塩谷太郎、偕成社(名作冒険全集36)、1958年
  • 「アフリカ横断飛行」 訳:亀山竜樹、学習研究社(少年少女ベルヌ科学名作全集5)、1964年
  • 「気球に乗って五週間」 訳:手塚伸一、集英社コンパクト・ブックス(ヴェルヌ全集第7)、1968年
  • 「アフリカ横断三十五日」 訳:土居耕、岩崎書店(ベルヌ冒険名作選集3)、1969年
  • 「気球にのって五週間」 訳:塚原亮一、偕成社(ベルヌ名作全集15)、1969年
  • 「気球旅行の五週間」 訳:江口清、パシフィカ、1979年
  • 「気球に乗って五週間」  訳:手塚伸一、集英社文庫(ジュール・ヴェルヌ・コレクション)、1993年

映画化作品[編集]

気球船探検 - Five Weeks In a Balloon
1962年、アメリカ映画
役名 俳優 日本語吹替
ドナルド・オシェイ レッド・バトンズ 愛川欽也
スーザン・ゲイル バーバラ・イーデン 山東昭子
アーメッド ピーター・ローレ 河村弘二
ファーガソン教授 セドリック・ハードウィック 池田忠夫
ジャック フェビアン 朝倉宏二
マキア バーバラ・ルナ 増山江威子
ヘンリー・ヴィニング リチャード・ヘイデン
サルタン ビリー・ギルバート
首相 ハーバート・マーシャル
領事 レジナルド・オーウェン 加藤精三
シーク・アガバー ヘンリー・ダニエル

外部リンク[編集]