リーグ (単位)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リーグ (英語 league) は、広義には、欧米のいくつかので使われている距離(長さ)の単位である。値や定義は、国や時代によってことなるが、3.8~7.4キロメートルの範囲にある。狭義には、その中で英米の単位を指す。

各国語での呼び名は、リーグ(英語)、リューフランス語 lieue)、レグア (スペイン語 legua)、レゴアオランダ語 legoa)など。また、幕末明治リーギュと訳されたことがある。

いくつかの国では、同じ呼び名で、その国の1平方リーグに等しい面積の単位としても使う。

起源[編集]

レウカ (leuca) またはレウガ (leuca) は、ガリア人が用いた距離単位で、1500歩を指した。1000歩を1ミリアリウムとしたローマ人は、1レウカを1.5ミリアリウム(約2.2キロメートル)と換算してこの単位を取り込んだ。これが1リーグ3マイルとしてリーグになった。

英米[編集]

リーグ
league
ヤード・ポンド法
長さ
SI 4.828032 km
定義 3マイル
テンプレートを表示

英米では、ヤード・ポンド法の単位である。

元々は、人や馬が1時間に歩くことができる距離として定義されていた。

現在のリーグは、イギリスで19世紀ごろ定められた1リーグ = 3マイル = 4.828032キロメートルである。海上では1リーグ = 3海里(ノーティカルマイル)を使うこともある。

面積の単位としても使い、1リーグ = 1平方リーグ ≒ 23.310平方キロメートルである。

フランス[編集]

リュー
lieue
メートル法(非SI
長さ
SI 4 km
定義 4 km
テンプレートを表示

フランス語ではリュー (フランス語: lieue) と言い、いくつかの変種があるが、1795年メートル法制定以前の旧リュー ≒ 4.444キロメートル、制定後の新リュー = 4キロメートルが一般的である。

日本では『海底二万マイル』という題名で広く知られているジュール・ヴェルヌの小説は、原題では“Vingt Mille Lieues Sous Les Mers”(海底二万リュー)であった。英語でも“Twenty Thousand Leagues Under the Sea”(海底二万リーグ)と直訳された。日本では、リューやリーグという単位になじみがないことから当初は『海底六万哩(マイル)』と単位を換算して訳されたが、これと原題とが混同されて『海底二万マイル』という題名が広まった。『海底二万里』と訳されたものもあるが、これは日本のとリューがほぼ同じ距離であり、語感も似ているために採られたものである。

スイス[編集]

スイス・ドイツ語ではリュー (Lieu) といい、1リュー ≒ 4.796キロメートルである。