地底旅行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
地底旅行
Voyage au centre de la terre
1874年版の表紙
1874年版の表紙
著者 ジュール・ヴェルヌ
イラスト エドゥアール・リウー
発行日 1864年
発行元 エッツェル社(Pierre-Jules Hetzel
ジャンル SF冒険小説
フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

地底旅行』(ちていりょこう、: Voyage au centre de la terre)は、ジュール・ヴェルヌ1864年に発表した古典的なSF小説冒険小説である。日本語タイトルは『地底探検』などとも(原題を直訳すると「地球の中心への旅」)。原書の挿絵はエドゥアール・リウー[1]

刊行[編集]

1863年に出版された初の長編小説『気球に乗って五週間』が好評となったヴェルヌが、続けて出版したのが本作である。『気球に乗って五週間』が冒険小説に分類され、本作の後1865年に出版された『月世界旅行』がSFに分類されているのに対して、本作はその中間に位置していると評されている。ただし出版時においては、SFのカテゴリーに分類される事が多い。

『気球に乗って五週間』が出版された後にヴェルヌは『二十世紀のパリ』という未来を描いた科学小説を書いたが、出版社はこれを『暗く荒唐無稽な作品』として出版しなかった。これに代わって出版されたのが本作であり、商業的に成功を収めた。これによってヴェルヌは人気作家として出版社に認められ、年間3本程度の作品を出版する事を要請された。

ストーリー[編集]

ヨハネウム学院の鉱物学教授であるオットー・リーデンブロックは、骨董店で購入した本に、以下のようなルーン文字が記された暗号文のメモが挟んであることに気づく。

Jules verne cryptogramme.png
キノコの森

そのメモには、ᛐᛦᚳᛅ ᛋᛐᚴᚳᚢᛋᛋᛅᛯArne Saknussemm、アルネ・サクヌッセンム)という16世紀の著名な錬金術師の名(架空。後述)が記されていたため、教授は何かを察知し、「わたし」こと甥のアクセルとともに暗号解読を試みた。時間こそかかったが、アクセルが偶然にも解読に成功した。そこには、

アイスランドスネッフェルス山の頂にある火口の中を降りていけば、地球の中心にたどり着くことができる」

という趣旨のラテン語文が書かれていた。これに感激したリーデンブロック教授は、早くも旅支度をすませ、嫌がる「わたし」を供にアイスランドへ向かった。現地で雇った有能な案内人ハンスと共に、彼らは火口を下る。

水の欠乏や「わたし」と2人がはぐれる事件があるものの、3人は数十日をかけて南東へ350リュー(1400km)、下へ35リュー(140km)進んで大空洞に到達する。「オーロラのような電気現象」で照らされたこの大洞窟には、海があり、キノコの森が繁茂し、地上では絶滅したはずの古生物たちが闊歩していた。

下へ進むトンネルが見つからないことに焦った教授は筏で地底海を渡り対岸にそれを求めようとする。航海の末、嵐で岸に打ち上げられた彼らはアルネ・サクヌッセンムの頭文字が刻まれたトンネルの入り口を発見するが、その奥は崩れた岩で塞がれていた。道を開くべく岩を爆破した教授らは、爆破で生じた激流に呑まれ、筏ごと洞窟に引きずり込まれる。彼らは、自分たちがいつしか活火山火道に紛れ込み、マグマと共に上昇中であることに気付く。怖気づく「わたし」に、教授はこれこそ地上に帰るチャンスだと言う。その言葉どおり、彼らはストロンボリ島の火山噴火に乗じて地上に生還し、物語は大団円を迎える。

解説[編集]

ヴェルヌは小説に教育的・啓蒙的な要素を盛り込むことで知られるが、本作におけるその要素は、前半では地理学(アイスランドの風物)、後半では地質学古生物学である[2]。科学性を重んずるヴェルヌが地下の高圧や高熱の問題を知りつつも敢えてキャラクターを地底に送り込んだことは異例であるが、熱の問題は常に懐疑論者のアクセルによって言及され(最終的にも「地下で高温に遭遇しなかったのはあくまで特殊な事象であろう」との旨が述べられており)、物語が完全な非科学に陥ることは防がれている。

本作は科学啓蒙的な冒険小説であると同時に語り手アクセルの成長を描いた教養小説である、との分析も成り立つ。初め未熟な若者であった彼は、愛する女性(グラウベン)のために厳しい指導者(リーデンブロック教授)および謎めいた導き手(ハンス)と共に試練をくぐり抜け、「胎内」を象徴する地底から脱出することで一人前に成長するのである。[2]

融通の利かない変人科学者リーデンブロック教授の姿はフランス人から見たドイツ人像の戯画化であるが、戯画とは言っても『インド王妃の遺産』(1879年)の悪役シュルツ博士とは違い、好意を持った書き方がなされている。[2]

なおアルネ・サクヌッセンムは実在と誤解されることもあるが架空の人物であり、そのモデルはアイスランドの文献学者アルニ・マグヌッソン (Árni Magnússon, 1663 - 1730) だと言われる。[3]

派生作品[編集]

映画[編集]

音楽[編集]

  • リック・ウェイクマン/地底探検Journey to the Center of the Earth
  • リック・ウェイクマン/地底探検〜完結編Return to the Center of the Earth
    • 製作年:1999年
    • 内容:ロック・ミュージシャンのリック・ウェイクマンによるソロ・アルバムの続編。但し、内容としてはベルヌの「地底旅行」とは無関係。
  • ピーター・グレイアム作曲 Journey to the Centre of the Earth
  • ハリー・ヤンセン作曲 Voyage au Centre de la Terre
    • 吹奏楽曲とファンファーレ・バンド曲として、2007年に作曲。
    • ケルクラーデで行われた2009年世界音楽大会ファンファーレ・バンド部門においてファンファーレ・バンド版が演奏される。
    • ピーター・グレイアムの作品と同様、難度が非常に高い。

アトラクション[編集]

東京ディズニーシーミステリアスアイランド(『海底二万里』に登場するネモの秘密基地をモチーフにしたテーマポート)に、この作品を元にした「センター・オブ・ジ・アース」というアトラクションがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 彼のイラストは、日本語版では中央公論社『世界の文学 新集20』の『地底旅行』(1972年、加藤晴久訳)、岩波文庫版『地底旅行』(朝比奈弘治訳、1997年)や偕成社文庫版『地底旅行』(石川湧・布美訳、1993年)など複数の訳書に採用されている。
  2. ^ a b c 岩波文庫版『地底旅行』巻末解説(朝比奈弘治)に拠る。
  3. ^ 偕成社文庫『地底旅行』巻末「解説」(石川布美)に拠る。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]