必死の逃亡者 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

必死の逃亡者』(ひっしのとうぼうしゃ、原題:Les tribulations D'un chinois en Chine)は、ジュール・ヴェルヌ1879年に発表した冒険小説。原題は「ある中国人の、中国における受難」の意味である。

主人公・金馥の冒険旅行を通じて清朝の中国が描かれる。ただし、登場する中国の地名・人名などには正しくないものも散見される[1]

主要登場人物[編集]

  • 金馥(キンフー、Kin-Fo) - 上海に住む若き大富豪。人生に飽いている。
  • 汪(ワン、Wang) - 金馥の家に先代から寄食する哲学者。元・太平天国の党員。
  • 孫(スン、Soun) - 金馥の給仕頭。
  • クレイグ(Craig)とフライ(Fry) - 保険会社「百歳社」専属の探偵。
  • 老沈(ラオシェン、Lao-Shen) - 太平天国の残党。盗賊団の首領。

梗概[編集]

舞台は太平天国の乱収まらぬ中国清朝。若き大富豪、金馥は、株の大暴落によって一瞬で全財産を失った。人生の無常を痛感した彼は、一度は自殺を決意し、老哲学者の汪に自らの殺害を依頼する。

しかし破産の連絡が誤報であったことが判明する。金馥は汪への依頼を取り消そうとするが、汪は謎の失踪を遂げていた。彼に掛かった生命保険を守るために保険会社がよこしたボディガード2人組と召使の孫を伴い、金馥は汪を探す旅に出る。彼らは通州で汪を見つけるが、汪は河に身を投げて再び姿を消す。その後、汪から金馥に「自分は友人殺害の任に耐えられず自殺するが、代わりに盗賊の老沈に君の殺害を委任した」という趣旨の手紙が届く。

金馥はその委任状を奪回すべく、孫、クレイグ、フライを再び伴って、万里の長城の北に潜む老沈のもとへ向かう。金馥は危険を乗り越えて老沈との面会を果たすが、老盗賊は交渉に応じない。目隠しをされ引き立てられてゆく金馥は死を覚悟するが、連れて行かれた先に居たのは許婚、友人たち、そして汪であった。全ては、金馥の無気力を案じた汪のはかりごとだったのである。その狙い通り人生の価値に気づいた金馥は許婚と結婚式を挙げ、物語は大団円を迎える。

日本語訳[編集]

映画化作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ 創元版『必死の逃亡者』巻末「解説」(石川布美

外部リンク[編集]