テレマティクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Lexus Gen V navigation system

テレマティクス (Telematics) とは、テレコミュニケーション(Telecommunication=通信)とインフォマティクス(Informatics=情報工学)から作られた造語で、移動体に携帯電話などの移動体通信システムを利用してサービスを提供することの総称。一般的には、自動車、輸送車両などへのサービス提供に対して使用される。

概要[編集]

自動車などにおいて安全・安心機能の実現と、情報配信による利便性の向上を2大目的とする。前者に属するものとしてエアバッグ連動の自動緊急通報機能や車両盗難時の追跡機能、後者に属するものとして、交通情報配信、電子メール天気予報などがある。

現時点では、カーナビと連動して天気予報渋滞情報などを閲覧したり、電子メールをやり取りするなど、あくまでも個別の自動車上での機能しか持っていないが、将来的には高度道路交通システムの一端を担うものとして期待されている。

現在のところ、各自動車会社が独自サービスを行っている場合が多く、代表的なものに国内ではトヨタ自動車G-BOOK日産自動車カーウイングス本田技研工業インターナビ、海外ではGMのオンスター (w:OnStar)、ダイムラーのテレエイド(TeleAid)、BMWアシスト (w:BMW Assist) 、レクサスリンク (w:Lexus Link)、フォード・シンク (w:Ford Sync)、キア・UVO (w:Kia UVO)、ルノーサムスンのINS-700などがある。

日本の商用テレマティクスの先駆的存在として「いすゞ自動車」の「みまもり君」がある。この商品は自社の車以外にも搭載でき、「車」「会社」「荷主」とネットワークで結びエンジンの情報(燃費等)や荷物の到着予定時刻を3者で共有できる。すぐれた点は「改正省エネルギー法」により義務付けられるCO2の排出量等の報告事項を簡単に作成し、荷主や運送事業者に提出できる。

関連項目[編集]