Bing Maps

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Bing Maps(ビング マップス)とは、Bingサービスの1つで、地図機能を提供する。

沿革[編集]

  • 2005年7月 - 「MSN Virtual Earth」(ベータ版)を公開[1]
  • 2005年12月 - Virtual Earth にローカル検索やイエローページを統合した「Windows Live Local」を公開[2]
  • 2006年9月 - Live Search と同時に「Live Local Search」を公開[3]
  • 2006年11月 - 日本語版 Live Search に地図機能(ベータ版)を追加[4]。英語版においては正式版として統合。「Live Search Maps (Windows Live Maps)」となる。
  • 2009年6月 - Bing と同時に「Bing Maps」を公開[5]

機能[編集]

Bing Maps には、次のような機能があるが、日本語版ではその全てを使用できるわけではない。

表示機能[編集]

Bing Maps には、次のような表示機能があるが、一部の機能は日本語版では使えない。

地図[編集]

Bing Maps では、世界各地の都市の詳細な地図を参照することができる。 また、一部の地域では、詳細な地図を表示できない。 アメリカ版では、道の名前や地下鉄の駅の出口も表示される。

航空写真[編集]

ランドサットの衛星写真・デジタルグローブ社の衛星写真や、Vexcel(ベクセル)社製デジタルカメラを使用して撮られた写真などを使用している。 次のような地域の航空写真では、人々が点として見えるほどである。

ハイブリッド[編集]

この Bing Maps でのハイブリッドとは、航空写真に名称の文字を入力したものである。 例えば、ビルの名称や交差点の名称などが、航空写真に入力されているものである。

鳥瞰(ちょうかん)写真[編集]

鳥瞰写真では、建物が立体的に表示され、東西南北どの方向からも鳥瞰写真の機能を利用できる。 また、この機能はかなり鮮明な写真を利用できる。

Bing Maps 3D[編集]

3D地図や鳥瞰写真に建物の立体画像を重ね、町の立体概要図を表示する。表示データに写真ではなく立体画像を使用しているため、精密さやサービス展開スピードに欠く半面プライバシー問題が発生せず閲覧角度に制限がないことが特徴。この機能を利用するには、ActiveXコントロール、またはFirefoxプラグインのインストールが必要である。

Microsoft Location Finder[編集]

このソフトウェアを使用すると、ユーザの現在位置を確認できる。 現在位置の特定方法は以下の2つである。

  • 無線LANより、アクセスポイントを特定する
  • IP アドレスを特定する

日本語版はないが、現在位置の確認は利用できる。

検索機能[編集]

検索には、大きく分けて次の3つがある。

  • ビジネス
    お店やサービスを検索する
  • 地図
    市町村、所在地、または施設名を検索する

  • この機能は、日本語版では利用できない。名前や電話番号から検索する

オプション機能[編集]

右上の「オプション」をクリックするとオプションを使用できる。

  • 終了
    最後に表示した場所や検索条件、スクラッチ パッドのアイテムを保存できる。
  • マップ ナビゲーション
    滑らかに表示するかどうかを設定できる。
  • 検索しています
    一度に表示する検索結果を選択できる。

日本語版にない機能[編集]

おもに、次の機能は日本語版にはない。

  • Microsoft Location Finderの検索結果の表示
  • 人の検索
  • 一部のオプション機能

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]