地底探検 (1959年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
地底探検
Journey to the Center of the Earth
監督 ヘンリー・レヴィン
脚本 ウォルター・レイシュ
チャールズ・ブラケット
製作 チャールズ・ブラケット
出演者 パット・ブーン
ジェームズ・メイソン
アーレン・ダール
音楽 バーナード・ハーマン
撮影 レオ・トーヴァー
編集 スチュアート・ギルモア
ジャック・W・ホームズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1959年12月16日
日本の旗 1960年4月28日
上映時間 132分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

地底探検』(ちていたんけん、原題:Journey to the Center of the Earth)は、1959年アメリカ合衆国の映画ジュール・ベルヌの小説『地底旅行』を初めて映画化した作品である。

ストーリー[編集]

リンデンブロック教授は、学生アレックから贈られた溶岩の塊の中から、行方不明になったスウェーデンの探検家アルネ・サクヌッセムが「地球の中心」への行程を記したメッセージを発見した。2人はスウェーデンの地質学者ゲタボルグ教授と話し合うべくその地へ向かったが、教授は何者かにより殺害されていた。リンデンブロックらも何者かに襲われたところをアイスランド人ハンスに助けられ、3人とゲタボルグ教授の未亡人カーラは、サクヌッセムの記した行程に従ってアイスランドの休火山の噴火口から地底に降りて行った。途中、これまで妨害を繰り返していたアルネ・サクヌッセムの子孫サクヌッセム伯爵と争いになるが、休戦して共に探検を続けることになった。一行は巨大キノコの森や、地底に広がる大海を越え、ついに「地球の中心」を通過。最後にたどりついたのは、伝説の島アトランティスの都の廃墟であった。

概要[編集]

1864年に発表されたジュール・ベルヌのSF・冒険小説『地底旅行』を、20世紀フォックスが映画化した。時代設定や大筋は原作に沿っているが、原作にはない探検の妨害者が現れたり、女性が探検に同行したりするなどの脚色が加えられている。製作は『サンセット大通り』などを手がけたチャールズ・ブラケットで、脚本も担当している。監督は西部劇『ロンリー・マン』などのヘンリー・レヴィンであった。音楽は『悪魔の金』でアカデミー作曲賞を受賞したバーナード・ハーマンが手がけた。地底の世界を描く特撮を担当したのは、L・B・アボット、ジェームズ・B・ゴードン、エミル・コサ Jr. であったが、劇中登場する恐竜は、トカゲに背びれやトゲをつけたいわゆる「トカゲ特撮」が使われた。

出演は歌手が本業のパット・ブーンが主役のアレックを演じ、劇中でも歌を披露した他、『スタア誕生』でゴールデンブローブ賞主演男優賞を受賞したジェームズ・メイソンが、リンデンブロック教授を演じた。探検には同行しないが、リンデンブロック教授の娘でアレックの婚約者役を、『アンネの日記』のアンネの姉役でデビューしたばかりのダイアン・ベイカーが務めている。

本作は受賞は逃したものの、アカデミー賞美術賞特殊効果賞音響賞の3部門にノミネートされた。20世紀フォックスは、本作に続き翌年に同様な路線の『失われた世界』を製作し、特撮のアボットら3名も引き続いて起用された。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アレクサンダー(アレック)・マキュアン パット・ブーン 広川太一郎
オリヴァー・リンデンブロック教授 ジェームズ・メイソン 久松保夫
カーラ・ゲタボルグ アーレン・ダール 寺島信子
ジェニー・リンデンブロック ダイアン・ベイカー 麻上洋子
サクヌッセム伯爵 セイヤー・デヴイッド 大宮悌二
ハンス・ベルケル ピーター・ロンソン

スタッフ[編集]

  • 製作:チャールズ・ブラケット
  • 監督:ヘンリー・レヴィン
  • 脚本:ウォルター・レイシュ、チャールズ・ブラケット
  • 音楽:バーナード・ハーマン
  • 撮影:レオ・トーヴァー
  • 編集:スチュアート・ギルモア、ジャック・W・ホームズ
  • 特殊効果:L・B・アボット、ジェームズ・B・ゴードン、エミル・コサ Jr.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]